外食でやせる! 「糖質オフ」で食べても飲んでも太らない体を手に入れる 。刊行。
こんにちは。

外食でやせる! 「糖質オフ」で食べても飲んでも太らない体を手に入れる
単行本 – 2017/3/27
毎日新聞出版
江部 康二 (著)




が出版されました。

糖質制限な外食に特化して、本を一冊作ってみました。

サラリーマンのほとんどが、一日に1~2回は外食になると思います。

私の糖尿病患者さんにおいても、
「外食が多いので、糖質制限はなかなか難しいです。」
と仰る方が結構おられます。

最近は、ファミレスやコンビニでも糖質制限なメニューや食材がどんどん増えていて、糖質セイゲニストにとって、とても暮らしやすい日本となっています。

本書が、
『全国の糖質セイゲニストの外食のバイブル』
になってくれれば、嬉しい限りです。


江部康二


以下は、
外食でやせる! 「糖質オフ」で食べても飲んでも太らない体を手に入れる
単行本 – 2017/3/27
毎日新聞出版
江部 康二 (著)




の「はじめに」です。

はじめに

ダイエットは現代人にとって永遠のテーマです。
それを実践するために、これまでさまざまな方法が紹介されてきました。
そのなかでも長年主流になってきたのが「カロリー制限」です。

しかし、カロリー制限で成果を上げるにはかなりの努力が必要です。

頑張っても思うように効果が出なかったり、リバウンドしてしまったり、ついには、「もうダイエットなんかやめてやるー!」と投げ出してしまった人もいるかもしれません。

そうした“挫折経験”を持つ人たちに伝えたいのが、私が提唱する「糖質制限ダイエット」です。
やり方はいたって簡単。

ご飯、パン、麺類、砂糖などの「糖質」を可能な限りカットし、肉、魚、豆腐などから「タンパク質」と「脂質」をしっかりとるだけ。
糖質さえ控えれば、あとは何を食べても大丈夫。
お酒を飲んでも問題ありません。

それなのに、すとんと体重が落ちますし、血糖値コントロールができることから健康増進効果も期待できます。

この糖質制限を取り入れた食事は、もともとは糖尿病の治療目的のために開発されました。

私が理事長を務める京都・高雄病院が血糖値をコントロールし、糖尿病とその合併症を防ぐため、1999年、日本で初めて取り入れたのが糖質制限食でした。

糖質を制限するだけという手軽さと、確かな効果が話題を呼び、糖尿病の患者さん以外にも実践する人が増えました。

今や“糖質制限ブーム”と呼べるほどのムーブメントが起きているともいえるでしょう。

その一方で、「外食が多いから糖質制限なんて無理」という声も聞こえてきます。

どうも働き盛りの40代、50代の男性会社員に多いようで、実際、高雄病院でも、外食を理由に糖質制限に踏み切れない、挫折してしまうという方がいらっしゃいます。

接待や宴会が多く、その席で自分だけ特別なメニューを食べるわけにいかないとか、昼は定食や丼モノなどしか選択肢がないとか言いわけする男性もいます。

しかし、本当に外食だけが理由でしょうか。

私はそうは思いません。

実際、私も外食派のひとりですが、身長167cm、体重57kg前後をもう14年以上キープしています。

2002年に52歳で糖尿病、メタボ、高血圧を発症した時は67kgありましたが、糖質制限食開始から半年で10kgの減量に成功し、全てのデータが正常となり現在に至っています。

どうも「糖質制限」と聞くと、糖質の少ない食材を選び、自分であれこれ工夫して調理しないとできない、ちょっと面倒なものと思い込んでしまう人が多いようですが、決してそうではありません。

