FC2ブログ
耐糖能。グルコーススパイク。酸化ストレス。血糖変動。
【はじめまして
江部先生はじめまして、まめ(20代)と申します。突然のコメントを失礼します。
最近OGTT検査をしたのですが血糖値が
70(検査前の空腹時)→150(30分)→113(60分)→116(120分)
でした。
質問が3つあるのですが(申し訳ありません)
①血糖値が60分から120分の間に113から116に上がったのは何故でしょうか?
②検査前の70の空腹の血糖値と30分後の150では80も差がありますが血糖値スパイクでしょうか?
③120分後の血糖値は正常ですが30分後の血糖値が150あるのは高すぎでしょうか?
(正常な人はどうなのか知らないので不安です)もしくは境界型の予備軍に当てはまりますか?
糖尿病ではないのですがどうしても怖くなって不安定になってしまいコメントしました。
江部先生はお忙しいのに申し訳ありません。 2017/12/21(Thu) 18:48 | URL | まめ | 】




まめ さん

①血糖値が60分から120分の間に113から116に上がったのは何故でしょうか?
いずれも正常値で3mgの変化は誤差範囲ですので心配入りません。


②検査前の70の空腹の血糖値と30分後の150では80も差がありますが血糖値スパイクでしょうか?
これは、まさにグルコーススパイクです。

③120分後の血糖値は正常ですが30分後の血糖値が150あるのは高すぎでしょうか?
(正常な人はどうなのか知らないので不安です)もしくは境界型の予備軍に当てはまりますか?


診断基準では、完全に正常型です。


しかし、80mgものスパイクを起こすような食事(糖質摂取)は、血糖変動幅増大を生じており、
酸化ストレスリスクとなります。
グルコーススパイクのあと、大量の追加分泌インスリンがでているので
活性酸素も発生します。
活性酸素は酸化ストレスの元です。
インスリンは人体に絶対に必要ですが、血糖コントロールができている限り、
少なければ少ないほど人体には優しいです。

まめさんは、糖尿病に関しては正常型ではありますが、私は
「血糖変動幅増大」「過剰インスリン分泌による活性酸素発生」となるような糖質の多い食事は
長期間にわたれば、生活習慣病、老化、がん、アルツハイマー病などのリスクとなると思います。

まめ さんは、1gの糖質がピークで1.07mgの血糖値上昇を生じています。
1回の食事の糖質量が30~40gの緩やかな糖質制限食でも
グルコーススパイクは予防できると思います。
1回の食事の糖質量が10~20g以下のスーパー糖質制限食ならさらに好ましいです。
スーパー糖質制限食なら、スパイクもインスリン過剰分泌も全くありません。



【17/12/22 まめ
ありがとうございます!
江部先生
毎日お忙しいのに早速のお返事をありがとうございます!
やっぱり私はグルコーススパイクなんですね…。
今は大丈夫でも将来が怖いのでここ2週間は甘いものやパンや白米や芋等の糖質は殆ど控えていてダイエットをしています(体重は5キロ減っています)
また3つ質問があるのですが、宜しいでしょうか?(お手間を取らせて申し訳ありません…)
①1度グルコーススパイクに陥ったら食事は気をつけて改善したとしても一生治らないのでしょうか?いきなり糖質から食べてもグルコーススパイクにならない身体に戻りたいです。(もちろん治っても乱れた食生活に戻る気は全くなく今後も気をつけていくつもりです)
②最近は糖質を控えた食事を続けていますが、長期間糖質を取らなすぎると たまに糖質を摂取した時に より多くの糖質を体に吸収してしまわないでしょうか?不安で食事をするのが憂鬱になってきています…(野菜を先に食べたりはしています)
③筋トレの為にダンベルを買いましたが、腕以外に鍛えた方が良い部位はありますか?(スクワットも少ししています)

何度も長々と沢山質問して申し訳ありません。いくつか回った近場の診療所では「大丈夫!」としか言われなくて(もちろん数値は正常だからなのは理解しています…)グルコーススパイクのことについて不安だったので本当に助かります。】




①1度グルコーススパイクに陥ったら食事は気をつけて改善したとしても一生治らないのでしょうか?いきなり糖質から食べてもグルコーススパイクにならない身体に戻りたいです。

20代で、糖尿病の家族歴などが全くなくて、耐糖能が完全に正常な人は、
そもそもスパイクを起こしません。
糖質を一人前摂取しても食後血糖値が120mg/dlを超えることもありません。
まめさんは、家系に糖尿病の人はおられますか?
改善するか否かですが、
境界型レベルの人36人が、1年間緩やかな糖質制限食を実践したところ
69.4%が、耐糖能が正常型に戻ったという研究があります。

②最近は糖質を控えた食事を続けていますが、長期間糖質を取らなすぎると たまに糖質を摂取した時に より多くの糖質を体に吸収してしまわないでしょうか?不安で食事をするのが憂鬱になってきています…(野菜を先に食べたりはしています)

スーパー糖質制限食を長期に実践している正常人が
いきなり糖質を一人前摂取すると、
一見耐糖能低下のような食後血糖値を示すことがあります。
そのため、75g経口ブドウ糖負荷試験の前3日間は
150g/日以上の糖質を摂取することが推奨されています。

150g/日以上の糖質を3日間摂取することで準備を整えてから検査をすると、
β細胞の準備ができているので、
もともと正常型だった人なら耐糖能が普通に戻ると思われます。

スーパー糖質制限食実践でβ細胞は休養できていて、
なおかつ血糖コントロール良好ですので、
高血糖によりβ細胞が障害されている可能性はありません。
ですから、β細胞のインスリン分泌能力も準備さえ整えば、
正常に作用すると考えられます。

