FC2ブログ
男・50代からの糖質制限: ストーリーで学べる最強の食事法。江部康二著。刊行。
こんにちは。

今までにない新しい企画の本が上梓されました。
2018年10月19日から発売中です。

東洋経済新報社 江部康二著
男・50代からの糖質制限: ストーリーで学べる最強の食事法

https://www.amazon.co.jp/dp/4492046313/ref=cm_sw_r_em_apa_y-gLBbEYDJ2DC
です。

81TcS2gnZyL.jpg


本書は「3人のオヤジのストーリー」を通して
平易でわかりやすい内容となっています。

一方信頼度を確保するために文章中に根拠となる論文を紹介しています。
文章中にない場合は、根拠となる論文を巻末に通し番号をつけて記載してあります。

つまりとても読みやすくわかりやすい内容ですが、
全てエビデンスに基づいており信頼度が高いと自負しています。

私自身も糖尿病発覚の52歳からスーパー糖質制限食を開始し、
68歳の現在まで16年間継続しています。
歯は全て残り、虫歯はありません。
目は裸眼で広辞苑が読めます。
聴力低下もなく、夜間尿もなく、身長も縮んでいません。
内服薬もなしで、糖尿病合併症もなしです。
スーパー糖質制限食のおかげで、糖化に伴う老化が予防出来ているものと思われます。



東洋経済オンラインにも、
『男・50代からの糖質制限: ストーリーで学べる最強の食事法』の記事が配信になりました。
https://toyokeizai.net/articles/-/243363
https://toyokeizai.net/articles/-/244977
https://toyokeizai.net/articles/-/246562?display=b

ヤフーニュースにも載りました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00243363-toyo-soci

「50代こそ糖質制限を!江部康二インタビュー」
YouTubuで公開中です。
https://www.youtube.com/watch?v=QGDyYdsxNqg

以下の1~5は、11/11現在、視聴できません。
イントロダクション
https://youtu.be/oAe7nKrKI7I
その1
https://youtu.be/AR7kmOdyr7E
その2
https://youtu.be/U3YqaQw-An8
その3
https://youtu.be/Z0d1jOlZuQc
その4
https://youtu.be/2ioaIHBdq08
その5
https://youtu.be/HHdTRGgCnZc


是非、ご一読頂ければ幸いです。

以下は出版社の内容紹介です。

長い“これから”の健康度は、これで決まる!
中高年こそ「糖質制限」が必要だ!!


肥満、メタボを解消し、糖尿病はじめ生活習慣病、がん、脳梗塞、心筋梗塞、アルツハイマー病....などを予防して健康100歳に。

「3人のオヤジのストーリー」を通してスッキリわかる“究極の健康食”の知識と実践法。

一流医学誌の最新発表など科学的根拠(エビデンス)に基づいた新たな医学常識――。

○食後高血糖をもたらす栄養素は「糖質」だけ。
○脂肪を食べても不健康にはならない。
○「脳はブドウ糖しか使わない」はウソ。
○認知症の予防にも糖質制限は有効。
○糖質過剰はガンを増やす。
○老化の原因も「糖質」にあった。
……
諸悪の根源「糖質の過剰摂取」を防ぎながら、肉や魚・アルコール類も楽しめる“最高の食事法”のすすめ。

これであなたの人生が変わる!


江部康二


以下は、本書のプロローグからの抜粋です。

プロローグ 長い老後の健康度は
五〇代の糖質制限が決める


〇ランセット論文「糖質を摂るほど死ぬ。脂質を摂るほど死なない」

〇アメリカで合併症が激減

○酸化ストレスとAGEs

〇中高年こそ糖質制限が必要


〇三人の五〇代男性が糖質制限を始めるストーリー
 

私の経験上、糖質制限を始めるのに重要なのは五〇代です。

五〇代ならば、まだ、老化物質であるAGEsは
取り返しのつかないほどには溜まっていませんから、
糖質制限でこれ以上の蓄積を食い止められるからです。
 しかし、これよりも高齢になると、かなりの量のAGEsが溜まっており、
老化が身体を蝕んでしまっています。
そして、いったん溜まったAGEsはもう消えません。
 つまり、五〇代で老化物質の蓄積を止められるかどうかで、
その後の人生が決まると言っても過言ではないのです。
五〇代こそ糖質制限を始めるべき時期なのですが、
残念ながら、多くの中高年男性が糖質制限にあまり熱心でないのが現状です。
その理由はいくつかあるようです。
まず、仕事が忙しすぎるという人がいます。
確かに、五〇代というと社会的な責任の重い世代ですから、
健康をおろそかにしがちになるのも無理からぬところがあるでしょう。
また、糖質制限に懐疑的な人もいます。
これは健康情報に詳しいというタイプに多いようです。
情報過多の現代では、糖質制限に関する誤解が蔓延していて、
その有効性を正しく認識していない場合もあるのです。
そして、最も多いのは、もう健康になることをあきらめているという人です。
何度かダイエットに挑戦しては挫折を繰り返し、
中年太りは仕方がないと思いこんでいる人のことです。
そんな人は、年を取れば歯が抜けたり視力が落ちたりなどといった衰えが起こることも、
仕方がないとあきらめています。
高齢になれば老化するのは常識でしょうし、
これは五〇代のほぼ全員かもしれません。
しかし、あきらめているのは、
糖質制限のアンチエイジング効果を知らないからであり、
いかにももったいない話だと思われてなりません。
そこで、五〇代男性になんとかして糖質制限を始めてもらえないかと、
企画したのが本書です。
本書では、三人の五〇代男性のお話として構成されている部分と、
糖質制限の解説をまとめた部分とに分かれます。
三人の男性は、私が診療の現場で見てきた実際の患者さんたちの典型例であり、
いわば、糖質制限に踏み切れない五〇代男性のモデルです。
三人が糖質制限を知り、実践へと踏み切るストーリーを追いながら、
ご自分の未来を幸せにするのに糖質制限が必要かどうか、
考えてみていただきたいのです。
男・五〇代は、人生の後半を幸せなものに出来るかどうかの分岐点です。
どうか本書をきっかけにして、
糖質制限の道へと進むことを決断していただきたいと願っています。

