FC2ブログ
アルコール。日本酒。摂取上限は?
【19/04/04 オスティナート
Re: 日本酒について
日本酒について、
>血糖値の上昇を抑えるとのことで、糖尿病学会も推奨しているとのことですが、

※推奨ではなく、アルコールの摂取について、
条件付き(消極的)許可(禁止しない)だと思われますが、いかがでしょうか。

●食事療法 - 日本糖尿病学会2013
アルコールの摂取に関しては,合併症のない例や肝疾患などを有しない血糖コントロールのよい例では 必ずしも禁止する必要はないが、
中略
アルコールの摂取については、1日25g程度を上限とし、毎日は飲酒しないよう指導する。
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved=2ahUKEwjz-fGKvbXhAhXFaN4KHTMDA1oQFjAAegQIBBAC&url=http%3A%2F%2Fwww.jds.or.jp%2Fcommon%2Ffckeditor%2Feditor%2Ffilemanager%2Fconnectors%2Fphp%2Ftransfer.php%3Ffile%3D%2Fuid000025_474C323031332D30332E706466&usg=AOvVaw0TeHBBFs8L6TFd9Bsa55KH

●一方、日本酒業界のサイトでは、
≪酒蔵プレス≫より一部抜粋
「糖尿病だから日本酒はダメ」は過去のもの
「日本酒から発見された活性ペプチドは、糖尿病患者のインスリンの感受性を改善し、高血圧や動脈硬化といった心疾患のリスクを軽減させます。『糖尿病だから日本酒は避ける』という考えはもはや過去のものです。今や糖尿病学会においても、血糖コントロールが良好、合併症がない状態であれば、1日約1合(純アルコール換算で25グラム)の日本酒の摂取を許可しています。」滝澤行雄さん(秋田大学名誉教授、老健・ホスピア玉川の施設長)
https://www.sakagura-press.com/staff-blog/health-sake/

●食品タンパク質由来ペプチドの生活習慣病予防改善作用に関する研究の新展開
長岡 利
岐阜大学応用生物科学部
Published: 2016-10-20
〇糖代謝改善ペプチド
https://katosei.jsbba.or.jp/view_html.php?aid=683 】


こんにちは。

オスティナートさんから、
アルコールの摂取上限値や日本酒業界のサイトの記載について
コメントを頂きました。
ありがとうございます。

さてアルコール1gは約7kcalの燃焼エネルギーを有し、
摂取時の利用効率は70%ていどと推定されています。

一方、エネルギーは有していますが、
糖尿病専門医研修ガイドブック 改定第7版 194ページの記載(2017年)によれば、
アルコールには体重増加作用がないとされています。

そして、アルコール単体では、血糖を上昇させることはありません。
蒸留酒(焼酎、ウィスキーなど)は糖質を含まないので血糖を上昇させません。
醸造酒(ビール、日本酒など)は糖質を含むので血糖値を上昇させます。

それでは、
アルコール摂取の適量は?リスクは?血糖低下作用は?
それぞれ考察してみます。


<アルコールの適量>


世界がん研究基金2007年の勧告では、アルコールの推奨量は、
男性は1日2杯、女性は1日1杯までとしています。
1杯はアルコール10~15グラムに相当します。

米国糖尿病学会は、
アルコール24g(30ml)/日を食事と共に摂る程度なら適量としていますが、
ビール(5%)なら600ml
ワイン(15%)なら200ml
ウイスキー(43%)なら70ml
焼酎(25%)なら120ml
糖質ゼロ発泡酒(4%)なら750ml
に相当します。

日本糖尿病学会は、原則禁酒が望ましいが、
①長期に渡り血糖コントロール良好
②合併症がないか軽微
③脂質代謝異常なし
④肝・膵疾患がない
⑤自制心があり、定められた上限量が守れる
といった、かなり厳しい条件を満たした患者に限って、
『1日2単位のアルコールを許可するが、毎日の飲酒は不可
との記載があります。(糖尿病専門医研修ガイドブック 改定第7版 194ページ)
アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20gです。
この1単位を各種アルコール飲料に換算すると、ビールは中びん1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、ウイスキーはダブル1杯(60ml)、焼酎0.6合(110ml)が目安となります。
意外にも、日本糖尿病学会の基準のほうが、米国糖尿病学会より緩いですね。


<アルコールのリスク>


世界がん研究基金の2007年の勧告で、アルコール摂取は、
「口腔・咽頭・喉頭がん、食道がん、大腸がん(男性)、乳がん」の確実なリスクであり、
「肝臓がん、大腸がん(女性)」 のリスクとなるので要注意です。 (→ο←)

