インスリン分泌指標、インスリン抵抗性指標。空腹時インスリン、Cペプチド。
こんばんは。

10時間以上の絶食で、
早朝空腹時のインスリン値、空腹時血糖値、空腹時Cペプチド値を
検査することで、インスリン分泌指標、インスリン抵抗性指標などを、
計算式で出すことができるので
今回は、それらを整理してみました。


インスリン分泌指標

【HOMA-β】
HOMA-βは内因性インスリン分泌機能を推定する指数です。

HOMA-βは、空腹時血糖値と空腹時インスリン値で計算するのですが、
経口血糖負荷試験(OGTT)時の2時間値のインスリン分泌量と、
よく相関することがわかっています。

homeostatic model assessment beta cell function
→略してHOMA-β

HOMA-β=360×空腹時インスリン値(μU/ml)÷(空腹時血糖値mg/ml-63)

という式で計算します。
空腹時血糖値130mg/dl以下なら信頼度が高いです。

正常値:40-60


【Cペプチド】
通常は、血液中のインスリン(IRI)そのものを測定しますが、
インスリン注射中の糖尿人は、C-ペプチド(CPR)というものを調べます。**

IRIの測定は、注射したインスリンの影響を受けますので不正確になりますが、
CPRの方は、外から注射したインスリンとは無関係の、
内因性インスリンの分泌状態を示しています。

早朝空腹時血中CPRを測定することで、
インスリンの基礎分泌能力がわかります。

蓄尿して一日尿中のCPRを測定することは、
一日の内因性インスリン分泌総量(基礎分泌+追加分泌)の指標となります。

【SUIT指数】
空腹時CPR(ng/ml)×1485/<空腹時血糖値(mg/dl)-61.8>
50%以下は軽度、20%以下は顕著なインスリン分泌低下。
20~23%以下だとインスリン治療が必要。

【Cペプチドインデックス(CPI)】
空腹時CPR(ng/ml)×100/空腹時血糖値(mg/dl)
1.2以上は正常。0.8以下でインスリン分泌低下。
1.2以上の場合は食事や経口薬治療、0.8未満の場合はインスリン療法を選択。
空腹時血糖値140mg/dl以上なら、CPIのほうが、HOMA-βやSUIT指数より信頼度が高い。


インスリン抵抗性指標
【HOMA-R】
HOMA-Rとはインスリン抵抗指数のことです。

HOMA-R=空腹時血糖値×空腹時インスリン値÷405

という式で計算します。

homeostasis model assessment insulin resistance
→略して HOMA-R

HOMA-Rが大きいほど、インスリン抵抗性が強いと考えられます。

1.6以下が正常で、2.5以上は抵抗性があると考えられます。
空腹時血糖値140mg/dl以下なら信頼度が高いです。



**
C-ペプチド(CPR)

C-ペプチド(CPR)は、
インスリン生合成の過程におけるプロインスリンの分解によって生じる副産物です。

インスリンとCPRの分泌動態には平行関係が存在します。

血中・尿中のCPR濃度を測定することにより、
膵ランゲルハンス島β細胞機能、
内因性インスリン分泌能を推測することができます。
コメント
C-ペプチド検査
昨日はお忙しい中質問に答えていただきありがとうごいました。
食事は通常通り(糖質制限で)空腹時に検査で
C-ペプチド1.2以上で空腹血糖値も基準値内で収まれば膵臓の働きも改善されたと理解してよろしいでしょうか?(正常人に戻れたと)
2017/05/16(Tue) 08:04 | URL | タカ | 【編集
お返事ありがとうございます。
インスリンを11単位にして、様子を見ています。
これ以上多くしたくないな、と焦ってしまいました。来週には奈良岡先生のところに行く予定です。
2017/05/16(Tue) 08:40 | URL | 関口瑞穂 | 【編集
Re: C-ペプチド検査
タカ さん

インスリン基礎分泌は正常になっとと言えます。
2017/05/17(Wed) 07:35 | URL | ドクター江部 | 【編集
インスリン分泌能について
江部先生

いつも勉強させていただいております。6年前に糖尿病の治療を始めるべきと指摘された後、スーパー糖質制限を実施している中島と申します。

おかげさまで、糖質制限で30キロ以上痩せ、極めて快調に生活しております。

さて、先の検査の結果、以下の通りでした。
早朝空腹時血糖 86
ヘモグロビンA1C 4・7
空腹時インスリン 4・59
血中ケトン 3640

先生の記事にある式で計算すると、
HOMA―R 0・975
HOMA―β 71・844
となります。

インスリン抵抗性に問題はないと思うのですが、インスリン分泌能が先生の記事にある正常値を超えていることになります。これは、インスリンが多めに出る体質ということで、正常値を超えていても問題はないのでしょうか?

インスリンは今回初めて測ったので、見方がよく分からずご相談する次第です。

どうぞよろしくお願いします。
2017/05/22(Mon) 20:17 | URL | 中島 | 【編集
Re: インスリン分泌能について
中島 さん

30kg減量とは素晴らしいですね。

早朝空腹時血糖 86
ヘモグロビンA1C 4・7
空腹時インスリン 4・59
血中ケトン 3640


このデータも大変いいです。

HOMA―β 71・844 ・・・これは、インスリン追加分泌能がしっかりあるということなので問題ないです。
2017/05/23(Tue) 14:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
お礼
江部先生

お返事いただき、ありがとうございます。
安心しました。これからも、美味しく楽しく糖質制限食を続けてまいります。

改めて、ありがとうございました。
2017/05/24(Wed) 00:49 | URL | 中島 | 【編集
CPI
いつも勉強させて頂いてます。

一つ質問があるのですが、インスリン抵抗性がある場合その代償としてインスリンの分泌が多くなると思うのですが、CPRやCPIがいくつ以上なら、インスリン抵抗性の代償としてインスリン分泌が亢進している可能があると言えるのでしょうか?その基準の値はあるのでしょうか?
2017/08/27(Sun) 21:56 | URL | やまざき | 【編集
Re: CPI
やまざき さん


【Cペプタイド】
通常は、血液中のインスリン(IRI)そのものを測定しますが、
インスリン注射中の糖尿人は、C-ペプタイド(CPR)というものを調べます。

IRIの測定は、注射したインスリンの影響を受けますので不正確になりますが、
CPRの方は、外から注射したインスリンとは無関係の、
内因性インスリンの分泌状態を示しています。

早朝空腹時血中CPRを測定することで、
インスリンの基礎分泌能力がわかります。

蓄尿して一日尿中のCPRを測定することは、
一日の内因性インスリン分泌総量(基礎分泌+追加分泌)の指標となります。

【Cペプチドインデックス(CPI)】
空腹時CPR(ng/ml)×100/空腹時血糖値(mg/dl)
1.2以上は正常。0.8以下でインスリン分泌低下。
1.2以上の場合は食事や経口薬治療、0.8未満の場合はインスリン療法を選択。
空腹時血糖値140mg/dl以上なら、CPIのほうが、HOMA-βやSUIT指数より信頼度が高い。


『インスリン抵抗性の代償としてインスリン分泌が亢進している可能性のチェック』

色付きの文字
このためには、CPRやCPIよりも、
早朝空腹時血糖値とインスリン値を測定して、HOMA-Rを調べるのがよいと思います。

インスリン抵抗性指標
<HOMA-R=空腹時血糖値(mg/dL)×空腹時インスリン値(μU/mL)/405 >
1.6以下が正常、2.5以上は抵抗性あり。
空腹時血糖値140mg以下なら信頼度高い。
2017/08/28(Mon) 17:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可