FC2ブログ
下痢や風邪など体調が悪いときの糖質制限食のお奨めは?
【18/01/04 はるるママ
下痢 吐き気 腹痛時の食事について 
はじめまして
先生のことは5年前右足首骨折脱臼の手術入院後退院した後突然やって来た激しい吐き気舌のヒリヒリ胃痛背中痛で全く食べられなくなった時に近くの内科で逆流性胃腸炎と言われて薬もらったけど全く効かずネットで検索してる時に先生のこちらのブログで、知りました。
直ぐ行きたいでも京都!!私は東京都下住人です。そこで、同じような診療している病院と検索して出てきた今のクリニックにそこから毎週通い、院内での鍼灸の治療を取り入れ薬は全て漢方で処方してくださり4か月後に死にたいと思うほどの苦しみから脱出させてもらいました。その先生からは甘いものは取ってはいけないと言われ続け、でもその頃糖質制限の食品は無く先生の所からソースやハンバーグを買って気をつけていたのですが、良くなると徐々に元の生活へ…
しかし、一昨年の10月に乳癌大腸癌Wで見つかり大腸癌の方は進行癌とはいえリンパ転移なし乳癌は初期と言うことで手術のみでおわりました。
とはいえ乳癌は13年ぶり2度目。
せっかく助けてもらった命、まず、食事と軽い運動からと思いすっぱりと糖質制限20gより激しい荒木先生の食事療法でほぼ5g以下かもな位の勢いで始めました。そして約1年体重は10kg以上減ったけどすこぶる元気です。今は1食20gを目指した食事になりました。
たまにお寿司はご飯の下半分を切ったりくら寿司行ったりこんにゃく米を混ぜた100gで糖質20以下になるご飯炊いて楽しんでます 

お菓子もラカントやエリスリトールで手作り出来ること知りチョコも先生のお陰でモリドル楽しんでます。焼き肉もタレ作ってくださったので楽しめるし、今や糖質制限って言っても工夫が楽しく全く苦ではないですね!
私の見た目と(ほぼガリガリに見える)食べる両のギャップに友達は驚きつつ何人かは緩めの糖質制限初めました。

先生のブログを拝見しててお忙しいのに丁寧にお答えされるところに感心しきりでしたので感謝も合わせて綴っていたら長くなり申し訳ありません。
お聞きしたかったのはお腹こわした時の食事何がいいのかと言うことで、お粥とかうどんをまず思い浮かべてしまうけど糖質制限では最も考えにくい為教えて頂ければとおもいます。

よろしくお願いいたします。】


はるるママさん。

糖質制限食で、きつい逆流性食道炎から脱出できてよかったですね。
また大腸癌は進行癌とはいえリンパ転移なし、乳癌は初期なら一安心です。

実は私は、ここ十数年寝込んだことがありません。
また医師になって以来、風邪などで外来を休んだことは一度もありません。

ともあれ、下痢したり、風邪をひいたり、寝込んだりしたときなどの糖質制限食ですね。
通常は、仰る通り、お粥とかうどんになりますが、
糖質制限食ではこれらはNG食品です。

このような、下痢や風邪など体調が悪くて食欲がないときのために、
糖質制限OK食品の中で、あっさり系を選んでみました。

京都は、お豆腐が美味しいですから私もよく食べます。
夏は冷や奴でもいいんですが、
風邪ひいて下痢や寒気でもあるときは湯豆腐がお奨めです。

温かい食品として、茶碗蒸し、卵スープ、野菜スープ、すまし汁、
味噌汁、豚汁などもいいですね。
いけそうだったら、おでんの大根とか豆腐とかひろうすなどは如何でしょう。

今の季節なら、鍋もお奨めですね。

白身魚や豆腐、野菜、がんもどき・・・風邪のときでも美味しそうです。 (^^)

