『糖質制限で頭がいい子になる三島塾のすごい子育て』刊行。
こんばんは。

『糖質制限で頭がいい子になる三島塾のすごい子育て』
(三島 学/著  江部 康二/監修)
かんき出版 2017年10月12日




が、刊行です。

アマゾンなどで、予約受付中です。
三島塾シリーズの第三弾です。
ブログ読者の皆さん、ご興味ある方は、是非ご一読頂けば幸いです。

江部康二

☆☆☆
以下は、かんき出版のプレスリリースです。

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000011466.html
日本唯一!
「食事(糖質制限)×学習指導(アドラー心理学)」
で頭がいい子になる三島塾のすごい子育てとは?


◆糖質制限は、体と心を強くする人間本来の食事

炭水化物などに含まれる糖質の摂取量を減らす「糖質制限」。
今ではダイエット法としてすっかり市民権を得ていますが、
これはダイエットだけに効果があるものではありません。
体を丈夫にし、脳を活性化させる、人間本来の健康的な食事法なのです。
この「糖質制限の食事」とセットで学習指導を子どもたちに提供して
評判を呼んでいるのが「三島塾」です。

きっかけは、著者自身が糖尿病を治すために糖質制限食を取り入れたことでした。
その結果、何十年も悪かった肝機能までもが、驚くことにたったの1ヵ月で改善。
さらに、ほぼ年中無休の多忙な日々でも疲れ知らずの塾長を見た塾生たちから
「僕も同じものを食べたい」と懇願され、
同じ糖質制限の食事を提供するようになったのが始まりでした。

すると、子どもたちの集中力が驚くほど高まって長時間の勉強も苦ではなくなり、
成績がぐんぐんアップしはじめたのです! 
さらに、イライラがなくなり性格が穏やかになるなど、
子どもたちの心と体に大きな効果が見られました。
不登校だった子どもが学校に行けるようになったり、
問題行動を起こしていた子どもが
すっかり落ち着いたりといったケースも増えていきました。


☆☆☆
以下は私の巻頭言です。

糖質制限で頭がいい子になる三島塾のすごい子育て 2017年10月 

三島学塾長の3冊目の本『糖質制限で頭がいい子になる三島塾のすごい子育て』が刊行されました。
その前のサプライズとして2017年8月31日から「くら寿司」で糖質オフメニューの販売開始となりました。
不肖江部康二、糖質セイゲニストのトップランナーとして、いろいろやってきましたし、
最近のファミリーレストランの糖質制限メニューには、ほくそ笑んでいたものです。
しかし、「寿司だけはハードル高いわ」とあきらめムードでしたので、良い意味でびっくりでした。
さらに私事で恐縮ですが、2017年2月7日、生まれて初めて東大病院まで行って、
渡邊昌先生、門脇孝先生、江部康二の3人で鼎談を行いました。
渡邊昌先生は、医学雑誌「医と食」の編集長です。
門脇孝先生は、一般社団法人 日本糖尿病学会 理事長であり、
東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授です。
日本糖尿病学会の第一人者と糖質制限食のトップランナーである私の歴史的出会いともいえる出来事でした。
そして、一般社会でも医学界でも、「糖質制限食」がとうとうここまで来たなという感慨を覚えました。
思えば、三島塾長と二人で「子供の糖質制限」という茨の道を歩み始めたのが、2013年8月で、
幾多の困難を乗り越えて、2016年11月『「糖質制限」が子供を救う』の刊行にこぎ着けました。
そこからは正直言って早かったです。
とんとん拍子に話が進み「子供の糖質制限」に対する世の中のアレルギー反応も自動消滅していき、
現在は追い風ばかりふいている嬉しい状況です。
今回の本には三島塾のエッセンスが余すことなくつまっています。
「食生活指導+学習指導」で成績向上、言葉にすれば簡単ですが、実際に学習塾でこれを実現させているのは、
日本広しといえども、三島塾だけだと思います。
塾長自ら、塾生に糖質制限料理を毎日ふるまって眠気なしで学習意欲を向上させているのも三島塾だけです。
これに加えて「褒めない・叱らない・教えない」というアドラー心理学の極意も取り入れての指導ですから、
これはもう鬼に金棒です。
読者の皆さん、是非三島流学習指導を取り入れて、
健康で意欲充分の子供達になるようサポートしてあげて下さい。

高雄病院理事長
江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
質問があります。
ケトン体について勉強していたのですが、ケトン体は安全であるというのが糖質制限での常識になっていると思います。
赤ちゃんや糖質制限をしている人がケトーシスになっても害がないことからそれは確かだと思うのですが、このケトン体が安全というのはインスリンの不足(高血糖のリスク)がない場合に限るという考えでよろしいのでしょうか?

