FC2ブログ
2018年10月30日(火)朝日カルチャーセンター京都教室講座のご案内。
こんばんは。

2018年10月30日(火)13:30-15:00
朝日カルチャーセンター京都教室講座

糖質制限食の基礎から最前線情報まで
生活習慣病、メタボ、そして認知症を予防する


が開催され、私が講師をつとめます。
75分間の講演で、質疑応答が15分間です。

朝日カルチャーセンター京都教室としては
2017年 9月5日(火)以来ですから、2年ぶりですね。

今回は、生活習慣病とメタボや糖尿病、
そして、認知症についても取り上げてみます。

久山町の研究で米の摂取が多いほど、認知症になりやすいことが
明らかとなりました。
また糖尿病があると、認知症になりやすことは明白です。

糖質制限食で、「食後高血糖」「血糖変動幅増大」「高インスリン血症」といった
酸化ストレスリスクを減らすことが、
生活習慣病とメタボや糖尿病、そして、認知症の予防につながることを
わかりやすくお話ししたいと思います。

ブログ読者の皆さん、
京都や滋賀や大阪の皆さん、奮ってご参加のほど、
よろしくお願い申し上げます。 m(_ _)mV

江部康二


☆☆☆
以下は、
朝日カルチャーセンター京都教室のサイトからの抜粋です。

糖質制限食の基礎から最前線情報まで
生活習慣病、メタボ、そして認知症を予防する


講師名    高雄病院理事長 江部 康二

講座内容
糖質制限食は、1999年から高雄病院で糖尿病治療食として開始され、
合併症を予防できる唯一の食事療法として画期的な成果をあげてきました。
摂取後、血糖に影響を与えるのは糖質のみで、蛋白質・脂質は影響なしです。
食後血糖値の上昇とそれに伴うインスリンの過剰分泌が、
アルツハイマー病、糖尿病合併症・動脈硬化・老化・癌・パーキンソン病等の元凶です。
有名な福岡県久山町研究では、白米の摂取が多いほどアルツハイマー病になりやすいことが明らかになりました。
これらの病気はいわば「糖質病」であり、糖質制限食で予防可能です。

お申し込み
電話   075-231-9693
朝日カルチャーセンター京都教室
https://www.asahiculture.jp/kyoto/course/110d5ff1-3b24-48e6-568d-5b65ac3d3250

日時・期間  火曜 13:30-15:00 10/30   1回

日程
 2018年 10/30
コメント
先日はありがとうございました
江部 先生 大変お世話になっております
先日金沢での私の書き込みを一面に書き込んでいただきありがとうございます
私も皆さまの見られる所に私の文章が表現されるに光栄に思いました
本当にありがとうございます
さてわれわれ 親族一同糖尿すごく多いです
私の父. 私 糖尿です 父はおおよそ20年は患っていました  最初の間は糖尿
の薬を飲みながら通常の食事を行っていました。
そのうちインシュリンになり 一般の病院の為 父も医師の忠告を守れず
自己判断でインシュリンもやめてしまい 最後は味噌汁に砂糖をいれる
ありさまで壮絶でした 
し=神経障害
め=緑内障 白内障 失明
じ=腎臓障害
おまけに 壊疽   ほぼ すべての障害がでてぼろぼろでした
担当のお医者さんともうまくいかず 最後は自己判断です
父親も自分で何とかしようと 必死だったと思います
父の生きざま 死にざま見て勉強になりました
糖尿病本当に恐ろしい病気です 安易に薬に頼るのもいかがなものかと思いました
(糖尿は経験した人しか分からないと思います)
78歳で他界しましたが  精神 体調すべて酷かったです。
私は今47歳です 今は糖質制限1年目ですが コントロール
良好ですA1c5.5です(投薬も受けていません)
当然このページを読まれている方は糖質制限されている方だと思います
私もやっています 江部先生も尽力されている事だと思います
 もし私も安易に薬に頼り 最後は父のようにコントロール
不能に陥れば5-10年先は人生なかったと思います
意味不明な体調不良 血圧 血液状態すべて良好になりました
以前と比べものにならないほど元気になりました
薬を処方していたお医者さんに責められ 罵倒され大変でした
父の件もあり考え改められました
江部先生本当にありがとうございました では乱筆お許しください
失礼いたします。
今後とも宜しくお願いします。

2018/09/28(Fri) 20:26 | URL | 糖尿人 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可