FC2ブログ
米国の糖尿病栄養指導
【17/12/18 Lily
HbA1c 改善
江部先生
早速お返事を頂きまして、ありがとうございました。
アメリカでポーションコントロールという方法が栄養士の糖尿病栄養指導に用いられているのは、細かなカロリーや糖質計算が不要で、比較的誰にでも続けられる簡単な方法である、という事が大きいと思われます。
私が栄養士の指導を受けた時も、決められた割合通りの盛り付け方とその量の説明、そして糖質は適量摂取するように言われましたが、具体的な摂取量の目安などは言われませんでした。
Portion Controlで盛り付ける事により、バランスの取れた食事、また食事の量をコントロールする事が目的であると思われます。
米国糖尿病学会も現在のところ、“糖質摂取量は個人差があり”と具体的な糖質摂取量については明言していないのが現状の様です。
いろいろなサイトによると、一回の食事の糖質量を30~60gに抑えましょう、というのが一般的なようです。
私が受けた栄養指導は次のようなものでした。


9インチ(22.86㎝)のディナープレートを使いましょう。
• 1/2に、でんぷん質でない野菜を盛り付けましょう。
ディナープレートの半分は、ブロッコリ、キャベツ、にんじん、カリフラワー、いんげん、サラダ、ズッキーニ等のでんぷん質のない野菜を盛り付けましょう。
• 1/4に、穀物/でんぷん質の食べ物を盛り付けましょう。
ディナープレートの1/4は、ブラウンライス、グリーンピース、さつまいも、全粒粉のパンなど、でんぷん質の食べ物を盛り付けましょう。
豆類は、たんぱく質、食物繊維が豊富に含まれています。
• 1/4に、低脂肪なたんぱく質を盛り付けましょう。
ディナープレートの1/4は、魚、とり肉、卵、低脂肪の豚肉、牛肉、豆腐などの大豆製品を盛り付けましょう。

 フルーツや、低脂肪の乳製品も摂りましょう。
 オリーブオイル、ナッツ、種類、アボカド等を料理に使いましょう。
備考:糖尿病患者にはこれ、という確立された方法はありません。
資格を持つ栄養士と相談し、あなたに合った食事方法を見つけましょう。


といったものでした。
前回のコメントに記載しました通り、私は江部先生のブログに出会い効率的に
HbA1cを改善することができ、本当に良かったと思っております。
また、血糖値のコントロールに悩む人々の為に、
糖質制限が広く浸透していくことを願っております。】


こんにちは。
Lily さんから、米国の糖尿病栄養指導に関して、
具体的な内容のコメントを頂きました。
とても参考になります。ありがとうございます。
糖質制限食でHbA1cの改善、良かったです。

「アメリカでポーションコントロールという方法が栄養士の糖尿病栄養指導に用いられているのは、細かなカロリーや糖質計算が不要で、比較的誰にでも続けられる簡単な方法である、という事が大きいと思われます。」

そうですね。
アメリカの方はややこしいのは嫌いそうですね。

「いろいろなサイトによると、一回の食事の糖質量を30~60gに抑えましょう、
というのが一般的なようです。」


日本よりはかなり少ない糖質量ですね。
しかし、糖尿人が1回に40g以上の糖質を摂取すれば、
食後血糖値は200mg/dlを超える可能性が高く危険です。
やはり、糖尿人はスーパー糖質制限食以外は食後高血糖のリスクとなります。

「1/4に、穀物/でんぷん質の食べ物を盛り付けましょう。
ディナープレートの1/4は、ブラウンライス、グリーンピース、さつまいも、全粒粉のパンなど、でんぷん質の食べ物を盛り付けましょう。
豆類は、たんぱく質、食物繊維が豊富に含まれています。」


米国では皿の1/4がでんぷんですね。
日本の幕の内弁当は1/2が白いご飯です。
米国の方がでんぷん量はやや少ないし、玄米や全粒粉のパンを推奨ですので
糖質制限的には、日本より少しましです。

日本では、
1800kcal/日で糖質60%なら、1日の糖質量は1080kcalで270g、
1回の糖質量は90gです


ジョスリン糖尿病学は、世界で最も権威のある糖尿病学の教科書です。
2005年に発行された改訂版(英語)の日本語翻訳版が出たのが2007年です。
この本は、米国のJoslin糖尿病センターの医師を中心に執筆され、
糖尿病学のノウハウがいっぱいつまっています。(☆☆☆)

ジョスリン糖尿病学では、炭水化物摂取比率40%以下を推奨です。
40%なら、
1800kcal/日なら、糖質量は180g/日です。1回の糖質量が60gです。
1600kcal/日なら、糖質量は160g/日です。1回の糖質量が53gです。
40%以下ですからもっと少なくてもいいということですね。

