FC2ブログ
HbA1cとグリコアルブミン(GA)の統一性と信頼度と意義。
こんにちは。

今回は、泉宮さんからコメント・質問を頂き、
HbA1cとグリコアルブミン(GA)の統一性と信頼度と意義について、
考えてみました。


【19/05/27 泉宮
お世話になります。

かかりつけ病院でHbA1cを測定していますが値が信用できないのです。
血糖値は朝食前、1H後、2H後、昼食前、1H後、2H後、夕食前、1H後、2H後、21:30を1日7回あるいはスポット的に測定します。
機器はグルテスト アイを使っています。

昨年10月~12月平均138
308回測定

1月初め検査 HbA1c 7.0
今年1月~4月平均126
221回測定

5月中旬検査 HbA1c 6.9
グリコアルブミン 17.5
1.5-AG 11.7

グリコアルブミンはその病院では測定できず別の施設で検査しました。
直近2週間を反映すると聞いていたので5月初めから2週間の測定平均は126
グラフにすると今年の1~4月と5月初め2週間はほぼ近似グラフです。
グリコアルブミンから計算すると推定HbA1cは6.1

血糖の測定は連続血糖測定(CGM)ではないため一致はしないにしても
HbA1c値(検査値6.9と推定6.1)が違いすぎると感じているのです。】



ドクター江部
泉宮 さん

早朝空腹時血糖値は、どのくらいでしょう。
グリコアルブミンが、良いデータなので、
食後高血糖はかなり良くコントロールされているのだと思います。
早朝空腹時血糖値がやや高めだと、
グリコアルブミンに比べてHbA1cが比較的高めにでることがあります。


【19/05/27 泉宮
Re:HbA1cは正しい数値か?
タイトルを書き忘れていました、追加しておきます。

朝食前の血糖値平均は下記になります。
昨年10~12月:113
今年1~2月:112
今年3月~4月:111
今年5月初め2週間:116

よろしくお願いします。】



Re: Re:HbA1cは正しい数値か?
泉宮 さん

空腹時血糖値は、境界型レベルですね。
そんなに高くありません。
そうすると、その病院のHbA1cは、実態より、やや高くでている可能性が高いです。

HbA1cの検査は、全国で統一される方向のはずなのですが、
検査機関や病院により、結構バラツクことがあるのが現実です。

泉宮さんのケースでは、グリコアルブミンのほうが、信頼できると思います。


【19/05/28 泉宮
Re:Re: Re:HbA1cは正しい数値か?
江部先生、お忙しいところありがとうございます。

その病院で経過を継続していこうとは考えています。
高めの検査結果であることを頭に置いておきます。

全国で統一される方向とのことですが、
一般的にどれくらいの誤差が許容されているのでしょうか。】



19/05/28 ドクター江部
Re: Re:Re: Re:HbA1cは正しい数値か?
泉宮 さん

「HbA1c 測定原理」
で検索したところ、各社で測定原理は、ほとんど異なっているようです。
従って、統一にはほど遠いようです。

グリコアルブミンのほうは、
測定原理は、

旭化成ファーマ株式会社
https://www.asahi-kasei.co.jp/shindan/ga-l/ability.html

http://www.kyowamx.co.jp/products/diabetes/rusika_ga_l.html
協和キリン
協和メディックス


2社とも、同一のようです。
従って、グリコアルブミンのほうが、
信頼性も統一性も勝っていると思います。


さらに、
グリコアルブミン(GA)とグリコヘモグロビン(HbA1c)
に関してを比較・検討してみます。

<GAとHbA1cのそれぞれの意義>

HbA1cは赤血球の寿命が120日であるため4ヵ月前から採血時まで、
一般には、過去2ヶ月の平均血糖値を反映します。

GAはアルブミンの半減期が17日であるため17日前から採血時まで、
一般には、過去2週間の平均血糖値を反映します。
高雄病院の糖尿病学校(14日間入院)では、
タイミングが許せば、
糖質制限入院時と退院時のGAを検査します。
必ず退院時GAが改善しますので患者さんに説明しやすいです。
HbA1cは2週間では、血糖コントロール良好でも変化はありません。
従って、退院時のHbA1cは検査しません。

