【マンガでわかる「糖質オフ! 」健康法】のご案内。
こんにちは。

マンガでわかる「糖質オフ! 」健康法 単行本(PHP研究所 )
江部 康二 (監修), 古賀 にこみ (イラスト)
¥972-




2016年12月22日、刊行です。

いきなり、私事で恐縮ですが、私は現在68歳で、57kgの体重を維持しています。
背は167cmで縮んでいませんし、歯は全て残っていて歯周症もありません。
目は裸眼で広辞苑が読めますし、聴力低下もありませんし、
夜中の尿も昼の頻尿もなく、糖質オフ健康法で、快適な日常を過ごしています。

このマンガ本は、『糖質オフ健康法』をストーリー漫画に仕立てたものです。
京都が舞台なので私には親近感があり、一気に読みました。
私も登場人物として実名で出演です。
京都好きの人にもお奨めです。
マンガなので、とても読みやすくて、わかりやすいです。
江部診療所の待合室に置いてあるのですが、
なかなか評判がよくて、嬉しい限りです。

ブログ読者の皆さん、是非、ご一読を!
糖質オフ健康法で、健康ライフを目指して頂けば幸いです。


☆☆☆
18ページの右上、
「糖質だけが血糖値を上げ、たんぱく質、脂質は上げない。」
が正しいです。


江部康二



出版社の内容紹介

糖質制限食の第一人者によるメソッド、待望のコミック化!
ある日、雑誌社に勤める主人公・久慈川裕子の同僚が突然倒れた……。
原因は、まさかの糖尿病。マッチョで健康そのものだったのに、一体なぜ?
糖質制限食の第一人者・江部医師と出会うことで、その謎は徐々に解けていく。
メタボな旦那を心配した裕子は、一念発起して糖質オフの生活を実践。
すると、驚くべき変化が……! !
「いっぱい食べてもスルッとやせる」「お酒を飲みつつ健康を維持できる」
「運動ゼロで体脂肪が減る」「血液がサラサラになる」など、
糖質オフの「超カンタン&効果絶大」のメソッドが、マンガで楽しく学べる1冊!



まえがき 江部康二

この本は、糖質オフ健康法をストーリー漫画に仕立てたものです。京都が舞台なので私には親近感があり、一気に読みました。

京都好きの人にもお奨めです。「京都タウン」という架空の雑誌の編集者、久慈川裕子(26歳)が主人公で、その夫であるフリーデザイナー誠(28歳)が、肥満・メタボから生還する物語です。

私も糖質制限食アドバイザーとしてマンガのなかに実名で登場して、医学的な根拠をわかりやすく説明する役目をつとめています。コラムにも糖質制限食のポイントがまとめてあり参考になると思います。

結婚前は58kgだった誠が結婚後とうとう88kgまで育ってしまいます。京都出身の誠が地元に帰ってきて、地元の旧友達と「チームバッカス」なるものを結成して、飲むわ喰うわ・・・。

ビールをジョッキで何杯もお代わりして、糖質祭りのおつまみを食べ放題で、最後はしめのラーメン・・・、これってよくある光景ですし、私もどこかでと思ったら、自分の40代がそうでした。

ビールはエビスビール、お酒は純米酒、ご飯は玄米で、肉や油は控えめで、魚と野菜をしっかり摂るとか、結構こだわっていました。

当時、尾瀬あきらさんの漫画「夏子の酒」が愛読書で、たっぷり感動しながら涙しながら読んでいたので、純米酒だったのです。

そしてテニスに週2~3回は通い、普通のおじさんよりは、はるかに健康ライフを送っていたはずのに、52歳のとき、糖尿病が発覚し、メタボと高血圧も発症してしまったのです。まさに医者の不養生です。

