FC2ブログ
糖尿病の分類
おはようございます。

今回も、原点に戻って、糖尿病の分類のお話です。

さて、1型糖尿病2型糖尿病、皆さん言葉は聞いたことはあるでしょうが、その実態はというと、案外誤解されていることも多いので、今回は、整理整頓してみます。実は、私も恥ずかしながら、調べてみるまで知らなかったことが結構ありました。σ(=_=;)ヾ

糖尿病の分類ですが、最近は、従来のインスリン依存型糖尿病(IDDM)、インスリン非依存型糖尿病(NIDDM) という言い方はしなくなりました。糖尿病を病因による分類と、現在の状態を表す分類に整理した方が、すっきりするからです。

■病因による分類
1型糖尿病(従来のIDDMとほぼ一致)
1型糖尿病は、膵β細胞の破壊によりインスリン分泌が枯渇し、発症します。小児期に起こることが多いため小児糖尿病とも呼ばれます。近年、1型糖尿病の多くは、自己免疫機序(免疫の誤作動)により数ヶ月~数年にわたってβ細胞が破壊され、発症することが明らかになってきました(自己免疫性1型糖尿病)。

従って1型糖尿病は、生活習慣病でも先天性の病気でもありません。過去の何らかのウイルス感染が、免疫の誤作動のきっかけになっている場合が多いのですが、ウイルス感染は、とっくに治った後の出来事ですから、1型糖尿病が感染することはありません。

2型糖尿病ほど色濃い遺伝は関与しませんが、何らかのウィルスに感染しやすい、あるいは、感染後に免疫の誤作動を起こしやすい遺伝的体質はあるようです。欧米のデータでは、1型糖尿病と診断された小児の10~12%のみに、1型糖尿病の一親等の血縁者がいるとされており、一卵性双生児の1型糖尿病同時発生率は、50%以下です。

1型糖尿病の頻度は、日本人では、欧米の白人に比べて明らかに低く、 10~20分の一と言われています。例えば日本の小児の1型糖尿病は、ノルウェーの20分の1、米国の約15分の1です。

なお、自己免疫異常の明らかでない1型糖尿病も存在します(特発性1型糖尿病)。


2型糖尿病(従来のNIDDMとほぼ一致)
インスリン分泌低下とインスリン抵抗性の二つの要因により、結果としてインスリン作用不足となり、発症する糖尿病です。

インスリン抵抗性とは、肥満などの要因によりインスリンの効きが悪くなることです。例えば、今までは5μU/ml ていどの量のインスリンで筋肉細胞が血糖値を取り込めていたのが、抵抗性があると、10とか20μU/mlの量がないと取り込めなくなるのです。

欧米では、インスリン抵抗性が高い状態の方が原因として多いのですが、日本では、膵臓のインスリン分泌能低下も重要な原因となります。これは、インスリン分泌能力が、日本人やアジア人は、欧米白人より弱いことによります。

遺伝的因子と生活習慣が、からみあって発症する生活習慣病です。日本の糖尿病の95%以上は、2型糖尿病です。

欧米人に比べ、日本人は肥満者も少ないのに 2型糖尿病が多いのは、日本人が、民族的に2型糖尿病になりやすい体質(遺伝的素因)を 持っているためと考えられます。

遺伝的素因が日本人と同じ日系2世米国人で、 日本人よりも2~3倍、米国の白人と比べると数倍以上の差で糖尿病が多いといわれています。

親や肉親が糖尿病だと、糖尿病の家族歴がない人に比べて 糖尿病になりやすいことは間違いありません。しかし、遺伝するのは糖尿病そのものではなく、「糖尿病になりやすい体質」です。 この体質を持った人に、食べ過ぎ、運動不足、肥満、加齢、ストレス、など様々な環境因子が加わってはじめて2型糖尿病が発症すると考えられています。

私、江部康二のように両親が2型糖尿病だったら40~50%の確率で2型糖尿病を発症します。

*上記は医学界の共通認識ですが、食べ過ぎに関しては、私は特に精製された糖質の過剰摂取が問題と考えています。

江部康二も糖質制限食を実践する限りは、糖尿人ではなく正常人です。


■糖尿病の状態の表現
①インスリン依存状態
②インスリン非依存状態

普通は、1型糖尿病はインスリン依存状態で、2型糖尿病はインスリン非依存状態かなと、誰でも思いますよね。でも、事はそれほどシンプルではありません。

例えば1型糖尿病でも、数年かけてゆっくり膵臓のβ細胞が破壊されるタイプであれば、発症後数年は、インスリン非依存状態でコントロールできることもあるわけです。まあ、さすがに10年以上、非依存状態というのは困難とは思いますが・・・。

一方、2型糖尿病でも、糖毒状態で悪循環していれば、徐々に膵臓のβ細胞が壊れていくわけですから、10年・20年・30年レベルの年期の入った糖尿病だったら、自前のインスリン分泌がほとんどない患者さんもでてきます。こうなると2型糖尿病でも、インスリン依存状態となるわけです。

また、2型糖尿病の人が感染症、外科的処置などによりインスリン需要が増大する場合も、インスリン注射を必要としますので、一時的なインスリン依存状態といえます。


糖質制限食は、1型糖尿病、2型糖尿病ともに効果があります。
1型糖尿病ではインスリンの量を減らすことが可能になります。
2型糖尿病ではインスリン・経口薬の減量や離脱が可能です。

江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
インスリン抵抗性
つかぬことをお伺いしますが、肥満者でインスリンの分泌は正常ですが、インスリン抵抗性の為に糖尿病を発症しているケースでは、減量によって正常人に戻る可能性はあるのでしょうか。
ご教示頂ければ幸いに存じます。
2008/06/24(Tue) 14:39 | URL | 街のクマ | 【編集
街のクマさん。

その通りです。
肥満が改善してインスリン抵抗性がなくなれば、
元々インスリン分泌は保たれているので、
その人は糖質を食べても食後高血糖は生じず、
正常人復帰です。
2008/06/24(Tue) 16:26 | URL | 江部康二 | 【編集
御教え頂き誠に有難う御座いました。インスリン抵抗性は改善することがあっても、全快するとは知らなかったものですから。
2008/06/24(Tue) 20:01 | URL | 街のクマ | 【編集
Ⅰ型糖尿
42歳になって突然糖尿と言われました。血糖値以外はすべて正常値なのに早朝血糖値が250、HbA1c11,1という結果でした。原因がまだ分からない段階からお医者さんが糖質制限食のことを教えてくださったので、江部先生の本を読みスーパー糖質制限食を始めて1ヵ月半になります。朝の血糖値は現在はほぼ二桁で安定しており、食後二時間の血糖値も140を越えないところで安定しています。HbA1cは9,1までさがってきました。糖質制限を始めてから、3ヶ月で6キロも落ちてしまった体重も安定しています。投薬もインスリン注射もしていません。10日ほど前にまだインスリンの基礎分泌はあるものの、抗GAD抗体の値が上昇していてⅠ型糖尿ではないかと言われました。
私のような、成人してからⅠ型糖尿と診断されるケースの人はどれくらいいるのでしょう?また、このままスーパー糖質制限食を続けていったとして、インスリン注射までどれくらいの時間が残されているんでしょうか?とにかく血糖コントロールを良い状態に保つ努力を払っていけばいいのでしょうか?
なんでも知りたいので教えていただければうれしく思います。
2008/06/26(Thu) 00:18 | URL | Tomoko  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック