「必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維」と糖質制限食
こんにちは。
ヒトには人体で作れない栄養素があります。

人体で作れないので、
「必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維」は、
食事から摂取する必要があります。

高雄病院のスーパー糖質制限食では、
魚介類、肉類、卵、卵製品、乳製品、野菜、海草、茸、大豆製品など・・・
まんべんなく摂取するので、これらが不足することはまずありません。


A)必須アミノ酸

スーパー糖質制限食では魚介や肉や卵を充分量摂るので不足はまずないです。

ヒトでは、一般に次の9種類が必須アミノ酸に含まれます。
トリプトファン
リシン
メチオニン
フェニルアラニン
トレオニン
バリン
ロイシン
イソロイシン
ヒスチジン


B)必須脂肪酸

厳密にはαリノレン酸とリノール酸の2つだけが、必須脂肪酸です。

α-リノレン酸からEPAやDHAは合成できるのですが、効率は悪く、
体内合成量だけでは足らない可能性があります。
従って、魚をしっかり摂取するのがよいと思います。

EPA、DHAは、サバ、サンマ、イワシなど青物の魚や
クロマグロ、ミナミマグロの脂身等に豊富です。
魚を食べないと、EPAとDHAは不足しますので注意が必要です。

また、αリノレン酸は、エゴマ油やシソ油、
くるみ、マヨネーズと、
油揚げ、凍り豆腐(高野豆腐)、湯葉、納豆など大豆製品に豊富です。

なお、エゴマ油とシソ油は名前は違うけれど、同じもののようです。

これらの植物性食材を摂取しないと、
αリノレン酸が不足するので注意が必要です。

カツオ缶詰、マグロ缶詰にもα-リノレン酸が比較的豊富です。

リノール酸は、必須ですが、日本人は過剰摂取しているので、
注意が必要です。
糖質制限OK食材の中では、
鶏肉、サラダ油、ナッツ、マヨネーズ、卵などにリノール酸が豊富です。
リノール酸の摂取が多くてα-リノレン酸が少ないと、
動脈硬化、アレルギー疾患、欧米型ガンなどのリスクとなるとされています。

なお、菜種油やカノーラ菜種油に関しては、αリノレンン酸含有量は多いですが、
日本脂質栄養学会は、環境ホルモン作用があり、良くないとしています。

C)ビタミン

例えばビタミンCは、野菜や海苔などに豊富です。
果物にもビタミンCは豊富ですが、
糖質制限食では少量摂取ですので野菜や海苔を食べないと、
ビタミンCが不足するので注意が必要です。
他のビタミンは、スーパー糖質制限食で不足することは、まずありません。

ビタミンA
β-カロテン
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸
パントテン酸
ビタミンC

D)ミネラル

亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リンの13元素がが健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として厚生労働省により定められています。

スーパー糖質制限食なら、ミネラルが不足することはありません。

E)食物繊維

大腸の唯一のエネルギー源は短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオン酸、酪酸など)です。
食材としては、バターくらいにしか含まれていません。
従って、ヒトは摂取した食物繊維を大腸の腸内細菌(酪酸菌など)が餌にして酪酸などの短鎖脂肪酸を作ることで、大腸のエネルギー源を確保していると考えられます。
従って、食物繊維の摂取は、ヒトにとって必須と言えます。
糖質制限食では、野菜、海草、茸、大豆製品などから食物繊維を摂取できます。
勿論体内で産生される、βヒドロキシ酪酸などの短鎖脂肪酸も大腸細胞は利用します。

A)B)C)D)E)を考慮すれば
スーパー糖質制限食なら、
「必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維」
が不足することはないと考えられます。


なお玄米菜食を厳密に行うと、動物性食品に含まれるビタミンB12や、
魚に含まれるEPA・DHAが不足する可能性があるので注意が必要です。
ビタミンD、亜鉛、カルシウム、鉄不足にも注意が必要です。


