FC2ブログ
糖質制限食の是非論争と米国糖尿病学会の正式容認。
こんばんは。

相変わらず、さまざまな「糖質制限食批判」の記事が
マスコミに登場しています。
今回はyanosono さんから情報を頂きました。
結論としては、この件に関しては既に解決しています。

『米国糖尿病学会が「成人糖尿病患者の食事療法に関する声明」で糖質制限食を正式に容認』

このように、米国糖尿病学会は2013年10月、
「成人糖尿病患者の食事療法に関する声明」で
糖質制限食を正式に容認しました。
すなわち、長年の『糖質制限食の是非論争』に関して
国際的には是として決着がついたと言えます。

糖質制限食の安全性と有効性に関しては、
米国糖尿病学会(ADA)によって、
下記のような経過を経て保証されています。

米国糖尿病学会の糖質制限食に対する見解の経年的変化を見れば、
わかりやすいです。

1)2007年までは、糖質制限食を否定です。
2)2008年に、肥満を伴う糖尿病患者に1年間の期限つきで有効性を認めました。
3)2011年に、肥満を伴う糖尿病患者に2年間の期限つきで有効性を認めました。
4)2013年10月、「成人糖尿病患者の食事療法に関する声明」を
  2008年以来5年ぶりに改訂し、
  適切な三大栄養素比率は確立されていないことを明言しました。
  そして「糖質130g/日が平均的な最小必要量」という文言を削除し、
  肥満の有無は関係なく、期限なしで、正式に糖質制限食を容認しました。
  そして患者ごとに個別に様々な食事パターン〔地中海食,ベジタリアン食,糖質制限  食,低脂質食,
  DASH(Dietary Approaches to Stop Hypertension)食〕が受容可能としました。


つまり、米国糖尿病学会は2008年以降、
数々のエビデンスに基づいて糖質制限を容認の方向に踏み出しました。

その後、5年間のエビデンスの蓄積(糖質制限食肯定も否定も含めて)を経て
2013年に糖質制限食を正式容認です。

米国糖尿病学会の見解は、個人の医師の見解や動物実験とは異なり、
多くのエビデンスに基づくものですから、信頼度は高く意義は大変大きいです。

2型糖尿病に対する食事療法として、
米国では今や糖質制限食は重要な位置を占めるようなってきています。

例えば、米国のデューク大学(米ノースカロライナ州ダーラム)は、
糖質制限食に関する臨床研究を積極的に行っています。

デューク大学のWilliam S. Yancy Jr.准教授は
2013年10月のADA声明改訂委員の1人でもあります。

一般内科のEric C. Westman准教授は同大学生活習慣医学クリニック所長です。
Westman准教授は、炭水化物20g/日未満をクリニックで実践しています。

このようにデューク大学では、
高雄病院のスーパー糖質制限食よりさらに厳格なケトジェニックダイエットを
糖尿病治療食の標準として実践しています。


2013年10月に、
米国糖尿病学会(ADA)が糖質制限食を正式に容認したという事実は
日本の糖質制限食推進派医師にとっても、大きな追い風となりました。
例えば、東大病院で2015年4月から
摂取比率40%の『緩やかな糖質制限食』が導入されたのも
米国糖尿病学会の見解の影響と思われます。

私もおおいに元気づけられました。


江部康二
コメント
本日記事に、言いたくは有りませんが!!
都内河北 鈴木です。

本日記事には、世界医療界へ明確になっている事で、言いたくは有りませんが、

私の江部先生「糖質制限理論」により「生還、覚醒」している医療デ~タは、
都内の肩書ある病院の医療確証デ~タが有ります!!

私の身体は、
「都内病院組織・会長」経営「都内S区K病院」
「日本糖尿病学会」公認医
に、悪化し脳梗塞発症し、殺されかけたのです!!

