夕食時間が早いと翌朝空腹時血糖値が好ましく下がる。
こんにちは。

5/16(火)は、東京に日帰りで行ってきました。
かのNHKのラジオの仕事でした。
番組名:NHKラジオ第一放送「マイあさラジオ」(AM594kH)
全国放送のワイド番組で、朝5:00~8:00、
200万人以上が聞いておられるそうです。

毎週日曜日6時40分~「著者からの手紙」(正味11分)
というコーナーで、著者のインタビューをしつつ
「江部康二の糖質制限革命」の紹介をしていただけるということで
ありがたいお話でした。
私の出番は5/21(日)6時40分からの放送ですので、
読者の皆さん是非、聞いていただけば幸いです。

番組収録が終了したあと、出版社の編集の人と夕食を共にしました。
バルバッコア・クラシコ 丸の内店で
ブラジル料理のシュラスコをご馳走していただきました。
ありがとうございました。

肉を塊のまま串に刺し、
そのまま岩塩のみで焼き上げるブラジリアンバーベキュー(シュラスコ)の専門店です。
そのままの状態でテーブルまで運び、
目の前で好きな部分を好きなだけ切り分けてくれます。
肉は油を一切使用せずに焼き上げるそうです。
店内中央にある 30 種類にも及ぶ巨大なフレッシュ・サラダバーも自慢とのことです。

夕方5時~食事開始で、おなかいっぱい、
様々な部位の肉とサラダを食べました。
赤ワインもしっかり飲みました。
シュラスコは、生まれて初めて食べましたのでなかなかに面白かったです。

まさしく美味しく楽しく糖質制限食の夕餉を堪能しました。
午後7時過ぎの新幹線で帰京しましたが、
おなかいっぱいだったので、何も食べずに、焼酎の水割り2杯飲んで
深夜0時に眠りにつきました。

そうすると5/17(水)の
早朝空腹時血糖値(午前7時)が82mg/dl
とかなり低めでした。
びっくりして再度検査しても85mg/dlでした。
私も、一定の「暁現象」があるので、通常の早朝空腹時血糖値は
調子がいいと100mg~109mg/dl、
ややもすると110mg~125mg/dlと境界型
くらいのこともあります。
今までは、100mg/dlを切ることは年間通してあまりありませんでした。

従って、私としては、年間通して、82mg/dlというのは自己最低記録に近いのです。
夕食は通常は、早くても午後7時半で、遅ければ午後9~10時です。

今回の、空腹時血糖値82mg/dlという記録は
前夜の食事が午後5時~6時半くらいまでという
超早めだったことの影響の可能性が高いです。

もちろん、夕食開始が早いほうが翌朝の血糖値が下がることは経験していたので
なんとか午後9時までに食べるようにつとめてはいたのですが、
午後5時に夕食開始というのは年間通してまずありません。

東京日帰りのおかげで、とても良い経験をしました。


江部康二
コメント
以前記事に取り上げて頂いたきたのむらです。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-category-11.html
江部先生にご教示頂いた通り、10時間以上絶食をした状態で4月末に血液尿検査を受けて来ました。

    2017/2/20   2017/4/25
体重 158㎝/59㎏ → 55㎏
HbA1c 5.5 → 5.6
血糖値 98 → 98
ケトン体 +3 → +2
T-CHO 302 → 333
中性脂肪 164 → 52
HDL 50 → 64
LDL 216 → 248

という結果でした。
HDLも微量ですが増加しましたし
中性脂肪もきっちり下がっていました。
さらにこのままスーパー糖質制限を実施しながらコレステロールが落ち着くのを待ちたいと思います。

体重に関してはトータル25キロの減量に成功しました。BMIも22と23を行ったり来たりしているので体重も落ち着いてきた感じがします。
私は酷い喘息持ちなので運動やウォーキング等も一切していなくてここまで痩せる事が出来て糖尿病も良くなり糖質制限に出会えて本当に感謝しています。

私の主治医は市で唯一の糖尿病専門医ですが糖質制限に理解がなく、コレステロールが高い事について糖質が少ないからその分タンパク質や脂質で摂取してるからコレステロールが高くなる。だから糖質をもっと取らないとダメだ!と言います。次回は本当に薬を出しますと言われました。落ち着くまで待ってほしいと言いましたが待ってくれないようです。
ケトン体が出てる事に関しても体が飢餓状態だからだよと言い出す始末・・・。
宗田先生が『ケトン体が出ていたら「飢餓状態!」ほとんどの医者の頭はコレ!糖質やめて脂肪のエンジンが働いているだけなのに気がつかない!』と言っていますがまさにこれです。気付いていない先生です。

都会と違い医療過疎が進んでいる北海道のはずれの地域なので同じ市で病院や医師を選択する事も出来ません。病院もないし、医師もいないので。
でもこのままこの理解のない先生に診てもらう事が苦痛で仕方ありません。
日本糖質制限医療推進協会の提携機関で受診出来ないかなと思っています。
でも北海道はほぼ札幌ばかりでとてもおいそれと通院できる距離じゃないし車で片道6時間はかかるので帯広しかないなと。帯広でも片道3時間半かかるので中々大変です。

もっと糖質制限に理解のある先生が増えてくれたらなと。
医療過疎の地域にもそういう先生が1人でもいいからいてくれたらなと節に願います。

2017/05/17(Wed) 16:01 | URL | きたのむら | 【編集
空腹時間と血糖値
江部先生、こんにちわ。
ご無沙汰していますが、いつもブロブは読まさせて頂いています。

夕食時間と翌朝血糖値に関して2件お尋ねします。

1.5月16日のテレビ番組、みんなの家庭の医学の中で、某大学相撲部員は夕食に大量の米(多い人はどんぶり5杯も)食べるが朝食は食べない。ほとんどの部員の食後血糖値の上昇は極めて少ない。夕食時間は6~7時頃だったと思います。間食はしない。
一方、監督の先生は、食後1時間で200を超え2時間でも160を超える。監督は夕食時間が10時、11時となり、朝食は食べないが午前中におかきなどおやつをたべる。
この監督、夕食時間を1時間早めることで、食後2時間の血糖値は140を下回るようになった。

この理由として、番組は空腹時間が長いと「サ-チュイン遺伝子」の働きが良くなり、血管内のブドウ糖がすぐに細胞内に取り込まれるため、血糖値の上昇が抑えられると説明しました。

サ-チュイン遺伝子とは何なのか、このような理由づけは正しいのかをお教えください。

2.私は30年前に胃の大部分を切除しています。ス-パ-糖質制限は6年前から行っています。これまで全く問題はなかったのですが、昨年秋頃、逆流性食道炎となり現在薬治療中です。

逆流を防ぐため、食事終了から就寝までに2~3時間あけることにして、9時頃までには食事を終るように変更しました。
それまでは、10~11時頃になることも多いでした。胃を削除している者は食べ物が徐々に腸に下がるのを待つ必要があるため、食事時間はとても長くかかります。
血糖値は測っていませんが、HA1cは従来6.0~5.8程度でしたが、夕食時間を早めてから
5.6(2か月に1回測定、2回続けて)となっています。
先生の経験と同様、夕食時間を早めると血糖値は下がっているように思われます。先のサ-チュイン遺伝子とやらも関係するのでしょうか。

名古屋・h
2017/05/17(Wed) 17:24 | URL | 名古屋・h | 【編集
先日のテレビ番組にも1里ありですか。
都内河北 鈴木です。

本日江部先生の自身体験デ~タからの説明から先日のテレビ健康医療番組の
「血糖改善には、食事時間帯と食事間隔」だと番組趣旨力説結論内容に疑問ありましたが、なんと「1里あり」かと判りました。

しかし、メディア発信するならば、
まず伝えるべきは世界解明された
「糖質の作用・害毒」と
江部先生「糖質制限理論」を説明をするべきだと、
私は眼・脳梗塞後遺症残しながらも「改善以上、生還体験から考えます!!」

まず実践するべきは、
江部先生提唱「糖質制限理論」食生活理解把握し実践した上での食生活食事間隔だと江部先生説明で理解しました。
ありがとうございます!!

敬具

2017/05/17(Wed) 18:10 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
江部先生

初めまして。(株)アーチの髙木慎一と申します。先生にお話を聞きたく、コンタクトをとれる場所をこちらでよいのかわからなかったのですが、とにかく連絡させていただきました。僕たちは治療家の集団です。日々治療をしながら患者さんと向き合っております。そしてその中でトレーニングの施設もしております。コのトレーニングですが、筋肉をどんどんつけるような場所ではなく、痛みのある方に対して、より細かく体をみて、その方の根本の痛みを取り除く施設となっています。いままでダイエットのようなことはしてきませんでした。といいますか、やってはみるが上手く行ってはいませんでした。ですが、その中で膝がいた、でも体重が多い、といったクライアントさんがとても多いです。僕たちは体重があるから膝が痛いとは考えていません。そのかたの上半身の重心の位置や、お尻ではなく膝を使った階段など、その方の癖や筋肉の特徴を判断して今まで治してきました。ですが、クライアントさんから出てくる声は僕たちだからこそ体重のコントロールもしてほしいとの声をいただいておりました。ダイエットときくと、カロリー制限というイメージが強く、実際やり始めた当初管理栄養士さんがいてくれたので、ダイエットもという人にはカロリー制限で栄養士さんはアプローチしておりました。それから栄養士さんはいまいません。そこで調べたところ先生の糖質制限の話にたどり着きました。そして自分も12月から実行し5キロ落ちました。無理をせずに。これはすごいと思い、多くのスタッフもやりました。すごい感触でした。そして膝が痛い人に僕たちのアプローチと、ご本人たちが望む体重の減少を進めたいなと思い、僕たちなりのメニューを作っていきました。そして弁護士さんなどに最後の段階でこれをメニューとして提供してもいいか?と聞いたところ、管理栄養士さんは絶対必要不可欠だと教えられました。 そして、募集もしておりますが、すぐに来てくれるわけでもなく、先生の考えをもとにせっかくの良いものを胸を張って出せないのがどうしてももったいなく連絡させていただきました。もし何かアドバイスなどいただけたら本当にありがたく思います。突然のコメントをお許しください。 髙木
2017/05/17(Wed) 18:40 | URL | 髙木慎一 | 【編集
Re: タイトルなし
きたのむら  さん

    2017/2/20   2017/4/25
体重 158㎝/59㎏    → 55㎏
HbA1c 5.5       → 5.6
血糖値 98       → 98
ケトン体 +3      → +2
T-CHO 302 → 333
中性脂肪 164      → 52
HDL 50         → 64
LDL 216        → 248


素晴らしい改善です。
LDLコレステロールも、HDL-Cが増えて、TGが見事に改善なので、善玉のLDL-Cで、心配ないです。

このデータなら、糖尿病専門医にかかる必要は全くないです。
近所の普通の街のお医者さんで、充分と思います。
2017/05/17(Wed) 21:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 空腹時間と血糖値
名古屋・h さん


1)
サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子と呼ばれています。
サーチュイン遺伝子の活性化が糖尿病に有効か否かは、まだまだ不明の段階です。

2)
サーチュイン遺伝子と糖尿病に関しては良くわかりません。
しかし、夕食を早く摂取することで、夜間の肝臓の糖新生が少なくてすむように思います。
夜遅くタンパク質を摂取すると、タンパク質によるグルカゴン分泌により、夜間睡眠中の糖新生が亢進すると思います。
2017/05/17(Wed) 21:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 先日のテレビ番組にも1里ありですか。
都内河北 鈴木 さん

そうですね。
一理ありと思います。

タンパク質摂取によるグルカゴン分泌が糖新生を促します。
そのため夜遅くタンパク質を摂取すると夜間睡眠時の糖新生が亢進して、
早朝空腹時血糖値が高くなりやすいです。
2017/05/17(Wed) 21:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
勝手ながらお世話になっています。
ぜひ先生のご意見をお聞きしたく、質問いたします。
この研究(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24606898)によると、高タンパク食(総カロリーの20%以上)により、死亡率・がん死が増加するとのことでした(50-65歳を対象)。しかし、66歳以上になるとこれが逆転して、減少するという内容で、調整した分析によると動物性タンパク質の関与が高いということでした。
糖質の制限もないので、そちらの影響もあると思いますが、高タンパク食で死亡率やがん死が増加した原因が、いまひとつわかりかねます。同研究によれば、IGF-1が上昇することが原因のひとつかもしれないとしていますが、動物実験レベルなので、信頼性は低いと思います。
糖質が原因だとすれば、タンパク質の多い少ないに関わらず死亡率は等しく増加するような気がするのですが、この研究ではがんに関しては相対リスクが4.33倍になってるので、非常に解釈に困りました。
ぜひ、先生のご意見をお聞かせ願えればと思います。
長文、失礼いたしました。一応調べたのですが、以前にこの研究についてブログに書かれていたら申し訳ありません。
2017/05/18(Thu) 02:35 | URL | SGM | 【編集
行ってみます
おはようございます。
都会へ出張の多いこの頃です。
5/20も出張ですが、21日(日)朝6:40~のラジオ放送を楽しみにしております。
また、バルバッコア・クラシコ丸の内店のブラジル料理(シュラスコ)をご紹介くださり、ありがとうございます。
私もシュラスコは初めてで、是非一度寄ってみようと思います。
いつも情報を頂き心より感謝申し上げます。
2017/05/18(Thu) 05:21 | URL | ツーカー | 【編集
江部先生、こんにちは。
今回の記事で早朝空腹時血糖値の話がありましたが、空腹時血糖値と早朝空腹時血糖値を区別して見ることにどのような医学的意義があるのでしょう?同じ空腹時血糖値なら起床したばかりの早朝値でも日中活動時の空腹時血糖値でも差がないように思えるのですが…。
また、早朝空腹時血糖値に医学的意義があるとして、早朝空腹時血糖値の記録し推移を見ていく事は酸化ストレスを防止する上で大事な指標となるものなのでしょうか?
2017/05/18(Thu) 05:58 | URL | シャオリン | 【編集
Re: タイトルなし
髙木慎一 様

高雄病院のホームページのアドレスに、メールして頂けば幸いです。
2017/05/18(Thu) 07:38 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
SGM さん

『高タンパク食(総カロリーの20%以上)により、死亡率・がん死が増加するとのことでした(50-65歳を対象)。しかし、66歳以上になるとこれが逆転して、減少する』

これは、不思議な結論で、私も全く解釈不能です。
2017/05/18(Thu) 07:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
シャオリン さん

国際糖尿病連合は
『食後血糖と空腹時血糖を共にターゲットにすることは、血糖コントロール達成の最善の戦略である。』
と述べています。
これは、エビデンスに基づいた記載です。
また朝一番の空腹時血糖値には、副腎皮質ホルモン、成長ホルモン、グルカゴン、インスリンなどいろんなホルモンが関わっていて生体の一日のリズムの始まりです。
従って早朝空腹時血糖値には、一定の意味があると思います。


以下は
国際糖尿病連合(International Diabetes Federation:IDF)2007年「食後血糖値の管理に関するガイドライン」
から抜粋です。

• 食後および負荷後高血糖は大血管疾患の独立した危険因子である。
• 糖負荷(GL*)の低い食事は食後血糖値のコントロールに有益である。
• 食後血糖値をコントロールするためには、食事療法および薬物療法を考慮すべきである。
• 食後高血糖は糖尿病網膜症と関係する。
• 食後高血糖はIMT肥厚と関係する。
• 食後高血糖は、酸化ストレスを生じ、血管内皮を障害する。
• 食後高血糖は認知障害にも関係する。
• 食後高血糖は癌発症リスク上昇と関連する。
• 食後血糖と空腹時血糖を共にターゲットにすることは、血糖コントロール達成の最善の戦略である。
• HbA1cは6.5%未満が目標。
• 空腹時血糖値は100mg/dl未満をめざす。
• 食後2時間血糖値は140mg/dLを超えないようにする。
2017/05/18(Thu) 07:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
「健康ライフ 」に繋がるといいですね
『マイあさラジオ』の「著者からの手紙」がきっかけとなって「健康ライフ 」に繋がるといいですね。正確な情報を伝えることが普及に役立つでしょうから。
2017/05/18(Thu) 10:31 | URL | Makoto | 【編集
先生のインタビュー放送
「マイあさラジオ」絶対聴きたいです。もし、朝寝坊?などで聴き逃した人のために、NHKオンラインのホームページでストリーミング放送が聞けます。
「NHKまいあさラジオ」の「コーナーを聞く」から入ると「著者からの手紙」があります。
http://www4.nhk.or.jp/r-asa/359/
放送は日曜日ですから翌月曜日(22日)の13時頃までにはアップされると思います。
2017/05/18(Thu) 17:13 | URL | SHUKAN | 【編集
空腹時間が長いと
いつもブログを参考にさせて頂いています。先生は夕飯を早めにとると空腹時血糖値が低い結果が出たのですね。
夕飯を5時や6時に食べ終わって、翌朝の空腹時血糖値を検査した事がないのでわからないのですが、私は午後9時前に食べ終わって、午前7時から8時に検査した時の空腹時血糖値の方が、午前11時近くに検査した時の空腹時血糖値より低かったです。
空腹時間が長いと糖新生が更新されると思っていたのですが、逆に抑えられるのでしょうか。
個人差があるのでしょうか。
2017/05/18(Thu) 17:37 | URL | あい | 【編集
SHUKANさん情報に感謝です!!
都内河北 鈴木です。

