FC2ブログ
朝日カルチャーセンター名古屋教室、 糖質制限食講座開催のご案内です。

老後の備え、ドクター江部の糖質制限
https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/e2edeb70-46b1-30df-4f5e-5c3324b09fd4
2019/6/16(日)13:30~15:00
講義70分間、質疑応答20分間。
朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 
名古屋教室
お申し込み TEL:052-249-5553


こんにちは。
朝日カルチャーセンター名古屋教室にて
糖質制限食講座開催です。

最新の内容も含めて、わかりやすくて楽しいお話しを目指します。
講師は江部康二です。
この数年間、糖質制限食の発展という意味ではとても大きな変化がありました。
年間30回くらい講演をしていますが、
結構、新しい話題も多いので、スライドも毎回更新しています。
今回もわかりやすくお話しますので、乞うご期待です。
講演が70分間で質疑応答が20分間です。
名古屋・東海・中部方面の方々のご参加をお待ちしております。
老化予防・糖尿病・メタボ・生活習慣病などのお話をします。
糖化と老化とAGEsのお話もします。
果物の果糖はAGEsを生じやすく危険ということにも言及します。

お陰様で、糖質制限食は順調に普及してきています。
2005年に私が「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」(東洋経済新報社)
を日本初の糖質制限食の本として刊行したころとは、大きな違いがあります。

なんと言っても、2013年10月に米国糖尿病学会が5年ぶりに改訂した
「栄養療法に関する声明」のなかで、
地中海食やベジタリアン食などどともに「糖質制限食」を正式に容認したことが、
大きな追い風となりました。

さらに、米国糖尿病学会は、2019年4月、
「成人糖尿病患者または予備軍患者への栄養療法」
コンセンサス・レポートを発表
しました。
その中で、エビデンスが最も豊富であるとして、
糖質制限食が一番積極的に推奨されています。

大きな進歩であり、嬉しいサプライズでした。

2016年7月のNHKクローズアップ現代の試算によれば、
糖質制限市場は、3184億円とのことです。
医学界より、企業のほうが糖質制限食をビジネスチャンスと捉えて
行動が迅速なようです。
くら寿司やガストなども糖質制限メニューを投入で、なかなかのものです。

一方、医学界においても、嬉しいサプライズです。
2017年2月7日(火)午後から、生まれて初めて東京大学医学部に行ってきました。
教授室で、渡邊昌先生、門脇孝先生、江部康二の3人で鼎談を行いました。
二人で話し合うのが対談で、三人で話し合うのが鼎談です。
渡邊昌先生は、医学雑誌「医と食」の編集長です。
門脇孝先生は、
一般社団法人 日本糖尿病学会 理事長(当時)
であり、
東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授(当時)
です。

日本糖尿病学会のトップとじっくり話し合うことができて、
とても有意義な90分間でした。

2017年8月には、
「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」
という結論のランセット(Lancet)論文が発表され、
糖質制限食にとって大きな追い風となりました。
Lancet誌オンライン版2017年8月29日号掲載
https://doi.org/10.1016/S0140-6736(17)32252-3


糖質制限食の発展、まさに、今昔の感ありですね。

江部康二



☆☆☆
以下は朝日カルチャーセンター名古屋教室のサイトから一部抜粋です。

老後の備え、ドクター江部の糖質制限

講師:江部 康二(高雄病院理事長)

糖質制限食はいまや広く普及し、米国糖尿病学会は「成人糖尿病患者の食事療法に関する声明」を改訂するなど、
世界的なスタンダードに。第一人者が長い人生を楽しむ視点から糖質制限を解説。

<日程・時間>
2019/6/16(日) 13:30~15:00

<受講料(税込)>
会員 3,078円 一般 3,618円

<設備費(税込)>162円

<お申し込み>
TEL:052-249-5553  朝日カルチャーセンター名古屋教室

講師紹介 江部 康二 (エベ コウジ)
<プロフィール>
・1950年生まれ。
・1974年京都大学医学部卒業。
・1974年から京都大学胸部疾患研究所第一内科(現在京大呼吸器内科)
にて呼吸器科を学ぶ。
・1978年から高雄病院に医局長として勤務。1996年副院長就任。
・1999年高雄病院に糖質制限食導入。
・2000年理事長就任。
・2001年から糖質制限食に本格的に取り組む。
・ 2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を 注ぎ、「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。
内科医/漢方医/一般財団法人高雄病院理事長/一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長。