**
そして必須糖質は存在しません。
体内で必要なブドウ糖は、肝臓で糖新生してまかなうので、
食物から摂取する必要はないのです。
国際食事エネルギーコンサルテーショングループの報告では、
「炭水化物(この場合は糖質とほぼ同義)の理論的な最小必要量はゼロである」(☆)
と明記されています。
(☆)
Eur J Clin Nutr. 1999 Apr;53 Suppl 1:S177-8.
Report of the IDECG Working Group on lower and upper limits of carbohydrate and fat intake. International Dietary Energy Consultative Group.
Bier DM, Brosnan JT, Flatt JP, Hanson RW, Heird W, Hellerstein MK, Jéquier E, Kalhan S, Koletzko B, Macdonald I, Owen O, Uauy R.



江部康二
コメント
大腸の唯一のエネルギー源?
江部先生に質問です。
当方消化器外科医です。
1. 大腸唯一のエネルギー源が短鎖脂肪酸であるという論拠の論文があれば教えて下さい。
2. 大腸のエネルギー源が食物繊維から腸内細菌が作る短鎖脂肪酸ということであれば、食物繊維を摂取しない人は大腸壊死になりますか?
3. 大腸のエネルギー源とは大腸の粘膜のことですか?それとも腸間膜を含む大腸すべてですか?
4. 食物繊維を摂らないエスキモーやマサイ族が大腸壊死に陥らないのはどうお考えですか?
以上、よろしくお願いします。
2017/05/31(Wed) 15:54 | URL | 和賀土生 | 【編集
母が
いつも勉強させていただいております。
私自身も、妊娠時、妊娠糖尿病になり産後の現在も先生のブログを拝見しながら、糖尿病予防のため、緩い糖質制限を行ないなっております。

今回は母のことで助言いただければ幸いです。

当初、無呼吸症候群ということで、糖尿病が発覚しました。
もう治療歴は7〜8年くらいかと思います。
炭水化物が好きで糖質制限食をいくら進めても、なかなか取り入れてもらえず、とても心配しております。

現在 直近
ヘモグロビン7.1 空腹時血糖102
と、あまり数値も良くありません。

現在以下の薬が処方されているようです。薬に対する知識がまったくなく、どのような物がわかりません。

カナグル錠100mg
グリメピリド錠1mg
エクメット配合錠HD
コレステロールの薬としてクレストール錠2、5mg

以前の記事にあったSU剤が含まれてるように思います。

ヘモグロビンも7%くらいが多いようですが、先生は処方されてる薬に対してどうお考えになりますでしょうか?
まだまだ長生きしてほしいと思い、合併症も怖いので、このままの治療でも良いのでしょうか?

何か薬に対してアドバイスなどいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。
2017/05/31(Wed) 16:54 | URL | りー | 【編集
Re: 大腸の唯一のエネルギー源?
和賀土生 先生

「大腸の細胞のエネルギー源は、短鎖脂肪酸のみである。」
に関しては
『治療に活かす!栄養療法はじめの一歩清水健一郎 著羊土社 2011年2月』が参考文献です。


ブログ記事にありますように
短鎖脂肪酸は「食物繊維+腸内細菌」由来のものと血中にある短鎖脂肪酸があります。
血中にある短鎖脂肪酸は、βヒドロキシ酪酸とアセト酢酸などケトン体です。

<食道切除後の再建に大腸を利用>

以前、麻酔科医さんからもご指摘頂きましたが、食道癌切除時の再建に結腸がつかわれることがありますが、
食餌はすぐに通過してしまいます。

大腸が「腸内細菌+食物繊維」由来の短鎖脂肪酸のみエネルギー源にするなら
再建結腸は壊死ないし萎縮していくはずですが実際はそうはなりません。

ということは、体内で産生される、βヒドロキシ酪酸などの短鎖脂肪酸も大腸細胞は利用するということです。

断食や絶食療法でも食物繊維はゼロとなりますが、大腸は生存していますので、
このときも体内で産生されるβヒドロキシ酪酸などの短鎖脂肪酸をエネルギー源にしていると考えられます。

