FC2ブログ
『人気店のパティシエに学ぶ、低糖質スイーツ教室』 開催。
こんにちは。

2018年3月31日(土)、東京にて、日本糖質制限医療推進協会主催の
『人気店のパティシエに学ぶ、低糖質スイーツ教室』 を開催します。

メイン講師は、「パティスリー ロア・レギューム」 (埼玉県朝霞市)の
小寺幹成オーナーパティシエです。

小寺パティシエは、2016年11月に文化出版局から、
著書「おいしく作れる低糖質スイーツ」
http://books.bunka.ac.jp/np/isbn/9784579212866/
を出版され、ご自身がこれまでに開発された低糖質スイーツのレシピを
惜しみなく披露しておられます。 私は帯の推薦文を書きました(*^^)v

今回のテーマは、「しっとりパウンドケーキ & なめらかプリン」だそうです。

定員は24名様、先着順です。 皆さん奮ってご参加くださいね^^v

江部康二


以下、事務局からのお知らせです。

*********

ブログ読者の皆様、いつも弊会の講演会やスイーツ・料理教室へ 多数ご参加いただきまして、ありがとうございます。

本日は、3/31(土)低糖質スイーツ教室(東京)の開催をご案内申し上げます。

第5回目となる今回のテーマは「しっとりパウンドケーキ & なめらかプリン」です。

焼き菓子の中でも基本となるパウンドケーキを実習いただきます。

糖質の低い粉と油脂、卵を絶妙な配合で組み合わせて、しっとりとした食感の生地に仕上げます。

プレーンのバニラパウンドケーキから、様々な味のバリエーションが楽しめるアレンジ法もレクチャーいただきます。

そしてもう一品、プリンを小寺パティシエによるデモ・解説の上、ご試食いただきます。

低糖質スィーツの中で比較的作りやすいプリンではありますが、滑らかな舌触りの食感とまろやかな甘味、そして濃く・・・完成度の高いプリン作りをご紹介します。

関東圏の方をはじめ、皆様のご参加をお待ちしております。

◇スイーツ教室情報URL: http://www.toushitsuseigen.or.jp/activity

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○

    (一社)日本糖質制限医療推進協会主催

『人気店のパティシエに学ぶ、低糖質スイーツ教室(東京)』

  第5回 「「しっとりパウンドケーキ & なめらかプリン」

◆日時: 2018年3月31日(土) 13:00~16:00頃 ※開場・受付は12:45~

◆会場: 生活産業プラザ 5F 実習室(調理室)

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-20-15
JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線)、西武線、東上線、都バス、民営バス、各線池袋東口下車徒歩7分
http://www.city.toshima.lg.jp/121/machizukuri/sangyo/003513/027291.html

♪講師:

・小寺幹成 「パティスリー ロア・レギューム」オーナーパティシエ

・佐々木栄子 管理栄養士/健康運動実践指導者

◆参加費: 賛助会員料金 3,400円/一般料金 4,000円

◆定員・対象: 24名様 ・一般(18歳以上)

◆当日の流れ: レシピ説明 → 実習 → 試食(復習・歓談) → 片付け後、解散

◆ご持参いただくもの: エプロン、三角巾、ふきん(タオル)2枚(台ふき用・食器ふき用)、筆記用具

■お支払い方法: クレジットカード/銀行振込/郵便振替 ※事前決済のみとなります。

■お申し込みの流れ:

1. 下記「お申し込み方法」の該当するものからお申し込みください。
2. 事務局よりお支払い方法についてメールでご連絡します。
3. 入金確認後、予約確定のメールをお送りします。
4. 当日、直接会場までお越しいただき、受付にてお名前をお伝えください。

■お申し込み方法:

※当教室は、一般の方にご自宅で作っていただくことを趣旨とした教室です。
製菓や料理のお仕事をしておられる方、食品会社で企画・開発をしておられる方など、
業界の方の場合は、その旨をお書き添えの上、お申し込みください。

★賛助会員の方: 事務局までメールにてお申し込みください。
  
★賛助会員入会をご希望の方:
1. 入会案内および会員規約をお読みください。
  http://www.toushitsuseigen.or.jp/sign-up

2. お申し込みは下のフォームからお願いします。
 「入会ならびに講演会出席のお問い合わせ」を選択いただき、  
 「通信」欄に「3/31東京スイーツ教室、参加希望」とご記入ください。
  http://www.toushitsuseigen.or.jp/contact
  
★一般(会員以外の方)で、教室参加のみご希望の方:
 下のフォームからお申し込みください。
 http://www.toushitsuseigen.or.jp/lesson-a

■その他:

・予約制です。当日参加はできません。開場・受付は、レッスン開始時間の15分前からです。

・お申し込み後、キャンセルされる場合は、3月27日(火)までに ご連絡ください。
3月28日(水)以降のキャンセルは、参加費の半額をキャンセル料金としていただきますので、予めご了承ください。

・実習室で作ったもの以外の飲食はできません。ご自宅で作ったお料理やお菓子などの持ち込みはできませんのでご注意ください。

・皆さまで実習と試食を行っていただきますので、香水などのフレグランスはお控えください。

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○
コメント
検査結果について
質問させてください。

11月にブドウ糖負荷検査をし、境界型と診断され、江部先生のブログで糖質制限食をすすめらていただき、約2ヶ月半糖質制限食を実践してきました。

こちらのブログでいろいろと勉強させていただきながら試行錯誤しながらですが、1食20グラムの糖質を目指して毎食がんばってきました。

先日、検査をしたところ 空腹時血糖は87、a1cの値は5.5でした。
11月の検査では空腹時血糖104、a1c 5.7でした。結果が改善されたことは大変うれしかったのですが、a1cの値はがもっと減っていることを期待しておりました。

朝は30グラムの白米とおかず、味噌汁など、昼は低糖質の食パン(糖質6グラム×2)とチーズ、卵など、夜はまったく主食は食べていません。お酒は毎日白ワインを200ccくらいです。痩せ型なので先生にアドバイスをいただいた通り動物性の脂肪、タンパク質をたくさん取るようにしています。かなり頑張ってきたので少し残念です。

値に反映されてくるにはもう少し時間がかかるのでしょうか?それともこのくらいまでしか下がらない体になってしまっているということでしょうか?

いまの食事を続けていれば糖尿に進行することを防ぐことはできますでしょうか?
2018/03/02(Fri) 17:25 | URL | うみちゃん | 【編集
江部先生、いつもお世話になっておりますfirefoxです。
  
5か月間糖質制限を行ったのですが、ラーメンに対する欲望はどうしてもあります。

ビタミンCの構造はグルコースに似ていて、それで取りすぎたら、お腹が緩くなり、自然と体外に排出される仕組みになっていますが、さすがに腎臓から尿の中に尿糖として排出されるのはまずいと思うので、グルコースを大腸から排出される仕組みの薬を開発されたらいいと思うのです。

 相対性理論による質量とエネルギーの等価性で、物質は通常生活では消滅量はほぼ0に等しく、どんどん物質が化学変化によって変わって行く過程でエネルギーなどが得られ、グルコースの完全代謝は基本的にエネルギー、二酸化炭素と水になり、そのほか使い切れなかったのは中性脂肪などに変わり、白色脂肪細胞に貯蔵されるのは知っています、なので先ほど書いた通り、ラーメン食べたいときのみ、小腸から吸収せず大腸から便として排出できたら、脂肪に変わることもないし、楽しい生活になそうとすこし妄想をめぐらしてみました。
2018/03/02(Fri) 22:50 | URL | firefox | 【編集
ネットに出ていたのですが気になるニュースです。いったいどういう内容なのか気になります。
素人にわかるように解説いただけるとありがたいのですが、、、。
よろしくおねがいします。

www.afpbb.com/articles/-/3165865
糖尿病診断に革命か、新たな5分類で「期待上回る成果」 研究
【3月2日 AFP】糖尿病の新たな分類法が2日、専門誌「ランセット・糖尿病および内分泌学(The Lancet Diabetes & Endocrinology)」に発表された。研究班は、治療の改善に加え、致命的な合併症のより正確な予測につながる可能性があると期待を示している。

2018/03/02(Fri) 22:50 | URL | ぐうたら糖質制限 | 【編集
Re: 検査結果について
うみちゃん 様

HbA1cが5.5%ということは、
平均血糖値は111.15m/dlです。

平均血糖値=<HbA1c×28.7> - 46.7

です。
とても良好と思います。
2018/03/03(Sat) 07:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
ぐうたら糖質制限 さん