<著書>
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』2005年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編』2008年(東洋経済新報社)
『我ら糖尿人、元気なのにはわけがある』2009年(東洋経済新報社・作家宮本輝氏との対談本)
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』2010年(ナツメ社)
『主食をやめると健康になる』2011年(ダイヤモンド社)
『食品別糖質量ハンドブック』2012年(洋泉社)監修
『糖質オフ!健康法』2012年(PHP文庫)
『糖尿病治療のための!糖質制限食パーフェクトガイド』2013年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』2014年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2 実践編 新版』2014年(東洋経済新報社)
『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』2014年(東洋経済新報社)
『なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか』2015年(ナツメ社)
『糖質制限の教科書』2015年(洋泉社)監修
『よくわかる! すぐできる! 「 糖質オフ! 」健康法 』2016年(PHP研究所)
『人類最強の「糖質制限」論~ケトン体を味方に して痩せる、健康になる』2016年(SB新書)
『江部康二の糖質制限革命』2017年(東洋経済新報社)
『男・50代からの糖質制限』2018年(東洋経済新報社)
『内臓脂肪がストンと落ちる食事術』2019年(ダイヤモンド社)
など多数。
ブログ『ドクター江部の糖尿病徒然日記( http://koujiebe.blog95.fc2.com/ )は日に数千件のアクセスがあり、糖尿病のかたやそのご家族から寄せられた質問への回答や、糖尿病・糖質制限食に関する 情報の発信に、日々尽力している。
コメント
便秘
糖質制限を数年続けていますが食事内容は変わらないのに最近便秘気味でしんどいです。
トイレで力むことが多くなり、これはよくないと思ってます。
息継ぎの仕方を検索してもこれという方法が出てきません。
トイレで力むことによる失神、酷い場合はそのまま死亡してしまうケースは昔からよくあることらしくネガティブになってしまいます。
最近も孤独死した中年がトイレで亡くなっていたという件が取り上げられていました。
20代でもあるそうで中年から高齢は特に気をつけた方がよいようです。
糖質制限開始前は起床時に毎日排便、糖質制限開始後も一ヶ月程は便の乱れはあったもののその後は毎日排便していました。
それが最近便秘で腹部の膨張感やトイレで仰け反ったり姿勢を変えたりしながら排便するという有様...。調べると腸の老化などで年齢が経つと考えられるらしいですが、糖質制限もしていますしなんだか釈然としません。特にストレスも感じないので、どうして便秘体質になってしまったのか疑問です。
糖質制限OKな食材の食物繊維や油脂の大量摂取でも変わりません。
糖質を少し摂ると改善されたというケースもあり、オートミール玄米根菜果物芋類など試してもよいでしょうか?
暑くなりトイレが長くなると疲労も加わります。冬場より夏場の方がトイレでの事故が多いという説もありとにかく力まない排便をしたいです。
2019/06/06(Thu) 20:36 | URL | June | 【編集
Re: 便秘
June さん


「糖質制限を数年続けて、食事内容は変わらずで、便通もずっとOKだったのに
最近便秘である」


これは、大腸ガンなどもありえますので、
念のため、大腸カメラをしたほうが良いと思います。
2019/06/06(Thu) 21:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
膵嚢胞
2015年 糖尿病が発覚し即入院 退院と同時に江部先生のブログと本を頼りに糖質制限を始めました 当時のHbA1cは14今は5・6前後です ちなみにグリコアルブミンは12・2です 勿論インシュリンも薬も中止です 本当に先生のおかげと心より感謝しています ありがとうございます その時膵嚢胞が見つかりました 癌化しやすいとのことで先日検査したところ 担当の先生が 「見たことも聞いたことも無いが 以前より小さくなっている」と とても驚いていました 手術しなくてもいいそうです これも糖質制限のおかげかなと思っています 本当にありがとうございました
2019/06/07(Fri) 14:22 | URL | みかん | 【編集
Re: 膵嚢胞
みかん  さん

