炭水化物摂取比率が減少して、糖尿病増加が急減、 糖尿病予備軍は減少。
「週刊ポスト 2017/9/22号の記事 糖質制限すると糖尿病になる」
に反論です。

まず、週刊ポストのグラフは不正確です。

日本において、以下のグラフの如く、
1997年をボトムに、増加し続けていた炭水化物の摂取比率が、
2008年~2010年にかけて13年ぶりに1%減少して(60.4%→59.4%)、
糖尿病の増加が急減し、
糖尿病予備軍は国民健康・栄養調査が始まって以来初めて減少しています。


スライド1


スライド2



「糖尿病疑い950万人 厚労省推計2007年から60万人増」

炭水化物摂取比率が減少して、糖尿病の増加が急減し、糖尿病予備軍は減少。


2013年12月19日に厚生労働省が発表。

厚生労働省は、毎年国民健康・栄養調査を実施しています。

その中で、5年に1回、糖尿病有病率を集計しています。

今回2012年の糖尿病有病率は、2007年に比し、約60万人増加で、かなり歯止めがかかっています。

1990年:560万人
1997年:690万人(130万人増加)
2002年:740万人(50万人増加)
2007年:890万人(5年間で150万人増加)
2012年:950万人(5年間で60万人増加)

これで見ると、2002年→2007年の増加率が、半端じゃないですね。

2007年→2012年の増加は、60万人で
1997年→2002年の増加、50万人と似たようなもので、
2002年→2007年の増加、150万人に比しかなり少ないです。

さらに、糖尿病予備軍は、約1100万人で、2007年から約220万人減少で、国民健康・栄養調査が始まって以来の快挙です。

冷静に考えて、糖尿病増加の勢いが、弱まったことになります。

実はずっと増え続けていた炭水化物摂取比率が、2008年から2010年にかけて、60.4%から59.4%に減ってい
るのです。

そして、ずっと減少傾向だった脂質摂取比率が、2008年から2010年にかけて、24.9%から25.9%に増えているのです。

そして、これを受けて、20007年から2012年にかけて糖尿病の増加が急減して、糖尿病予備群は220万人も減少しているのです。

保健所や一般の医師・栄養士の食事指導は、旧態依然たる日本糖尿病学会推奨で唯一無二のカロリー制限食で、数十年来不変ですので、今更この影響はないと思います。

こうなると、あくまでも仮説ですが、炭水化物摂取が減って脂質摂取が増えて、糖尿病の激増に歯止めがかかったのは、糖質制限食の影響の可能性がありえますね。(^^) 


追加
なお、2000年~2012年まで日本の人口は1億2000万ちょっとで大きな変化はありません。
そして、この間、高齢化はどんどん進んでいるので、普通に考えると
高齢者に多い病気である糖尿病は、より増加し易い状況だったと言えます。
それが歯止めがかかったというわけです。



江部康二

2005年に
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)
を日本初の糖質制限食の本として上梓しました。

1997年以来増加し続けていた炭水化物の摂取比率が、
2008年~2010年にかけて13年ぶりに減少して
糖尿病予備軍が調査開始後初めて減ったことに、
私の本が一定程度貢献しているとしたら、とても嬉しい思いです。


<国民健康・栄養調査 2008年~2015年>


平成27年(2015年) 総数
エネルギー 1889
脂肪:26.9
炭水化物:58.4
蛋白質:14.7


平成26年(2014年) 総数
エネルギー 1863
脂肪:26.3
炭水化物:59.0
蛋白質:14.7


平成25年(2013年) 総数
エネルギー 1873
脂肪:26.2
炭水化物:58.9
蛋白質:14.9


平成24年(2012年) 総数
エネルギー 1874
脂肪:26.2
炭水化物:59.2
蛋白質:14.6


平成23年(2011年) 総数
エネルギー 1840
脂肪:26.2
炭水化物:59.2
蛋白質:14.6


平成22年(2010年) 総数
エネルギー 1849
脂肪:25.9
炭水化物:59.4
蛋白質:14.7


平成20年(2008年) 総数
エネルギー 1867
脂肪:24.9
炭水化物:60.4
蛋白質:14.7

コメント
悩み相談です。
いつも新しい情報ありがとうございます。
世の中に出てる情報だけで、当然糖尿病予備群は増えてると思い込んでいました。

ところで先生に相談があります。
糖質制限で大減量したのですが
ふとしたきっかけで糖質中毒が爆発したようで脳と手とコントロールができなくなっています。
どんな対策が有効ですか?
前の自分は平気で糖質制限して頑張っていたのに悔しいです。
お知恵拝借できたら助かります(´••)
2017/09/12(Tue) 12:46 | URL | ゆーみ | 【編集
評価
 またまたこんにちは。

 このようなデータからも、様々な仮説ができそうです。

 例えば、糖質制限推進の立場からすれば、10年近く経っても、まだ6割近くも炭水化物を採っている。もっと摂取率を減らすべきだ!

 逆の立場からすると、炭水化物摂取率がちょっと減っただけで、予備軍の数も減っている。だから、それなり(半分くらい?)は、炭水化物を摂取してもよい、あるいは、すべきだ!