<GAとHbA1cの測定原理と食後高血糖の反映度合い>

HbA1cとグリコアルブミン(GA)は、血糖が、血液中のヘモグロビンとアルブミンと、
それぞれ結合して変化したものの割合をパーセントで示す検査です。

血液中のブドウ糖は、いろんなものにへばり付く性質があり、
ヘモグロビン(赤血球の中にあるタンパク質)にくっついて変化したものがHbA1cで、
アルブミンという血清中のタンパク質にくっついて変化したものが、グリコアルブミン(GA)ということです。

そして、同じ HbA1C値の糖尿病患者さんでも、食後高血糖が頻回にある患者さんの方が、
グリコアルブミンが高くなりやすいことが分かりました。

アルブミンが血糖と結合してグリコアルブミンになるスピードは、
ヘモグロビンが血糖と結合して HbA1Cになるスピードより、
9倍くらい速いと推測されています。


そのため、ごく短時間だけ現れる高血糖に対しては、
グリコアルブミン値の方が HbA1C値より敏感に反応しやすいと考えられます。
ごく短時間だけ現れる高血糖は、通常は糖質摂取後の高血糖です。
これが、「グリコアルブミン検査は食後高血糖の評価に適している」とされる理由です。

言い換えれば、HbA1cという検査は、食後高血糖を見逃している可能性が極めて高く
欠陥のある検査と言えます。

例えば糖質を普通に食べている糖尿人で、HbA1cが6.5%とか、一見コントロール良好であっても、
実際には食後高血糖が毎食生じていて合併症予防は困難なことも考えられます。
このことが、
日本で糖尿病合併症(透析16000人以上、切断3000人以上、失明3000人以上)が
一向に減らないことの理由の一つと考えられます。

<GA/HbA1cの比が大きいと食後高血糖が頻回>

食後高血糖の存在をよりはっきりとさせる方法として、
グリコアルブミン値を HbA1C値で割って両者の比を計算する方法があります。

血糖コントロールが良いにしろ悪いにしろ、それが安定している場合、
両者の比は、およそ3:1です。(但しHbA1cはJDS値)

つまりGA値が HbA1C(JDS)の約3倍です。

この約3倍というのは昔のHbA1c(JDS値)で計算したらぴったりですが、
HbA1c(NGSP値)の場合は少し小さくずれます。

従って、GA/HbA1c比の計算をするときは、
JDS値のHbA1cにする
とよいです。

*JDS値+0.4=NGSP値
*NGSP値-0.4=JDS値


食後血糖値の変動が大きい糖尿人では、
先ほど述べたようにグリコアルブミンの方が上昇しやすいため、
GA/HbA1c比が大きくなります。

食後高血糖が頻回の場合は、GA/HbA1c比が4:1に近付いたり、
それ以上に差が開くこともあるようです。

この差が大きいほど、
合併症が進行しやすくなることを示した研究報告が最近増えてきました。

<糖質制限食なら、GA/HbA1cの比が小さい>
江部康二の検査データ(2019年4月)
HbA1c(NGSP):5.7%(基準値4.6~6.2%) 
HbA1c(JDS):5.3%(基準値4.3~5.8%)
グリコアルブミン(GA):13.5%(基準値11.8~16.0%)

上記、江部康二の検査データ(2019年4月)だと、
JDS値で計算して、GA/HbA1c比は、2.37:1とかなり低いです。
これは食後高血糖が極めて少ないことを示しています。

