FC2ブログ
母乳の脂質と糖質の比率、ガラクトースの役割。
こんにちは。

今回は、母乳の脂質と糖質の比率、ガラクトースの役割について
考えてみます。

日本食品標準成分表2015(七訂)によれば、
人乳は100gで、65kcal、炭水化物が7.2g、利用可能炭水化物(単糖当量)6.7g、脂質が3.5gくらいです。
糖質が総カロリーの44.9%
脂質が総カロリーの48.46%

です。

すなわち、糖質もそこそこ含まれていますが、かなりの高脂質食でもありますね。
母乳が高脂質食なので、母乳育児中の乳児の血中ケトン体値は、成人基準値よりはかなり高値となります。
一方、ご指摘のように糖質も、日本糖尿病学会推奨の50~60%には及ばないものの、そこそこの含有量です。

ヒトが吸収できる単糖には、ブドウ糖、果糖、ガラクトースがあります。
人乳あるいは哺乳類のお乳に、乳糖が含まれていることの意味は何か考えてみました。
乳糖は「ガラクトース+ブドウ糖」で構成されています。

エネルギー補給だけならブドウ糖だけでもいいようなものなのに、
ガラクトースが必要なのには、理由があるようです。
乳糖が母乳の糖質の 80% 以上で、全エネルギーの 約38%を占めます。
乳糖以外には微量のグルコース、ガラクトース、種々のオリゴ糖などを含有しています。

次に糖鎖について考えてみます。
「糖鎖」とはグルコースやガラクトースなどの糖が共有結合で連結し鎖状になった分子です 。
糖鎖は、糖転移酵素の反応により多くのタンパク質や脂質に結合し、それらの分子を正しく働 かせるために必要です。
それらの中で、ガラクトース糖鎖は自然免疫のブレーキ的な役割を果たすということがわかってきました。(*)

免疫には、ほとんどの生物が持っている「自然免疫」というシステムと、脊椎動物だけがもっている「獲得免疫」というシステムがあります。
細菌やウィルスなどの病原体が体内に侵入したときは、まず自然免疫が活性化し、速やかにそれらを排除しようとします。
 自然免疫とは、受容体を介して、侵入してきた病原体などを感知し、それを排除する仕組みであり、生体防御の最前線に位置しています。ここで活躍している免疫担当細胞は、主に好中球やマクロファージ、樹状細胞といった食細胞です。
 その後、自然免疫からの情報を得て、獲得免疫が活性化します。獲得免疫とは、感染した病原体を特異的に見分け、それを記憶することで、同じ病原体に出会った時に効果的に病原体を排除できる仕組みです。獲得免疫で活躍している免疫担当細胞は、主にT細胞やB細胞といったリンパ球です。

自然免疫は最前線で活躍してくれていますが、
自然免疫も暴走したら、かえって身体に悪影響がでるので、ガラクトース糖鎖が制御しているものと思われます。

なお、ガラクトースは、急速に発達する乳児の中枢神経系の完成に
重要な役割を果たすとされています。


(*)
ガラクトース糖鎖に関しては
立教大学理学部、山本美樹PD、後藤聡教授等のご研究のプレスリリース
「免疫力は糖によって調節される!」
免疫反応の新しい ON/OFF の仕組みを解明

https://www.rikkyo.ac.jp/news/2015/04/16036.html
https://www.rikkyo.ac.jp/news/2015/04/qo9edr000000c13n-att/pic-news140417_002.pdf

を参考にしました。


江部康二
コメント
いつもブログで勉強させて頂いてます。
以前は、冷えについて質問させて頂きましたが、もう一つの疑問に「汗」があります。

糖質制限をしていると汗がサラッとしてくるため、汗をかいても乾けばあまり気持ち悪くないです。

趣味でジョギングをしているのですが、糖質制限を始めてから汗の量が減りました。
最初はさほど気にしていなかったのですが、元々汗をかきにくい体質でもあるので、腎臓の影響ではないか?と気になりだしました。

高たんぱく食と腎臓の関係については、過去のブログでも何度も触れられており、納得しています。クレアチニンは0.9台です。(何度か1.02程度になりました)
汗があまり出ないことも気にする必要はないのでしょうか?
2019/04/08(Mon) 20:22 | URL | 太郎 | 【編集
汗だけでない、皮脂の変化!!
都内河北 鈴木です。

太郎さんの汗の変化だけでなく、
私は汗は勿論ですが、「皮脂」の変化が、大変快適になりました!!

