FC2ブログ
ハンナ・アーレント「平凡な人間が行う悪」・・・糖尿病治療の現状
こんにちは。
私はよく
「自分の頭で考えて、判断して、選択しよう。」
と言います。
しかしながら、この文言、
「言うは易く行うは難し」
の典型なのかもしれません。
でも、その度に、ハンナ・アーレント氏と杉原千畝氏のことを思い起こします。

少し前ですが、
2013年10月29日(火)毎日新聞朝刊の、「火論」を読みました。
玉木研二氏の書いた記事で大変、興味深いものでした。

以下の青字は「火論」の要約です。

『東京・岩波ホールでの劇映画「ハンナ・アーレント」の上映初日、風雨にもかかわらず、1回目から満員だった。

ナチ戦犯アイヒマンを裁く法廷シーンでは、実録フィルムでアイヒマン本人が登場し、この効果が大きい。
アイヒマンはユダヤ人を貨物や家畜のように扱い、死地へ追いやる強制収容所移送を指揮した元親衛隊幹部である。
敗戦後に逃亡して、変名でアルゼンチンで暮らしているところをイスラエル情報部が急襲、1960年5月11日、逮捕した。

エルサレムの法廷でこの初老の男は時にいらだちをのぞかせ繰り返し弁解した。
「私は命令に従ったまでです」「それが命令でした」「すべて命令次第です」「事務的に処理したのです」「私は一端を担ったにすぎません」「さまざまな部署が担当しました」・・・。
亡命ユダヤ人の哲学者ハンナ・アーレントは裁判を傍聴し、そこに「平凡な人間が行う悪」を見いだす。
人間的な思考を放棄したものが空前の残虐な行為をなすおぞましさ。

アイヒマンは学業不振などで学校は続かず、20代で親衛隊に入隊した。
やがてユダヤ人移送担当となり、実績を上げて評価される。
思考の力を失い、機械的に命令や職務権限を果たしていく凡庸な軍人、官僚。
それがホロコースト(大虐殺)を遂行可能にする動力ともなる。
彼にとって犠牲者数は統計上の数字にすぎない。

映画は
アーレントの洞察(アイヒマンを極悪人とみなすのではなく、極普通の小心者で取るに足らない役人に過ぎなかったとする見解)
に対する社会の非難と、
それに屈しない彼女の毅然とした姿を描き、心を打つ。

そして、アイヒマンの機械のように冷たい、どこかぼんやりしているような風情も不気味に残る。
彼は極めて特異な例外的存在なのだろうか。
今日も世界に絶えない大規模な破壊行為だけでなく、
社会の組織的な大きな過ちや錯誤にもその小さな影を見ないだろうか。
61年12月15日死刑判決。
「この日エルサレムは雨と風がひどかったにもかかわらず、傍聴人席は超満員だった」と外電は伝えている。』

ごく普通の小心者の小役人のアイヒマンらが、上の命令に従って思考放棄して、
結果としてホロコーストの動力となってしまったわけです。
この時自分の頭で考えることができる人が何%かいれば、
ホロコーストは阻止できたのでしょうか?

このような話だと、杉原 千畝(すぎはら ちうね)氏を思い起こします。
第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原氏は、
ナチス・ドイツの迫害により
ポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。
外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、
およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られています。
杉原千畝氏の場合、たった一人の人間が、自分の頭で考えて判断して、
外務省の命令を無視して、
大量のビザを発給して、6000人のユダヤ人の命を救ったのです。

さて、「火論」の玉木研二氏も
「社会の組織的な大きな過ちや錯誤にもその小さな影を見ないだろうか。」

と指摘しているように、
「ごく普通の人達が、思考放棄して、
社会や会社や地域の支配的な勢力に従ってしまうことで、
結果として過ちや錯誤を犯してしまう。」


日本でも世界でもそのような構造があると思います。
例えば人種差別などもその典型です。

また糖尿病治療の現状を冷静にみると、
まさしくそれと同様の構造が認められます。
すなわち、「食後高血糖」「平均血糖変動幅増大」が最大の酸化ストレスリスクで、
それを生じるのは、糖質を摂取したときだけであり、
蛋白質・脂質摂取では生じません。
これは議論の余地などない、生理学的事実です。

そして「食後高血糖」「平均血糖変動幅増大」を防げるのは糖質制限食だけです。
これほど明白な生理学的事実があるのに、多くの糖尿病専門医は、思考放棄して、
支配的勢力(日本糖尿病学会)の推奨するカロリー制限食(高糖質食)を、
そのまま盲目的に受け入れています。