一方、
ある50代男性糖尿人Aさんの検査では
HbA1c(NGSP):5.8%
HbA1c(JDS):5.4% 
グリコアルブミン(GA):18.0%
でした。

江部康二とAさんと、HbA1cは全く同じです。

一方AさんのGAも20%未満と、コントロール良好ではあるのですが、
私のデータと比べるとかなり高値です。
Aさんの、GA/HbA1c比は、3.33:1で、私よりかなり高いです。

つまりAさんは、私に比べると食後高血糖が一定あったこととなります。

よくよくAさんに聞いてみると

「麺類が好きで時々食べていました」

ということでした。

麺類を止めて貰ったら、GAも16.0%をきるようになりました。


すなわち、食後高血糖のない質の良いHbA1cと、食後高血糖のある質の悪いHbA1cとを、
GA/HbA1c比によって、区別し評価できるということになります。

GAとHbA1cは同じ月には保険請求できませんので、
かわりばんこに調べるとか、基本HbA1cで、時々GAとかいろいろ
工夫して検査すればいいと思います。

HbA1cより、有用なので、グリコアルブミン検査は今後、
もっと普及して欲しいと思います。

それによりグリコアルブミンと合併症の関係がさらに明確になることでしょう。


江部康二
コメント
血糖値の上昇
いつも興味深いお話、ありがとうございます。大変参考になっています。

私は産後の負荷試験で境界型と診断されているのですが、自分が今、どれだけ血糖値が上昇するのか、自宅でも調べてみたいと思っています。
以前、少量のブドウ糖を使って測定してみるとよい、とブログにありましたが、普段糖質制限をしている場合は、10gや30gの量であっても、測定の1日2日前くらいから150gの糖質を摂取してから実験してみた方が良いのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。
2019/05/29(Wed) 09:41 | URL | 境界型 | 【編集
Re: 血糖値の上昇
境界型  さん

普段糖質制限をしていてそのまま糖質摂取して
血糖が上がりやすくなっている場合と変わりない場合があり、
個人差があります。

この際、自分の場合を確かめる意味で、
まずはそのまま、50gの糖質を摂取して、試してみては如何でしょう。

それで、血糖値が高くでるようなら、3日間ほど150g/日の糖質を摂取してから
再実験されてはどうでしょう。
2019/05/29(Wed) 10:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
摂取糖質量増加により食前血糖値、耐糖能の改善
いつもお世話になります。
一昨年12月より糖質制限(38g/日、1回15g以下)を始め、ピーク血糖値をできる限り140mg/dL以下に抑えるようにしてきましたが、
(1)4月に糖質摂取量を日平均38g→48gに増やしたところ、徐々に食前血糖値が下がりました。
(2)5月はさらに増量し、日平均57g。食前血糖値下降に加え、耐糖能にも改善が見られます。これまで普通の食事で糖質1gで血糖値は2mg/dL程度の上昇でしたが、1.4mg/dL前後に改善しています。

これまで食事1回で15gの糖質が食後血糖値を正常範囲(140以下)に保つための限度でしたが、30~40g摂取でもピークを140以下に抑えられるようになりました。ただ、限度を超える(65g摂取)と今までと同じくらい上がるようです。
現在は食前血糖値は80台、糖質1g当たり1.4mg/dLくらい(が多い)の血糖値の上昇です。したがって1回に40g程度の糖質摂取でもピークを140以下に抑えられる場合が多くなっています。今までと同じ糖質量ですとピークが120くらいで正常人と変わりません。

そこで質問ですが
(1)糖質摂取量の増加と数値の改善には因果関係があるのでしょうか(改善したので食べられたという事もあり、卵が先か鶏が先かと言う問題は含んでいます)。
(2)特に筋量が増えたわけではない(筋トレなどはしていない)のですが、数値の改善は何によるものでしょうか。
(3)以前の糖質量と比べてメリット、デメリットなどはあるでしょうか(インスリン分泌量は増えている可能性がありますね)。

