FC2ブログ
「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」 津川氏への反論。
津川友介氏は、
「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」東洋経済新報社 (2018/4/13)
の著者でカリフォルニア大学ロサンゼルス校助教授です。
著書やマスコミの記事をみると、津川氏は
「茶色い炭水化物(全粒粉や玄米)」は健康に良くて、
「白い炭水化物(白米や白いパン)」は健康に良くないと断定しておられます。

実は、いまでこそ、「糖質制限食」のパイオニアとして有名な高雄病院ですが
もともとは、「玄米魚菜食」を推奨していました。
こちらは1984年からですが、病院給食として玄米を提供したのは、
高雄病院が日本初だったと思います。
ちなみにやはり日本で初めて病院で「糖質制限食」を導入したのが1999年ですから、
玄米魚菜食のほうがはるかに早いですね。

ですから、津川友介氏の推奨する「茶色い炭水化物」については
1984年から現在まで34年間、高雄病院給食メニューにあるわけで、
その効能については、勿論理解しています。
従って、津川氏の見解には、ある程度は賛成なのですが、
無根拠な糖質制限食批判にはきっちり反論します。

まずは、私自身が、玄米魚菜食を34歳(1984年)から続けていて
52歳(2002年)で糖尿病を発症したことを、お伝えしておきます。
この事実は、エビデンスとは言えませんが、あまり嬉しい事実ではありません。
一つ言えることは、玄米魚菜食を18年間続けていた江部康二は
晴れて?52歳にして糖尿人になったということですね。
つまり少なくとも私に関しては、
玄米食(茶色い炭水化物)に糖尿病発症予防効果はなかったのです。

そして、ここからが、本番ですが、
「糖尿病を発症した人においては
玄米を一人前だろうが白米を一人前だろうが、所詮は食後血糖値のピークは
200mg/dlを超えてくるので、糖尿病合併症を予防することは困難」
なのです。
例えば、私は炊いた玄米を茶碗1杯食べると
ピークの血糖値は220mg/dlで、白米だと240mg/dlです。
差はありますが、糖尿病合併症予防の観点からは無意味です。
国際糖尿病連合は、合併症やがん予防のためには食後1時間か2時間血糖値が
160mg/dl未満であることを推奨しています。

次に、津川氏は
「茶色い炭水化物(全粒粉や玄米)」は健康に良くて、
「白い炭水化物(白米や白いパン)」は健康に良くないと断定しておられます。

しかし、津川氏に根本的に欠落しているのが
「高インスリン血症」「食後高血糖」の概念です。
「高インスリン血症」と「食後高血糖」は、活性酸素を発生させます。

「高インスリン血症」と「食後高血糖」が、
発ガンリスクや肥満・メタボなど様々な生活習慣病リスクとなることには
国際糖尿病連合・2007年「食後血糖値の管理に関するガイドライン」
国際糖尿病連合・2011年「食後血糖値の管理に関するガイドライン」
など多くのエビデンスがあります。
国際糖尿病連合によれば、上述のように食後血糖値は、
160mg/dl未満が目標です。

そして、『食後、直接、血糖値の上昇を生じるのは
糖質摂取時だけ』
であり、脂質・蛋白質では生じません。
これは、エビデンス以前の生理学的事実です。

糖尿人が白米を1人前摂取したときに生じる「食後高血糖」
玄米を1人前摂取した時にも必ず生じます。
つまり「健康なイメージのある玄米も糖尿人には、危険な食材」ということです。

全粒粉のパンも同様です。
糖尿人が食べれば、「白い炭水化物」も「茶色い炭水化物」も、
共に必ず「食後高血糖」を生じるというのは「生理学的事実」ですので
論争の余地はありません。

また、耐糖能が正常でインスリン分泌能力が充分ある人が
穀物を摂取すれば、精製されていようと未精製であろうと必ず、
インスリンが大量に追加分泌されるので、「酸化ストレス」となり
発ガンリスクや肥満・メタボなど様々な生活習慣病リスクとなるということです。


