糖質制限食の有効性と安全性は米国糖尿病学会により保証されている。
こんにちは。

相変わらす、一部の医師などが、
インターネットで糖質制限食批判をしているようですが、
糖質制限食の安全性と有効性は、
米国糖尿病学会(ADA)によって、既に保証されています。

米国糖尿病学会の糖質制限食に対する見解の経年的変化を見れば、
わかりやすいです。

1)2007年までは、糖質制限食を否定です。
2)2008年に、肥満を伴う糖尿病患者に1年間の期限つきで有効性を認めました。
3)2011年に、肥満を伴う糖尿病患者に2年間の期限つきで有効性を認めました。
4)2013年10月、成人糖尿病患者の食事療法に関する声明を
  2008年以来5年ぶりに改訂し、
  適切な三大栄養素比率は確立されていないことを明言しました。
  そして「糖質130g/日が平均的な最小必要量」という文言を削除し、
  肥満の有無は関係なく、期限なしで、正式に糖質制限食を容認しました。
  そして患者ごとに個別に様々な食事パターン〔地中海食,ベジタリアン食,糖質制限  食,低脂質食,
  DASH(Dietary Approaches to Stop Hypertension)食〕が受容可能としました。


つまり、米国糖尿病学会は2008年以降、
数々のエビデンスに基づいて糖質制限を容認の方向に踏み出しました。

その後、5年間のエビデンスの蓄積(糖質制限食肯定も否定も含めて)を経て
2013年に糖質制限食を正式容認です。

米国糖尿病学会の見解は、個人の医師の見解とは異なり、
多くのエビデンスに基づくものですから、信頼度は高く意義は大変大きいです。

2型糖尿病に対する食事療法として、
米国では今や糖質制限食は重要な位置を占めるようなってきています。

例えば、米国のデューク大学(米ノースカロライナ州ダーラム)は、
糖質制限食に関する臨床研究を積極的に行っています。

デューク大学のWilliam S. Yancy Jr.准教授は
2013年10月のADA声明改訂委員の1人でもあります。

一般内科のEric C. Westman准教授は同大学生活習慣医学クリニック所長です。
Westman准教授は、炭水化物20g/日未満をクリニックで実践しています。

このようにデューク大学では、
高雄病院のスーパー糖質制限食よりさらに厳格なケトジェニックダイエットを
糖尿病治療食の標準として実践しています。


2013年10月に、
米国糖尿病学会(ADA)が糖質制限食を正式に容認したという事実は
日本の糖質制限食推進派医師にとっても、大きな追い風となりました。
例えば、東大病院で2015年4月から
摂取比率40%の『緩やかな糖質制限食』が導入されたのも
米国糖尿病学会の見解の影響と思われます。

私もおおいに勇気づけられました。


江部康二
コメント
糖質制限理論・証明者として、、、。
都内河北 鈴木です。

本日ブログ記事読み、
江部先生「糖質制限理論」の証明者として申し上げます。

私の糖尿病重症化する21年が糖尿病世界情報を7年も隠蔽されていましたが、
垣間見たテレビ放映で知り、インスリン投与などもあり実践翌日より
体験無い「血糖値減少」効果有りました。

以降は3か月足らずでインスリン自主離脱し、「ヘモグロビン正常化!!」

2年足らずで「糖尿病薬自主離脱!!」

以降は後遺症「眼、脳梗塞」の薬のみ服用。
2年目、眼科院長より
「眼底検査に改善有り」と体験無い改善だと説明有り。

4年目、脳神経外科院長も驚く
「頸動脈プラ~ク減少改善!!」

現在も「糖質制限理論・食生活」を「脚気」高木兼寛医師より理論を踏まえ、
時代進化解明した「人類本来の食生活理論」継続しています。

この私が更なる改善目指し2016年より公共機関区役所主催「糖尿病教室」へ参加してきましたが、
今年1月「血糖改善教室」の講師は私が通院7年しだして
「世界医療情報・隠蔽」していた
「日本糖尿病学会・信者」担当医で、参加申し込みは「参加拒否」でした。

しかし「糖尿病教室」開催ならば質問は可能だろうと行きますと、
「開催してません。」

その後、区役所保健センタ~へ訊ねると
「私個人の参加拒否を当時の病院経営者から来ていますから」でした。

要は「糖質制限理論」で改善した者には「返答不可能」だと認めた事です!!

