FC2ブログ
現生人類は何を食べていたのか?
こんばんは。
相変わらず暑い日々が続きますが、
現代はどうやら氷河時代らしいです。

ウィキペディアによれば https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E6%B2%B3%E6%99%82%E4%BB%A3

氷河学的には、地球の歴史の中で、
地球上に大陸並みの大きさの氷床が存在している時代を氷河時代というそうです。
この意味において、現在は、広大な氷床が南極大陸とグリーンランドにあるため、
氷河時代ということになります。

氷河時代においては、氷期と間氷期を繰り返します。
実は現在は、氷河期の中の間氷期のようです。

最後の氷期であるウルム氷期が、始まったのが70000年前で
終了したのが16000年前です。

ウルム氷期の間は、現在のベーリング海峡は、ベリンギア陸橋ある
いはベリンギア大陸と呼ばれ、シベリアとアラスカは陸続きでした。

ウルム氷期のころは、日本海もかなり海位が下がって、陸が多かったと思います。
氷期には海位が約160m下がるとされ、
対馬海峡、関門海峡、津軽海峡、宗谷海峡、間宮海峡は全て陸続きで
陸橋状態になって大陸と繋がっていたと思われます。
約16000年前に氷期が終わって間氷期になり海位が160m上昇して
今の日本列島が形成されたわけです。

さて、
人類は700万年前、チンパンジーとわかれて進化、
アルディピテクス、アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)、パラントロプス・・・
ホモ属(ヒト属):ジャワ原人、北京原人、ネアンデルタール人など
栄枯盛衰を繰り返し進化、唯一現世人類(ホモ・サピエンス)だけが現存です。

ホモ・サピエンス(現生人類)は、
ヨーロッパでネアンデルタール人としばらく共存します。

ネアンデルタール人は、ヨーロッパを中心に13万年前から3万年前
まで生存していましたが、氷期のロシアには適応できずに存在の痕跡がありません。

天然の優れた毛皮を持つネアンデルタール人も、
適応できなかった氷期のロシアに、現生人類存在の痕跡はあります。

ネアンデルタール人に無くて現世人類にだけあったのは、
「衣服、住居、火」ですが、これらの利点により、
氷期のロシアでも生存可能であったと考えられます。

ホモ・サピエンス(現生人類)は、
最後の氷期(7万年前~16000年前のウルム氷期)に
アフリカからユーラシア大陸へ移動したと考えられます。

ネアンデルタール人とホモ・サピエンス・サピエンスが直接戦った
ならば、短期間、例えば数百年以内レベルで決着がつくと考えるのが普通です。

しかし、現実にはこの二つの種の人類は、ヨーロッパで1~2万年共存したあと、
ネアンデルタール人が徐々に衰退して滅びていきます。

約3万年前に絶滅したネアンデルタール人のゲノム(全遺伝情報)を
骨の化石から解読したところ、
現生人類とわずかに混血していたと推定されるとの研究結果を、
ドイツのマックス・プランク進化人類学研究所や
米バイオ企業などの国際チームが
2010年5月7日付の米科学誌サイエンスに発表しています。

ネアンデルタール人は、脳の容量も現生人類より大きく膂力も優れています。
しかし、ネアンデルタール人は言語がなく、火が使えなかったと考えられます。
そしてネアンデルタール人は肉食が主食であったと考えられています。

共存していた二種の人類は、
当初は膂力に優れるネアンデルタール人が優勢であったと思われますが、
言語や文化の発達で組織的な狩りや道具の進歩により、
徐々に現生人類が獲物を先に取り尽くすようになり、
主食を奪われたネアンデルタール人は、衰退せざるを得なかったのでしょう。

このように歴史的に考察してみると、ホモ・サピエンスス(現生人類)は、
雑食ではありますが、ネアンデルタール人と同様に
肉を日常的に摂取していた可能性が高いと思います。
現生人類はネアンデルタール人が滅んでしまうくらい、しっかり肉を摂取していたということですね。


江部康二
コメント
食いつきました(笑)
私も同感です。
縄文海進(6000年前に海面が5メートルも高かった)の話題もありますが、6500年くらい前には暖かさの頂点は終わってるようですね。
10万年くらいのスパンで考えると後8万年もすれば、大氷河期がくるかもしれないとも言われています。
人のスパンでは、短期的な熱波や寒波に悩まされながら、氷河期へと向かっているのでしょうね。
まるで人の身体のグルコーススパンのように、科学が糖質のようです。
2018/08/12(Sun) 20:44 | URL | クワトロ | 【編集
LCHPとオメガ3
江部先生,いつも貴重な情報ありがとうございます。
今回のエントリからも氷期が終了する1万6000年前までは,プラントベースによる食材の採集は困難だったことが窺えますね。

ところで,ヒトでのRCT(新たに2型糖尿病と診断された患者)で,①低糖質高たんぱく質食(LCHP)群,②オメガ3PUFA投与群,③その両方のコンボの群における比較において,③のLCHP+オメガ3PUFA投与群が最も血糖に関する数値を下げ,殊に空腹時血糖の改善が顕著だったとする研究報告が先日リリースされました。
https://academic.oup.com/ajcn/article-abstract/108/2/256/5067919