江部康二
コメント
津川氏に対する反論は、本日付のたがしゅう先生のブログが「世界一シンプル」だと思います。

・津川氏は医学雑誌に掲載されている論文が全て正しいという事を前提にしているので、もし論文結果が間違っていた場合は即座に信憑性がなくなってしまう。

食事関係の論文が如何に怪しいかは、本ブログ読者はよく御存知のはずです。
2018/08/23(Thu) 20:00 | URL |  | 【編集
本日記事の津川友介氏へ!!
都内河北 鈴木です。

私の「糖尿病」重症化して行く21年が、
3か月足らずで「生還、覚醒」してゆく7年目現在が有るのは、

江部先生「糖質制限理論」を
理解把握して実践したからです!!

私の「改善生還、覚醒」医療デ~タは存在します!!」

その改善生還医療デ~タの検査表の出所の病院から反省学習無く、
「隠蔽圧力」も本ブログでも伝えています。

私個人の「生還、覚醒」体験から
江部先生「糖質制限理論」の効果証明者として「日本社会に糖質害毒」を、
現在通院眼科、脳神経外科、歯科の各院長達に、より理解深めて欲しいので会話しています。

本日の江部先生の反論には、ウナズケル事ばかりです。

今後共、津川友介氏のような一般人でも疑問視する事を堂々発言する
権威肩書だけの批判者たちには「理路整然と反論」を御願いします。

江部先生には、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具







2018/08/23(Thu) 21:42 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
御礼
明快な反論ありがとうございました。
以前にも同様の反論をして頂いたのにという思いも感じております。

東洋経済オンラインには江部先生も寄稿されており、糖質制限革命も出されているのに、編集者が先生に何も連絡していないのは怠慢に感じました。
私が編集者なら、江部先生と津川友介氏の対談を企画します。
2018/08/24(Fri) 06:58 | URL | yanosono | 【編集
Re: タイトルなし
たがしゅう先生のブログ、早速、覗いてみます。
ありがとうございます。
2018/08/24(Fri) 07:55 | URL | ドクター江部 | 【編集
出版不況とその影響
糖質制限テーマ関連、ひところに比べると、大分よくなっているとはいうものの、この例のように、まだまだの部分もありますね。本を書く立ち位置、読者に対する責任、・・・特に、内容の正誤については、原稿を、編集、校正、ファクト(引用した数値などに誤りがないかチェック)が一丸となって精査するのですが、最近、人件費のコスト削減で手薄になっていると聞きました。肩書きで売る、特に、アメリカの一流大学所属という触れ込みの一連の著作にはうんざりしている今日この頃です。
2018/08/24(Fri) 09:26 | URL | 北九州・東京 三島 | 【編集
最新論文
日本人糖尿病患者の食事アプローチ:系統的レビュー
http://www.mdpi.com/2072-6643/10/8/1080/htm
山田 悟、壁谷悠介、能登 洋

 我々の研究によると、特に日本の糖尿病患者の食生活についてのエビデンスはほとんどなく、日本糖尿病学会が唯一の食事管理アプローチで推奨しているエネルギー制限食は、科学的根拠によって支持されていないことが明らかになった。

 我々の知見は、エネルギー制限食ではなく炭水化物制限食が、日本人患者の糖尿病管理に短期的な利益をもたらすかもしれないことを示唆している。しかし、我々の分析は限られた数の小規模無作為化比較試験に基づいているため、これらの患者の食事療法を検討する大規模かつ、または長期の試験が、我々の知見を確認するために必要である。

◇  ◇

2019年春に食事摂取基準(2020)と日本糖尿病学会ガイドライン(2019)が公表される。この論文は大きな影響をあたえるであろう
2018/08/24(Fri) 22:56 | URL | 中嶋一雄 | 【編集
Re: 最新論文
中嶋一雄 先生