1)「カロリー制限・高糖質食」を唯一無二の食事療法として押しつけ、
  今ここにリアルタイムにある危機 「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を
  毎日3回以上生じさせることの大きなリスク。

2)10年、20年間の長期的安全性に関するエビデンスがないのは、
  「カロリー制限・高糖質食」も「糖質制限食」もまったく同等である。
  糖質制限食の長期的安全性が担保されていないというなら、
  カロリー制限・高糖質食も同じ事なので、
  糖質制限食だけにいうのは非論理的である。

3)短期的にリアルタイムに酸化ストレスを生じる高糖質食の危険性を予防する方が、
  優先順位ははるかに高い。

4)短期的な安全性が確保されて、はじめて長期的安全性が確保される。


1)2)3)4)は自分の頭で考えさえすれば、誰でもすぐにわかることですね。

自分の頭で考えることを放棄した多くの医師によって、
日本では、食品交換表第2版(1969年)以来今日に至るまで50年にわたって、
カロリー制限・高糖質食である「糖尿病食」が、
唯一無二の食事療法として推奨・指導されてきました。

その結果、現時点で「食後高血糖」「平均血糖変動幅増大」のために

糖尿病腎症からの人工透析が16000人/年以上
糖尿病網膜症からの失明が3000人/年以上
糖尿病足病変からの足切断が3000人/年以上

発症しています。
これが偽らざる日本の現状です。
高糖質食の弊害が、これ以上ないほど明確に証明されています。
糖質制限食なら、
「食後高血糖」「平均血糖変動幅増大」はないのでこれらの合併症は生じません。

医師という責任ある職業の方々は、自分の頭で考えることを放棄して、
支配的勢力の意見にに盲目的に従うこと自体が罪であると私は思います。


江部康二
コメント
森永製菓社員の栄養士などは
「糖質を食べさせる」が目的です。日本糖尿病学会の大半の医師は、糖尿病患者を増やして、来院者数を増加させたいのです。
江部先生のように「糖尿病の合併症を皆無にしたい」と願う医師は少数派の位置を未だに脱していない、と感じます。
2019/02/06(Wed) 15:03 | URL | らこ | 【編集
情報ありがとうございます
江部 先生
御世話になっています

江部先生のお陰で糖質制限も順調よく健康に
過ごせております
ありがとうございます
先日私の知人 糖尿病でもう ふらふら状態
です 私よりだいぶ年上の方ですが 若い時の
不摂生がたたり もうあきらめムードです
ただ 不摂生をやっておきなが 医療にたより
すぎるのも 遺憾だとおもうのですが
いままでの糖尿治療も考えさせられます
私の知人に対しても 私の説明 下手もあり
助けてあげる事も出来なくて非常に残念です
先生も 世間を変えようと努力されている
姿を見てたのもしく思います
早く医療現場も考え方を変える事を望みます
2019/02/06(Wed) 20:34 | URL | 糖尿人 | 【編集
今日の朝日新聞朝刊の記事「患者を生きる」を思い出しました。今回は1型糖尿病の方が紹介されております。大学病院の主治医から、血糖値安定させるため糖質を一定量毎食摂ること、極端な糖質制限はケトーシスを起こすリスクがあることを教わった、とありました。その後この方は、血糖値が安定しないことや、食後の血糖値上昇に苦労されてます。この方の主治医が再度勉強して下さればと強く思いました。
2019/02/06(Wed) 21:34 | URL | T | 【編集
素晴らしいです
ハンナ・アーレント、素晴らしい映画ですよね。
偶然、翌日にスノーデン氏に関する映画を観たのですが同じテーマが出てきて驚きました。彼の同僚でイラク攻撃の仕事をしている兵士が「画面上で小さな男の子が見えたけど、自分は投爆ボタンを押したよ。その後仕事を終えて家族の待っている家に帰るんだ」。アインヒマンと同じです。

ちなみにご存知のようにスノーデン氏は身の危険を冒してまで人々に真実を公表した現代の英雄だと思います。ここまでの勇気を持てずとも、江部先生のおっしゃるように医者は生理学的事実ぐらいは認める信念ぐらいは持てないのでしょうか。職業人としても当然ですが、それ以前に人として、患者の命や健康に真摯に向き合わなくて恥ずかしくないのでしょうか。
2019/02/06(Wed) 22:26 | URL | neko | 【編集
日本の糖尿病治療の現実!!
都内河北 鈴木です。

私の「糖質制限理論」実践での「生還、覚醒、」している医療デ~タは、
都内で1応名のある病院の事実医療デ~タです!!

この病院で私は「日本糖尿病学会」公認・信奉信者担当医に、
転院時より7年間「医療世界情報を隠蔽され」殺されかけたのです!!