つまり、正常人が糖質制限中にいきなり糖質摂取したとき、
一見耐糖能が低下したようなデータが出ることがありますが、
これは本当にβ細胞が障害されて耐糖能が落ちたのではないので、
心配ないということです。
糖質制限食実践者においては、食後高血糖によるβ細胞の障害はないので、
本当にインスリン分泌能が低下するということは考えられません。


③筋トレの為にダンベルを買いましたが、腕以外に鍛えた方が良い部位はありますか?(スクワットも少ししています)

ダンベル、スクワットなどの筋トレも無理ない範囲で良いと思います。
筋トレができなくても
女性で7000歩/日。そのうち15分速歩、
男性で8000歩/日。そのうち20分速歩、。
が健康維持の運動の目安です。


江部康二
コメント
こんばんは。
今、江部先生は漢方の処方はなさらないのでしょうか?
漢方医として江部先生を受診するのは無理なのでしょうか?
煎じ薬などは処方していただけませんか?
質問が多くすみません。
2017/12/22(Fri) 18:05 | URL | ナマケモノ | 【編集
血糖値スパイクの本当の原因
横から失礼します。血糖値スパイクは自分も含めて、多くの人にとって本当に切実な問題ですが、この問題と真正面から取り組んでおられる呉のお医者さんのブログが非常に参考になります。偶然にも、今日投稿された記事も血糖値スパイクについての記事です。文中に他の記事へのリンクがありますが、他にも血糖値実測の投稿がたくさんあり、非常に参考になりますので是非読んでみてください。
http://呉からの風.jp/2017/12/血糖値スパイクの本当の原因/

ついでにNHKスペシャルの血糖値スパイクが危ない!という番組でも、20代以下の若年層にも血糖値スパイクを起こす人が普通にいることがよくわかります。YouTubeで見れますので、必見です。
https://youtu.be/rGqx9VjPEtA

江部先生は血糖値スパイクの原因についてどのようにお考えでしょうか。お医者さんによっては、インスリンが出るためには、まず小腸でインクレチンが分泌されなければならず、日本人は欧米人に比べ、インクレチンの分泌が遅れるため、血糖値スパイクを起こしやすいと説明される方もいます。糖質制限以外にも血糖値スパイクを予防する対策がありましたら教えてください。
2017/12/22(Fri) 23:05 | URL | ジョー | 【編集
Re: タイトルなし
ナマケモノ さん

漢方の処方はしています。
江部診療所あるいは高雄病院に電話でお問い合わせ頂けば幸いです。
2017/12/23(Sat) 07:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生に質問したいです
先生に質問したいのですが、どこから入れば良いのかわかりません😂どなたか教えてください。
2017/12/23(Sat) 09:07 | URL | のぞみん | 【編集
ありがとうございます
江部先生
おはようございます。私のために貴重な時間を割いて頂き 詳しい解説をして下さり本当にありがとうございます。色んなサイトを見ていると沢山の情報が飛び交っていて混乱していたので助かりました、分かりやすくてとても勉強になります。ピーク時の血糖値上昇の数値も分かって良かったです。
父の家系には糖尿病はいませんが父の食生活を見ていると不安を感じるので健康診断を勧めているところです。母の祖母の兄弟には糖尿病の人がいます。
私はOGTT検査の12日前から糖分を控えていたので3日間で150gの糖分は取っていなかったかもしれません、次回の検査の時はしっかり150gの糖分を摂ります。

度々質問申し訳ありません。

①先生の仰る69.4%の境界型の耐糖能の方が正常型に戻ったと言うのは糖尿病の境界型と同時にグルコーススパイクも抜け出して完全に糖尿病の人とは無縁の人のように治ったという意味でしょうか…?

②採血とOGTT検査の二つの検査は何カ月ごとに受けるのが良いですか?(自分は3カ月ごとに受けようと考えています)検査を受けた時は江部先生に良い結果を報告したいです。

③ウォーキングは朝昼晩の食後に10〜15分程度を最近始めてるのですが一回で7000歩歩いた方が良いでしょうか?それとも食後のウォーキングを全て速歩にすれば問題ないでしょうか?もし食後に歩くのが問題ない場合は食べた後すぐ歩いたほうが良いですか?20〜30分待ってから歩いたほうが良いですか?(私は15〜20分は開けてます…)

④先生が食べている普段の食事の内容が気になります。参考にしたいです。

毎度長くなってしまい申し訳ありません…。
2017/12/23(Sat) 09:09 | URL | まめ | 【編集
Re: 江部先生に質問したいです
のぞみん さん。

コメント欄で大丈夫です。
2017/12/23(Sat) 15:21 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ありがとうございます

まめ さん

①75g経口ブドウ糖負荷試験が、境界型から正常型に改善したということです。

②75g経口ブドウ糖負荷試験は、そんなに必要ではないです。
 それより血糖自己測定器の方が有用と思います。

③1日に7000歩、そのうち15分間が速歩ということです。
 パターンは問いません。

④高雄病院 Dr.江部が食べている「糖質制限」ダイエット1ヵ月献立レシピ109 単行本(ソフトカバー) – 2013/1/25 講談社
という本があります。

2017/12/24(Sun) 09:45 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生
詳しいご指導ありがとうございます!
色々と参考になり漠然としていた不安が減って心が楽になりました。

江部先生が紹介してくれた本は早速注文しました!自宅に届くのが楽しみです!
2017/12/24(Sun) 16:54 | URL | まめ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可