原著が手に入るか、努力してみます。
2018/03/03(Sat) 16:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
昨日から
江部先生、こんばんは☆ご無沙汰しています。

昨夕、正式には昨日の昼からインスリン注射がスタートしました。
取り合えず少ない量からスタートって言う事プラス薬剤アレルギーなどがあるから以前に入院中に看護師さんにスケール打ちで使った事がある「ノボラピッド注フレックスタッチ」なら大丈夫でしょうと言われ食直前に1日3回打つことになりました。

また詳細は次回の受診時に説明させて頂きますが。ステロイドを処方して頂いていない方の病院の先生に先月13日受診の際にHbA1cが高い事を相談したら糖尿病センターを紹介されて「インスリン注射💉必要だけどステロイド処方している病院で受診を…」と言われ先月28日に紹介状を持参して内分泌科を受診したら「インスリン注射が必要と言われインスリン導入の為の入院が必要…」って言われ再びステロイドを処方されいない病院に昨日、受診したら「昼食を食べて来て下さい」と言われ食べて戻ったら看護師さんがインスリンの打ち方を1回説明された後に早速、本番でしたf^_^

まだまだ気温はが激しかったりしますので御自愛くださいませ。









2018/03/03(Sat) 16:38 | URL | ドリーム | 【編集
Lancet 糖尿病の新分類
この記事でしょうか.

http://www.thelancet.com/journals/landia/article/PIIS2213-8587(18)30051-2/fulltext

Novel subgroups of adult-onset diabetes and their association with outcomes: a data-driven cluster analysis of six variables

全文を読むには購読が必要ですが,Abstractを見る限りでは,インスリン抵抗性が高いタイプは糖尿性腎障害に,インスリン分泌不全タイプは 網膜症のリスクがもっとも高い、とあります。

2018/03/03(Sat) 16:54 | URL | しらねのぞるば | 【編集
Re: 昨日から
ドリーム  さん

喘息と糖尿の2つをコントロールですね。
2018/03/03(Sat) 17:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: Lancet 糖尿病の新分類
しらねのぞるば さん

ありがとうございます。
2018/03/03(Sat) 17:29 | URL | ドクター江部 | 【編集
ご解答ありがとうございます。

遺伝だからいくら食事を制限しても将来的は糖尿になりますと言われ、途方にくれていた際にこちらのブログで救われました。

これからもこちらのブログで勉強させていただきながら続けていきたいと思います。
2018/03/04(Sun) 10:09 | URL | うみちゃん | 【編集
Re: タイトルなし
うみちゃん 様

「遺伝だからいくら食事を制限しても将来的は糖尿になります」

この主治医の台詞は、糖質を普通に摂取する限りは、その通りと思います。

一方、糖質制限食なら、遺伝的に糖尿病の素因があっても、将来の糖尿病発症を予防できます。
2018/03/04(Sun) 10:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
しらねのぞるば
[北品川藤クリニック院長のブログ]の石川先生がこの論文を読み込んで紹介されています.

http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2018-03-06-2

5つの新分類の内,

重度インスリン欠乏型糖尿病(SIDD) : 抗GAD抗体が陰性で,インスリンが極度に低下している群で,網膜症のリスクがもっとも高い,

重度インスリン抵抗性糖尿病(SIRD) : 高度の肥満でインスリン抵抗性が著明なタイプで,糖尿病性腎症になりやすい.

ということのようです.
2018/03/10(Sat) 08:09 | URL | Re:Lancet 糖尿病の新分類 | 【編集
お名前が
江部先生の上記コメントで、石原先生のお名前が石川先生と誤記されてます。
2018/03/10(Sat) 08:41 | URL | 通りすがり | 【編集
Re: お名前が
通りすがり さん

ご指摘、ありがとうございます。
2018/03/10(Sat) 08:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: しらねのぞるば
しらねのぞるば さん

ありがとうございます。
私もやっと原著論文を手に入れたのですが、
まだ読めていなかったので、とても助かります。

[北品川藤クリニック院長のブログ]の石原先生に感謝ですね。
2018/03/10(Sat) 08:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可