ケトン体自体は危険ではないが、高血糖による糖代謝障害によってケトン体が増加し酸性に傾くのは論理的には正しいように思えまして。

高血糖でアシドーシスになるわけではなく、高血糖によるケトン体増加でアシドーシスになるという考えで大丈夫でしょうか?

乱文で申し訳ありません。

2017/10/02(Mon) 04:26 | URL | SGM | 【編集
Re: タイトルなし

SGM さん

「インスリン作用の不足」レベルではなく、
「インスリン作用の欠乏」レベルで、「糖尿病ケトアシドーシス」が発症します。

具体的には、1型糖尿病で、インスリン注射をしていた人が、いきなりインスリンを中止したときか、
「ペットボトル症候群」のときくらいです。

『インスリン作用の欠乏→拮抗ホルモンの過剰→全身の代謝障害→糖利用の低下・脂肪分解の亢進→高血糖・高遊離脂肪酸血症→ケトン体の産生亢進→ケトアシドーシス』


です。
即ち、糖尿病ケトアシドーシスは、インスリン作用の欠乏が出発点であり、ケトン体増加は最後の結果です
2017/10/02(Mon) 07:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限スーパーで1型陽性でもhba1c5.4

8年前より糖質制限続けています。
先生のブログにたどり着けたおかげで今の自分があると感謝しています。
ありがとうございます。
現在、高雄病院通院中です。
今回お伝えしたいこと、ご教授いただきたいことが3点あります。

1.糖質制限食によりHBA1Cが優秀であったため見過ごした隠れ1型陽性について
  今年4月、心電図の異常値と右目の動揺視で脳のMRIを受けましたが、脳と目に異常ありませんでした。
 心臓だけ、運動負荷検査から検査が進み、今度RI検査を受ける予定になっています。
 精密検査中に病院で食後高血糖の話をしたところ、血液検査でGAD抗体の項目まで調べてくださいました。
 GAD抗体が29.7なので、1型陽性だと言われました。
  7年前に炭水化物量×5血糖値があがることを知ったときは1型ではなく、痩せているからだと思っていたのですが、実は1型糖尿の影響なのだと知りました。
 緩徐進行型の1型です。
 糖質制限食でHBA1Cが5.6以下に抑えられていたために、健康診断でひっかかることがなく、糖尿病ではないと診断され、隠れ1型であることを気づかずに過ごしていたのです。
 今回の体調不調により、今まで知らなかった1型陽性がわかるGAD抗体の存在を知ることができました。
 糖質制限をしているのに、何故かHBA1Cが緩やかに上昇していく中、「糖質制限が対糖能を悪化させる」というネット情報に惑わされこのまま糖質制限を続けていいものか悩んだ時期がありました。
 それでも信じて糖質制限を続けていたおかげで緩徐進行型の1型陽性であるにも係わらず薬も注射もせずに済んでいる事実に感謝いっぱいです。
 この事実は、ブログをご覧の方にも知ってもらえたらと思いました。
 2型だと思っていたのが、実は私の様に緩徐進行型の1型の可能性もあります。
 GAD抗体を調べ、早期に知ることで自分の体を更に労わることができるのではないかと思います。

2.有名な糖質オフ商品で食後高血糖を起こしていたという情報
 今年4月GAD抗体が陽性なことを知り、糖質制限をしているのにHBA1Cが5.6⇒5.9に推移していく事実を1型のせいだと諦めかけておりました。
 同時に、24時間血糖値管理ができるフリースタイルリブレを装着することにより1日の血糖値の変動を調べることにしました。
 装着まで知らなかったのが、朝は何も食べなくても120くらいまであがっていたこと。
 そこから糖質制限食を食べても基本が上げ底なため、振り幅が少なかった事実です。
 それから、もう1つびっくりしたのが、コンビニで販売されていた糖質2.2gのパンで血糖値が30上昇していたこと。
 2.2gだと思っていたので、今まで2個とサラダやおでん、スープなどと食べていましたが、2つ食べたら60上昇で、すでにアウト・・・。
 炭水化物量×5上昇しますので、表示が約3分の1の様です。
 それから怖くて5gの方も食べておりません。
 血糖値センサーをつけてから、今までの食事を改めて見直せるようになりました。
 そして先日の血液検査でHBA1C5.9⇒5.4に改善です。
 約4ヶ月実践の結果です。
 こちらも、私の様に糖質オフの表示を信じて食べている方がいらっしゃったらと思い、個人的なデータですが、こういうこともあると情報として共有させていただきます。
 なお、江部先生の糖質制限の粉で作ったピザは、表示通りだけでなくとても美味しかったので、お伝えいたします。
 生地を6等分し、伸ばして食べれる状態で、冷凍保存していますが、トースターでふんわりついつい2枚目に手を伸ばしたくなるお味で、明日また食べれるのが楽しみでなりません。
 もう少しお値段が・・と、贅沢を言ってはバチが当たりますね(笑)
 大切に食べたいと思います。