それから、過度のアルコール摂取は、
肝細胞内での脂肪酸からの中性脂肪の過剰合成を引き起こします。

その一部は肝臓外へ分泌されて高中性脂肪血症の原因となり、
一部は肝細胞内に蓄積されて脂肪肝の原因となります。

<アルコールと血糖低下作用>


ご存知の方も多いと思いますが、アルコールには、血糖低下作用があります。

ただ個人差が大きいので、(A)gのアルコールが血糖値を(B)mg、
低下させるというように一律にはいきません。

エネルギー源としては、[アルコール→糖質→脂質→タンパク質]の順で利用されます。

焼酎、ウィスキーなど蒸留酒には糖質は含まれていないので、
血糖は全く上昇しません。

しかし、アルコールを摂取すると、人体に対する毒物とみなされて、
優先的に肝臓で分解されますので、
その間、同じ補酵素を使う糖新生がブロックされてしまいます。

従って、アルコールを摂取すると結果として、
肝臓の糖新生を抑制することとなります。

血中アルコール濃度が上昇している間は、糖新生はブロックされるので、
個人差が大きいと思いますが、酒を飲んでいる最中は、
血糖値が下がる人もいると思います。

また、一定量以上のアルコールを摂取すれば、肝臓の夜間糖新生はブロックされ、
翌朝の早朝空腹時血糖値は、下がる可能性が高いです。

アルコールの血糖低下作用については個人差が大きいので、ご注意ください。

なお、SU剤内服中の糖尿人やインスリン注射中の糖尿人は、
過度のアルコール摂取により糖新生が阻害されると
低血糖になりやすいので要注意です。

正常人でも、空きっ腹で大量のアルコールを摂取すれば、
低血糖になる可能性もあります。

<江部康二の酒量は?>

私自身のお酒の摂取量ですが、平均的には、家で吞むときは、
糖質ゼロ発泡酒350mlを1缶、その後、焼酎のハイボールを3~4~5杯です。
以前より少し減らそうと努力しています。
外で飲食のときは、焼酎の水割りかハイボールを5~6杯のこともあります。

25度の焼酎の水割りを4杯なら、
毎日60mlくらいのアルコールを摂取していますので、
世界がん研究基金や米国糖尿病協会の「適量=30ml」は、
誠に遺憾ながら、確実にオーバーしています。( ̄_ ̄|||)
やや緩い日本糖尿病学会の基準も、やはり軽く超えています。(=_=;) 

上述のようにアルコールには発ガン性や脂肪肝のリスクも指摘されていますので、
各自が自己責任で自己管理で適量!?の飲酒ということになるでしょうか? 
勿論、私は、アルコール摂取のリスクは充分承知した上で、
自己責任でそれなりに飲酒しています。 (^^)
幸い、肝機能を含めて、血液検査は全て正常です。

江部康二


なお、オスティナートさんにご紹介頂いた

食品タンパク質由来ペプチドの生活習慣病予防改善作用に関する研究の新展開
長岡 利
岐阜大学応用生物科学部
Published: 2016-10-20
〇糖代謝改善ペプチド
https://katosei.jsbba.or.jp/view_html.php?aid=683


のサイトは、糖代謝改善ペプチドについて、網羅的に研究していますが、

日本酒業界のサイトにある、
『日本酒から発見された活性ペプチドは、糖尿病患者のインスリンの感受性を改善し、
高血圧や動脈硬化といった心疾患のリスクを軽減させます。』
といった記載は、日本酒業界にはお気の毒なのですが、ありませんでした。  (*_*)
コメント
私らこ は、江部先生の後ろ姿(と髪の毛量)を見て、スーパー糖質制限食を実行してます。ゆえに、飲酒量も江部先生並みですwww

1.休肝日は無い
2.毎日飲んでるよ~ん
3.飲酒量もオーバー

です。
過度の飲酒で、家の中でコケて、「アザ出来た」などはありますが、内臓系やガン発症とかはありません。
飲酒しないと、明け方まで起きているので、毎日飲酒(焼酎です)してます。
う~ん、睡眠不足よりはマシ、と思っていますが、いかがなものでしょうか?
2019/04/05(Fri) 23:59 | URL | 私らこも毎日の飲酒量過多か? | 【編集
Re: タイトルなし
らこさん

うーむ、ほぼご同輩なのですね。

記事にあるように、アルコールには発ガン性や脂肪肝のリスクが指摘されています。
さらにアルコールの分解産物が、インスリン作用を抑制するとされています。
一方、睡眠も大切ですね。
これらを承知の上で、まあ、あとは自己責任でお願い申し上げます。  (^^)
2019/04/06(Sat) 07:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖尿病の診断
こんにちは、いつも勉強させていただいております。内科医のとしのです。

質問をお願いします。
外来患者さんで、徐々にHba1cが上昇し、6.5%を越える方がいます。ところが、空腹時、随時、75gOGTTいずれも糖尿病型でない方がいます。