なお本書は、ストーリー仕立てになっており平易でわかりやすいのが特徴です。
あわせて医学的な信頼度も確保するため、文中に通し番号を付け、
巻末に医学的根拠(エビデンス)となる論文を明記しています。
文中で直接出典を示した箇所もあります。
興味のある方はご参考になさってください。


コメント
日本糖尿病学会とは
江部先生はには糖尿病学会には入会していないのですか?
非会員であれば、経緯等が知りたいです。
また、日本東洋医学会には入っていますか?

例えば、脳神経外科医はほとんどが学会員というイメージがありますが、糖尿病専門医師で学会員の方は少数派なのでしょうか?
日本糖質制限医療推進協会の提携医師はみんな非会員なのですかね。

いろいろ書きましたが、差し支えなければお教えください。
2018/11/08(Thu) 13:47 | URL | yanosono | 【編集
Re: 日本糖尿病学会とは
yanosono さん

私は大分前に、日本糖尿病学会会員となっています。
ハードルが高いかと思ったのですが、淡々と事務的な手続きだけでOKでした。

日本東洋医学会にも所属しています。

日本糖質制限医療推進協会の提携医師も、日本糖尿病学会会員の方もおられますし、非会員の方もおられます。

2018/11/08(Thu) 16:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限ダイエットを行う上で
江部康二先生

初めまして、
私は現在大学4年で、「糖質制限」ダイエットをテーマに卒業論文を書いています。
疑問があり、ぜひ先生に意見をいただけたらと思っています。

ダイエット目的の「糖質制限食」と、糖尿病治療目的の「糖質制限食」は、
中身はあまり大差がないとしても、細かい部分で異なる箇所があるのか疑問に思いました。
糖尿病患者の人は、病気が改善されるまでほぼ一生「糖質制限食」を続けていかなければいけません。普段の食事で、炭水化物、高糖質な物はほぼ食べることができないと思います。健康体の人がダイエット目的で、糖尿病患者の方と同じように取り組み続けたら、逆に具合が悪くなってしまうことはないのでしょうか?

ダイエット目的の、健康体の人が行うべき”適度な”糖質制限とはどのくらいなのでしょうか?

教えて頂けると幸いです、よろしくお願いします。
2018/11/08(Thu) 19:01 | URL | sawachi- | 【編集
sawachi-さんへ
都内河北 鈴木です。

SAWACHI-さんの言われる、
「健康体の人がダイエット目的で、糖尿病患者の方と同じように取り組み続けたら、逆に具合が悪くなってしまうことはないのでしょうか?」

の問いかけに、私の「糖尿病重症化していた21年の1患者が、
「糖質制限理論」実践で、インスリン投与者が3ンか月足らずで
「生還、覚醒している」事から、考えるのは、

江部先生の「糖質制限理論」は、
「人類本来の食生活理論」だと理解把握して、
「生還、覚醒」の効果証明(医療デ~タ有り)の本人として、
実践8年目の現在も、時代進化解明した理論で「生還、覚醒」した事が証明していると思います!!

私は現在64歳、身長176センチ、体重81キロ、BMI26、
筋肉体形です。

糖尿病重症化が「生還」だけでなく、「覚醒」の
「眼・眼底検査希少改善!!」
「脳梗塞・頸動脈プラ~ク希少改善!!」
等は、「血管」の改善を示していると思います!!

ダイエット可能なのは、人類本来の食生活理論だからで、
以降も継続は当然至極かと思います!!

「糖質・関係食材、食品」は、
時代進化対応不可な思考力無い、金儲けだけの食材、食品、
だと考えられませんか??

時代進化したネットグロ~バル現代に、
「食材飲食の良否判断を、断言できる江部先生「糖質制限理論」は、
時代対応のスゴイ事だと考えます!!」

何故私の様な「生還、覚醒」元患者にさえ、
隠蔽、圧力する「日本糖尿病学会」信奉組織とは、何なんだと考えませんか??

