FC2ブログ
HbA1c・中性脂肪・脂肪肝改善、しかし体重が減らない。
【悩んでおります
江部先生こんにちは
初めてコメントさせて頂きます
主人と私の糖質制限の事で悩んんでおります

去年の春主人のHbA1cが6.4になり糖質制限を開始しました。
AST. 50→29
ALT 60→34
TG 415→104
γGTP256→39
LDL 133→62
HDL 54→84
HgA1c6.4→5.4

最初の3か月はガッツリスーパーに
その後主人のお弁当だけマンナン米入りご飯100gだけが入った状態で糖質制限を続けております
(調味料は糖質制限ドットコムで購入、朝はミックス粉で焼いたパンを食べています。)
主人のデータも改善していき現在は
HbA1c 5.4まで改善
糖質制限するまでの飲酒によるデータも改善しております。
去年の4月から10月まではウォーキングもしていましたが現在中止しています
運動は週に一回1時間スカッシュをしています。
データの方は改善が見られて安心しているのですが、当初から体重が減らず、一旦80kg→78kgまで減量できたものの、食生活に変化ないにもかかわらずじわじわと増加してきております。
お腹周りだけが全く減らず お腹周りだけがこの頃増加しています。
体重も現在81kg前後 腹囲も95cmまで増加しました本人は糖質制限真面目に頑張っているのにこの所の増加がに落胆しており私もなす術がなく困惑しています。
ウォーキングは又再開予定ですが、運動していた時もあまり体重は減らなかったので運動不足だけでここまでリバウンドするものでしょうか?
特にお腹周りだけが大きくなっているのも気になる所です

私は53歳ですが、主人に合わせて一緒に糖質制限を続けています。
私は体重は順調にキープできております。
データに問題もなかったですが、2月の健康診断で急にLDLコレステロールだけが164まで上がってしまいました(A1cは5.8→5.0) プロゲステロンとエストロゲンは閉経数値でした。これは閉経後の脂質異常と判断していいのでしょうか?
糖質制限は閉経後の脂質異常には逆効果でしょうか?
因みにタンパク質を摂取しようと毎食後チーズを食べております。
私のコレステロール値と主人の体重増加を考えると何処を改善すべきか悩んでおります。
お忙しいとは思いますがアドバイスいただけると有り難いです】



悩んでおります さん

AST. 50→29
ALT 60→34
TG 415→104
γGTP256→39
LDL 133→62
HDL 54→84
HgA1c6.4→5.4

ご主人の検査データは見事な改善ですね。
HbA1c、中性脂肪、脂肪肝が改善して、基準値に。
HDLコレステロールも大きく増加していて中性脂肪も基準値に改善なので
脂質プロフィールもとてもいいです。

これだけしっかりデータ改善しておられるので
糖質制限食は、きっちり出来ていると思います。
それなのに、体重が減らずに少し増加したのは、
やはり相対的に、摂取エネルギーが消費エネルギーを上まわったということです。

80kg → 78kg → 81kg

身長はどのくらいでしょう?

「お弁当だけマンナン米入りご飯100g」
これを、なしにして、もう一回、
スーパー糖質制限食に戻して、一ヶ月試してみましょう。

ご主人は大食タイプでしょうか?それとも普通の食事量タイプでしょうか?

ご主人が大食タイプではないとして、
それでも1ヶ月経過しても減量できないなら、
基礎代謝があるていど低いタイプとみなして、
摂取エネルギーを少し減らすしかないと思います。


「私は53歳ですが、主人に合わせて一緒に糖質制限を続けています。
私は体重は順調にキープできております。
データに問題もなかったですが、2月の健康診断で急にLDLコレステロールだけが164まで上がってしまいました(A1cは5.8→5.0) プロゲステロンとエストロゲンは閉経数値でした。これは閉経後の脂質異常と判断していいのでしょうか?」

このデータは、閉経後としては正常と思います。
エストロゲンやプロゲステロンの原材料がコレステロールなので、
閉経後は自然経過としてLDLコレステロールが余って、血中濃度は増加すると思います。
閉経後の糖質制限食、問題ないと思います。