豆腐を水きりしてつぶし、小さく刻んだ野菜などを混ぜ込んで丸め、
油で揚げたものを 関東ではがんもどき、
関西ではひろうすと呼ぶことが多いようです。
ちなみに我が家では何故か、がんもどきです。

さっぱりしたものとしては、季節の旬の果物もいいですね。
果物の糖質は果糖が主なので、穀物の糖質の半分くらいしか血糖値を上げませんので、
食欲がないときはまあいいと思います。

一人暮らしで料理の手間が面倒くさいようなときは、
前もって冷凍茶碗蒸しとか常備しとくといいです。


風邪で食欲不振のときは、脱水になりやすいので糖尿人は特に注意が必要です。
上記の料理など糖質制限食OK食材で、水分・電解質(*)補給も心掛けてくださいね。

なおごま豆腐は、主成分が葛粉で、デンプンたっぷりですので、
豆腐と名前が付いてますが、糖質制限食NG食品ですので、お忘れなく。


(*)
電解質は、体の細胞が正常に機能するために必要です。
体は多量のナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、
塩化物、リン酸塩を必要とします。


江部康二
コメント
先日は本当にありがとうございました。
今後妊娠した際も含め糖質制限食続けていきたいと思います。

また疑問ができたのですが…
本日昼食(ハッキリとした糖質量は分かりませんが、多く見積もっても40g前後)の2時間後の血糖値が165でした。多く見積もってもその量なので、おかしいなと思いつつ…確かめるためにも35gの糖質を摂取しました。すると、2時間後の血糖値が70とでました。ちなみに、気分不良とかは一切なく、むしろ体調はいいぐらいでした。
血統測定器がおかしいのかとも思いましたが…この状況は糖尿病になってしまっているんでしょうか?

度々申し訳ありません。
2018/01/04(Thu) 20:37 | URL | はるか | 【編集
血液の数値が乱れておりまして
江部先生
謹んで初春のお慶びを申し上げます。
糖質制限を始めて8年目に入りました。お蔭様で数値も安定しておりますし、仕事上での集中力も持続できており、糖質制限という療法に巡り合えたことと江部先生に感謝しております。
ただ、ここ1ヵ月腎臓の数値が突然悪くなっております。0.46~0.79の範囲のところ、1.2前後が続いており、カリウムも5.2(~5.0が基準値)あります。いましばらく様子を見て変化がなければ腎臓内科の受診を勧められております。シスタチンCのことは申し上げてはおりません。現在の主治医は糖質制限を応援もせず、全否定もせず、見守ってくださっていますが、腎臓内科に行けば必ず糖質制限食を悪者にし、低たんぱく食を勧められるのではないかと心配です。今の私からたんぱく質を取り上げたら死んでしまいます。期外収縮はよく出て、息切れも結構ありますが、本当に腎臓が悪いのでしょうか。カロリー制限食に戻るつもりは全くありませんが、このままの高たんぱく食を続けていても大丈夫でしょうか。因みに、果物は全く食しておりませんので、カリウムは口からの摂取としては多いはずはありません。
どのようにお感じになられますでしょうか。
このような受診しなければならないようなご質問をお許しください。
2018/01/04(Thu) 22:09 | URL | a.m | 【編集
Re: タイトルなし
はるか さん

ピークの血糖値上昇ですが、

①体重64kgの2型糖尿人で、1gの糖質が約3mg血糖値を上昇させます。

②体重64kgの1型糖尿人で、1gの糖質が約5mg血糖値を上昇させます。

③境界型は、1gの糖質が約1.5mg血糖値を上昇させます。

④正常型は、1gの糖質の血糖値上昇は、1mg未満です。
2018/01/05(Fri) 08:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
35gの糖質を摂取した2時間後の血糖値70というのはどのように考えてらいいんでしょうか?
2018/01/05(Fri) 10:12 | URL | はるか | 【編集
難治性てんかんに食事療法が有効
◇難治性てんかんに食事療法が有効、2件の研究で明らかに
http://www.carenet.com/news/general/hdn/45220