私が改善した2013年1月より、現在2018年3月時点でも、
日本医療界は「時代進化解明」した
江部先生「糖質制限理論」を受容していない現実がある事に、
「糖質制限理論」実践し「生還、覚醒」して行く元患者の質問に返答できずに、
「可能性無いカロリ~制限理論」に固執して、
公共機関で講義をする事自体、
「糖質制限理論・生還、覚醒・証明者」として
「違和感を感じます!!」

江部先生には、「糖質制限理論」実践して、「生還、覚醒」して行く事に感謝尽きません!!

ありがとうございます。
敬具
2018/03/09(Fri) 18:59 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
こんにちは。
著書やブログ記事を参考に、糖質制限を実施しています。
しかし、気になる記事を見つけました。
https://ameblo.jp/hisayacchi/entry-12319426446.html
https://ameblo.jp/hisayacchi/entry-12223638394.html

これを見て、糖質制限を続けていくか、どのような食事を取っていけばいいのか迷ってしまっています。
2018/03/09(Fri) 21:34 | URL | 太郎 | 【編集
ADAの脂質摂取に対する見解より引用
Unhealthy Fats

Saturated Fat

Why should you eat less saturated fat? Because saturated fat raises blood cholesterol levels. High blood cholesterol is a risk factor for heart disease. People with diabetes are at high risk for heart disease and limiting your saturated fat can help lower your risk of having a heart attack or stroke.

Foods containing saturated fat include:

Lard
Fatback and salt pork
High-fat meats like regular ground beef, bologna, hot dogs, sausage, bacon and spareribs
High-fat dairy products such as full-fat cheese, cream, ice cream, whole milk, 2% milk and sour cream.
Butter
Cream sauces
Gravy made with meat drippings
Chocolate
Palm oil and palm kernel oil
Coconut and coconut oil
Poultry (chicken and turkey) skin
The goal for people with and without diabetes is to eat less than 10% of calories from saturated fat. For most people, eating this is about 20 grams of saturated fat per day. That is not much when you consider just one ounce of cheese can have 8 grams of saturated fat.

Many adults, especially women or sedentary men, may need less. To find out a specific goal for you, talk with your dietitian or health care provider.

Saturated fat grams are listed on the Nutrition Facts food label under total fat. As a general rule, compare foods with less saturated fat. Foods with 1 gram or less saturated fat per serving are considered low in saturated fat.

http://www.diabetes.org/food-and-fitness/food/what-can-i-eat/making-healthy-food-choices/fats-and-diabetes.html

米国糖尿病学会は飽和脂肪酸摂取を極力少なくすべきだという見解ですが、これでどうやってスーパー糖質制限食を実践するのでしょうか?
2018/03/09(Fri) 21:42 | URL | westman | 【編集
ご意見いただければ幸いです
すみません、ツイッターでも質問させていただいたのですが、御覧になっているのか不安だったので、こちらでも質問させていただきます。
健康女性です。大食漢、それによる便秘症なので最近、健康のために夕飯を軽く済ませています。そうすると、夜リアルな悪夢をみて、朝動悸・疲れがあります。 なんだろう?と思い調べていると夜間低血糖→交換神経症状になっているみたいです。

◆質問
①このままの生活を続けていると、夜間低血糖は改善し、ケトン体体質になりますか?
②それには、どれくらいの期間がかかるでしょうか?
③夜間低血糖を防ぐために、今できることはありますか?

