FC2ブログ
アジア太平洋心臓病学会・市民講座・2017、糖質制限食講演など
おはようございます。

アジア太平洋心臓病学会 市民講座
非感染性疾患(NDCs)シンポジウム2017 
心臓病,脳卒中,がん,肺疾患,糖尿病の予防を目指して
2017年10月29日(日)
https://kenkochoju.kyoto/event/?act=detail&id=972
セミナー京都市後援
イベント開催場所 京都大学 百周年時計台記念館 国際交流ホール


のご案内です。
講演 3. 糖質制限食による糖尿病の治療と予防
で、私もお話します。
参加費無料の市民講座ですので、京都をはじめ関西の皆さん
是非ご参加いただけば幸いです。


講演 3. 糖質制限食による糖尿病の治療と予防

抄録 
糖質制限食は、1999年から京都・高雄病院において糖尿病治療食として開始され、合併症を予防できる唯一の食事療法として画期的な成果をあげてきました。米国糖尿病学会の患者用テキストブック(2004年)には「摂取後直接、血糖に影響を与えるのは糖質のみである。蛋白質・脂質は、摂取後、直接血糖に影響を及ぼすことはない。」と記載されています。これらは含有エネルギーとは無関係な生理学的事実です。食後高血糖と一日平均血糖変動幅増大が糖尿病合併症の最大のリスクとなりますが、従来の糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)では、必ずそれらを生じるので、糖尿病合併症の予防は困難です。現実に日本では、毎年新たに、人工透析16000人、失明3000人、足切断3000人と糖尿病合併症は減っていません。米国糖尿病学会は、2013年10月、5年ぶりに「栄養療法に関する声明」を発表し、糖質制限食、地中海食、ベジタリアン食、低脂質食、DASH 食を受容しました。このことは糖質制限食に大きな追い風となりました。


江部康二


プログラム

13:00  開場
      
13:30 ご挨拶  松森  昭 (NPO法人アジア太平洋心臓病学会 理事長)

13:35 開会の辞  河合 忠一 (京都大学名誉教授、元世界心臓連合 理事長)

13:40
      講演1 高齢者診療20年を通じて学んだ「老化の予防」
      山本  章 (尼崎老人保健施設ブルーベリー 施設長)
      座長 : 細田 瑳一 (日本心臓血圧研究振興会 理事長)

14:30 休憩

14:40 講演2 乳がんの予防・治療
      稲本  俊 (天理よろづ相談所学園天理医療大学 医療学部 学部長)
      座長 : 宮崎 俊一 (近畿大学医学部 循環器内科 主任教授)

15:30 休憩

15:40 講演 3. 糖質制限食による糖尿病の治療と予防
      江部 康二 (一般財団法人高雄病院 理事長)
      座長 : 島田 俊夫 (静岡県立総合病院 臨床医学研究センター 部長)

16:30 閉会の辞 長谷川 浩二 (京都医療センター 展開医療研究部長)


イベント開催日 2017年10月29日(日)
13:30~16:30/開場13:00

イベント開催場所 京都大学 百周年時計台記念館 国際交流ホール
住所:〒606-8317 京都府京都市左京区吉田本町36

料金  無料

定員  300名

主催者 特定非営利活動法人アジア太平洋心臓病学会

お申し込み方法 当ホームページの申し込みフォームより http://npo-apsc-ncd.jp/form/mpmail/

お問い合わせ先 特定非営利活動法人アジア太平洋心臓病学会
E-MAIL ncd@npo-apsc.jp
URL: http://npo-apsc.jp/

当NPO法人は世界心臓連合と協力し、アジア太平洋地域において、がんや心臓血管病、糖尿病などの非感染性疾患(NCDs)の撲滅に向けた啓発活動を展開しております。本シンポジウムはその活動の一環として行うことを目的としております。 本年のシンポジウムは昨年と同様に、それぞれの分野の専門家による講演会を一般の方々にも参加いただく市民講座として開催いたします。ご後援いただければ、本シンポジウムをより多くの一般市民の皆様へお知らせすることが出来るようになります。また、これらの活動を通じて、市民のNCDsの撲滅・健康増進に貢献できることを願っております。