江部康二
コメント
RLPコレステロール
江部先生こんにちは。ご質問があります。
LDLコレステロールが高めなため、RLPコレステロールを測定してみました。
中性脂肪
62
LDL-C
163
総コレステロール
259
HDL-C
71
RLP-Cが4.1
でした。
RLP-Cというのは、小粒子LDL-Cや
酸化LDL-Cの事を指すと考えていいのでしょうか?また、基準値が私の結果表では0.0から7.5となっていますが、参考になる値はありますでしょうか??
2018/03/21(Wed) 17:21 | URL | okuda | 【編集
江部先生
お忙しいところ早々にアドバイス頂いてありがとうございます。
主人の身長は186cmでお腹周り以外は太ってる感じもなく どちらかというと筋肉も付いていないので、基礎代謝は低い様にも思います。
大食漢ではないのですが、お酒が好きでようやく減らしてハイボール500mlと焼酎2合程度。ここもカロリーオーバーの原因かとは思いますが、ここまで絞ると楽しみもなくなると攻防中です。
とりあえず、お弁当から1ヶ月見直して見ます。
運動もスイッチ入れていきたいと思います。

私も安心して糖質制限続けていきたいと思います。
本当にありがとうございました。
2018/03/21(Wed) 18:48 | URL | roko | 【編集
Tarzan 最新号
2018/03/21(Wed) 19:51 | URL | 中嶋一雄 | 【編集
Re: RLPコレステロール
okuda さん

また別物です。

RLP(レムナント様リポたんぱく)コレステロールは
血液中のリポたんぱく(中性脂肪やコレステロールがたんぱく質と結びついた複合体)が分解され生じる残り屑です。

白血球の一種であるマクロファージが異物として取り込み、血管壁に沈着して、動脈硬化を促進させます。中性脂肪が高くて、HLDコレステロール値の低い人に多いです。
2018/03/22(Thu) 19:22 | URL | ドクター江部 | 【編集
rokoさん 横からすみません。
うちと状況が似ていたのでコメントさせてください。
うちの主人は50代後半、170㎝、80㎏前後でしたが糖尿予備軍の為一緒の時はスーパー糖質制限に付き合わせ外食時(社食など)だけ好きに食べさせていました。最初順調に痩せ始め70㎏近くまで落ちたところで特に生活も食べ物も変わっていないのに徐々に体重が戻り出して一時は90㎏近くまで増えてしまいました。基本緩い糖質制限はしてるのに。
主人は運動は全くせず代謝も悪そうでした。そこで通ってるクリニックの管理栄養士に相談したところ、血液検査の結果、他はみんないい値なのですが代謝が悪そうだしビタミンB群などが足りてないと思うのでビタミンを増やしてみてください。と言われ昼の社食のご飯を少な目にしてもらいビタミンB等のサプリを多目に摂り出して1、2ヶ月たった頃、急にまた体重が減り出したんです。これまた生活も変わってないのに。
他の方のパターンでも魚が嫌いで全然食べない人が体のお肉も固くエステに通ってもなかなか痩せないためDHAのサプリでいいから飲んでみてください。と言われ飲み出したら体重が落ち始めお肉も柔らかくなってきた方もいたとか。
カロリーや運動ももちろん大事ですが代謝の悪い方なら尚更栄養のバランスを見直すのもいいかも知れません。もし指導してくれる管理栄養士が近くにいたら相談してみてください。
横から口出しして大変失礼しました。
2018/03/22(Thu) 19:24 | URL | まるこ | 【編集
糖質制限食が下戸に変化を起こさせたのか?
以前、2度ほどご回答いただいきお世話になりましたmitsuと申します。
糖質制限開始後3ヶ月で劇的に改善したものです。

昨年4月・血液検査
空腹時血糖 280 HbA1c 10.3

→入院・インスリン治療要請を拒否し、直ちに糖質制限開始、

3ヶ月後(昨年7月)
空腹時血糖 81 HbA1c 5.2

おかげさまで、1年近く経過した現在もHbA1c・5%台をキープしています!