その他、ご意見があれば是非教えてください。
悩んでまして、何度も申し訳ありません。
2018/03/10(Sat) 00:23 | URL | TOKYOROSE | 【編集
Re: タイトルなし

太郎 さん

これも、一医師の見解ですね。
いろんな医師がいろんな意見を述べたり記載するのはよいと思います。
それを信じるか否かは、それを読んだ人が、自分の頭で考えて自分で判断することです。

本日のブログ記事は、一医師の見解ではなく、米国糖尿病学会の見解ですので
信頼度が全く異なります。

糖質制限食の有効性と安全性は米国糖尿病学会により保証されている。
2018年03月09日 (金)


2018/03/10(Sat) 08:02 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ADAの脂質摂取に対する見解より引用
westman さん

ご指摘通り、
米国糖尿病学会は飽和脂肪酸摂取を極力少なくすべきだという見解のようですね。

米国糖尿病学会内部でも、糖質制限食賛成派と反対派がいるのでしょう。
2007年までは糖質制限食を否定です。
それで、経年的にエビデンスが蓄積されて、2013年にやっと正式容認です。

このような経過から、まだ脂質に関しては
糖質制限食反対派の意見が反映されているのだと思います。

日本でも動脈硬化学会と脂質栄養学会がコレステロールについてバトルしています。
私は脂質栄養学会の立場に賛成で、コレステロールも高値でOKで、
飽和脂肪など動物性脂肪も摂取OKです。

糖質制限食なら飽和脂肪を多く摂取しても、中性脂肪が低め正常で、HDLコレステロールが
高めになるので、小粒子LDLコレステロールや酸化LDLコレステロールは少ないので
安全です。
2018/03/10(Sat) 08:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ご意見いただければ幸いです
TOKYOROSE さん

夜間低血糖なのかどうかは、よくわかりません。

ともあれ、緩やかな糖質制限食で良いと思います。
摂取カロリーは
厚生労働省のいう「推定エネルギー必要量」を摂取して、
経過をみては如何でしょう。
2018/03/10(Sat) 08:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
https://ameblo.jp/hisayacchiさんのブログ拝見しましたが、やたら白米一押しの記事が多い印象でした。
2018/03/10(Sat) 08:25 | URL | tama | 【編集
Re: タイトルなし
tama さん

情報を
ありがとうございます。
2018/03/10(Sat) 08:38 | URL | ドクター江部 | 【編集
太郎さん提供のリンク先
なるほど。

私は現在一日20g前後の糖質制限生活を送っておりますので(内訳はほとんど野菜と調味料の糖質)、当然に穀類は一切摂っておりません。

かつてはケーキワンホール食いとか白米4合とか普通に一回の食事で摂取するような、自らを破壊するような食生活でした。

全く摂らなくなった今でも、決して甘味や白米を「憎んで」いるわけではありません。

ただ単純に、今の自分には要らない、欲しないというだけです。理論的・生理的にそうだと言うだけです。

そうか、氏に言わしめれば私は「日本人の資格がない」のか(笑)

糖質制限と日本人の資格とは、なんと斬新な視点でしょうか。今後のテーマの一つにしましょう(笑)

ただ、やはり全面的盲信も脊髄反射的反発も似たようなモノだと思いますので、その時その時の自分の体や人生観、環境に照らして、江部先生が仰っているように自分自身の判断で決断、行動すべきではないかと思います。

そういう意味ではこのような見解に対して真摯に向き合うことも大事なことかと思います。




2018/03/10(Sat) 09:20 | URL | ねけ | 【編集
脂質について
おはようございます。
始めまして。

緩やかな糖質制限をしてる者ですが
炭水化物以外の魚肉卵など
以前より多く摂取してるのですが
コレステロールや脂質など
他の臓器や血液に影響はしないのでしょうか?

1日どのくらいの摂取量を目安に
進めていけば
健康でいれるのでしょうか?
よろしくお願い致します。
2018/03/10(Sat) 09:31 | URL | ピコ | 【編集
Re: 太郎さん提供のリンク先
ねけ さん

コメントありがとうございます。


2018/03/10(Sat) 09:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 脂質について
ピコ さん

コレステロールに関しては、2015年に
日本でも米国でも、摂取制限を撤廃しました。

他の脂質に関しては、日本動脈硬化学会と日本脂質栄養学会の見解が異なります。
私は日本脂質栄養学会を支持する立場で、動物性脂肪も摂取OKと考えています。

高雄病院のスーパー糖質制限食給食の平均をとると
「脂質56%、蛋白質32%、糖質12%」です。

2018/03/10(Sat) 09:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
参考情報です。糖尿病を手術で治す臨床試験が示す可能性 日経サイエンス
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO27741270W8A300C1000000