なお短鎖脂肪酸は、大腸粘膜のエネルギー源と思います。
2017/06/01(Thu) 07:16 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 母が
りー  さん

母上の年齢にもよりますが、低血糖予防のため
通常、高齢者には、SU剤は、処方しないことが多いです。

ヘモグロビン7.1 空腹時血糖102 なら、ご高齢なら、まあまあのコントロールです。
アマリールをやめて、少し糖質制限をしっかり実践というのが安全と思います。

主治医と充分、ご相談ください。


2017/06/01(Thu) 07:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます。
すばやいご回答、アドバイスありがとうございます。

母の年齢は62歳になります。
高齢に入るのでしょうか?
まだまだ糖尿病との付き合いが長くなると思うので、できれば糖質制限して、ヘモグロビンも下がってくれれば、と思っておりますが、なかなか炭水化物がやめれないようです。

先生のお考えだと、アマリールをやめ、軽い糖質制限をしてみるのが良い!とのお考えでしょうか?
他に処方されている薬は大丈夫なのでしょうか?

先生のお考えを元に主治医と相談するようアドバイスしてみますので、ご教授いただければ、と思います。
お忙しい中、恐れ入りますが、よろしくお願いします。
2017/06/01(Thu) 15:07 | URL | りー | 【編集
Re: ありがとうございます。
りー さん

失礼しました。
まだお若いではないですか。

私は、はい、67歳です。

「アマリールをやめ、軽い糖質制限をしてみるのが良い!とのお考えでしょうか?
他に処方されている薬は大丈夫なのでしょうか? 」


その通りです。
2017/06/01(Thu) 17:45 | URL | ドクター江部 | 【編集
こちらの書籍の内容は?
江部様

初めまして、いつもブログを拝見し、日々糖質制限にて健康を取り戻しています。
自身の状況についてはまたお話したいと思いますが、母が糖尿病&膵臓癌なこともあり、以下の書籍が目に留まりました。

日本人の体質
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170602-00532401-bookbang-life

こちらの概要に疑問を感じたのですが、いかがでしょうか?

情報が色々で混乱しますね…
よろしくお願い致します。
2017/06/02(Fri) 07:03 | URL | るる | 【編集
Re: こちらの書籍の内容は?
るる さん

奥田昌子医師は、インスリンと炭水化物摂取に関して、根本的に勘違いされてます。

生理学的事実として
1)炭水化物摂取で大量のインスリンが分泌される。
2)タンパク質摂取では、あるていどの量のインスリンとグルカゴンが分泌される。
3)脂肪摂取では、インスリンは分泌されない。

この基本的な1)2)3)を奥田昌子医師は、理解されていません。
2017/06/02(Fri) 08:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます
そうですよね、ありがとうございます

懸命に体調管理をしようとする人に、勘違いの知識で情報が流されてしまうことは残念です
…が、これからも情報を選び取りながら実践していきます
ありがとうございました
2017/06/02(Fri) 08:21 | URL | るる | 【編集
Re: 大腸の唯一のエネルギー源?
手には入れていませんが、短鎖脂肪酸が大腸のエネルギーだということは、「Physiological and clinical aspects of short-chain fatty acids」Cambridge University Press, Cambridge. (1995) p. 427 に書いてあるようです。唯一なのかはわかりませんが、大腸上皮細胞は血管から供給されるエネルギーよりも管腔から供給されるエネルギーに依存する細胞であることは確かなようです。
日本油化学会誌 第46巻 第10号 (1997) の総説:短鎖脂肪酸の生理活性 もご参照ください
2017/06/03(Sat) 14:58 | URL | ドクターシミズ | 【編集
Re: Re: 大腸の唯一のエネルギー源?
ドクターシミズ さん

情報を、ありがとうございます。
2017/06/03(Sat) 15:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可