FC2ブログ
和食さとで、さとシャブ食べ放題の一人飯。8000歩/日と速歩。
こんにちは。

月曜日の夜は連れ合いが江部診療所で仕事なので、一人飯が多いです。
それで、2019年2月4日(月)夜、久しぶりに「和食さと」にいきました。
高雄病院勤務後に、車で「和食さと・嵯峨店」に移動です。
“さとシャブ食べ放題、豚シャブプレミアムコース”を注文しました。
立春で、日中は結構暖かったですが、今日は鍋と決めていたのです。 (^^)

和食さとは、自分で、端末(テーブルショット)からかってに注文できるので便利です。
一人飯も、全く気になりません。
しかも私は65歳以上なのでシニア割引があります。
出汁は、糖質なしの昆布だしとかつおだしとしました。

鍋の具材

豚ロース 合計3人前
豚バラ 合計3人前
生卵 2人前
野菜 1人前
豆腐 1人前


一品物
牡蠣フライ
牡蠣の彩り和ヒージョ
牡蠣のみぞれおろし
鶏唐揚げ
茶碗蒸し
塩焼き鶏、軟骨
塩焼き鶏、もも


鶏唐揚げは3個なので、衣の小麦は許容範囲としました。
カキフライも2個なので、衣の小麦は許容範囲としました。
牡蠣のみぞれおろしも2個なので、衣ありますがエイヤと勢いで頼みました。
牡蠣のアヒージョは衣なしで、糖質制限OKです。

<血糖値>
食事前 午後7:00血糖値:73mg
午後7:15 食時開始
午後8:15 食事開始60分後血糖値:112mg
午後8:20 血糖値:108mg


出だしの空腹時血糖値が、私としては、低めです。
食後の血糖値も、ピークが39mg上昇ですので、
私の耐糖能的には、13gの糖質摂取ということになり、合格です。
私の場合、1gの糖質がピーク3mg血糖値を上げます。
今回は、ぴったり食後1時間がピークでした。
支払金額は、シニア割引で、消費税込みで¥2365-、でした。


2016年10月に、テルモの身体活動計を購入してから、
何となく、以前より積極的に歩くようになりました。
コンビニや生協も歩いて行くようにして、
だいたい6000~8000歩/日はいきます。
その内、速歩(パワーウオーク)が50~60%です。

最近、腹筋はほとんどできていませんが、全体に筋力は保たれているので
速歩の効果かと思っています。
69歳ですが、相変わらず4~5階くらいまでは駆け上がれます。

高雄病院勤務中も、自分から電話することはまずなくて、
用事があれば、歩いて行きます。
栄養科が地下、一般病床が2階、療養型病床が3階、外来が1階です。
通常勤務で、院内の仕事だけで、だいたい4000~5000歩はいきます。

講演のない日曜日はテニスをするので、
10000~12000歩/日くらいになります。
運動をすると、翌日も空腹時血糖値が普段より低いような気がします。

私は早朝空腹時血糖値が、95~109mg/dlと正常のこともありますが、
暁現象のため、110~125mg/dlと境界型のこともあります。
8000歩/日を確保していると、早朝空腹時血糖値109mg/dl以下が多いです。


江部康二

コメント
本日記事、江部先生の食生活を読み!!
都内河北 鈴木です。

本日の江部先生食生活を読み、
「糖質制限理論」で「生還、覚醒」して8年目に入りましたが、
私としては大変勉強になります!!

私としては糖質数値の計算はしていませんが、
2004年、
ADA解明「血糖値を上昇させるのは、糖質のみ!!」発表!!

2005年、
江部先生「糖質制限理論」により、害毒解明発表!!


人類に解明された糖質害毒のみの糖質ゼロを念頭に食生活して、
21年の糖尿病・重症化して行くのが、
インスリン投与者が3ヵ月足らずで自主離脱できたのも
ヘモグロビン正常化したのも2013年1月ですが、
いまだに感謝感動してます!!

2年目・眼、4年目・脳梗塞、が「覚醒」した事は、
私よりは各院長の驚きようが伝えようが有りません!!

今月末日に内科診療2か月半ぶりですが、
8年目の現在の私は多少の数値変動ありますが、
21年間の被害状況から、後遺症は眼、脳梗塞にありますが、
糖尿病薬は不要でいます!!

鶏唐揚げ、カキフライ、等も時たまですが、
許容範囲内だと数個ならと食べていますが、
江部先生と同じだと安心しました!!

今後とも江部先生の御活躍には、無理せず様に期待しています!!