代表的な生活習慣病である糖尿病(2型糖尿病)は、血液中のブドウ糖を調節するホルモンであるインスリンを人体がうまく利用できなくなって生じる。悪化すると致命的な合併症につながるが、治療法は食事療法と運動療法、血糖降下薬の服用などで、基本的には生活習慣を改めてコントロールする。

ところが近年、意外な治療法の可能性が開けてきた。外科手術によって腸をバイパスするという大胆な方法だ。海外での臨床試験によって、食事療法や投薬を上回る効果が示されている。腸の手術がどうしてブドウ糖代謝に影響するのか、まだ正確にはわかっていない。ただ糖尿病の発病に腸が関係しているのは確実とみられ、手術をせずに同様の効果を狙う治療法も開発されている。

消化管の一部をバイパスする手術は重度の肥満の人に行われてきたもので、栄養を吸収する小腸の部分を迂回することによって体重を減らす。このいわゆる「減量手術」は20世紀半ば以降に重度肥満の治療法として一般化した。本来は糖尿病の治療を意図したものではないが、手術を受けた重度肥満の人は糖尿病を発症していた例が多く、そうした患者の大半が手術後に血糖値が正常になった。


食物が消化液と混ざる腸の上部を短くする手術(図は「ルーワイ胃バイパス術」の例)によって、吸収されるカロリーが減るだけでなく、栄養素の通過によって腸の細胞が受ける刺激が制限される。手術が血糖の制御をどのようにして改善するのか、そのメカニズムの特定が始まっている。
術後の体重減少のおかげで糖尿病が改善したかに見えるが、実はそうではない。手術から数週間以内、脂肪や体重が落ち始めるずっと前に血糖値が正常に戻った。このためバイパス手術を糖尿病の治療法として試す動物実験と厳密な臨床試験が行われるようになり、効果が確認された。この分野の研究を先導してきた英ロンドン大学のフランチェスコ・ルビーノ教授によると、これまでに世界で45を超える医学系学会が消化管手術を標準的な糖尿病治療の1つとして推奨している。

手術は具体的にどんなメカニズムで糖尿病を改善するのだろう?消化管ホルモンや胆汁酸、腸内細菌が変化する可能性、あるいは糖尿病の原因となる何らかのメカニズムが腸で働いていて、それが手術によって除去された可能性が考えられ、詳しい研究が進んでいる。

外科手術は強力な方法だが、大勢の糖尿病患者を治療する方法には決してならない。患者にメスを入れるのだから、必然的にある程度のリスクを伴う。このため、小さなプラスチック製スリーブ(筒)を挿入して十二指腸を食物から遮蔽することで、手術をせずに同様の効果を得る方法が開発され、欧州などでは臨床での使用が認められている。

(詳細は2月24日発売の日経サイエンス2018年4月号に掲載)


日経サイエンス2018年4月号
著者 :
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,440円 (税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon.co.jp




2018/03/10(Sat) 10:01 | URL | yanosono | 【編集
素朴な疑問
こんにちは。
素朴に思うのですが
大食いの方々の体はどうなってるのでしょうか?

あれほどの炭水化物を食べても
糖尿病や高血圧や他の病気にならない人はいるのでしょうか?
2018/03/10(Sat) 10:22 | URL | 少食 | 【編集
日本人1日の平均的お米の摂取量
こちらのサイト
https://ameblo.jp/hisayacchi/entry-12319426446.html

【尚、ご飯茶碗1杯に軽く盛ると、150g程度です。
よって日本の「119g」というのは、少な過ぎる結果だと思います。
パン食の人が増えた結果、平均するとこのような結果になったのかもしれません。
このサイトには集計方法までは書かれていないので、あくまで各国の比較の参考としましょう。】

引用しているサイト
https://info-graphic.me/food/1131
の図表の解釈に誤りがあります。

おにぎり1個のお米の重量約45g
おにぎりはご飯を炊いてから握ります。

コンビニのおにぎり1個の重量は100~110gです。
糖質は39g/100gとなります。
(日本食品標準成分表2015年版(七訂))

