炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇。ランセット(Lancet)論文。
おはようございます。

『炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇』

という衝撃的な内容の論文が、
ランセット誌のオンライン版(2017/8/29)に掲載されました。
中嶋一雄先生から、詳しい情報をコメント頂きました。
carenetさん、中嶋先生、ありがとうございます。

一般の人には、衝撃的と言えますが、
我々糖質セイゲニストからすると、「日頃の主張がとうとう証明された」
というイメージでしょうか。

我が畏友、夏井睦先生の「炭水化物が人類を滅ぼす」が、
まさに正鵠を射ていた、ということですね。


1)炭水化物摂取量の多さは全死亡リスク上昇と関連。
2)総脂質および脂質の種類別の摂取は全死亡リスクの低下と関連。
3)総脂質および脂質の種類は、心血管疾患(CVD)、心筋梗塞、CVD死と関連していない。
4)飽和脂質は脳卒中と逆相関している。


1)2)3)4)が、今回、
ランセット誌のオンライン版(2017/8/29)に掲載された論文で確認されたということであり、画期的な内容と思います。

「今回の結果を踏まえ、世界的な食事ガイドラインを再検討すべきである」
と著者は提言しているのですが、当然と思います。

糖質制限食賛成派にとっては、これ以上ない追い風です。
2017年度の「糖質制限10大ニュース」に当確ですね。



【17/09/08 中嶋一雄
こちらがより詳しい
【炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇/Lancet】
http://www.carenet.com/news/journal/carenet/44610

 炭水化物摂取量の多さは全死亡リスク上昇と、また総脂質および脂質の種類別の摂取は全死亡リスクの低下と関連する。さらに総脂質および脂質の種類は、心血管疾患(CVD)、心筋梗塞、CVD死と関連していないが、飽和脂質は脳卒中と逆相関していることが確認された。カナダ・マックマスター大学のMahshid Dehghan氏らが、5大陸18ヵ国で全死亡および心血管疾患への食事の影響を検証した大規模疫学前向きコホート研究(Prospective Urban Rural Epidemiology:PURE)の結果、報告した。主要栄養素とCVDや死亡との関連性については、これまでのデータのほとんどが栄養過剰の傾向にある欧州や北米の集団からのもので、他の集団にも当てはまるか不明であった。著者は、「今回の結果を踏まえ、世界的な食事ガイドラインを再検討すべきである」と提言している。Lancet誌オンライン版2017年8月29日号掲載の報告。

◇18ヵ国の13万5千例以上を約7年半追跡
 研究グループは、2003年1月1日~2013年3月31日に、高所得国(カナダ、スウェーデン、アラブ首長国連邦)、中所得国(アルゼンチン、ブラジル、チリ、中国、コロンビア、イラン、マレーシア、パレスチナ自治区、ポーランド、南アフリカ、トルコ)、低所得国(バングラデシュ、インド、パキスタン、ジンバブエ)の計18の国・地域において、35~70歳の13万5,335例を登録し、食事摂取量を食事摂取頻度調査票(FFQ)により調査した後、中央値7.4年(IQR:5.3~9.3)追跡した。

 主要アウトカムは、全死亡(total mortality)および主要心血管イベント(致死的CVD、非致死的心筋梗塞、脳卒中、心不全)。副次アウトカムは、心筋梗塞、脳卒中、CVD死、非CVD死であった。

 炭水化物、脂質(総脂質と種類別[飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸])およびタンパク質の摂取量を、エネルギー比に基づき5分位で分類し、摂取量と各評価項目との関連について多変量Cox frailtyモデルを用いハザード比(HR)を算出した。

◇全死亡リスクは、炭水化物の摂取量が多いほど増加、逆に脂質では低下
 追跡期間中に、死亡が5,796例、主要心血管イベントの発生が4,784例記録された。炭水化物は、摂取量が多いほど全死亡リスクが高く、最低5分位群(エネルギー比中央値46.4%)に対する最高5分位群(同77.2%)のHRは1.28(95%信頼区間[CI]:1.12~1.46、傾向のp=0.0001)であった。CVDまたはCVD死のリスクとの関連は確認されなかった。

 一方、脂質は総脂質および種類別のいずれも、摂取量が多いほど全死亡リスクは低かった。最低5分位群に対する最高5分位群のHRは、総脂質が0.77(95%CI:0.67~0.87、傾向のp<0.0001)、飽和脂肪酸は0.86(95%CI:0.76~0.99、傾向のp=0.0088)、一価不飽和脂肪酸は0.81(95%CI:0.71~0.92、傾向のp<0.0001)、多価不飽和脂肪酸は0.80(95%CI:0.71~0.89、傾向のp<0.0001))であった。

 また、飽和脂肪酸は、摂取量が多いほど脳卒中のリスクが低い関連が認められた(最高5分位群 vs.最低5分位群のHR:0.79、95%CI:0.64~0.98、傾向のp=0.0498)。総脂質、飽和および不飽和脂肪酸の摂取量は、心筋梗塞またはCVD死のリスクと有意な関連はみられなかった。

 なお著者は、FFQは絶対的摂取量を測定した調査ではないことや、食事摂取量の調査がベースライン時のみで、またトランス脂肪酸の摂取量は未測定であることなどを研究の限界として挙げている。
(医学ライター 吉尾幸恵)

Associations of fats and carbohydrate intake with cardiovascular disease and mortality in 18 countries from five continents (PURE): a prospective cohort study

Lancet (London, England). 2017 Aug 28; pii: S0140-6736(17)32252-3.

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(17)32252-3/fulltext】


江部康二
コメント
衝撃的な論文発表、おめでとうございます。
いつもブログを拝読し、知識と元気をいただいております。

スーパー糖質制限食、丸6年になりました。

私は、30年来の摂食障害が、糖質制限食のおかげで寛解した、55歳女性です。
6年前の8月にこちらのブログに出会い、翌月9月1日からスーパー糖質制限食を始めまして、7年目に入りました。
寛解は6年目です。
QOLが激変し、糖質制限をやめる理由がありません。

せっかく寛解したので、社会貢献になればと、摂食障害の人に糖質制限を紹介するブログを始めました。
ブログはやっと1周年となりましたが、継続するにつれ、改めて、江部先生のエネルギーの甚大さを感じます。

摂食障害の人は、十中八九「糖質依存症」なので、厳しいとは思うのですが。


ここのところ、講演会などには参加できておりませんが、
内容も「日進月歩」とのこと、どこまで進化されるのか、驚くばかりです。
近々参加できたらと思っております。

6年前と比べ、糖質制限がかなり楽になってきました。
これも先生方のご尽力の賜物ですね。

私も微力ながら頑張ります。
これからもよろしくお願いします。
2017/09/10(Sun) 19:09 | URL | 黄緑桃 | 【編集
Re: 衝撃的な論文発表、おめでとうございます。
黄緑桃 さん


「30年来の摂食障害が、糖質制限食のおかげで寛解」


とは、素晴らしいです。
ブログ、他の摂食障害の方に参考になると思います。
2017/09/10(Sun) 20:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可