Hba1cが低下しない場合、メトホルミンなどの投与をしたい場合があります。しかし糖尿病の診断がついておらずどうしたものか、と困ります。
先生はそのような場合どう対応されますか。お構いなければ、ご回答どうぞよろしくお願いいたします。
2019/04/06(Sat) 11:28 | URL | としの | 【編集
コレステロール値につきまして
いつも興味深い投稿をありがとうございます。
コレステロール値につきまして少々気になることがあり、お忙しいところ大変恐縮ですがアドバイスいただけると幸いです。
56歳男性で、お酒が好きで毎晩焼酎のウーロン茶割りを濃い目で3杯ほど飲んでおります。
『HDLコレステロールが正常で、中性脂肪値が基準値なら、LDLコレステロールもよい仕事をしている善玉』だというお話がありましたが、私の場合HDLが高めです。
担当医には善玉が高いのでとても良い状態ですと言われ安心しておりましたが、ドクター清水先生のブログでこんな内容の投稿
http://promea2014.com/blog/?p=3859
を見つけ、最近気になっております。

中性脂肪 34mg/dl
HDL 101mg/dl
LDL 78mg/dl
HbA1c(NGSP) 5.2%

これは改善すべき数値なのでしょうか。
もし改善が必要な場合、お酒の量を減らすべきなのか、それとも糖質制限をした方が良いのでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。
2019/04/06(Sat) 16:21 | URL | DUG | 【編集
Re: 糖尿病の診断
としの さん

不思議なデータですね。
当初のHbA1cはどの程度でしたでしょう?

厳密には糖尿病の診断基準を満たしていませんが、
6.5%は少なくとも糖尿病型ですので、
糖尿病ということで、
グリコアルブミン(GA)を検査してみましょう。
2019/04/06(Sat) 16:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: コレステロール値につきまして
DUG さん

中性脂肪 34mg/dl
HDL 101mg/dl
LDL 78mg/dl
HbA1c(NGSP) 5.2%


これは、理想的数字と思います。
全く問題ないです。
ドクターシミズも、HDL-C:94mgと高値ですね。
江部康二も、HDL-C:93mgとか、112mgとかです。
2019/04/06(Sat) 16:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
早速にアドバイスいただき、ありがとうございます。安心いたしました。
2019/04/06(Sat) 17:18 | URL | DUG | 【編集
中性脂肪高値なんですが
お忙しいところすみません、質問させてください。
私、糖質制限と運動を始めて2年ですが、半年毎の健康診断の結果、

糖質制限開始半年後
中性脂肪137、HDL59、LDL183

糖質制限1年後
中性脂肪38、HDL67、LDL190

糖質制限1年半後
中性脂肪158、HDL81、LDL257

上記のような経過です。
その間、糖質制限食の内容はほぼ変わっておらず、多少有酸素運動、無酸素運動が増えたぐらいです。体重や体調は色々な面で非常に良好なんですが、中性脂肪の値の上下が気になります。
また、結果から病院受診を頻回に渡って促されます。
質問ですが、これだけのデータでは判断しづらいかも知れませんが、原因は何が考えられるでしょうか?
また、検査前日の食事で気をつけるべきことはありますでしょうか?
2019/04/06(Sat) 17:37 | URL | はな | 【編集
ご回答ありがとうございます。
早々のご回答ありがとうございます
GAもチェックしてみます。

不思議なデータですか。。。
私の外来では、このようなデータは決して稀ではない印象です。何故、このような事になっているのか。。。
随時血糖では190前後の場合もあります。空腹時は120前後です
75gOGTTについては、Hba1c6.5%超えた状態ではしておらず、以前のデータです。
2019/04/06(Sat) 18:10 | URL | としの | 【編集
正直な話、外での飲酒は嗜む程度1、2杯でいいんじゃないかと思いますね。
人体に入ったアルコール臭ってやはり良いにおいではないです。
自分もワイン、焼酎、日本酒にハマった時期もあり、肴にも凝ってはいましたが、今では数ヶ月に一度そういう気分になると数日家で楽しみます。外ではせいぜい、3杯までと決めてます。
昭和生まれの30代なので酒を呑めるのが大人の証明と、糞どうでもいい名残がありまして身近にはワインブーム時代の新卒時に消費者金融に借金までして高価なワイン買いする輩もいました。
酒で酔って上気している姿ってどんな人もあまり見れたもんじゃないですし、若者ならまだ許されるかもしれませんがある程度年齢がいくと酔ってる姿は小汚い感じがするのです。
最近も、ネットで酔ってる老人が公共交通機関での醜態をさらし動画で拡散されていました。
アセトアルデヒドを生成する限りは毒ですし。
過度の喫煙や飲酒でも長寿で病気にならない者がいる、だから糖質制限さえしていれば喫煙や飲酒程度では絶対ガンなどの病気にならないと信じている人もいます。喫煙飲酒程度で糖質制限でガン病気等になったら、糖質制限は否定されると信じてわざと過度の喫煙飲酒してるような人も見られます。ほら、過度の喫煙飲酒でも糖質制限だからガンや病気には絶対ならないよ大丈夫だよと証明したいのかなと思いますが...。
2019/04/07(Sun) 01:33 | URL | 小豆 | 【編集
Re: 中性脂肪高値なんですが
はなさん