コメント
セミケトンって存在しますか?
はじめまして。
45才の元看護師です。
昨年のNHKスペシャルをきっかけに食後高血糖がわかり、先生のご著書とこちらで勉強させていただき、スーパー糖質制限のおかげで悪かった体調が良くなりました。日々感謝しております。ありがとうございます。

私の両方の祖母が糖尿病からの腎不全や大血管病変だったこともあり、遺伝を考えると子供たちの食事も気をつけた方がいいだろうと私のみでなく家での食事は糖質制限ドットコムの糖質制限調味料で作ったものにして、こちらでご紹介のあった三島先生の2冊の本を読んだり、子どもがミニバスケットをやっているので清水先生の「運動するときスポーツドリンクを飲んではいけない」を読んでスポーツにも糖質制限が良いこともわかりました。
しかしながら、世間的の常識はエネルギー摂取には炭水化物がいいという常識があり、練習の合間のお昼にはそうめんだけ、おにぎりだけという子どももいるので、疲労回復や怪我の回復のためにも早くこの間違った常識がひっくり返らないかと思っていたところ、以前こちらで糖質制限をされていると紹介されていたサッカーの長友選手が出した「長友佑都の食事革命」を早速購入して読みました。
そうしましたら、長友選手は糖質制限食を試したところ、エネルギー切れを感じ、糖代謝機能に問題のない自分は糖質制限を続ける必要性があるのか疑問に思い、ケトジェニックフードアドバイザーのシェフの助言と相談で玄米を取り入れるようになり、血糖値を見ながら1食糖質40~60g、1日170gまでとしたそうですが、それを「セミケトン食」と書いているのですが、セミケトンとは存在するのでしょうか。1日糖質量60g以下でないとケトン体回路にはならないのではなかったでしょうか。他にもミネラルビタミンタンパク質脂質、血糖値の変動にまでいろいろ気をつけられていて、体調も良いそうなのでご本人の身体に良ければそれでいいと思いますが、ケトン体回路の本来の恩恵は受けられない糖質量だとしたら、そのことを間違って受け取られることになるだろうと懸念いたします。
いまだカロリー制限食を指導してインシュリンを処方している医師らに比べれば、白砂糖や白米を断ち、血糖値の乱高下を起こさない、バランスと質の良い食事を心がけている点では見習うところしかありませんが、セミケトンという概念について、影響力のある方だけに、心配になりました。先生の見解をお伺いできればありがたいです。
2017/09/30(Sat) 15:05 | URL | canimama | 【編集
「糖質制限理論」講演会開催期待!
都内河北 鈴木です。

以前にもコメントしましたが、「都心開催」を心より希望します。

「可能性ない理論で権威肩書き」を振り回す医療者へ、
「時代進化解明事実」を知らしめる為に!!

私の様に、
「隠蔽事実で治せない」
「患者自身で改善」
「改善を隠蔽行動」
これで現在の日本医療は成り立っています!
私は体験しました。(確証あります)

2017年の現在です!!

過去21年間が糖尿病重症化して行くものが3ヶ月足らずで、
2013年1月より「糖質制限理論」で「正常化」してから、
「生還、覚醒」して行くのは理論通りです。

治って行くのは嬉しいのですが、改善患者の皆様も同様に
「何故日本医療の糖尿病専門組織が、時代進化解明事実に対応していない」事に
患者自身が感じたのなら、
以前「糖質制限理論」を受容しない「日本医療界」への
「ストレス」蓄積は半端ないです!!

