FC2ブログ
auスマートパスで、初の糖質制限アプリのご紹介です。
こんにちは。

auスマートパスで、初の糖質制限アプリのご紹介です。
私が監修したアプリです。
運営は、「株式会社ルクレ」です。
糖質セイゲニストにとって、いろいろと役立つアプリです。
是非、お試し頂ければ幸いです。

プレスリリース 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000001288.html   
スマホ (auスマートパスユーザー用 )  
http://ausp.dr-ebe-toushitsuseigen.jp     

“糖質制限の第一人者”江部康二医師の完全監修サービス
「ドクター江部の糖質制限」提供開始!
~生活習慣病予防・ダイエットを成功に導く、必読の最新情報を毎日更新~



内容などに関するお問い合わせについては、
support@dr-ebe-toushitsuseigen.jp
こちらのアドレスへお願い申し上げます。


どのようなお問い合わせでも、対応して頂けるそうです。



以下は
auスマートパスの糖質制限アプリ『ドクター江部コラム』の第一回です。
コラムは毎月1回、掲載しています。


☆☆☆
<コラム1>2018年4月 
auスマートパスユーザーの皆さん、はじめまして。

auスマートパスで、初の糖質制限アプリのご紹介です。
この 糖質制限アプリ 、日本全国の糖質制限食実践者の皆さんに、
少しでもお役に立てば嬉しいです。
糖質制限食という言葉はすっかり日本社会に定着してきましたが、
日本では、1999年から京都の高雄病院で糖尿病治療食として開始したのが最初です。
「血糖値に直接影響を与えるのは糖質だけで、タンパク質・脂質は与えない」
という生理学的事実を臨床に応用した食事療法です。
2018年4月現在まで、高雄病院では糖尿病患者さんを中心に約1300人以上
に糖質制限食による入院治療を行い、画期的な成果をあげてきました。
入院して「従来の糖尿病食(高糖質食)」と「糖質制限食」を食べて頂き、
血糖の日内変動変化、或いはCGMを比較することで、
患者さんに、「糖質だけが血糖を上げる」ということを、実際に体験して貰うと、
糖質制限食に対するモチベーションが上がります。
これらの経験を踏まえ2005年には私が本邦初の一般向けの本
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」を出版し、
日本社会に糖質制限食が認識され始めるきっかけとなりました。
最近では、ダイエットの主流としても確固たる地位を築いています。
糖質制限食の社会への浸透による市場規模は拡大の一途を辿っています。
調査会社の富士経済の調べでは、
2016年の同市場の規模は前年比7.7%増の3431億円の見込みとのことでした。
コンビニやファミレスにも、普通に糖質制限OKな食材やメニューがある、
糖質制限食実践者にとって、とても幸せな時代となりました。




コンテンツ

以下のようなコンテンツが、糖質制限関連の様々な情報として
豊富に載っています。
毎日コンテンツは更新されていて、飽きませんし、辞書代わりにも使えます。

食物繊維は食後血糖値上昇も招かないうえに、有益な機能性がある

「炭水化物= 糖質+食物繊維」であり、糖質制限では食物繊維を制限しません。
食物繊維はほとんどカロリーにならず、
食後血糖値上昇も招かないうえに、有益な機能性があるからです。

食物繊維には水に溶けやすい水溶性と溶けにくい不溶性があり、
それぞれ体内での働きが異なります。

腸内環境を整え、便秘を防ぐ働きがあります
水に溶ける水溶性の食物繊維には、フコイダン、ペクチン、ムチン、アガロースなどがあります。
これらは、オクラ、キノコ、海藻、コンニャク、納豆、アボカドなどに含まれます。いずれも糖質制限的にはOKな食材。
水溶性の食物繊維は、腸内のビフィズス菌などの 善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える働きが期待されます。

水に溶けない不溶性の食物繊維には、セルロース、リグニン、キチン、キトサンなどがあります。
おから、エリンギやエノキダケやブナシメジなどのキノコ類、モロヘイヤやパセリ、アーモンド、甲殻類などに含まれています。
不溶性の食物繊維は便のかさを増やして、大腸を内側から物理的に刺激して便秘を防ぐ働きがあります。

普通食で主食にしている精白米や食パンは水溶性も不溶性も食物繊維がごく少量しか含まれていません。
糖質制限食では、野菜、キノコ類、海藻類などから、水溶性と不溶性の食物繊維をバランス良く摂ってください。




江部康二
コメント
私は、生還、覚醒して行きながら思います!!
都内河北 鈴木です。

本日記事は、何度拝読しても世の中に拡散している事が頷けます!!

何故なら私はテレビで垣間見た江部先生「糖質制限理論」実践で
「糖尿病」21年間重症化(右眼眼圧失明・脳梗塞発症救急搬送)
して行く1患者が、
3か月足らずで3年余りインスリン投与(1日、8・6・6)を自主離脱!!
ヘモグロビン「正常化!!」

以降、2年足らずで会席調理師として自身人体実験しながら
「糖尿病薬」全て自主離脱!!

2年目、眼科「視力改善」「眼底検査希少改善」

4年目、脳神経外科
「頸動脈プラ~ク希少な減少改善」

現在7年目、「糖質制限理論」食生活継続をして、
悪化1途の患者が改善への道を
自身の知識「脚気・高木兼寛医師」を念頭に時代進化解明事実を
「理路整然と示していてくれたこと」に大変感謝尽きません!!

私の「生還、覚醒」医療デ~タは、
「東京都病院協会」会長K・H経営
「都内S区K総合病院」
「日本糖尿病学会・公認担当医T・K(女医)」の物で、
確固たる
「日本医療界の権威肩書の有るものです!!」

江部先生には、御礼として「糖質制限理論」による改善医療デ~タを
「改善募集」を見かけましたので送付する事しかない状況を御理解ください。

しかし不思議なのはS区役所主催「糖尿病教室」へ参加申し込みしても
K病院経営者K・Hから「私個人を、意味不明理由で拒否理由」を
確認なしで拒否する
「都内S区保健センタ~」課長I、今年度担当課長Mに言われていますが、
私は「後遺症の改善の為に参加申し込みをしているだけです。」

「区民の健康問題を後遺症残す患者を無料教室で空席有り、立ち聞きでもよいと申告している患者参加拒否することに疑問を感じます!!」

今後共、江部先生のブログ、著書で更なる改善を目指し学習して行きます!!

江部先生には、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具


2018/08/15(Wed) 13:46 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
ご参考情報です
血糖値上昇抑制 ダイエット米
秋田県立大が開発、品種登録申請へ ピラフ・麺向け米も(日経)
https://r.nikkei.com/article/DGKKZO34187110V10C18A8L01000?type=my#AwAUAgAAMjMwOTY1MQ
2018/08/16(Thu) 08:12 | URL | yanosono | 【編集
Re: ご参考情報です
yanosono  さん


情報をありがとうございます。
高アミロース米は、分解・吸収がゆっくりなので、食後血糖値の上昇がやや抑えられるということでしょう。

しかし、所詮はデンプンですから、私は食べません。
2018/08/16(Thu) 09:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可