私患者「糖質制限理論」で生還証明した理論に、
反省学習無く、隠蔽の圧力三昧です!!

2)番の内容ですが、
「カロリ~制限・高糖質食」の糖尿病21年間の重症化して行く被害者として、

「糖質制限食」実践で3か月足らずで、
インスリン投与者が、インスリン自主離脱して、
ヘモグロビン正常化した事は、
「糖質制限理論」実践での改善生還の確証有る医療デ~タもあるのですが、
1エビデンスにはならないのでしょうか??

日本国医療界の国民への「糖尿病」治療方法としている「カロリ~制限理論」は、
2000年以降世界には存在しない理論だと自覚しているのか、
1患者の私の現在の不思議です??

江部先生の講演活動には、御苦労でしょうが、
宜しくお願いします!!

江部先生には、私は「生還、覚醒、」出来、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具



2019/02/06(Wed) 23:36 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
自分の頭で考える事
江部先生、こんばんは

杉原千畝はテレビ番組で以前、何度か放映されていましたので、私もとても感動して観ました。特に戦争中ですから、本国の命令に背いて独断で行う事は、大変な事だったと思います。後に処分を受けましたね。

これと少し違うかもしれませんが、敗戦の時、昭和天皇が通訳一人連れて進駐軍のマッカーサー元帥に会いに行かれた。
マッカーサー元帥は「どうせ命乞いに来たのだろう」とぞんざいに扱った。
しかし昭和天皇は「戦争の責任は全て私に有り、私の身はどうなっても構わないが、日本国民が飢える事が無いよう、十分な食料をどうかおはからいください」というお願いをされた。

マッカーサー元帥はこの言葉にとても感動されて、熱いコーヒーで手厚くもてなしをされ、食料を必ず調達すると約束をされた。
当時、本国からは「日本人を何百万人か飢え死にさせろ」という命令がきていたが、マッカーサー元帥は命令に背いて、多目に食料を本国から調達された。
しかし、後にばれて処分を受けた。これも有名な話ですね。

正しいと思う事をやり遂げるのは、本当にタフな心と体が必要だと思います。
江部先生も当然あちこちから色々な批判を受けてこられていらしゃると思いますので、心中お察し申し上げます。

私は、医師になる方は「病気で困っている人を、一人でも多く助けよう」という高い志を持って医師になられたと思うのですが・・・。
そして、もうそろそろ糖尿病学会の中堅医師から気骨のある医師が現れてもいいのではないかと期待しておりますが、私は医療関係ではありませんので、色々な、とても難しい構造になっているのでしょうねえ。
でも糖質制限は確実に広まってきていますので、そう遠くない将来、きっと多くの病院で受け入れられると思っています。
江部先生の仰られる通り、自分の頭で考える事が大切ですね。



2019/02/06(Wed) 23:42 | URL | モン吉 | 【編集
悪は凡庸
以前夏井医師へ「悪は凡庸」についてメールしたことがあります。

糖尿病の合併症を何度も見ている医師が、なぜいままでのやり方を変えないのかという内容のメールでした。それに答えるように内科医水野医師が、夏井医師のサイトとご自身のブログに「医師はなぜやり方を変えないのか」という記事を書かれました。

水野医師によると、大変苦労して得た医師免許を手放したくないから学会ののガイドラインに盲目敵にに従うのだということでした。

先日、早稲田クロニクルが製薬企業から資金提供されてている医師のデータベースを発表しました。

私にはこの様なデータベースの発表以前から、医学論文は製薬企業の資金提供があるものと確信していました。

アメリカではそのようなデータベースの発表は以前からありましたし、政府の研究資金の削減などの傾向から確信していたのです。

製薬企業からの資金提供だけではなく、湿潤療法で困るガーゼ業界、消毒業界、糖質制限で困るJA、農業、食品業界からの資金提供まで誰かが暴くまでもなく、当然何らかの形で行われているだろうと考えるべきでしょう。

何事も金を生まない、金を失う進歩は妨げられるのが、世の真実です。
2019/02/07(Thu) 08:20 | URL | 荒井吉則 | 【編集
おはようございます
私もこの記事を読んでみて、すぐに浮かんだのが、今の日本の「いじめ」問題です。
問題と提起していいのかどうかわかりませんが、教育で本当に考えることを教えない。
機械的に処理できる能力を問う傾向が強くなってきているように感じます。
なぜ?と疑問に思うことが言い出せない。
言えば阻害される。
河合隼雄氏の言葉を借りれば、日本人にはそもそも自我の確立が難しい社会システムです。
西洋文化圏は神とのつながりで自己を確立しますが、日本は場の雰囲気で自分の居場所を見つけます。
・・・余談が過ぎました。
自分で答えを見つけて間違えていても、その選択はその時には正しいと思ったのだから、常に修正を加えて違う自分を作っていかなければ、責任をもって行動する自分は作れないでしょうね。
余談ながら山本七平氏の空気の研究でしたか?面白い本でした。
・・・しかし、本当に簡単なことなのですが、難しいでしょうね。
2019/02/07(Thu) 10:37 | URL | 猫 | 【編集
まったく同感です
江部先生、いつも勉強させていただいております。
「自分の頭で考えて、判断して、選択しよう。」これは本当に大事なことですよね、医師であっても患者であっても…