〇日本人1日の平均的お米の摂取量「119g」
炊いたご飯に換算すると
119g×2.1倍の「約250g」です。

糖質量89.5gです。(白米で炊いたご飯35.8g/100g)
(日本食品標準成分表2015年版(七訂))
2018/03/10(Sat) 12:19 | URL | オスティナート | 【編集
自己責任
江部先生、こんにちは

太郎氏のリンク先拝見しました。
極端な糖質制限は良くないとありましたが、健康な人にとって極端な糖質制限食かも知れませんが、我々糖尿人にとってはそれは普通の食事です。逆に普通の食事は我々糖尿人にとっては極端に食事になります。
健康人と病人では食事内容が違っていて当然だと思います。
又、長期間の糖質制限食は危険だと書かれていますが、何年か書かれていません。
100年、200年続けたら危険という事でしょうか?
私は11年ですが、異常があった数値は全て正常になり、体調は良好でカゼもひきません。

我々糖尿人は、合併症という大問題があります
すぐ目の前にあるこの大きなリスクは絶対に
避けなければなりません。

私も11年前に糖尿病発覚当時は即入院といわれるほど酷かったです。
すぐに先生の本とブログを知り、糖質制限食を
始めて注射や薬なしで半年で正常になり
当時の糖尿病専門医は大変驚いていました。
糖質制限食を知らなければ今頃合併症で苦しんでいる事でしょう。

私だけでなく先生のブログには多くの方が正常になったと、感謝のコメントが多数寄せられてます。これがすべてを語っていると思います。

糖質制限食をしていて、ガンになる人もならない人もいるでしょう。普通の食事をしていて、ガンになる人もならない人もいるでしょう。
今2人に1人はガンになり、3人に1人はガンで亡くなる時代です。

人はケガの場合もありますが、いつかは何かの病気で亡くなります。
我々糖尿人は最初に書きましたが、合併症をまず避けなけばならないと思います。
その為には糖質制限食は絶対必要です。
ガンになるかならないかは、その後の問題で誰にも分からないと思います。

健康な人が糖質制限食に不安があるなら、ひかえられた方が良いでしょう。
不安を持ちながら始めるのは、それこそ体に良くないことです。
あくまでも自己責任であり、自己責任で出来ない方は、控えた方が良いかと思います。
私も当然、自己責任で始めました。
長文になり、失礼致しました。

2018/03/10(Sat) 14:05 | URL | モン吉 | 【編集
不思議です
私も糖質制限に対して何故、一部の人々がこれほどまでに強烈に反発するのか疑問で仕方ありません。親友と思っていた人に糖質制限を始めたことを伝えたら鼻で笑う態度をとられたので、結局喧嘩になって絶縁になりました(怪しい新興宗教にはまったかのような扱いを受けました)。

日本人じゃないって。。。戦時中でしょうか(笑)。良い食事方法を見つけて健康になっている人々を攻撃したりバカにするという理由が不明です。

鈴木さん、健康になられて本当によかったですね。私や夫も糖質制限のお陰で将来への健康不安がなくなりました。
2018/03/10(Sat) 14:13 | URL | neko | 【編集
授乳中のダイエット
江部先生、初めまして。
お酒は飲みたいからほかの食事の部分で糖質制限をやっている、という父から、江部先生のことを教えてもらいました。
私は昨夏に出産を経た30代前半です。授乳すると自然と痩せるという神話にのっかりすぎて、好きなものを好きなだけ食べていたおかげで、見事に産後ダイエットに失敗して今まできてしまいました。
そこで糖質制限ダイエットを行いたいと思うのですが、授乳中である点だけが心配です。糖質制限をおこなっても、子供への影響は無いのでしょうか?断食しているわけでは無いので、野菜やタンパク質は食事から摂取できているという認識です。
アドバイス頂けると幸いです。
2018/03/10(Sat) 17:17 | URL | ぴあの | 【編集
Re:不思議です nekoさんへ
都内河北 鈴木です。

nekoさんの思いは、「糖質制限理論」実践して改善体感した者なら、
誰しも思う事だと思います。

江部先生の恩恵に叶ったなら、
感謝の意味で1報をコメントしたいですね。

私は「生還、覚醒」して行く事が、
現在においても受容をしない「日本国医療」、
特に「日本糖尿病学会」への戒めにになると思います。

江部先生には、感謝尽きません!!
ありがとうございます。
敬具
2018/03/12(Mon) 01:22 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 参考情報です。糖尿病を手術で治す臨床試験が示す可能性 日経サイエンス
yanosono さん