しかし私自身が改善を求め、タマタマ知った
江部先生「糖質制限理論」を理解把握し実践で21年間の糖尿病重症化している状況に
転院時2005年より7年間、医療世界情報・隠蔽状況時に、
3か月足らずでインスリン(1日8・6・6)投与者が、
ヘモグロビン正常化の改善を出した医療デ~タです!!

何しろ
「生還して、覚醒も眼、脳梗塞にしている私が、短命など有るわけがないです!!」

現在私は64歳ですが、見た目身体も40歳代にしか見えない言動かと思います。

私は、現在「死」などを考える事無く、
益々健康に成って「糖質制限証明者」として
天寿を全うするのだろうと、考えてるのみです!!

江部先生には、感謝表明もできない生活状況ですが、
感謝尽きません!!
ありがとうございます!!
敬具
2018/11/29(Thu) 13:10 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
本当に糖質制限は寿命を4年縮めるのか?
昨日、YouTubeでDaiGoさんが糖質制限の闇!痩せない上に寿命が4年減ることが判明
https://youtu.be/edYQfK6CYFE
という動画を掲載していました。

糖質制限は健康に良いどころか体内がパサパサになって肌はバサバサ、老化は促進されて、動物性タンパク質が植物性タンパク質より多いと炎症が多発する。しかも糖質制限食とバランス食を比較すると体重の減少量に差は無く、それならばバランス良く様々な食材を摂りつつ脂質をカットすることに重点を置いた方が良いのでは?との旨でした。

寝る前1,2時間前には果物(キウイフルーツとか)や、炭水化物を取った方が睡眠の質が向上するという論文などもあるそうです。

生理活性物質を産生するための芋類や果物も制限してしまうので、生理活性物質に該当する食物繊維が不足して腸内環境が悪化したり、必須アミノ酸などが不足して、腸内細菌による産生が行われているホルモンのバランスが崩れてしまうので、これらの観点から特に女性などは糖質制限するべきではないし、長期の糖質制限は勧められないという話でした。

これらのDaiGoさんの研究論文に基づいた主張について江部先生はどのようにお考えなのか教えていただきたいです。よろしくお願いします。
2018/11/29(Thu) 14:43 | URL | とらいく | 【編集
Re: 本当に糖質制限は寿命を4年縮めるのか?
とらいく さん

DaiGoさんのお話には医学的な『エビデンス』は皆無です。

このような個人の見解にたいして、
米国糖尿病学会の見解は、多くのエビデンスに基づくもので、
信頼度が全く異なります。

もう一度

2018年11月28日 (水)
糖質制限食の是非論争と米国糖尿病学会の正式容認。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4751.html


のブログ記事をしっかり読んで貰えば、
このことが明確に理解して頂けると思います。
2018/11/29(Thu) 16:16 | URL | ドクター江部 | 【編集
「総摂取カロリーが同じ」場合、糖質の割合の多少で、体脂肪低下率に違いが出るか?
糖質制限食自体は是だと思いますが、
「総摂取カロリーが同じ」場合、糖質の割合の多少で、体脂肪低下率に違いが出るか?
これだけが疑問です。
2018/11/30(Fri) 09:04 | URL | kernel | 【編集
Re: 「総摂取カロリーが同じ」場合、糖質の割合の多少で、体脂肪低下率に違いが出るか?
kernel さん

「総摂取カロリーが同じ」場合、糖質の割合の多少で、体脂肪低下率に違いが出るか?