今のところ、糖質制限食の健康面でのデメリットはゼロですし、糖尿病が完治するとは思いませんが、このように目に見えて改善するとモチベーションが上がります。
懐にやさしければなお良いのですが(笑)

(参考)昨年5月の負荷試験
    [血糖値] [インスリン]
空腹時 121mg/dL 6.9μU/mL
 30分 232mg/dL 19.2μU/mL
 60分 263mg/dL 28.7μU/mL
120分 259mg/dL 54.2μU/mL

 HOMA-R 2.1
2019/05/29(Wed) 12:26 | URL | 西村典彦 | 【編集
ありがとうございます
個人差があるのですね。
今は食後にたまに測定してみているだけなので、いずれ、チャレンジして、自分の上昇具合をしっかり把握してみたいと思います。
ありがとうございました。

また何かありましたら、よろしくお願いいたします。
2019/05/29(Wed) 13:54 | URL | 境界型 | 【編集
Re: 摂取糖質量増加により食前血糖値、耐糖能の改善
西村典彦 さん

(1)糖質摂取量の増加と数値の改善には因果関係があるのでしょうか(改善したので食べられたという事もあり、
卵が先か鶏が先かと言う問題は含んでいます)。
(2)特に筋量が増えたわけではない(筋トレなどはしていない)のですが、数値の改善は何によるものでしょうか。


まずは一昨年12月からの糖質制限食実践で、β細胞が休養できてインスリン分泌能力がかなり回復したものと思われます。
それにより、糖尿病型であった耐糖能が、境界型レベルに改善しています。
インスリン分泌能力が改善したので、糖質38g/日⇒57g/日にすることで、訓練効果でさらに耐糖能が改善したのでしょう。


(3)以前の糖質量と比べてメリット、デメリットなどはあるでしょうか(インスリン分泌量は増えている可能性がありますね)。

上述のように、インスリン分泌量は増えていると思います。
限度(65g)を超えない限りは、57g/日でOKと思います。


(参考)昨年5月の負荷試験⇒一昨年5月の負荷試験でしょうか?
2019/05/30(Thu) 14:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 摂取糖質量増加により食前血糖値、耐糖能の改善
早速、ご回答ありがとうございます。

負荷試験は一昨年ではなく昨年の5月です。
既に糖質制限を開始して半年ほどたってから受けました。それまで血糖値が高いこと別件での血液検査で時々指摘されていましたが、「糖尿病」と診断されたことはなく、自費でリブレを購入し、血糖値スパイクがあることが分かり、現在の主治医のクリニックに行ったという経緯でした。

(1)糖質制限を始める
(2)自分で血糖値スパイクを見つける
(3)病院に行く
普通の人とは順序が逆ですね(笑)
これからは血糖値も体温計や血圧計の様に家庭で気軽にチェックするようになるのでしょうね。

でもなぜ、糖質制限しよう思ったのか今でも思い出せません。血液検査で高血糖を指摘され、その日から唐突に始めたことだけは覚えています。何かに導かれたのでしょうか。
2019/05/30(Thu) 20:34 | URL | 西村典彦 | 【編集
Re: Re: 摂取糖質量増加により食前血糖値、耐糖能の改善
西村典彦 さん

なるほど、昨年5月には、耐糖能は一定改善していたけれど
75gと65g以上のブドウ糖負荷試験であったため、糖尿病型となったということですね。
了解しました。

きっかけは兎も角、現在、糖質制限しておられるということが、健康にとって重要ですね。
2019/05/31(Fri) 07:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
ララクラッシュのメーカーからの回答です
ララクラッシュの血糖値の上昇について
「ゼロキロカロリー」の「ララクラッシュ」を購入しました。成分中に、スクラロース、アセスルファムカリウムが含まれていますが、江部先生の過去のブログから、これらは血糖値を全く上昇させないのは良く承知なのですが「高果糖ブドウ糖」「ぶどう糖果糖液糖」は、どれぐらい血糖値を上昇させるのでしょうか?初耳の成分で。戸惑っています。どうか宜しくお願い致します。
2018/10/20(Sat) 01:42 | URL | 多田隆美 | 【編集】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Re: ララクラッシュの血糖値の上昇について