興味深い情報をありがとうございます。
山田悟氏は兎も角として
能登洋氏は大変身ですね。
2018/08/25(Sat) 08:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
脂肪の減少が止まる理由について
はじめまして。
いつも勉強させていただいております。
今回、糖質制限の理論について不明な点があり、質問させていただきます。
お忙しい中恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

糖質のみが体内で脂肪として蓄えられるため、糖質制限を行えば脂肪を分解し、ケトン体をエネルギーとして活動するようになる結果、体脂肪が減って体重が減少する…という理論は、糖質制限を実践する者として疑いようのないところです。
しかし、この理論を突き詰めると、厳格な糖質制限では、脂肪はほとんど一切蓄えられることはなく、毎日大量に燃焼されて、いずれ脂肪が枯渇し、やがて死に至るという結論が自然ではないかと思うのですが、現実にはそうなりません。
現に私も糖質制限をして2年ほどですが、体重、体脂肪率ともにここ半年ほどは安定しております。
そこで質問なのですが、理論的に脂肪からしたら大赤字のはずなのに、一定以上の減少が止まるのはなぜなのでしょうか?
経営的に言えば、帳簿では赤字なのにキャッシュが減らないという状態で首を傾げざるを得ません。

よろしくお願いいたします。
2018/08/25(Sat) 14:57 | URL | 糖質制限初心者 | 【編集
Re: 脂肪の減少が止まる理由について
糖質制限初心者 さん

摂取した、糖質(血糖)も脂質もタンパク質も余ったら中性脂肪として脂肪組織に蓄えられます。

糖質制限食だと、血糖値がほとんど上昇しないので、
食事中にも、肝臓が糖新生でブドウ糖を作って、血糖を維持します。
糖新生のエネルギー源は、脂肪の分解で得られます。

一方、糖質制限食で摂取した脂肪は分解・吸収されて脂肪酸となり、筋肉などで利用されますが、
利用されずに余った脂肪酸は、脂肪組織に入って中性脂肪として蓄積されます。
2018/08/25(Sat) 15:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
エビデンスベースだと言っているのに
江部先生の反論に強く同意します。
私は、糖質制限を今月から始めたばかりで、まだいろいろな本を読みまくっている最中です。ですので津川氏の本も真剣に読み、引用された論文も読める範囲で読みました(職業が翻訳家なので、英語の文献に抵抗ありません)。

津川氏は「バナナやリンゴなどのいわゆる「糖質の多い果物」はどうだろうか。実は果物の種類と体重変化との関係は、別の研究(★7)で検証されており、バナナやリンゴの摂取量が多い人ほどむしろ体重が減っていたことがわかっている。種類にかかわらず果物の多くはダイエットによいと考えてもよい」と書かれておりましたので、その★7の文献を当たってみたところ、その文献の結論は「Vegetables having both higher fiber and lower glycemic load were more strongly inversely associated with weight change compared with lower-fiber, higher-glycemic-load vegetables (p < 0.0001). 」すなわち、糖質が低いほど、ウェイトロスと関連が強かったという内容でした。エビデンスベースだと言っているから一生懸命読んだのに、これではまったく逆の内容です。本当にがっかりして、怒りすら沸いてきてしまい、同じように思っている人がいるのではないかと検索していて江部先生のページにたどりつきました。江部先生の過去のブログも併せて読ませていただき、信頼できる場所をひとつ見つけたと思いました。
2018/08/27(Mon) 10:04 | URL | マキ | 【編集
Re: エビデンスベースだと言っているのに
マキ さん

コメントをありがとうございます。
翻訳家とは心強いです。
また英文論文などのことを、いろいろご教示頂けば幸いです。

津川氏の引用文献
「Vegetables having both higher fiber and lower glycemic load were more strongly inversely associated with weight change compared with lower-fiber, higher-glycemic-load vegetables (p < 0.0001). 」

「食物繊維が多くて糖質が少ない野菜は、食物線維は少なくて糖質が多いものに比べて、ウェイトロスと関連が強かった」
ということなのですね。

津川氏、エビデンスベースどころか、馬脚を現してしまいましたね。

2018/08/27(Mon) 18:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可