江部先生には、「生還、覚醒」出来て、感謝、感謝、尽きません!!
ありがとうございます。
敬具


2019/02/05(Tue) 20:46 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
3日の夕方きんのぶたの豚肉食べ放題に行って昨日2Kg今日1Kg体重増加してしまいました。糖質制限食を実践しているのに体重減少しないのは何故でしょうか?
2019/02/05(Tue) 21:00 | URL | 川端治 | 【編集
高血圧下降薬と患者
母が内科で高血圧下降薬をもらって飲んでいます。ロカボ食で136と74の正常範囲になっているのに医師のいいなりによって薬を飲むことを中止しません。どのように説得すれば良いと思われますか?83歳です😃
2019/02/05(Tue) 21:11 | URL | 川端治 | 【編集
食後の血糖値ですが、私の場合、食前が低い場合の方が、スパイクが大きいように思います。例えば食前80台で40-50スパイクした場合、食後は120-130超となります。ところが、食前が100前後だと同じもの食べても、上昇はその半分だったりします。そういう場合、少しでもスパイクが少ない後者の方が良いのでしょうか。
2019/02/06(Wed) 06:11 | URL | プリン | 【編集
おはようございます
卵についてですが、よくフレンチトースト(糖質制限パン使用)やお好み焼き(山芋、ネギ、キャベツ、卵のみ使用)両方ともモドキをして食します。
その時に入れる卵を2個にしてみたら、満足感が全然違ってました。
1個では何やら物足りない。
お腹が空いているというわけではないのですが、満腹感が得られない。
糖質制限をしていて、ちょっと足りないなという方はおられると思います。
卵を中心に1個のところを2個にすれば、格段に満足感と継続感が変わってきてます。
お昼に食べたら夜までは問題なく過ごせてます。
途中に豆やら何かを必要とする感じがないように思います。
卵の力は大きいのだなと思ってる次第です。
いつまで持つかは不明ですが・・・
2019/02/06(Wed) 11:43 | URL | 猫 | 【編集
Re:おはようございます、猫さんへ。と、私の最近の改善行動!!
都内河北 鈴木です。

私は、卵は毎日大3個を食べてます!!

1日、時には3個以上食べますが、食べても6個ですね。

解明された、「卵には、糖質ゼロだからです!!」
後はモヤシですね。

食生活に金銭は要の事ですから。

「糖質制限理論」食生活でも最近は、
食費問題相談が有りませんが、経費削減は勿論ですが、健康身体に最低限の金銭はいるでしょうが、
食材選別が肝心要なのではないかと考えます!!

魚介類の価格変動の激しい現代ですが、生魚貝類だけでなく水煮缶詰!!
肉類は、鶏、豚、かなと思います!!

自身のBMIを理解した食生活で、
私は8年目の「生還、覚醒」している現在が有ります!!

私は2年前より「生還、覚醒」事実医療デ~タ持参して、自身の居住区役所保健センタ~へ、後遺症の更なる改善を目指しているのですが、

2017年ニュ~スで「日本は、世界1の糖尿病、ガン、認知症、の国!!」
だとの報道に、
区役所5か所の保健センタ~での「糖尿病教室」開催が、
昨年11月より、
改善皆無の「病院紹介所」2か所が検索するとアップします!!

私は改善の為「糖尿病教室」開催を、区役所へ再三請求しているのですが、
行政がこの有様ではと、情けなく思っている現在が有ります!!

私の「生還、覚醒」医療デ~タを持参して、
「糖尿病専門医・講義」に参加したいのですが!!

江部先生には、「生還、覚醒」出来て、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具

2019/02/06(Wed) 13:39 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: タイトルなし
川端治 さん

①摂取エネルギーが消費エネルギーを上回れば体重が増加します。

②同一摂取エネルギーであれば、
糖質制限食なら<基礎代謝>が増えて<食事誘発性熱産生>も増えるので
糖質の多い食事よりは、体重は減りやすいです。

2019/02/06(Wed) 14:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 高血圧下降薬と患者
川端治 さん

136/74なら、
御母上にお任せで良いのではないでしょうか?
2019/02/06(Wed) 14:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
プリン さん

朝食、昼食、夕食で、血糖値の上がりやすさに、差があることがあります。

そのような可能性はないでしょうか?
2019/02/06(Wed) 14:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: おはようございます
猫 さん

貴重な体験報告をありがとうございます。
2019/02/06(Wed) 14:12 | URL | ドクター江部 | 【編集
>②同一摂取エネルギーであれば、
糖質制限食なら<基礎代謝>が増えて<食事誘発性熱産生>も増えるので
糖質の多い食事よりは、体重は減りやすいです。