 薬物治療が奏効しない難治性てんかんの小児患者に対し、ケトン食療法と呼ばれる食事療法を実施したところ、発作症状が軽減したとする2件の研究結果が米国てんかん学会(AES 2017、12月1~5日、米ワシントンD.C.)で発表された。AESはプレスリリースで「小児てんかん患者の約5人に1人は薬で発作をコントロールできないのが現状。これらの研究結果はそうした薬剤抵抗性てんかんの患者に希望をもたらす研究結果だ」と紹介している。

 ケトン食療法とは糖質を減らし、脂肪を増やす食事療法で、脳内でのエネルギーの使われ方を変化させ、てんかん発作を抑える効果があると考えられている。標準的なケトン食療法では、食事中の脂肪に対する糖質およびたんぱく質の比率が3~4:1となるように厳密に管理することが求められる。脂肪は主にクリーム、バター、ナッツや種子のオイルから摂取する。ケトン食用の食品を除けば、一般的なクッキーやキャンディーなどの菓子類は食べられない。パンや米、イモ類、パスタなどの炭水化物も制限の対象となる。

 今回報告された一つ目の研究は、米デル・チルドレンズメディカルセンター・オブ・セントラルテキサスのDave Clarke氏らが生後8カ月~20歳の薬剤抵抗性てんかん患者210人を対象に実施したもの。このうち150人が迷走神経刺激法(VNS)、44人が脳梁離断術と呼ばれる外科手術、98人がケトン食療法を受けた。その結果、50%以上の発作軽減がみられた患者の割合は、VNS群で52%、外科手術群で54%、ケトン食療法群で63%だった。

 一方、二つ目の研究ではマクマスター大学(カナダ)のRajesh RamachandranNair氏らが生後5カ月~16歳の薬剤抵抗性てんかん患者40人を対象に比較的緩やかなケトン食療法について検討した。従来のケトン食療法は短期入院により集中的に実施されるが、この研究では脂肪の割合を低め(脂肪に対する糖質およびたんぱく質の比率を0.67~1:1)に設定したケトン食療法を開始。これによって発作がコントロールできるようになった場合には同じ比率のケトン食療法を継続し、効果がみられない場合には2~3週間ごとに脂肪の割合を徐々に高めた。

 その結果、6カ月後に約半数の患者で50%以上の発作の低減が認められ、完全に発作がみられなくなった患者も6人(15%)いた。最終的なケトン食療法の脂肪に対する糖質およびたんぱく質の比率は平均で1.5~2:1だった。

 AESのスポークスパーソンであるJames Wheless氏は「てんかん治療では薬物治療が主軸となるが、ケトン食療法も極めて効果の高い治療選択肢となりうる」とコメントしている。

 ただし、全ての患者で食事療法の効果が得られるわけではない。同氏によると、6週間試せばその患者にケトン食療法が有効かどうかを見極めることができるという。

 学会発表された知見は、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。
2018/01/05(Fri) 15:37 | URL | 中嶋一雄 | 【編集
Re: タイトルなし
アバウトな質問には先生も答え様が無いと思いますよ。
食べ物や食べ方によっては数時間後に上がってくる場合もあります。
そもそもインスリンの出方が正常なら165まで上がりません。
不安ならもっと御自身のデータを取って確かめていくしかないでしょう。
2018/01/05(Fri) 16:43 | URL |  | 【編集
Re: 難治性てんかんに食事療法が有効
中嶋一雄 先生

