FC2ブログ
朝日カルチャーセンター湘南教室にて 糖質制限食講座開催。5/26(日)。
こんばんは。

朝日カルチャーセンター湘南教室にて
糖質制限食講座開催です。

糖質制限食による糖尿病の治療と予防
人類本来の食事、人類の健康食
https://www.asahiculture.jp/course/shonan/31c415b5-818a-5626-e8a2-5c47e1c09ffb
2019/5/26(日)13:00~14:30
講義70分間、質疑応答20分間。
朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 
湘南教室
お申し込み TEL:0466-24-2255

最新の内容も含めて、わかりやすくて楽しいお話しを目指します。
東京や関東圏の方々のご参加をお待ちしております。
講師は江部康二です。
湘南教室では、2018年3月以来ですから1年2ヶ月ぶりの講座です。
この数年間、糖質制限食の発展という意味ではとても大きな変化がありました。
年間30回くらい講演をしていますが、
結構、新しい話題も多いので、スライドも毎回更新しています。
今回もわかりやすくお話しますので、乞うご期待です。
講演が70分間で質疑応答が20分間です。
湘南、横浜、東京、関東圏の糖尿人やメタボ人の方々やそのご家族、
奮ってご参加いただけば幸いです。

お陰様で、糖質制限食は順調に普及してきています。
2005年に私が「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」(東洋経済新報社)
を日本初の糖質制限食の本として刊行したころとは、大きな違いがあります。
なんと言っても、2013年10月に米国糖尿病学会が5年ぶりに改訂した「栄養療法に関する声明」のなかで、
地中海食やベジタリアン食などどともに「糖質制限食」を正式に容認したことが、
大きな追い風となりました。

さらに、2019年4月、米国糖尿病学会は、
「成人糖尿病患者または予備軍患者への栄養療法」コンセンサス・レポート
を発表しました。
その中で『糖質制限食』がエビデンスが最も豊富であるとして
一番積極的に推奨されていた
のは、我々糖質セイゲニストにおいては
歴史的快挙と言え、快哉を叫びたい気持ちでした。ヽ(*`▽´)ノ 

このように、この1~3年、糖質制限食の展開において大きな発展があり
いい意味のサプライズもありました。
2016年7月のNHKクローズアップ現代の試算によれば、
糖質制限市場は、3184億円とのことです。
医学界より、企業のほうが糖質制限食をビジネスチャンスと捉えて
行動が迅速なようです。
くら寿司やガストなども糖質制限メニューを投入で、なかなかのものです。

一方、医学界においても、嬉しいサプライズです。
2017年2月7日(火)午後から、生まれて初めて東京大学医学部に行ってきました。
教授室で、渡邊昌先生、門脇孝先生、江部康二の3人で鼎談を行いました。
二人で話し合うのが対談で、三人で話し合うのが鼎談です。
渡邊昌先生は、医学雑誌「医と食」の編集長です。
門脇孝先生は、
一般社団法人 日本糖尿病学会 理事長
であり、
東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授(当時)
です。
日本糖尿病学会のトップとじっくり話し合うことができて、
とても有意義な90分間でした。

2017年8月には、
「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」
という結論のランセット(Lancet)論文が発表され、
糖質制限食にとって大きな追い風となりました。
Lancet誌オンライン版2017年8月29日号掲載
https://doi.org/10.1016/S0140-6736(17)32252-3

糖質制限食の発展、まさに、今昔の感ありですね。

江部康二


☆☆☆
以下は朝日カルチャーセンター湘南教室のサイトから一部抜粋です。

糖質制限食による糖尿病の治療と予防
人類本来の食事、人類の健康食

講師:江部 康二(高雄病院理事長)


糖質制限食は、日本では1999年から京都・高雄病院において糖尿病治療食として開始され、合併症を予防できる唯一の食事療法として画期的な成果をあげてきました。米国糖尿病学会は「摂取後直接、血糖に影響を与えるのは糖質のみで、蛋白質・脂質は、影響を与えない。」としています。食後高血糖と一日平均血糖変動幅増大が糖尿病合併症の最大のリスクとなりますが、従来の糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)では、必ずそれらを生じるので、合併症の予防は困難です。米国糖尿病学会は、2013年「栄養療法に関する声明」で、糖質制限食、地中海食、ベジタリアン食、低脂質食、DASH食を受容しましたが、糖質制限食に大きな追い風となりました。(講師記)

<日程・時間>
2019/5/26(日) 13:00~14:30

<受講料(税込)>
会員 3,240円 一般 3,888円

<その他>
席は自由席です。必要に応じて資料を配布します。
*個人的は治療相談は承りかねますので、ご了承ください。

<お申し込み>

TEL:0466-24-2255  朝日カルチャーセンター湘南教室

講師紹介 江部 康二 (エベ コウジ)
<プロフィール>
・1950年生まれ。
・1974年京都大学医学部卒業。
・1974年から京都大学胸部疾患研究所第一内科(現在京大呼吸器内科)
にて呼吸器科を学ぶ。
・1978年から高雄病院に医局長として勤務。1996年副院長就任。
・1999年高雄病院に糖質制限食導入。
・2000年理事長就任。
・2001年から糖質制限食に本格的に取り組む。
・ 2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を 注ぎ、「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。