特筆すべき点として,上記①〜③全ての群で血糖値が改善しており,さらにそれが体重・体組成の変化がないまま生じた結果である点が注目されます。
つまり,患者らはインスリン抵抗性も改善しましたが,それが体重減によるものではなく,LCHPないしオメガ3PUFA投与『そのもの』に効果がある可能性が強く示唆されました。

最近,糖質制限やオメガ3を否定する声を時折耳にしますが,今回ヒトでのRCTの結果が出たことで,一応の決着が付いたのではないでしょうか(*´ω`*)
2018/08/12(Sun) 21:51 | URL | FOCS@山田 | 【編集
こんばんは☆
江部先生こんばんは☆ご無沙汰しております。先日は受診予約していたにも関わらず予期せぬ入院で予約キャンセルして申し訳ありませんでしたm(__)m
8月2日から8月13日まで感染性腸炎にて京都医療センターに中谷先生が主治医で入院していました。(新実先生の受診予約が15日に入っている為、今の状態を診て頂く為に合わせて退院になりました)
15日にHbA1cを含む採血と採尿をして頂く事になっていますが採尿して持参した方が宜しいでしょうか?
HbA1c以外の採血(フェリチン&グルコアルブミン&Small dens LDLの採血が出来れば、お願いしたいと思っています。
橋本先生の栄養指導をお願いしたいと思っています。(出来れば早めに行きますので先生の受診前に…と思っています。と言うのも、いつも時間が結構掛かるので申し訳無く思いまして…)と言うのも入院前の7月26日頃から食欲低下していまして今は、だいぶ食べれる様になって来ましたが、まだ安定して無いので栄養指導をお願い致します。
2018/08/12(Sun) 22:02 | URL | ドリーム | 【編集
我々にもネアンデルタール人の血が
NHKスペシャルでも言ってましたが、我々日本人にもネアンデルタール人のDNAが数%入っているらしいですね。
2018/08/12(Sun) 22:39 | URL | ギー | 【編集
Re: 食いつきました(笑)
クワトロ さん

今は間氷期ですから、氷期に向かっていることは間違いないですね。
まああと8万年ですか。
人類がどうなっているかも不明ですね。
2018/08/12(Sun) 22:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: LCHPとオメガ3
FOCS@山田 さん

とても興味深い情報をコメント頂きありがとうございます。
早速読んでみたいと思います。
2018/08/12(Sun) 22:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: こんばんは☆
ドリーム さん

栄養指導を早い時間帯に、可能だと思いますが
診療所に連絡しておきます。
2018/08/12(Sun) 22:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 我々にもネアンデルタール人の血が
ギー さん

そうですね。

全ての現生人類に、ネアンデルタール人のDNAが入っています。
それが、個人差で、0.5%~3%くらいとかバラツキがあるようです。
2018/08/12(Sun) 22:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
現生人類は何を食べていたのか?
先生たびたび質問してすいません。昔の人は肉食だった訳ですが、食べる時は火を通してたと思うのですが、現代のような調理器具もないし半生みたいな肉も食べていたと思うのですが、本来人間は生に近いほうが身体にいいのでしょうか?イヌイットの人たちはアザラシの生肉なんですよね?ローフードを推奨するひともいるのですが、寄生虫などの心配もありますし、どうなのでしょうか?
2018/08/13(Mon) 17:02 | URL | ギー | 【編集
Re: 現生人類は何を食べていたのか?
ギー さん

人類が日常的に火を使い始めたのは
諸説ありますが、約12万5千年前くらいからとされています。
ということは、700万年間の『狩猟・採集時代』のほとんどは
生肉ですね。

寄生虫とは長らく、共存共栄で、たまに病気が発症くらいでしたでしょう。
サナダムシなら比較的無害ですし、回虫やぎょう虫もしれてますね。

こわいのは、川魚の寄生虫とか、
キタキツネのエキノコックスとかですね。

まあ、終戦前後の日本人は、畑に肥えをまいて、農作物を作っていたので
ほとんどの人が寄生虫を持っていたと思われます。

それで、米国の進駐軍がびびって、窒素・リン酸・カリで『清浄野菜』を
日本農民に作らせて、野菜サラダを食べたとされています。
2018/08/13(Mon) 17:21 | URL | ドクター江部 | 【編集
こんばんは☆
江部先生、こんばんは☆早速ありがとうございました。
栄養指導の件お手間取らせて申し訳ありませんm(__)m
15日に内分泌科で尿検査がありますが尿は持参した方が宜しいでしょうか?
2018/08/13(Mon) 20:20 | URL | ドリーム | 【編集
Re: こんばんは☆
ドリーム さん

持参されたほうがいいと思います。

2018/08/13(Mon) 22:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
こんばんは☆
江部先生、こんばんは☆早速の返信ありがとうございました。
承知致しました。それでは持参させて頂きます。
それでは20日、宜しくお願い致しますm(__)m
2018/08/14(Tue) 20:50 | URL | ドリーム | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可