SHUKANさんの情報提供感謝いたします!!

SHUKANさん同様、聞き逃したらと危惧していました。
何故か?数少ない公共放送での江部先生インタビュ~内容を拝聴したいです!!

以前の夏井先生テレビ出演した際には、夏井先生曰く出演者の
意思ない意見・構成・編集などがある様なので、
悪意無い編集である事を願っています。

江部先生、放送を楽しみにしています!!
敬具
2017/05/18(Thu) 20:01 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 「健康ライフ 」に繋がるといいですね
Makoto さん

応援、ありがとうございます。
2017/05/18(Thu) 22:51 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 先生のインタビュー放送
SHUKAN さん

貴重な情報を
ありがとうございます。
2017/05/18(Thu) 22:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 空腹時間が長いと
あい さん

個人差があると思います。
2017/05/18(Thu) 23:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: SHUKANさん情報に感謝です!!
都内河北 鈴木 さん

今回は本の紹介ですので、まず大丈夫と思います。
2017/05/18(Thu) 23:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
アトピー性皮膚炎などのために
長年のアトピー性皮膚炎などが改善しないかと
糖質制限を始めて1年になります。
始めたばかりのときに便通が非常に改善し、
アトピーに対しては良い傾向と思い、継続しています。
それまでは便秘気味で、乳酸菌や食物繊維のサプリを飲んでいましたが、
糖質制限が最も効果がありました。
体重は最大マイナス4kgくらいまで行き、現在は、
マイナス2kgくらいのところで安定してます。
しかし、これまででアトピーは改善していません。
また、暑くなってきたこの季節、ちょっと運動して、
汗は出ない程度で体が熱くなったときに、全身に蕁麻疹的な急激な痒みが
出るようになりました。去年までには無かった、初めての症状です。
また、コレステロール値も以下のように上がってきています。
総コレステロール
開始前 160mg/dL
開始後3ケ月 196mg/dL
開始後9ケ月 217mg/dL

中性脂肪
開始前 56mg/dL
開始後3ケ月 53mg/dL
開始後9ケ月 55mg/dL

HDLコレステロール
開始前 65mg/dL
開始後3ケ月 79mg/dL
開始後9ケ月 91mg/dL

LDLコレステロール
開始前 86mg/dL
開始後3ケ月 113mg/dL
開始後9ケ月 124mg/dL

私の体の状況について何かわかるところは有りますでしょうか。
クレストールとシロスタゾールを服用しています。
2017/05/19(Fri) 07:09 | URL | SHME | 【編集
Re: アトピー性皮膚炎などのために
SHME さん

中性脂肪が正常低値で、HDL-Cが高値であり、とても好ましい状態です。
LDL-Cも末梢組織にコレステロールを運んでくれている善玉なので大丈夫です。

狭心症、心筋梗塞、脳梗塞とかの既往がなければ、薬もなしを目指したいですね。
蕁麻疹は薬の副作用の可能性もあります。



2017/05/19(Fri) 21:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: アトピー性皮膚炎などのために
江部先生

SHMEです。

わざわざコメントありがとうございました。
2017/05/19(Fri) 23:11 | URL | SHME | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可