1800kacal/日で蛋白質30%なら540kcal/日で135gです
1800kacal/日で脂質30%なら540kcal/日で60gです。

ジョスリン糖尿病センターの
糖質40% 蛋白質30% 脂質30%
というのは、「ゾーン ダイエット」に相当します。


☆☆☆
参考
ジョスリン糖尿病学第2版 
メディカル・サイエンス・インターナショナル 2007年

第36章、食事療法、693ページに
「Joslin糖尿病センターは最近太りすぎや肥満合併2型糖尿病患者の食事療法勧告を改定した。血糖コントロールと減量を達成するための食事療法を定めるためにさらに研究が求められるが、われわれは、負のカロリーバランスとする食事計画を個々の患者ごとに決定する際には以下の勧告を使用している。」
ということで、炭水化物、蛋白質、脂質摂取に関する記述があります。

炭水化物 
総カロリーの40%以下とし、野菜、果物、そのまま砕いた穀物のような低グリセミックインデックス食を主な摂取カロリーとするべきである。
細かく砕いた穀物、パスタ、パン、シリアル、いもといったでんぷん質の食品はできるだけ避けるべきである。

蛋白質
タンパク質 筋肉とエネルギー消費をまかなうために、
総摂取カロリーの30%はタンパク質とすべきである。
望ましいタンパク源は、赤みやひき肉より、
魚類、特に冷水魚で、鮭、マグロ、イワシ、
そのほか、鶏肉、七面鳥、他の食用鳥類、大豆である。
さらに、タンパク質は満腹感を増し、
低たんぱく食は食欲を増してしまうというデータがある。
たんぱく食は患者が望ましい低カロリー食を達成し維持するのを助ける。

脂質 
脂質は毎日の総カロリーのうち30%とし、
主に一価と多価不飽和脂肪酸(例えば、木の実、オリーブオイル、キャノーラ油)と
魚類から摂取すべきである。
ωー3脂肪酸を多く含有していればもっと良い。
牛肉、豚肉、羊肉のような飽和脂肪を多く含む肉、高脂質の製品は少量にすべきである。
同様に、トランス脂肪酸を多く含む食品は避けるべきである。



江部康二
コメント
糖質カット機能付炊飯器
https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1097202.html

このような商品もあるのですね。

次は、いよいよ糖質カット米でしょうか?
各地のJAなど稲作関係者に期待しましょう。
2017/12/19(Tue) 14:14 | URL | yanosono | 【編集
日本の糖尿病栄養指導
日本糖尿病学会 創立60周年記念誌

http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/jds60mag/intro_pc.html

P26~P29 「食事療法の60年」をご覧ください
2017/12/19(Tue) 14:37 | URL |  | 【編集
飽和脂肪酸の摂取が膵臓にダメージを与え糖尿病を悪化させるという考えがあるようですが江部先生はどのようにお考えですか?

糖質制限を行う場合でも飽和脂肪酸を極力避けて魚介類中心の生活にした方が良いのでしょうか?





2017/12/19(Tue) 15:15 | URL | westman | 【編集
Re: 糖質カット機能付炊飯器
yanosono さん

興味深い情報ありがとうございます。

【サンコー、普通に炊くだけで糖質を33%カットできる「糖質カット炊飯器」の先行予約を開始】

まあ私はご飯は食べませんが、いろいろ開発されるものですね。
2017/12/19(Tue) 19:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 日本の糖尿病栄養指導

情報をありがとうございます。

日本糖尿病学会の「食事療法の60年」、見ました。
宇都宮一典氏の糖質制限食の解説ですが、まさに「我田引水」ですね。

米国糖尿病学会が「栄養療法に関する声明2013」において
地中海食、ベジタリアン食、脂肪制限食、DASH食と共に
糖質制限食を正式に容認したことに一言も触れていないのは、極めてアンフェアです。
色付きの文字
2017/12/19(Tue) 20:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
westman さん

脳梗塞や心筋梗塞に関しても、今までの常識と異なり、飽和脂肪酸は関係ないことが以下の論文で証明されました。
35万人のメタアナリシスですから、信頼度は高いです。
『21論文、約35万人をメタアナリシスして、5~23年追跡して1.1万人の脳心血管イベントが発生。
飽和脂肪摂取量と脳心血管イベントハザード比を検証してみると、飽和脂肪酸摂取量と脳心血管イベント発生は、関係がないことが判明。
Siri-Tarino, P.W., et al., Meta-analysis of prospective cohort studies evaluating the association of saturated fat with cardiovascular disease.  Am J Clin Nutr, 2010. 91(3): p. 535-46.』


膵臓に関しても、飽和脂肪酸の摂取が糖尿病を悪化させるというエビデンスはないと思います。
米国糖尿病学会も、2013年10月に、糖尿病の食事療法の一つとして糖質制限食を正式に容認しています。

糖質制限食で糖尿病は明確に改善しますし、糖尿病合併症を予防できる唯一の食事療法です。
肉対魚が1:1くらいが良いと思います。
2017/12/19(Tue) 20:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質カット米機能付炊飯器 その2
https://m.newspicks.com/news/2702170
こちらは、分かりやすい解説付きです。
2017/12/20(Wed) 05:20 | URL | yanosono | 【編集
Re: 糖質カット米機能付炊飯器 その2
yanosono さん

情報をありがとうございます。
2017/12/20(Wed) 07:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可