ケトン食と難治性てんかんの最新の知見、ありがとうございます。
早く、医学雑誌に掲載されればいいですね。
2018/01/05(Fri) 21:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
1ヵ月前に突然eGFRが40未満になりました
江部先生
先月、突然eGFRが40を切りました。別の病院でも調べていただきましたが、同じような数値でした。何が原因か分かりません。耐糖能異常ではありましたが、まだ糖尿病は発症しておらず、いわゆる糖尿病性腎症ではありません。Hba1cが高くなってから2年程は気づきませんでしたが、以降は糖質制限食で低い値を保っていられました。先生の過去の腎臓に関するブログを読み返しますと、G3bではたんぱく質制限が実施されるようですね。高尾病院では個々に相談の上とあります。いまさら恐ろしくてお米やパンを摂取することはできません。腎臓内科に行って、調べていただいてから、ご相談に上がってもよろしいでしょうか。糖質制限を続ける手立てはありますでしょうか。
しかし、急にどうしたことでしょう。ふだんは70代前半から80を超えるeGFRでした。筋トレなどは特にしていませんが、少しストレッチをするだけでも筋肉が痛く、息切れしていました。CK値が200前後あることもありました。エパデールやザイロリック、ゼチーアを服用しています。関係があるでしょうか。途方に暮れております。ご教示くださいますれば幸いです。
2018/01/06(Sat) 00:44 | URL | a.m | 【編集
Re: 1ヵ月前に突然eGFRが40未満になりました
a.m さん

「少しストレッチをするだけでも筋肉が痛く、息切れしていました。CK値が200前後」

横紋筋融解症の可能性があります。
即、内服薬を中止して、その後主治医とよく相談してください。

可能性はエパデールはまずOKですが、ゼチーア次いで、ザイロリックです。
2018/01/06(Sat) 07:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
35gの糖質を摂取した2時間後の血糖値70というのはどのように考えてらいいんでしょうか?
2018/01/06(Sat) 07:55 | URL |  | 【編集
Re:1ヵ月前に突然eGFRが40未満になりました
江部先生
ご回答に感謝申し上げます。ありがとうございます。横紋筋融解症ですか。確かに、症状からいつも頭をよぎってはいましたが、数値が何万にもあがらず、200前後ですし、尿の色も褐色などではありません。でも、坂道や階段を上がっただけで、どうしてこんなに脚の裏側すべてと太ももが痛くてしびれて、これが動脈硬化というものなのかと思っておりました。ゼチーアは半錠を隔日に服用する程度ですが。以前ストロングスタチン3種を順番に試した時には、手も上げていられないほどだるく痛く、ゼチーアに辿り着いたのでした。これほどの量でも起こすものでしょうか。ザイロリックは1日1錠です。慢性腎臓病を避けられるのであれば、糖質制限を続けられるのであれば、すべてを見直したいと思います。
2018/01/06(Sat) 13:00 | URL | a.m | 【編集
Re: Re:1ヵ月前に突然eGFRが40未満になりました
a.m さん

ゼチーアとザイロリックは、即中止しましょう。
薬の副作用であれば、糖質制限には何の問題もありません。
2018/01/06(Sat) 14:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
これだけの情報では、何とも言えません。
2018/01/06(Sat) 14:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: Re:1ヵ月前に突然eGFRが40未満になりました
a.m さん


「以前ストロングスタチン3種を順番に試した時には、手も上げていられないほどだるく痛く、ゼチーアに辿り着いたのでした。」


それならば、横紋筋融解症が、確定と思います。
取り返しがつかない事態になる前に、ゼチーアとザイロリックは、緊急中止してください。
2018/01/06(Sat) 14:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
1ヵ月前に突然eGFRが40未満になりました
江部先生
はい、即刻止めます。
ありがとうございます。
ブログ上にてここまでのご回答をありがとうございます。
2018/01/06(Sat) 19:42 | URL | a.m | 【編集
先生

こんなに丁寧にお返事ありがとうございました。
癌はやはり恐くどこかで再発、転移は頭にありますが私の中で糖質制限に出会えた事が今最も封じ込める為の心の拠り所となってます。
それも今や楽しく元気良くですね。

先生のお優しい人柄のでるお答え読んで感動でちょっぴり涙しつつ、もう頑張っちゃうもんねって改めて感謝です。
2018/01/06(Sat) 21:25 | URL | はるるママ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可