多田隆美 さん

ララクラッシュ
一個あたり8kcalです。

スクラロース、アセスルファムカリウムは
ゼロカロリーです。

栄養成分表示 1個(24g)あたり
エネルギー8 kcal
たんぱく質0 g
脂質 0 g
炭水化物 4.1 g
―糖質 2.5 g
―食物繊維 1.6 g


難消化性デキストリン(韓国製造)、ぶどう糖果糖液糖、エリスリトール、果汁(ぶどう、ブルーベリー)、
高果糖液糖、洋酒、こんにゃく粉 / ゲル化剤(増粘多糖類)、
酸味料、乳酸Ca、香料、甘味料(スクラロース)

ぶどう糖果糖液化糖、高果糖液糖、エリスリトールの分の
糖質が2.5gです。
このうちエリスリトールはカロリーゼロで血糖値も上げません。
ブドウ糖は血糖を上げますが、果糖はあまり上げません。

総じて、1個(24g)あたりの血糖値を上げる糖質量は
1~2g程度と思われます。

より詳しくは、メーカーにお問い合わせ頂けば幸いです。
2018/10/20(Sat) 13:48 | URL | ドクター江部 | 【編集】

・・・・・
江部康二先生、回答、以前、どうもありがとうございます。メーカーに問い合わせしました。その結果をご報告させて頂きます。
以下です。どうか宜しくお願い致します。社秘とは、根性悪いですね・・・私はメーカーに江部康二先生が研究開発された回答を皆様にされて下さっている事に付き反対に教えてあげたぐらいですのに。・・・それを見た途端に、AGEsとか「うちの企業では能力的に回答出来ない」が最初で、そんなに江部康二先生の様な回答までは、お宅の企業には求めていませんから、その成分についてと、配合の比率を教えて欲しいだけです・・と質問しましたら、私たちは上手く、反対に利用されただけだったみたいです。しかし、この「ララクラッッシュ」は高価であるにも関わらず、血糖値の上昇は結構ありそうですね・・・もう買う事は無いでしょう・・・野田聖子議員ではありませんが。。・ここまで、国民の信頼を得ていたこんにゃく畑も野田聖子議員問題の時から、又、国民が野田聖子が悪い!何とか再復帰して欲しい!と言う強い要望の中、再製造販売できる様になったのに、その善意を完全、裏切りましたね・・・野田聖子以下です・・・
・・・・・
多田 隆美 様

ご連絡ありがとうございます。
【ぶどう糖果糖液糖】及び【高果糖液糖】は、それぞれぶどう糖と果糖の比率が異なります。
ぶどう糖果糖液糖は、ぶどう糖が50%以上で果糖が50%未満のもの、
高果糖液糖は、ぶどう糖が10%未満で果糖が90%以上のものと定義されております。
なお、この二種類の原材料ですが、
「蒟蒻畑ララクラッシュ」に最適な割合に調整しておりますので、
具体的な比率や含有量につきましては、社外秘とさせていただいております。
何卒、ご理解とご容赦を賜りますようお願いいたします。

*********************************
株式会社マンナンライフ 
お客様相談室
E-mail:info@mannanlife.co.jp
URL:http://www.mannanlife.co.jp
2019/06/01(Sat) 11:51 | URL | 多田隆美 | 【編集
Re: ララクラッシュのメーカーからの回答です
多田隆美 さん

そうですか。
株式会社マンナンライフ さん、社外秘ですか。

そうすると私の推定の
1個(24g)あたりの血糖値を上げる糖質量は
2g程度と思われます。
2gなら、カロリーが8kcalで調度です。
2019/06/01(Sat) 19:29 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可