タイトルの件ですが、私は下戸です。飲酒ではビールコップ半分で顔が真っ赤になりドキドキするし、パッチテストでもDD型が確定しているので、完全な下戸と断言できます。父親も同様です。
また、以前は、無理をして飲酒した後日は、決まって風邪をひいたり、インフルエンザを発症したりしました。これはおそらく、毒性を分解できないことで、長時間体内の状態が悪くなり病気に対する抵抗が極端に弱くなるためかと素人ながら体験者として推測できます。

ところが、数ヶ月前のこと、飲む機会があり、糖質0でAlc5%のビールを1時間ほどの間に500ml「飲めて」しまいました。当然、顔は赤くなったが従来のような強い心拍数の上昇が無く、こんなことは初めてでした。また、後日、皆無であった焼酎に挑戦してみたが、お茶割りで5杯ほど(焼酎150ml)飲めました。
下戸としては全く考えられない量です。もちろんフラフラになり、初めて「酔っ払え」ました。下戸はそもそも酔っ払うまで飲めないので、気持ちよく酔うことは無理なのです。
それ以降、焼酎を何度も飲んでいるのですが、日によってバラつきがあり、少量で以前のように赤面と動悸が酷くなってストップの時もあるし、そうでもなくかなりの量が飲めてしまうときもあります。それと、最近は前述のような飲酒後の病気の発症は一切ありません。そもそも糖質制限開始後は風邪すらひいていません。

こんなことで、50年ほどの半生でアルコールは完全に諦めていた現実が少々覆りつつあるのですが、この件の原因としては糖質制限食による変化(影響)としか考えられないのですが、これを読んで、先生がお気づきの点があれば、ご教示いただければと思います。

DD型・分解酵素不活性が変化することは無いことは承知していますが、これは何でしょう?
エネルギー摂取サイクルがグルコースから糖新生によるケトンサイクルへ変化していることが、肝臓の働きやアルコール吸収等に何らかの影響を与えている可能性などがあるのでしょうか?

長文になりました。また、糖質制限食本文とは、ずれた質問なので、スルーなさっていただいて結構です。
「糖質制限に関連する事象としての報告」も兼ねて書きましたので。
これからも引き続き糖質制限食による血糖コントロールを継続していきます。

追記:血液検査、5年前(糖尿病なし)・昨年4月(糖尿病自覚直後の検査)共に、AST・ALTが高め、基準値上限ギリギリ又は超えている(40~60)くらいだったのが、糖質制限開始3ヶ月後の昨年7月の検査では19と14と大きく変化していました。γGTはずっと基準値内です。
2018/03/23(Fri) 02:55 | URL | mitsu | 【編集
Re: 糖質制限食が下戸に変化を起こさせたのか?
mitsu さん

とても興味深い体験談、ありがとうございます。
糖質制限食で、何故下戸が、ある程度飲酒可能となったのか
仮説を考えて、記事にしたいと思います。
2018/03/23(Fri) 17:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生ありがとうございます。
小粒子LDLや酸化したLDLは測定できるのでしょうか?また、レムナント様コレステロールと上記2つを比較するとどちらが動脈硬化の危険性が高いのでしょうか??
2018/03/23(Fri) 23:18 | URL | okuda | 【編集
Re: タイトルなし
okuda さん

小粒子LDLや酸化LDLを直接測定する簡単な方法がないのですが、
HDLコレステロールが低値で、中性脂肪が高値なら増加します。

脂質代謝に関しては、小粒子LDLコレステロール、酸化LDLコレステロール、RLPコレステロール、中性脂肪、HDLコレステロールなど
いろいろな要素が関わっていると思います。

個人的には、小粒子LDLコレステロール、酸化LDLコレステロールの増加が良くないと思います。

2018/03/24(Sat) 08:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生ありがとうございます。やはり測定できないんですね。中性脂肪62、HDL-C71
は、中性脂肪低めでHDL高めなほうとみていいのでしょうか。。
2018/03/24(Sat) 11:11 | URL | okuda | 【編集
Re: タイトルなし
okuda さん

そのように、思います。
2018/03/24(Sat) 17:55 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可