現在「糖質制限理論」実践8年目で、
「生還、覚醒、再覚醒、」してますが、
健康生活には、時代進化した、不要な「糖質」食材極力排除すると、
食費金銭も無駄にならず、日々の健康生活にも気付く事、多数あります!!

「汗、皮脂の変化」も顕著な変化かなと、感じています!!

何しろ私は、「日本糖尿病学会」公認・病院、担当医、等に、
悪化だけでなく、殺されかけた身から
江部先生「糖質制限理論」理解把握実践で、
「生存、覚醒、再覚醒、」して、体感変化から考えること多数あります!!

私の友人も私の医療デ~タを見て、
「糖質制限理論」を知り理解把握して実践し、健康改善しました!!

その友人も田舎の三島でも「最近、糖質制限表示の食品が増えたよね。」と申しています!!

そして彼が製薬会社勤務員との会話で、
私のインスリン自主離脱を話すと「あり得ない事」だと発言あったと聴きました!!

しかし私は「改善医療デ~タ記載」にあるように、「事実」ですから!!

「糖質制限理論」理解把握・実践者は、
ネットグロ~バル現代は、既得権益・亡者・専門医より、
民間人の方が時代進化しない専門医より、専門家だと言えますね!!

江部先生には、「生還、覚醒、再覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具



2019/04/09(Tue) 00:11 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 汗
太郎さん

そう言われてみれば、私も腎機能は全く問題はありませんが、汗の量が減ったような気がします。
テニスをしていても、他のプレーヤーに比し、私は明らかに汗が少ないですが、
スタミナ十分です。

太郎さんも、汗が少なくても体調が良ければ問題ないと思います。
2019/04/09(Tue) 07:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限しての体感
いつもブログありがとうございます。

汗の話、なんとなくですが、同感です。
また、今年の花粉症が軽いのは気のせいか、
もっと糖質制限を進めたら、
もっと改善されるのか、気になっています。

できれば、
他にも病気の改善プラスアルファで
糖質制限しての
皆様の体感談体験談教えてください。
よろしくお願い致します。

2019/04/09(Tue) 09:59 | URL | 稔 | 【編集
なかなか痩せない
いつもブログと書籍で勉強しております。
34歳男です。171cnで107kg、体脂肪35%ありました。去年の健康診断で初めて尿に糖が出て、HbA1cが7.2になってしまいました。
2月に先生のブログにたどり着き、書籍を購入し勉強しながらスーパー糖質制限を始めました。
最初の1週間で2kg落ち、1ヶ月目には約4kg減量しました。
しかし、2ヶ月目は停滞期なのか1kg落ちたり戻ったりを繰り返してこの1ヶ月ほとんど変わらずです。
現在102-103kgで体脂肪31%になりました。
2ヶ月で10kg落ちる人もいる中で、こんなに落ちないのが不思議です。
体重が多い分、減る量もスピードも早いと思ったのですが。。。