「糖質制限理論」理解把握して、実践して、
「生還、覚醒」し行く私としては、
「終生継続して行くのは、当然至極と感じます!!」

江部先生には、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2018/11/09(Fri) 00:12 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
>歯は全て残り、虫歯はありません。
目は裸眼で広辞苑が読めます。
聴力低下もなく、夜間尿もなく、身長も縮んでいません。
内服薬もなしで、糖尿病合併症もなしです。

いつもこの部分に「朝勃ち」があったはずですがとうとう御卒業ということでしょうか?
2018/11/09(Fri) 08:35 | URL | おいちゃん | 【編集
糖質制限は60代、70代からでも効果大 ??
江部先生

新しい著書で糖質制限が更に広まり、多くの人がアンチエイジングを実感出来ることを嬉しく思います。

ただ、少し気になることは、「始るのに重要なのは50代」と「いつったん溜まったAGEsはもう消えまっせん」 の2点です。

1.AGEsは分解排出される

ウキペディアによると、AGEsが結合した細胞内たんぱく質が分解され、AGEペプチドやAGE付加物となり、血中を通って腎臓から尿に排出される。細胞外マトリックスのたんぱく質は分解されにくく、AGEs排出の妨げとなっている。と記載されています。
また、インタ-ネットの他の記載では、OPH,酸化たんぱく分解酵素で分解されるとなっています。
たんぱく質は常に新しいものに置き換わっているので、AGEsは新たに生成しなければ、減少、消失すると考えることはできないでしょうか?

2.個人例、69歳から開始しても、アンチエイジングを実感できる

私は、69歳からス-パ-糖質制限を開始、8年継続、現在77歳です。
60歳以前は糖質過多の普通の食事、60歳過ぎからは、糖尿病学会専門医指導によるカロリ-制限食(糖質過多)を9年続けました。
AGEsは多量に蓄積されたものと思います。

ス-パ-糖質制限を実施後から現在に至るまでHbA1cは5.3~5.6を維持して合併症もありません。

歯は全て残り虫歯はありません。
頻尿や聴力低下もありません。
髪の毛は、最近白髪が増えてきましたが、黒髪が圧倒的に多いです。
身長は172㎝あったものが171㎝となり少し減っています。

視力は全くだめで、緑内障で視野の一部欠損、辞書は裸眼で読めますが、これは昨年白内障手術をやり、近距離用の眼内レンズを入れたためで、遠距離は当然眼鏡が必要です。

もう一点老化を感じることは、ゴルフの飛距離が落ちたことです。2~3回/週、筋トレを継続しており筋力の低下は少ないですが、飛距離は何ともなりません。

眼とゴルフ以外は問題を感じることはなく元気に活動できています。
AGEsの量を測定したことはありませんが、糖化による老化はすくなく、アンチエイジングを実感しています。

人生100年時代といわれる今、60、70、80代にも勇気と元気を与える改訂版や次著の検討をお願いしたいと思っております。

名古屋・h
2018/11/09(Fri) 12:33 | URL | 名古屋・h | 【編集
Re: タイトルなし
おいちゃん さん

勿論そちらも大丈夫ですが、今までも、「朝勃ち」に関しては、あまり記事には書いていません。

コメントで質問があったら、大丈夫ですと答えるスタンスですね。

2018/11/09(Fri) 15:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限は60代、70代からでも効果大 ??
名古屋・h さん

コメント、ありがとうございます。

1
確かにAGEsは分解排出されることはあると思います。
一方で、糖質を食べる限り、経年的に蓄積され続ける面もあります。
糖尿病合併症において、『高血糖の記憶』など消えない借金の元凶はAGEsとされています。
従って、そう簡単には分解排出はされないのだと思います。

2
ご指摘通り、
69歳から開始されても、名古屋・hさんのように、アンチエイジングを実感できる人も多いと思います。

3
ただ、50代からのほうが、さらに効果がでやすいと思います。

4
実際には、何歳から始めても『糖質制限食』は有効です。
当然、早ければ早いほど、アンチエイジング効果はでやすいです。
2018/11/09(Fri) 16:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
TouTube
江部先生。

Amazonで予約して買わせていただきました。

ところで、記事のYoutubeのビデオを視聴しようとしたら、リンク切れのようです。

ひょっとして、下記でしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=QGDyYdsxNqg
2018/11/10(Sat) 16:11 | URL | げっしー | 【編集
Re: TouTube
げっしー さん

拙著のご購入、ありがとうございます。

ユーチューブの私のインタビュー記事
ご指摘通り以下で大丈夫です。

https://www.youtube.com/watch?v=QGDyYdsxNqg
2018/11/11(Sun) 12:37 | URL | ドクター江部 | 【編集
>勿論そちらも大丈夫です

良かったです。^^
男・50代からのというタイトルから少なからずそちらの方の事柄も掲載してるのかと思いましたが...

ところで動画観ましたが書籍棚の扉が全部開いてるので笑ってしまいました。そこはもう扉無しの棚でええんじゃないかなと。
2018/11/16(Fri) 08:34 | URL | おいちゃん | 【編集
Re: タイトルなし
おいちゃん さん

そうですね。
本箱、半分以上は開けっぱなしですね。  (^^)   
2018/11/16(Fri) 17:02 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可