玄米を食べて、少々運動をしていても、糖質たっぷりのビールに日本酒にしめのラーメンには太刀打ちできなかったのでしょう。

まあ、イモ類や根菜類もしっかり食べていましたし、講演などで玄米が食べれないときは、おにぎりとかご飯をたっぷり食べていましたし、蕎麦やうどんも食べていました。

幸い、糖質オフ健康法を実践して、167cm、67kgから半年で57kgとなり、全てのデータが正常になりました。

本書の久慈川裕子と誠夫婦も最初は、糖質制限食を奨める裕子に誠が抵抗して、ケンカしたり、泣いたり、笑ったり、悪戦苦闘しながらも、相互理解を深めながら無事減量に成功していきます。

簡単糖質オフ料理レシピや糖質オフスイーツレシピも紹介してありますし、糖質オフ健康法の理論や実践法もほとんど理解できる構成となっています。何と言っても、マンガですからとても読みやすく楽しいので、普通の本が苦手な人でも大丈夫です。

糖質オフの食事は、人類700万年間の狩猟採集時代の本来の食事であり、いわば人類の健康食ですので、是非読者の皆さんも実践して欲しいと思います。

ちなみに、私事で恐縮ですが、私は現在66歳で、57kgの体重を維持しています。背は167cmで縮んでいませんし、歯は全て残っていて歯周症もありません。目は裸眼で広辞苑が読めますし、聴力低下もありませんし、夜中の尿も昼の頻尿もなく、快適な日常を過ごしています。

読者の皆さんも糖質オフ健康法で健康ライフを目指して頂けば幸いです。

コメント
hba1cについて
はじめまして。よろしくお願いいたします。
マンガとてもためになりそうですね。
今日は質問がありコメントいたします。
現在38歳166センチ51キロ女性です。ここ数年hba1cが5.6でなんとか下げたいのですが生活を変えられません。血糖値は90です。お肉や油が嫌いで、朝食はとりません。昼食はジャムトーストと決めています。夜はご飯が好きでおかずは煮物などです。この生活を何年も続けいているのでなかなか変えられずです。朝食をぬいたうえにジャムトースト(バターは塗りません。)を食べ、夜はお米中心なところいけないと自覚はあります。例えば、昼のジャムトーストをバタートーストやチーズトースト(バター、チーズも苦手ですが効果ありならやってみたいです。)にかえるなどでも効果はありますか?夜はお肉が苦手でどうしてもお米中心になってしまうのですが、他におすすめの食材はありますでしょうか。食前に酢を飲むなど効果はありますか。わがままな質問で申し訳ありませんができましたらお答えいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。
2018/02/13(Tue) 23:33 | URL | ゆな | 【編集
はじめまして糖質制限歴3ヶ月半の中年女性です。
悪性の腫瘍が出来てしまい、気になっていた糖質制限を始めようと、江部先生の著書から学ばせていただいてます。
先生の本を読み漁り、ここにも入り浸り、自分なりに理解しつつ実行しています。

私ごとですが、15年ほど前からクローン病やベーチェット病を抱えてもいます。
この度、糖質制限による体質の変化による効果をお礼を兼ねてお伝えしたいと思います。

効果
体重が16キロ減った。
頭がスッキリして人の顔や数字が思い出せるようになった。
日中も休まずに過ごせるようになった。
口内炎が出なくなった。
歯茎が良くなり、口腔内のネバつきがなくなった。
歯ぎしり、食いしばりがなくなった。
腸の激痛や下痢がピタリと止まり、少なくとも今年に入って症状は全く無くなった。
朝、スッキリと目覚め、生きていて良かったと思えるようになった。
手に水ぶくれが出来たり、皮が剥けていたのがツルツルになった。
立ちくらみ、めまいが無くなった。
逆流性食道炎が治った。
「はあー、しんど」と言わなくなった。

きっと気がつかない部分で、まだまだあると思うのですが、短期間でこれだけの効果がありました。(細かいと思われるかもしれませんが、本当に1つ1つが辛かったのです)
お気付きの通り、ベーチェットやクローンの症状と思っていたものも殆ど無くなりました。糖質制限の効果なのかを見極めるためにも、ひと月ほど処方薬をやめてます。
なぜか結節生紅斑だけは残っているのですが、これは脂肪細胞からのものと推測すれば、もうしばらくかかるのか?などと推理しつつ消失する日を待ってます。
ま、無くならなくても十分幸せです。