内科医/漢方医/一般財団法人高雄病院理事長/一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長。

<著書>
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』2005年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編』2008年(東洋経済新報社)
『我ら糖尿人、元気なのにはわけがある』2009年(東洋経済新報社・作家宮本輝氏との対談本)
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』2010年(ナツメ社)
『主食をやめると健康になる』2011年(ダイヤモンド社)
『食品別糖質量ハンドブック』2012年(洋泉社)監修
『糖質オフ!健康法』2012年(PHP文庫)
『糖尿病治療のための!糖質制限食パーフェクトガイド』2013年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』2014年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2 実践編 新版』2014年(東洋経済新報社)
『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』2014年(東洋経済新報社)
『なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか』2015年(ナツメ社)
『糖質制限の教科書』2015年(洋泉社)監修
『よくわかる! すぐできる! 「 糖質オフ! 」健康法 』2016年(PHP研究所)
『人類最強の「糖質制限」論~ケトン体を味方に して痩せる、健康になる』2016年(SB新書)
『江部康二の糖質制限革命』2017年(東洋経済新報社)
『男・50代からの糖質制限』2018年(東洋経済新報社)
『内蔵脂肪がストン!と落ちる食事術』2019年(ダイヤモンド社)
など多数。

ブログ『ドクター江部の糖尿病徒然日記( http://koujiebe.blog95.fc2.com/ )は日に数千件のアクセスがあり、糖尿病のかたやそのご家族から寄せられた質問への回答や、糖尿病・糖質制限食に関する 情報の発信に、日々尽力している。





コメント
腓骨、脛骨の骨折入院日記
私の隣に潰瘍性大腸炎の方が入院してこられて、かなりの数の点滴を受け、おまけに食事なしなので常に血糖値を計測しています。なんかおかしい治療に見えますが・・・というのが素人目です。インスリノーマは例外として低血糖はインシュリンを打つかしないときにしなくていいようにも思います。それとここでは血液検査の結果をPDFで送れないようですね
2019/05/12(Sun) 11:45 | URL | 甘いミカン | 【編集
本日もネットニュ~スで、江部先生が!!
都内河北 鈴木です。

本日もネットニュ~スで、本ブログでも紹介のダイヤモンド社が
「内臓脂肪を落としたいなら1日2食がいい【1】」
江部康二
5/2(日)6:00配信
DAIMOND online

とありました!!
私はこの記事を、21年の糖尿病重症化して行く1患者が、
都内名のある病院で、「日本糖尿病学会」公認医担当で、
7年間、「医療世界情報を隠蔽状態にあった悪化一途の1患者」が、
2012年10月1日より「糖質制限理論」実践で、

3か月足らずでインスリン自主離脱、ヘモグロビン正常化し「生還、」!!
2年後、眼・眼底検査・「覚醒、」!!
4年後、脳梗塞・頸動脈プラ~ク減少「覚醒」!!
8年後、脳梗塞・細部複数個所「再覚醒、」!!
した8年目の現在が事実証明者として、
「時代進化解明した効果有る医療知識」だと再認識の為に、読破しました!!

本日のニュ~ス記事内容も何の疑問も無く、
自身の「生還、覚醒、再覚醒、」出来た医療デ~タを観れば理解可能だと納得しました!!

このニュ~スは継続する様なので、健康改善の為には次回もブログ共に楽しみです!!

私は江部先生には、「生還、覚醒、再覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具


2019/05/12(Sun) 13:57 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 腓骨、脛骨の骨折入院日記
甘いミカン さん

そうですね。
低血糖はほとんどの場合は、インスリン注射かSU剤内服、たまにグリニド系薬剤でも生じます。
それ以外の薬剤では低血糖は生じにくいです。

まして、糖尿病薬なしの場合は、低血糖はまれです。

ただ、「機能性低血糖」という、糖質摂取時に出現する病気の場合は、
薬なしでも、糖質摂取後しばらくして低血糖を生じることがあります。

それから、ご指摘通りPDFでは送れないと思います。
2019/05/12(Sun) 15:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 本日もネットニュ~スで、江部先生が!!
都内河北 鈴木 さん

情報をありがとうございます。

DIAMOND
online
2019.5.12の私の本の記事ですね。

https://diamond.jp/articles/-/200692
内臓脂肪を落としたいなら
1日2食がいい[1]
内臓脂肪がストンと落ちる食事術
江部康二:医師・財団法人高雄病院理事長 
2019/05/12(Sun) 15:35 | URL | ドクター江部 | 【編集
業務用スクランブルエッグについて
糖質制限に便利な卵料理ですが、気になる事があったのでご報告です。
ホテルのバイキングなどで使われる業務用スクランブルエッグ(冷凍食品)ですが、家庭で作るものとはかなり違うようです。
私がいつもスキーで利用するホテルの朝食バイキングで意に反して血糖値が上がるので調べてみました。
まず「バーンスタイン医師の糖尿病の解決」で紹介されている裏技(唾液と混ぜた食品を尿糖検査紙で調べる方法)で調べてみましたが、結構反応します(この裏技結構使えます)。そこでネットでいくつかの商品を検索してみると100g中7g前後の糖質量のようです。卵2個分程度の量です。砂糖、加工デンプンなどが含まれているようです。低糖質だと思って多量に食べるとかなりの糖質量になってしまうので要注意です。
2019/05/13(Mon) 05:50 | URL | 西村典彦 | 【編集
Re: 業務用スクランブルエッグについて
西村典彦 さん

貴重な情報をありがとうございます。

ホテルのバイキングなどで使われる業務用スクランブルエッグ(冷凍食品)

そうですか。
業務用なら最初から砂糖や加工デンプンが含まれているのですね。

『100g中7g前後』
油断していましたが、今後は注意します。
2019/05/13(Mon) 18:02 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可