総摂取カロリーが同じ場合、糖質の割合が低いと、減量効果が出やすいです。
以下のブログ記事をご参照頂けば幸いです。


2018年01月20日 (土)
DIRECT。低炭水化物食で体重減少。リバウンドは?
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4454.html
2018/11/30(Fri) 16:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限の是非論争(らしきもの)への感想(らしきもの)
久々のコメントを失礼しますm(_ _)m

論争になっているのか?という疑問がまずありますね。
1.糖尿病患者に対する治療としての是非

2.体重なり、体脂肪率なり、何のためにやるのか、個人差がある糖質制限の是非

は、分けて論じる必要があるのではないでしょうか?
2.については、私は、個人のご勝手に、としか言えないです。

1.については、最初のコメントの方が述べていることに完全に同意します。
つまり、糖尿病患者(に限らず、病気認定を受けた人に、もしかしたらすべからく言えることかもしれないですが)の「治療」としての、糖質制限の指導を「やってはいけないのか?」について、人々はどう思うのでしょうか?
糖尿人として糖質制限を(ゆるめに)10年ほど継続している私としては、いいに決まっている!という答えしかでてこないですね。それに反するカロリー制限食(+投薬など)の治療しか、日本では認めてはならない!というのは、私からすると、あり得ない方針です。
アメリカでは、それを素直に、すなわち、どのような治療を受けるかは、(医学的なエビデンスが充分にあれば)医者と患者に任せる、という至極まっとうというか、自然な方針を出しているだけなんじゃないでしょうか?

様々な付加的な(検証不能な前提で)個々人が適当にやっている糖質制限の是非と、病気の悪影響を避けようとする治療の1つとしての糖質制限の是非は、わけて「議論」していただきたい、と切に願いますm(_ _)m
2018/11/30(Fri) 22:59 | URL | (自称 社会科学者)もえ | 【編集
ADAの具体的な箇所
江部先生、初めまして
いつも楽しくブログ拝見しています。

勉強のために米国糖尿病学会のサイト内で該当の箇所を探しているのですが、頑張ってみたのですが見つけられないため、どこを見ればいいか(できればリンクを)教えて頂けると有り難いです。

また、英語で糖質制限食というときはlow carbohydrate、スーパー糖質制限食はketogenic dietという理解で合っていますでしょうか?
2018/12/01(Sat) 01:53 | URL | OKM | 【編集
Re: 糖質制限の是非論争(らしきもの)への感想(らしきもの)
(自称 社会科学者)もえ さん

ご指摘、ごもっともと、思います。


2018年11月28日 (水)の本ブログ記事
糖質制限食の是非論争と米国糖尿病学会の正式容認。


は、「1.糖尿病患者に対する治療としての是非」に関するお話しです。


「2.体重なり、体脂肪率なり、何のためにやるのか、個人差がある糖質制限の是非」
これに関しても、信頼度の高いエビデンスは複数ありますので、
是で、OKと思います。

それ以外にも糖質制限食で、様々な疾患や症状が改善しますが、
エビデンスとなる論文はまだあるかないかといったところです。

2018/12/01(Sat) 17:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ADAの具体的な箇所
OKM  さん


糖質制限食 ⇒ carbohydrate restriction です。low carbohydrateでも良いと思います。

英語には糖質に相当する単語がないので
糖質⇒「available carbohydrate」となります。

ketogenic diet ⇒ ケトジェニックダイエット です。

スーパー糖質制限食は、ケトジェニックダイエットの範疇に属すると言えます。



http://care.diabetesjournals.org/content/diacare/early/2013/10/07/dc13-2042.full.pdf
成人糖尿病に推奨される栄養療法 米国糖尿病学会の見解2013