祖父母、母と糖尿病で、小学生から常にクラスで1、2番に太ってました。
若いころの体重がベストと聞きますが、20歳の時で80-90kgあります。
ずっと太って育った場合は体重が落ちにくいとかあるのでしょうか?
1ヶ月の1日平均摂取の糖質は60gで、平均のバランスは蛋白質42%、脂質40%、糖質18%でした。
カロリーも1日平均2100kcalで食べ過ぎてるとも思えないのですが、倹約遺伝子なのでしょうか?
普段運動はしてませんが、筋肉量は昔から平均より多く、体重計やスポーツジムの機器で計測すると代謝カロリーは2000kcalを超えます。
来月糖質制限3ヶ月になるので再検査をしてきますが、体重がそこまで落ちなくても血糖値だけ改善することもありますか?
2019/04/09(Tue) 13:33 | URL | TT | 【編集
コメント、ありがとうございました。
ジョギングしていて、汗出てる時の方が、スタミナあったような気がしたもので、疑問に思っていました。
引き続き人体実験してみます。
2019/04/09(Tue) 20:46 | URL | 太郎 | 【編集
Re: 糖質制限しての体感
稔 さん

糖質制限食実践で、糖尿病、メタボはもちろんのこと、
花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、片頭痛、逆流性食道炎、にきび、尋常性乾癬、潰瘍性大腸炎・・・
様々な生活習慣病が改善することが多いです。
2019/04/09(Tue) 21:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: なかなか痩せない
TT さん


「1日平均2100kcal、蛋白質42%、脂質40%、糖質18%」

なら、糖質は94.5gとなります。
糖質60g、糖質摂取比率11~12%くらいで、糖質制限食を続けてみて頂けば幸いです。

HbA1cは6%台に改善していると思います。

2019/04/09(Tue) 21:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限しての体感
江部先生 ありがとうございます。

すみません。教えてください。
高雄病院では、アレルギーの食事療法として
玄米食をHPで紹介されてますが、
アレルギーには糖質制限食より、
玄米食がおすすめなのでしょうか。
2019/04/10(Wed) 08:31 | URL | 稔 | 【編集
ReRe: なかなか痩せない
ご返信ありがとうございます。
「あすけん」というアプリで毎食レコーディングをしているのですが、誤差は多少あるにしても先生の計算と大きく違いました。糖質の計算はどのような計算式になるででしょうか?
例えば豚肉ソテー(塩コショウ)は脂身が多いと糖質は低いですが、脂質とカロリーは高いです。
糖質はいくら低くても、カロリーは1日2300前後までなので、脂質の多い食事も避け、タンパク質中心の食事を増やしたほうがいいのでしょうか?その場合タンパク質を摂取するのに毎日卵を1日5個食べるなどは問題ないでしょうか?
2019/04/10(Wed) 10:13 | URL | TT | 【編集
Re: Re: 糖質制限しての体感
稔 さん

以前、アトピー性皮膚炎の患者さんが、ピークに多かった時代、
白米よりも玄米食のほうが、アレルギー疾患改善によいと思い、
病院給食としては、おそらく日本で初めて、玄米を入院給食に導入しました。

現在では、アトピー性皮膚炎の患者さんでも、つらくなければ
『糖質制限食』のほうが、お奨めです。
一方、「糖尿ではないので、ご飯は食べたい」というアトピー患者さんなどには
玄米食を提供しています。
2019/04/10(Wed) 11:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ReRe: なかなか痩せない
TT さん

拙著

増補心版「食品別糖質量ハンドブック」洋泉社 2016年


などをご参照頂き、一食分の糖質量を計算されれば良いと思います。
スーパー糖質制限食では、1回の食事の糖質量を、20g以下を目指します。
それを維持して、1日の総摂取カロリーを、厚生労働省のいう
推定エネルギー必要量(2100~2300kcal/日くらい)を摂取されたら良いです。

ちなみに高雄病院給食のスーパー糖質制限食の摂取比率は、
平均ですが、<脂質56%、蛋白質32%、糖質12%>です。
2019/04/10(Wed) 11:51 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: Re: 糖質制限しての体感
誠にありがとうございます。

より理解できました。
糖質制限食 素晴らしいですね。
安心して継続していきます。
感謝です。
2019/04/10(Wed) 17:14 | URL | 稔 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可