それで、うかがいたいのですが、糖質を取る事でまた苦しい日々がやって来るかもと思うと、どんどんと糖質摂取量が減ってきています。
スーパー糖質制限程度にしたいのですが、もともとが少食なのもあるので難しく感じています。
そして、この食事を今後ずっと続けるつもりなんですが、注意点はあるでしょうか?
沢山勉強しすぎて、考えがまとまらなくなってしまいました。

勝手ですが、これからものぞきに来させていただきます。今後ともよろしくお願いします。
2018/02/14(Wed) 16:47 | URL | りんご | 【編集
江部先生、いつもお世話になっております。firefoxです。

インスリンなし、経口薬なし、サプリメントも飲んでいません。(病院検査時は空腹で検査しています。前日8時以降何も食べていません)


リブレを12月から使い始めて、自分の場合、穿刺血糖も一日三回ぐらいしているので、
リブレ持続血糖値とあまり変わらないので、持続測定血糖精度もそこそこ良いと思っています。普段糖質制限している場合、血糖血の変動はだいたい70-117mg/dLの間で動いています。(例外としてこの二か月の間,一か月に一回200g,糖質換算して56gのラーメン食べました、最高血糖ピークは150-160mg/dL)。

12月9日のHbA1cが5.7%だったのですが、この二か月の血糖変動みているともっと下がっているはずなのに2月10日のHbA1cは何も変化せず5.7%でした。(10月から緩い、11月から標準、12月から三食主食抜き、根菜抜きで徐々に体を慣れさせて行きましたので、体調悪いことはなにもなかったです。リブレケトン測定では朝の血液ケトン量はだいたい0.8-1.8mmol/L,なのである程度はケトン体質に慣れ始めたのかなと思います。)

なのでこの二か月の間はだいたい毎日の摂取エネルギー量は2200kcal前後,炭水化物由来が10-15%,タンパク質由来が20-25%, 脂質由来が60-70%ぐらいだと思います。


さらに普段の血糖よりHbA1cが低く出るのはいろいろ病気(肝硬変とか、ヘモグロビン異常症とか、貧血などありますが)、普段の血糖よりHbA1cが高く出る場合はどういう原因あるでしょうか?
2018/02/14(Wed) 17:56 | URL | リブレ血糖変動とHbA1cの結果の違いの原因 | 【編集
ケトン食
江部先生、こんばんは

マンガ本おもしろそうですね。
読んでみたいです。

ところで、以前私はガンになったら厳しいケトン食にすると書込み致しました。
少し古い記事ですが

世界初!「ケトン食」臨床実験で末期がん患者の83%が改善 

という記事を今日みつけました。

https://smart-flash.jp/lifemoney/life/12872

やはりケトン食はガンに効果がありそうですね
2018/02/14(Wed) 22:10 | URL | モン吉 | 【編集
Re: hba1cについて
ゆな さん

昼のジャムトーストをバタートーストやチーズトースト・・・そのほうが少し糖質が少ないですね。

血糖値を下げ、HbA1cを改善させるには、糖質を減らせば良いです。
簡単ですが、糖質摂取を減らせば減らすだけ、HbA1cが改善します。

「食前に酢」の効果は良くわかりません。
しかし仮に有効としても、糖質を減らすほうがはるかに効果は高いです。
2018/02/14(Wed) 22:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
りんご さん

とても興味深いコメントをありがとうございます。

潰瘍性大腸炎もほとんどが糖質制限食で良くなります。

シンプルに、きっちり糖質制限をして、制限した分は脂質とタンパク質をしっかり摂取して、
厚生労働省のいう「推定エネルギー必要量」を摂取するのがコツです。
2018/02/14(Wed) 23:12 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ケトン食
モン吉 さん