1患者の改善デ~タ持参で私の更なる改善への「質疑応答」をしてきましたが、
今年の杉並区保健センタ~での
私が悪化した病院・担当医の
「日本糖尿病学会主催・血糖改善教室」の開催日が減ったように思えます。

江部先生の御活躍には、今後の更なる改善の為に学習をさせて頂きます。
ありがとうございます!!
敬具
2017/10/01(Sun) 01:41 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
血糖値測定機器について
いつも大変お世話になっております。
高雄病院にお世話になりましてから10月3日で丸2年になります。
糖質制限だけで、体重や血液検査、尿検査に肝臓のエコー検査等等等等、ほとんどが正常値を確保し、少々脂摂取不足を取り戻すべく(苦手なんです)頑張っているところです。٩( ᐛ )و
これは全て先生の御本に巡り合ったお陰です。心から感謝申しあげております。ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

ところで早速ですが質問させて下さい。
9月28日木曜日の日経新聞に載っていた記事です。
血糖値計測に使う機器で、アボットジャパンが今年から国内で医療機関を通じて供給している「フリースタイル リブレ」という装置です。
上腕部内側に付けたセンサーの微小な針が、皮膚のすぐ下にある間質液中のグルコース濃度を常時測っている。センサーは2週間ごとに取り替える。装着中に入浴や水泳・ランニングなどの運動も可能だ。と書いてあり、そのセンサーに読み取り装置を近づけてグルコース値を測るそうです。針を刺さなくても24時間いつでも測りたい時に血糖値が分かる優れ物の様です。
去年の12月から、インスリンを使っている患者だけを対象にして保険適用になったそうです。

そこで私も、インスリンも服薬もしていませんが、毎朝、できる日は就寝前も、それにチョット糖質の多そうな物を食べてしまった時に測定していますので、大変興味が湧きました。できるなら使いたいと思います。
高雄病院で購入する事ができるでしょうか。又、お値段はいかほどになるのでしょうか。教えて頂けましたら嬉しいです。

お忙しい先生のお手を煩わせる事を申しましてごめんなさい。いつでも結構です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
2017/10/01(Sun) 10:00 | URL | まちこ | 【編集
Re: セミケトンって存在しますか?
canimama さん

拙著のご購入、ありがとうございます。
糖質制限食で、体調良好、良かったです。

「1食糖質40~60g、1日170gまで」

この食事なら、ケトン体高値にはなりません。
従ってケトン体質にはなりません。
また、米国糖尿病学会は、一日130g以下の糖質摂取を「糖質制限食」と定義していますので、
糖質制限食でもないです。

長友選手の食事は、一般の人よりは糖質摂取は、大分少なくしているということですね。
ジョコビッチ選手も、朝と昼はしっかり糖質を摂取していて、夕食だけが糖質制限食です。
運動量が多い場合は、ジョコビッチスタイルでも、糖質の害は出にくいと思います。

2017/10/01(Sun) 19:10 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 「糖質制限理論」講演会開催期待!
都内河北 鈴木 さん

2017年10月8日(日)に
宗田先生、深作先生と江部康二の3人で
東京で糖質制限食の講演会をします。

「内科、眼科、産婦人科医がみた 糖質制限食のチカラ」東京講演会。
2017年09月07日 (木)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4320.html


満員御礼になっていたら、申し訳ありません。
2017/10/01(Sun) 19:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 血糖値測定機器について
まちこ さん

拙著のご購入ありがとうございます。
また糖質制限で、諸症状改善、良かったです。

「フリースタイル リブレ」とてもいいと思います。

高雄病院でも、糖尿病入院患者さんにはアボット社の、
「フリースタイル リブレ」とほぼ同様のシステムのCGMを実施していますが
大変便利です。

ただ、諸般の事情で、高雄病院での、「フリースタイル リブレ」の患者さんへの販売はしていません。

申し訳ありませんが、アボット社に直接問い合わせてみて頂けば幸いです。




2017/10/01(Sun) 19:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
Free style リブレPro
江部先生、ブログ、本、講演会でいつも御教授ありがとうございます。
Free style リブレPro(2週間連続で15分おきに血糖値測定器)が保険適用になったと最近雑誌、新聞で紹介されていますが、土曜日に高雄病院で測定して頂けるのでしょうか?
2017/10/02(Mon) 18:37 | URL | 福永信雄 | 【編集
Re: Free style リブレPro
福永信雄 さん

「FreeStyleリブレ」が確かに保険適用となったのですが、
現実には極めてハードルが高くて、ほとんどの医療機関では採用しないと思います。
高雄病院でも断念しました。

2017/10/02(Mon) 20:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可