大変興味深い情報をありがとうございます。
日経サイエンスを購入してみます。
2018/03/12(Mon) 07:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 素朴な疑問
少食 さん


大食い選手権の人達は、大量に排泄している可能性があります。
嘔吐か排便です。
2018/03/12(Mon) 07:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 日本人1日の平均的お米の摂取量
オスティナート さん

ありがとうございます。

〇日本人1日の平均的お米の摂取量「119g」
炊いたご飯に換算すると
119g×2.1倍の「約250g」です。

糖質量89.5gです。(白米で炊いたご飯35.8g/100g)
(日本食品標準成分表2015年版(七訂))


ご飯の糖質に加えて、うどん、ラーメン、パスタ、蕎麦、お菓子、ポテチ、菓子パン、食パン、衣、砂糖・・・
となると、結構な糖質量となります。
2018/03/12(Mon) 07:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 自己責任
モン吉 さん

ありがとうございます。
2018/03/12(Mon) 08:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 不思議です
neko さん

ありがとうございます。

「私も糖質制限に対して何故、一部の人々がこれほどまでに強烈に反発するのか疑問で仕方ありません」

同感です。
2018/03/12(Mon) 08:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 授乳中のダイエット
ぴあの さん

人類は、700万年間の狩猟・採集時代は
穀物なしの糖質制限食で、妊娠・出産・子育て、日常生活を過ごしていました。

穀物摂取の歴史は、世界史ではわずか1万年であり、日本史では2500年に過ぎません。
700万年間食べたことのない、穀物を総摂取カロリーの50~60%摂るという食生活は
人体にとってかなり異常なバランスと言えます。

糖質制限食は、700万年間の人類本来の食事であり、人類の健康食です。
糖質制限食で、妊娠・出産・子育て、日常生活を過ごして、何の問題もありません。
2018/03/12(Mon) 08:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: Re:不思議です nekoさんへ
都内河北 鈴木 さん

ありがとうございます。
2018/03/12(Mon) 08:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 不思議です
neko さん
私見ですが、やはり常識(と彼らが信じているもの)が邪魔をしていると思います。
糖質セイゲニストからすれば、その常識にはなんのエビデンスもない、ただの思いこみ、悪く言えば妄想なのですが。
しかし彼らから見れば私達が妄想を抱いているように見えるのでしょう(まるでエセ宗教を熱心に信仰する人のように)。
ただ、糖質セイゲニスト以外には、彼らが持つ常識を乗り越えるのは、すごくハードルが高いと思います。

1.人類の進化の過程で摂取してきた食事が、糖質制限だったこと
2.現代人が今までにないくらい運動不足であること

1は江部先生が常々おっしゃっているとおりです。農耕が始まってたかだか1万年、それに適応した進化をホモ・サピエンスがしているわけがありません(そもそも糖質を健康への被害なく使うように進化するための淘汰圧がなかったと思いますし)。
2は見落としがちですが私はとても重要と思います。
普通の人は「過去の人類も今と同じくらい糖質を摂取していて」「現代人と同じくらいしか運動していなかった」というのが常識(根拠のない思い込み)なのでしょう。
この2種類の常識を同時に乗り越える必要があるので、一般へはなかなか浸透しないのだと思っています。
2018/03/12(Mon) 23:29 | URL | scalar | 【編集
Re: Re: 不思議です
scalar さん

コメントをありがとうございます。

1.人類の進化の過程で摂取してきた食事が、糖質制限だったこと
2.現代人が今までにないくらい運動不足であること



全く同感です。
なかなか、常識の壁は厚いようです。
2018/03/13(Tue) 16:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可