香味深い情報をありがとうございます。
2018/02/14(Wed) 23:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
人類健康食を全入院食にお願いします!
潰瘍性大腸炎を高雄病院で漢方治療をした方の体験を以前読みましたが、一般的な潰瘍性大腸炎に於ける入院食だったと思います。
入院の際の食事指導は主治医それぞれで違うのでしょうか?
江部先生は予々、糖質制限は人類の健康食だと言っておられますが、高雄病院の入院食は糖質制限が全てではないと知り驚いています。
入院食とは、普通は健康食を病気の患者さんへ提供するのではと思うのですが。江部先生以外の医師から反対意見でもあるのでしょうか。
理事長といえば病院の最高権を行使できると思いますが、それでも抵抗勢力が存在し糖質制限の邪魔をするのでしょうか。
高雄病院の売店は、糖質制限食品はほぼ置いてないからコンビニにでも行った方がよいですよという意見も見たことあります。売店は糖質塗れの自然食品ばかりだと。糖質の高い野菜や米なども売っているとのこと。
いずれこの様な業者の出入りを禁止して、糖質制限食品だけの売店にするなどの計画はないのでしょうか?
高雄病院にまで抵抗勢力の存在が確認できるとは先が思いやられ残念な気持ちです。江部先生側の勢力になる医師の投入を速やかに臨みます。
2018/02/15(Thu) 05:36 | URL | ゲリラ戦士 | 【編集
情報を2つ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26896230U8A210C1000000/
タイガー魔法瓶、低糖質の「米」を開発、調理器とセットで販売
米粒状の加工食品「とらひめ」と専用調理器を3月23日に発売する。とらひめは白米に比べて糖質が約47%、カロリーは約50%少なく、食物繊維は約8倍だという。
⇒糖質が47%とは、本気度が高い商品ですね。

https://newspicks.com/news/2817908?ref=user_282501
糖質制限のために「主食100%カット」の落とし穴


2018/02/15(Thu) 08:20 | URL | yanosono | 【編集
連投すみません
タイガー魔法瓶のHPです。
大手メーカーも必死ですね。

https://www.tiger.jp/front/productdetail/confirm?productId=JPE-A10Z
ご自宅でおいしく簡単に低糖質生活を実践できる 「とらひめ」メニューつきの炊飯器。

https://www.tiger.jp/front/productdetail/confirm?productId=JPE-TH
ご自宅でおいしく簡単に低糖質生活を実践できる 米粒状加工食品。
2018/02/15(Thu) 08:26 | URL | yanosono | 【編集
Re: 人類健康食を全入院食にお願いします!
ゲリラ戦士 さん

高雄病院には、障害者病棟と療養型病床が、それぞれ約60ベッドあります。
これらのご高齢の方々に糖質制限食を押し付けることはありません。
また、お見舞いに来られるご家族の方々に、糖質制限食を押し付けることもありません。

糖尿病で糖質制限食入院される人も勿論おられます。
こちらの糖尿人は、糖質制限食です。

それから、高雄病院の職員でも、糖質制限食を実践している人もいれば
普通に糖質を食べている人もいます。
こちらも、押し付けることはありません。
糖質制限食は選択肢の一つです。

私は本ブログで糖質制限食の情報を発信して、糖質制限食を推奨しています。
これに対して、読者の皆さんの中で、共感して納得して糖質制限食を実践しておられる方もいるでしょう。
一方、やはり糖質は食べたいという人もおられるでしょう。

私はそれで良いと思っています。
糖質制限食実践は、自分の頭で考えて納得して選択するものであり、
強制的に押し付けるようなものではありません。
2018/02/15(Thu) 08:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 情報を2つ
yanosono さん

情報をありがとうございます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26896230U8A210C1000000/
こちらは糖質が約半分のお米ですから、まあまあですね。

https://newspicks.com/news/2817908?ref=user_282501
こちらは、保守的な栄養士さんの、お話しで、糖質制限的にはNGです。
2018/02/15(Thu) 19:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 連投すみません
yanosono さん

情報をありがとうございます。

タイガー魔法瓶さん、本気度高いですね。
2018/02/15(Thu) 19:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可