Nutrition Therapy Recommendations for the Management of Adults With Diabetes
ALISON B. EVERT, JACKIE L. BOUCHER, MARJORIE CYPRESS, STEPHANIE A. DUNBAR, MARION J. FRANZ, MS, ELIZABETH J. MAYER-DAVIS, JOSHUA J. NEUMILLER, PHARMD, ROBIN NWANKWO, CASSANDRA L. VERDI, PATTI URBANSKI, WILLIAM S. YANCY JR.
Diabetes Care Publish Ahead of Print, published online October 9, 2013, doi:10.2337/dc13-2042
2018/12/01(Sat) 17:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限の是非論争(らしきもの)への感想(らしきもの
江部先生
いつもながら、ご丁寧にコメントをいただき、ありがとうございます。
言うまでもないことですが、私が指摘したかったことは:
1.の医学おおび治療のレヴェルでの議論の関して
なぜ、糖質制限という治療法を(エビデンスなく)排除したがる専門家が、日本には多すぎるのか?ですね。
 この点に関しても、江部先生は折りに触れて言及されています。そして、日本の流れが変わりつつあることも、たびたびご指摘されています。それに、個人的な体験を基に賛意を示しただけです(^_^)
2.の(よくいえば)生活習慣や体型・体質改善に関して
江部先生がご指摘のように、個人の体験談や又聞きには、なんの根拠もない(エビデンスとすら言えない)。に尽きるんだと思います。本当に糖質制限の効果を感じたければ、最低限の前提はまもらないと、まったく参考にすらないらない。さらに、他人にその成果を知らせるのであれば、どんなことをやったのか、できるだけ正確に示すべきなんじゃ? ということで、仮に示されていれば、その人についてそうなった、と参考程度にはなるかもしれないくらいのものではないでしょうか? それすらなければ、単に気にする必要はない、のではないか?と言いたかっただけですね。

いつも言葉足らずかもしれないですが、私の意見は、どちらに関しても、「是」に決まっている!です。

たびたび失礼しましたm(_ _)m
2018/12/01(Sat) 19:52 | URL | (自称 社会科学者)もえ | 【編集
(おまけ)糖質制限の英語
ほんま、どうでもええことですが・・・
英語で会話する知人・友人と食事するときに、私は次のように説明というか、言ってます。

I am doing the "minimum carbo (or gluco) diet".

これに対する反応も面白いと思うので、付言しますと:
欧米系の人からは、「あ、っそ」くらいの反応しか返ってこないです。これに対して、アジア系の人は、なんか難癖つけたがりますね(^_^)
2018/12/01(Sat) 20:06 | URL | (自称 社会科学者)もえ | 【編集
Re: (おまけ)糖質制限の英語
(自称 社会科学者)もえ さん

なるほど。
面白いですね。
アジアは米文化の国が多くて、「米が主食」というイメージなのでしょう。
欧米人はパン(麦)を食べますが、それが「主食」というイメージは希薄であるように思います。

もえさんは、外国人の知人が多いんですね。
2018/12/02(Sun) 08:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
炭水化物ダイエットしてるの?
自称 社会科学者)もえさんのコメント
糖質制限の是非論争(らしきもの)への感想(らしきもの)

【様々な付加的な(検証不能な前提で)個々人が適当にやっている糖質制限の是非と、病気の悪影響を避けようとする治療の1つとしての糖質制限の是非は、わけて「議論」していただきたい、と切に願いますm(_ _)m】

について、私も同感です。


炭水化物ダイエットしてるの?


NHKの語学番組でも「炭水化物ダイエット(糖質制限)」が取り上げられていました。
もう、日常で使われる会話と「なりつつある」ようですね。

NHKEテレ「ボキャブライダー on TV」10月8日放送から

● carb 「炭水化物」
● Are you on a low-carb diet? 「炭水化物ダイエットしてるの?」

〇解説
普段の会話でもよく耳にする「炭水化物」。
英語では、carbohydrateです。carbo-はcarbon「炭素」のこと。
そしてhydrateは水の分子を含む「水化物」。
この2つが組み合わさって、carbohydrate「炭水化物」となるわけですが、
日常会話ではcarbと略されることがほとんど。
名詞では、carbsと複数形で使われることが多いのですが、
今回はlow-carbという複合形容詞なので、low-carbsとはなりません。
2018/12/02(Sun) 18:17 | URL | オスティナート | 【編集
Re: 炭水化物ダイエットしてるの?
オスティナート さん

コメント、ありがとうございます。

NHKの語学番組でも「炭水化物ダイエット(糖質制限)」が取り上げられるとは
嬉しいですね。
2018/12/02(Sun) 19:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可