これって江部先生の中では絶対ということですか?
2019/02/06(Wed) 15:44 | URL | バキ | 【編集
ご返答ありがとうございます。
いつでもあまり変わりません。一番上がりにくい?夕食でも頻繁です。早朝は殆ど二桁なので、余計に迷います。食事の間隔を開ければ当然食前血糖値は下がりますが、その場合上がりやすいのは事実です。
2019/02/06(Wed) 17:48 | URL | プリン | 【編集
都内河北 鈴木さんへ
江部先生の今日のブログ記事にもありましたが、自身の頭で行動するのは、簡単なようで結構自我力が必要な行動ですね。
周りの情報に流されてしまいます。
糖質制限を始めれば疑心暗鬼、暗中模索、周りからは変人扱い、頼れるものはこのブログと自身の身体ですからね。
年月を重ねるごとにすべてが自信につながり、確信へと変化し不動の信念へと変化すると思います。
都内河北 鈴木さんなどは信念のレベルだと思われます。もはや迷うこともなく、たとえ明日絶えようとも問題ないくらいの意志力を感じます。
私もまだまだですが、なるべく周りに溶け込みつつも流されることないようにしていきたいと思っています。
1つしかない身体なのでご無理をなさらないように。
2019/02/06(Wed) 20:59 | URL | 猫 | 【編集
具体的な食事事例は有難いです
50代・未糖尿です。
50歳からの・・・を熟読し
糖質制限を取り組んでおります。
具体的な食事事例は大変参考になり
嬉しいです。
ありがとうございます。
今後も是非、スーパーな糖質制限生活の
食事量・運動量の具体例を紹介してください。
できれば、朝食・昼食もお願いいたします。
2019/02/07(Thu) 10:01 | URL | 稔 | 【編集
Re: タイトルなし
バキ さん

私のなかで絶対というよりも、
生理学的事実ということです。
2019/02/07(Thu) 12:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし

プリン さん

なるほど、個人差はいろいろあると思いますが
プリンさんは、そういうタイプということなのでしょうね。

『食前80台で40-50スパイクした場合、食後は120-130超となります。
ところが、食前が100前後だと同じもの食べても、上昇はその半分だったりします。』


プリンさんがこのような血糖プロフィールであるならば、
いずれにせよ、食前は80台から100台であり、
食後は120~130mg/dlくらいで収まっっていますので
合併症の心配はないと思います。
2019/02/07(Thu) 12:55 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 都内河北 鈴木さんへ
猫 さん

おっしゃる通り、
自身の頭で行動するのは、簡単なようで結構自我力が必要な行動と思います。

ともあれ、
「自分の頭で考えて、判断して、選択する。」
という習慣を確立できるように日頃から努力するということでしょうかね。
2019/02/07(Thu) 13:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re:都内河北 鈴木さんへ、の猫さんへ
都内河北 鈴木です。

猫さん、私は糖尿病治療に、時間、金を「糖尿病・専門医」に、
改善の為に使い、
病態悪化して、脳梗塞発症して、無知医療者の金稼ぎのカモにされたのです!!

江部先生「糖質制限理論」を知り、読むほどに納得できる事ばかりで、
食べる事不要の解明事実の「糖質」を、
食べずに実践翌日には、当時はインスリン投与してましたから、
血糖値・半減しました!!

ならば血糖値改善の為に通院している事がオカシイと考え、
「糖質制限理論」継続したら、日増しに血糖値改善しました!!

自力でインスリン、服用薬を、減少させて、
3か月足らずでインスリン投与・自主離脱したのです!!

何故、「糖尿病・専門医」に質問しないのかと思いますが、
この病院へ転院したのが、2005年です!!

2004年、
ADA(アメリカ糖尿病学会)が
「血糖値上昇は、糖質のみ!!」発表!!

2005年、
江部康二医師「糖質制限理論」発表!!

上記事実を2012年9月迄「隠蔽」されていたのです!!

「自身の頭で、考えて、判断して、選択する」
と江部先生の言葉ありましたが、
「糖尿病・専門医」が「無知、隠蔽者」ではと、考える事多数あり、

「真の改善」目指す方もいまだにいる事から、
再三のコメントをしています!!

改善皆無の「カロリ~制限理論」信奉者・組織の「営利医療」の
21年間の被害者として、
確証医療デ~タをもってコメントしています!!

江部先生には、「生還、覚醒、」でき、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2019/02/07(Thu) 14:06 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 具体的な食事事例は有難いです
稔 さん

拙著のご購入、ありがとうございます。
具体的な食事例は、時々載せようと思います。
2019/02/08(Fri) 08:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可