3.IPDアレルギー薬を内服するには?
 先生のブログで以前IPDアレルギー薬が初期の1型糖尿のすい臓保護に有効であるとお見かけし、私は緩徐進行型の1型なので、もしかしたら今からでも何か効果があるのではと高雄病院で主治医
へ処方いただくように話をしたら、ご存知なかったようで、先日は処方していただけませんでした。
 主治医の先生がおっしゃるには、「あなたはまだ内因性のインスリンが残ってるからそんなに焦らなくてもいいのでは?また、確認しておきます」とのこと。
 糖質制限のおかげで8年経った現在も1型陽性でありながらHBA1C5台という結果ですが、やはり先のことを考えると打てる手は打ちたい。1日でも早く保護できるならしたいという思いは強くもっ
ております。
 高雄病院まで遠く、なかなか行くことができません。
 まだ私にも望みがあるのであれば、すぐにでもIPDアレルギー薬を処方いただきたいのですが、どのように思われますでしょうか?
 また内服することで将来注射をしなくても大丈夫になるのでしょうか?

2017/10/02(Mon) 18:24 | URL | 小福 | 【編集
江部先生が常々、唯一無二の食事法は無いと仰っているように、頭がいい子になるというのもそうではないかと思いますが?
この本のタイトルが時代錯誤というかナンセンスではないかと。
三島さん自身がここのコメント欄で、うちは進学実績を競うような塾ではないですと応えられていたと思うのですが。
だったら尚更頭がいい子の定義が難しくなる気がします。


2017/10/02(Mon) 18:54 | URL | 敬子 | 【編集
Re: 糖質制限スーパーで1型陽性でもhba1c5.4
小福 さん

1型で8年間、インスリンフリーとは素晴らしいです。

貴重な体験報告をありがとうございます。
興味深い内容なので、近日中に記事にしたいと思います。

IPDがどのていど、抗GAD抗体の減少に有効かはまだまだ良くわからない段階です。
ただ害もないので、主治医とよく相談されて許可がでれば、試してもよいかと思います。


2017/10/02(Mon) 20:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
敬子 さん

ご指摘ありがとうございます。

私も、のこのタイトルには、かなり違和感を持ちました。

よい代替案があれば良かったのですが・・・。
2017/10/02(Mon) 20:22 | URL | ドクター江部 | 【編集
新著の紹介のお礼
先生の一言で、ぐぃ~んとランキングが上昇しました。真実を知ってしまったので、書かざるをえない、広く、知ってほしい、という一心で書きました。自分で言うのもなんですが、よいできだと思います。ありがとうございました。
2017/10/02(Mon) 22:20 | URL | 北九州・東京 三島 | 【編集
頭がいい子
江部先生こんにちは

私は、「頭が自由」な子供に育ってほしいと思っています。

糖質制限反対(慎重)派の、「頭がいい」医師や学者は「頭が不〇由」なのだと思います。

次回タイトル『糖質制限で頭が自由な子に育つ』は、いかがでしょうか。

ちなみに、「頭が悪い」私、糖質制限で「頭が自由」です。
2017/10/03(Tue) 16:12 | URL | オスティナート | 【編集
Re: 新著の紹介のお礼
北九州・東京 三島 さん

新著の売れ行き好調で良かったです。
子供の糖質制限が普通に話せる時代になってきましたね。
2017/10/04(Wed) 12:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 頭がいい子
オスティナート さん

『糖質制限で頭が自由な子に育つ』

とてもいいですね。
私も賛成です。

2017/10/04(Wed) 20:23 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可