やれ「あの本に糖質制限は危険だと書いてあった、どうしよう」だの「テレビの健康番組でこう言ってた」などとすぐに情報に振り回される人が多すぎます。

自分の頭で考えて自分で血液検査のデータなど見ながら判断することを怠ってはうまくいくはずがありませんよね。
2019/02/07(Thu) 12:17 | URL | よっしー | 【編集
Re: 森永製菓社員の栄養士などは

らこ さん

おそらく、栄養士さんも糖尿病学会の医師も
ほとんど何も考えていないのだと思います。

上の支持やガイドラインに従っているだけではないかと思います。
そして結果としてト「平凡な人間が行う悪」となってしまっているように思えます。
2019/02/07(Thu) 12:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 情報ありがとうございます
糖尿人 さん

応援、ありがとうございます。

何はともあれ、今後も、糖質制限食に関する情報などを、発信していきたいと思います。
2019/02/07(Thu) 12:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
感銘しました
先生のブログと著作に出会い命を救われた者です。感謝の気持ちを、このコメント内で書き記す事はとても出来ず、只々、感謝々と申し上げるに止まる事をお許し願います。私事「京を去ること一千五百里」碑文の立つ多賀城の地に居る為に、高雄病院への通院は叶いません。同志であられる橋本医院長の下、自分自身で考え、ケトン体値2,000を維持しながら、膵臓機能がどれほど回復できるのかと、自分の体を実験台にして、糖質制限食事療法に取り組んでおります。先生の著作、ブログは「著作等身」(著者の身の丈と同じ高さに積み上げられた金塊と同等の価値を持つとの中国故事)であり「パーフェクトガイド」も穴が開くほど熟読し勉強させて頂いております。本日の記事、これまで勉強させて頂いた著作の中でも、最も感銘し感動を受けました。頑迷で失当な医療関係者を覚醒させ、一人でも多くの人間を救って頂けますよう、心よりお願い申上げる次第であります。感謝感謝
2019/02/07(Thu) 14:27 | URL | 感謝感謝 | 【編集
Re: タイトルなし
T さん

そうですね。
1型糖尿病なら、よりしっかり『糖質制限食』を実践するのが好ましいです。
それにより、インスリン注射の単位が必要最小量に減り、血糖値の乱高下も減少します。
2019/02/07(Thu) 15:22 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 素晴らしいです
neko さん

米国内でドローンを操縦して、イラク国内の爆撃ということですね。
ご指摘どおり、上司のいいなりで、小さな男の子を殺す、まさにアイヒマンと一緒です。
2019/02/07(Thu) 15:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 自分の頭で考える事
モン吉 さん

浅学にして、マッカーサー元帥の話は知りませんでした。
勉強になります。
ありがとうございます。
2019/02/07(Thu) 15:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: おはようございます
猫 さん

「いじめ」も同じ構造ですね。

『自分で答えを見つけて間違えていても、その選択はその時には正しいと思ったのだから、常に修正を加えて違う自分を作っていかなければ、責任をもって行動する自分は作れないでしょうね。』

アドラーによれば、「人は全ての行動を自分で選択している。」ということです。
その意味で、猫さんの仰る通りと思います。
2019/02/08(Fri) 08:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 感銘しました
感謝感謝 さん

症状改善良かったですね。
また拙著のご購入、応援、ありがとうございます。
ケトン体値が2000とは素晴らしいです。
インスリン作用が確保されていれば、
ケトン体高値は生理的なもので安全ですし、臓器保護作用が期待できます。

仙台の橋本先生によろしくお伝えください。
2019/02/08(Fri) 08:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
ご多忙を極める中、小生のような者にまで、ご返信を賜り恐縮至極です。橋本先生も本年一月より新築のビルに移転され最新の設備で、診療されております。先生の著作、ブログを糧に、糖質制限食事療法を続けて参りますので、今後とも宜しくご指導をお願い申上げます。
2019/02/08(Fri) 12:50 | URL | 感謝感謝 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可