糖質制限1年後
中性脂肪38、HDL67、LDL190


このときは、中性脂肪が60以下で、HDLコレステロールが60以上であり、
LDLコレステロールはほぼ全て、標準の大きさの、善玉です。
悪玉の小粒子LDLコレステロールはほぼ皆無で心配ないです。

糖質制限1年半後
中性脂肪158、HDL81、LDL257


こちらはHDLコレステロールが増えて好ましいですが、
中性脂肪がやや高値です。
10時間以上の絶食で、朝の採血が空腹時検査ですが、それで中性脂肪が158なのでしょうか?
2019/04/07(Sun) 09:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ご回答ありがとうございます。
としの さん

「随時血糖では190前後の場合もあります。空腹時は120前後です」
「75gOGTTについては、Hba1c6.5%超えた状態ではしておらず、以前のデータです。」

そういうことなら、年齢と共に、耐糖能が徐々に低下しているデータです。
HbA1cが6.5%なら、平均血糖値は139.85mgですから、そんなものと思います。
診断基準的には、「限りなく糖尿病型に近い境界型」ですが、随時血糖で200mg、空腹時で126mgがあれば糖尿病型です。
おそらく実際には糖尿病型と思われます。

糖質制限食で速やかに改善すると思います。
2019/04/07(Sun) 09:37 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
小豆 さん

仰る通りと思います。
糖質制限食を実践しているからといって、飲酒や喫煙の害が防げるわけではありません。

飲酒に関しては、一応、日本糖尿病学会の基準に準じるとしましょう。

一方、喫煙は「百害あって一利なし」なので、
タバコを吸っている人は、即刻、禁煙あるのみです。
2019/04/07(Sun) 09:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございました。
ご回答ありがとうございました。
おそらく、米茶碗一杯を食べて、食後一時間で採血できれば、血糖値は200は超えているのでしょうね。諸事情で食後一時間で採血ができてないです。
ところで逆のパターンですが、Hba1c5.7%で、食後血糖200以上が二回以上の方も普通にいます。この方は糖尿病となるわけですが、
診断基準にやや違和感を感じています。
2019/04/07(Sun) 10:13 | URL | としの | 【編集
中性脂肪が高値なんですが
我が社の健康診断は昔から絶食の指示がなく、ただ健康診断時に何時間前に食事しましたか?と聞かれるだけなんです。30年近くそんな環境でしたので、食事後数時間以内に血液採取していると思います。糖質制限を始めて、食後血糖値を考えて、絶食で血液採取した時もあると思いますが、どの回か忘れました。
日頃は肉、魚を始め、卵やナッツを多く食べています。
2019/04/07(Sun) 12:02 | URL | はな | 【編集
Re: ありがとうございました。
としの さん

仰る通りと思います。
診断基準は、あくまでも一つの目安に過ぎないと思います。

また今の健康診断では、「空腹時血糖値とHbA1c」を検査しますが、
診断基準では正常であっても、これでは食後高血糖を見逃します。

『HbA1c5.7%で、食後血糖200以上が二回以上の方』

ともあれ、このパターンの糖尿病は、実は合併症リスクが高いです。
つまり、『食後高血糖 + 空腹時低血糖』を一日に何度も繰り返しているので
HbA1cは一見基準値内に収まりますが、『酸化ストレス』バリバリのパターンです。
2019/04/07(Sun) 12:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 中性脂肪が高値なんですが
はな さん

食事後数時間以内に血液採取なら、食事由来の中性脂肪を検出していますので、
今回の検査の中性脂肪値やや高値は心配ないと思います。
2019/04/07(Sun) 12:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます
ご丁寧な回答ありがとうございます。
診断基準にとらわれてはいけないと思いました。

アルコールについては、癌はもちろんですが、膵β細胞へのダメージがあり、糖尿の方にはあまりお勧めできないようにも思っております。
2019/04/07(Sun) 18:01 | URL | としの | 【編集
中性脂肪が高値なんですが
ありがとうございます。
また5月に健康診断があるので是非絶食で受けたみたいと思います。
2019/04/07(Sun) 20:52 | URL | はな | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可