 前のコメントの我田引水になりそうですが、やはり、自分自身の判断が(判断の過程、推論)が大事だな、と改めて感じました。

 書き忘れてましたが、私はもちろん、糖質制限を肯定する前提の仮説を自分で実証・検証しようとしています。当然ながら、完全に正確な検証はできないです。ただ、長期(8年)の経過から、自分にとってのある程度の仮説(推論)はできるかな?と思っています。

 たびたび失礼しました。
2017/09/12(Tue) 13:18 | URL | (自称 社会科学者)もえ | 【編集
Re: 悩み相談です。
ゆーみ さん

ゆるい糖質制限、あるいはプチ糖質制限でどうでしょう。
それでも減量が維持できると思います。
2017/09/12(Tue) 14:44 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 評価
もえ さん

米国では、炭水化物摂取比率50%くらいで、糖尿病は増えていますが、
糖尿病と診断後は炭水化物摂取比率40%となります。
それで20年間(1990~2010年)で、合併症が半減以上です。

一方日本では、60%の炭水化物を食べて糖尿病になり、
診断後も60%の炭水化物摂取で、合併症は全く減っていません。

そうすると炭水化物摂取比率40%には、かなりの意味があると思われます。
2017/09/12(Tue) 14:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 評価
 江部先生、ありがとうございます。

 念のため書きますと、私自身は糖質制限の効果を否定する気はまったくないです(私個人は、糖質摂取率を20%未満にするように、努めています(できないこともしばしばですが))。一定のデータを基にして、様々な意見があり得て、場合によってセンセーショナルに取り上げられるかもなぁ?と思っているだけです。

 たびたび、失礼しました。いつもながら、ご丁寧に回答いただき、ありがとうございます。
2017/09/12(Tue) 15:24 | URL | (自称 社会科学者)もえ | 【編集
広島講演会参加しました。
お疲れさまでした。実際の生の声で理論を聞けて復習とともに、「また糖質制限を頑張らねば」と決意する次第です。
ダイエット目的でお弁当の本と出会い、その後糖尿病予備軍ということで、3年弱スーパー糖質制限(もどきかも!?)続けていますが、最近ポテチを買って4分の1袋食べたり、巻き寿司を2切れ食べたり、ちょっといいかなと気が緩んでいたところでした。(HbA1cが6.0下がらない理由でしょう)
瀬尾一史Drではありませんが、米を食べないなんて体に悪いと家族にも言われた次第です。義理の兄(耳鼻科医師)も同様の反応で、医師が信じないのですから(迷信じゃないですが)一般社会は無理もないことですね。
姉に今回の講演会のことを話しましたところ、義兄の同期が糖尿病になり、糖質制限をしているというのを聞いて、義兄は真実味を持ったとか。(耳鼻科医が糖質制限を患者に勧めると商売にならないかも!?)
その話を私は聞いてやはりお医者さんは知識があるから自分で実践するのに患者には教えないのは罪だなと思いました。

3年前に比べて糖質制限食有名になったものです。益々のご活躍をお祈りしています。
2017/09/12(Tue) 21:08 | URL | ぴーなっつさん | 【編集
筋肉と糖質
http://musclebodyinfo.blog.fc2.com/blog-entry-421.html?sp


これ、本当ですか?
当方、単純に、筋肉=タンパク質なので、糖質は無関係と思っておりましたが…

先生の御意見賜りたいです
2017/09/13(Wed) 10:47 | URL | 糖質制限者&プチビルダー | 【編集
磯野真穂氏の記事 続編
こちらも磯野真穂氏の著作です。先日の記事と同様に現代ビジネスサイトに掲載されています。

記事のアドレスを載せようとしたのですが、どうしても送信できません。恐縮ですが、現代ビジネスサイトで検索してください。磯野真穂をキーワードとして検索すると記事が探せます。
2016年10月25日と2017年1月21日の2回に分けて掲載されています。

こちらでは、江部先生の著書 主食をやめると健康になる についても取り上げられています。
長いのでまだ前篇しか見ていませんが、先に情報をお送りします。
2017/09/13(Wed) 12:10 | URL | yanosono | 【編集
教えてください
はじめまして。
父方の祖母、母方の祖母、叔父が糖尿病の52歳、女性です。
糖質制限と糖質のドカ食いを繰り返してます。
2月HbA1c5.4
6月HbA1c4.9

昨日、血糖測定器を初めて購入しました。

ご飯400g、揚げ饅頭2個、マドレーヌ3個を食べて測定しました。

結果   食前  85
    40分後  88
    80分後  97
   120分後 107
   160分後  96

健常人は30~60分後にピークとありますが、今回120分後にピークとなってます。これはインスリンの分泌が悪くなっている、糖尿病に近づいていると判断すればいいのでしょうか?
今回の結果から分かることがあれば教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。
2017/09/13(Wed) 16:16 | URL | どすこい | 【編集
Re: 広島講演会参加しました。
ぴーなっつさん 

広島講演会へのご参加、ありがとうございました。

また応援、ありがとうございます。
おかげさまで、糖質制限食、とても順調に広がってきています。
2017/09/13(Wed) 20:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 筋肉と糖質
糖質制限者&プチビルダー さん

ムキムキのマッチョな肥大した筋肉を作るには、
「炭水化物+タンパク質」が、必要です。

しかししなやかな細マッチョとかの筋肉は、糖質制限で大丈夫です。

自然界の動物は、しなやかな筋肉ですね。
2017/09/13(Wed) 20:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 磯野真穂氏の記事 続編
yanosono さん

情報をありがとうございます。
みてみます。
2017/09/13(Wed) 20:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 教えてください
どすこい さん

全くの正常なデータです。

脂質と糖質を一緒に摂取したので、食後血糖値のピークが後ろにずれたのでしょう。
2017/09/13(Wed) 20:44 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可