拙著のご購入、ブログへのアクセス、ありがとうございます。

2015年、HbA1c14% ⇒ 今は5.6%前後。GAは12.2%

インスリンも薬も中止して、今や、HbA1cもGAも基準値内ですね。
素晴らしいです。good job です。

『その時膵嚢胞が見つかりました 癌化しやすいとのことで先日検査したところ
担当の先生が 「見たことも聞いたことも無いが 以前より小さくなっている」と とても驚いていました。
手術しなくてもいいそうです。』

非常に嬉しいサプライズでしたね。
おめでとうございます。
2019/06/07(Fri) 18:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 便秘
Juneさん
私も糖質制限を始めてから、便通に悩むことが多くなりました。
一個人の主観的な経験ですが、学んだことをお伝えしたいと思います。
以下、食べ物と汚い話が混在します。ご了承ください。

まず食物繊維ですが、不溶性食物繊維はできるだけ避けてください。
不溶性食物繊維は便のかさを増すには良いのですが、水分、脂分を吸着してしまい、私にとっては便通がすごく悪くなりました。
一時期、おからを大量に摂取していたときは、本当に出なくて困ってしまいました。
このことは、MEC食でダイエットを成功させた椎名マキさん著「肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50kg痩せました」という漫画でも報告されています。

摂取しがちな不溶性食物繊維は大豆と小麦ふすまになります。
摂取すべきなのは水溶性食物繊維です。海藻類になります。

次に、便のすべりを良くするにはどうすべきかを私は考えました。腸の蠕動運動がいくら良くても、便が粘っこいと当然ながら前に進みません。
逆に便通が良かったときを思い出してみると、便が滑りのよい液体(腸液?)でコーティングされていました。
こういう状態であれば、蠕動運動で滑りよく進んでいくし、出すときにも引っかかりにくいのだと思います。

滑りの良い腸液にするには、人体においては多糖類が増えることがそれに当たると考え、水溶性食物繊維で腸に良い効果が報告されている
難消化性デキストリンとイヌリンを摂取して効果を観察しました。

私にとっては、難消化性デキストリンは便の量が増えて便通が増える結果でしたが、便がべとつくことが多くなりました。
イヌリンは便の量が増えると同時に、滑りの良い腸液の増加を感じました(難消化性デキストリン摂取時よりも便のべとつきがへり、出やすさが向上したことが有意に感じられました)。

ただ、イヌリンには糖鎖の長さで種類と効果が異なるそうで、私の腸内環境では以下で購入したイヌリンがもっとも効果が高かったです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0086DGHO6/

注意点として、難消化性デキストリンもイヌリンも腸内細菌のエサになりますので、とうぜんガスがたくさん出ます。人前でのおならに注意してください。

個人的な体験談ですが、参考になれば幸いです。
2019/06/07(Fri) 23:13 | URL | scalar | 【編集
Re: Re: 便秘
scalar さん

貴重な体験報告をありがとうございます。
参考になります。
2019/06/08(Sat) 08:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
便秘
アマゾンで購入できるオリゴ糖(98%含有)はビフィズス菌を増やすことがわかっています。腸内環境の改善に、ご参考にまで。
2019/06/08(Sat) 10:26 | URL | ジェームズ中野 | 【編集
タイムリー
この情報とてもありがたいです!
私も困っていたところでした(^_^;
さっそく試してみます
ありがとうございます!
2019/06/08(Sat) 13:27 | URL | まぁみぃ | 【編集
Re: Re: 便秘
scalar さん

貴重な体験談をコメント頂き、ありがとうございます。

便秘の治療に良い食事も個人差があるとおもいますので、
諸兄諸姉は、scalar の体験談を参考にされ、自分にはどのような食事が良いかを
自己決定・自己管理して頂ければ幸いです。
2019/06/10(Mon) 14:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 便秘
ジェームズ中野 さん

コメント、ありがとうございます。

オリゴ糖は、ご指摘通り一般に胃や小腸で吸収されてにくく、低カロリーであり、
大腸まで達して、ビフィズス菌などの餌になるとされています。

中でも、フラクトオリゴ糖と乳果オリゴ糖(ラクトスクロース)は、
血糖値とインスリン値に影響をほとんど与えません。
2019/06/10(Mon) 14:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可