外食でも、メニュー選びさえ間違えなければ、糖質制限は実践できるのです。

確かに忙しく働いている会社員のみなさんは、外食のメニュー選びに時間をかけている暇はないかもしれません。

ファーストフードや牛丼チェーンなどでパッと済ませたいときもあるでしょう。

しつこいようですが、それでも糖質制限は可能なのです。

今回は、そんな働く大人たちのために、「外食でできる糖質制限」をテーマにまとめてみました。

仕事の合間にパパッと済ませたい“早メシ”から、働く大人に欠かせない会食や接待、ストレス解消の宴会、さらに仕事の合間のおやつタイムまで、あらゆる場面での糖質制限食を提案しています。

ちょっとアプローチを変えるだけで、これまで口にしていた糖質たっぷりの食事を糖質制限食に切り替えることができるのです。

これを読んだらもう、「外食だから糖質制限ができない」とは言えなくなると思いますよ。



コメント
48才の庭師です。若い頃からこの仕事に就いており、かれこれ30年、
メシ(ご飯)を食わねば力仕事はできない、と思い込んでいました。
身長170cm、体重80kgで病気もせず、健康診断でも
何の問題も無かったので、ダイエットとは無縁の生活でした。
昼飯はチャーハンにラーメンにギョーザ、ある日はうどんとカツ丼。
今から思えば空恐ろしい食事内容でした。
でもまぁ、体力勝負の力仕事でしたから運動量もたいへんな量で
相撲取りの筋肉ですね~、と医者に言われて喜んでしました。
・・・前置きが長くなりましたが、そんな自分が糖質ダイエットを始めて、
そろそろ丸3年目に入ります。
きっかけは若い後輩が江部先生の本を読んで、糖質制限を始め
みるみる痩せてスマートになり、見た目はもちろんですけど
驚いた事に体力がまるで落ちず、いやいやむしろ動きが身軽になって
今まで以上にしゃきしゃき働いているではありませんか!
あれほどご飯が好きで自分と一緒に大飯食らいだった彼が
さほど空腹を訴えるわけでもなく、おにぎりの代わりにコンビニの野菜を
食べていましたけど、カロリーの高そうな唐揚げやらチーズは食べてましたし。
彼の変化に驚いて、自分も軽い気持ちで真似してみたのがきっかけです。
毎昼、彼と同じものを試しに食べてみると思っていたより腹が減らない。
で、なんだかんだ続けて行くうちに体重が半年ちょっとで10キロ以上
減りました。すると膝も腰も快調で、体が軽くなり、動きやすい!!!
何より、久しぶりに会う人が全員「肌がきれいになった。」と
言ってくれます。自分は特にどこも悪くなかったので血糖値とか
体調面での大きな変化はありませんが、皆に褒められて
「何かやってるの?」と聞かれるたびにうれしくて、江部先生のブログや
糖質制限の話をしています。これからもずっと今の調子で
緩やかですけど糖質制限を続けて行きたいと思っています。
先生、本当にありがとうございます!!!
2017/05/11(Thu) 21:07 | URL | 植木屋 | 【編集
先生、こんばんは!
私は妊娠を機に耐糖能異常になりました。
実際75gogttを受けたら糖尿人かもしれません。

現在サラシア由来のサプリメントを食前に飲んで血糖値の上昇を少し抑えています。

食後1時間2時間3時間値がほぼ同じ様な値で食後6時間でやっと空腹時血糖値まで下がります。


なぜ1時間〜3時間まで同じ様な値なのでしょうか?
血糖値測定器は3台持っていて、同じ様な値を出します。
自分体の中の機能の何がそうさせているのか知りたいです。
お返事お願いします!
2017/05/11(Thu) 21:38 | URL | 新米ママ | 【編集
食後の運動
おはようございます。

近頃、1週間に3日を目標とし、夕食後筋トレ(カーブス)へ通っております。
カーブスへ行く時は外食が多く、午後5時頃、近くのレストランでおかずの単品のみ注文するようにしています。

帰宅後、果物などを食べることもございますが、水分を採る程度で読書やパソコン等をして休むと、朝の空腹時の血糖値が80㎎/dL~100㎎/dL間と、以前より随分低くなりました。

カーブスへ行かなくても外食後、買物などをして歩けば、食後の運動にもなりますので、外食だから糖質制限できないということはないという意見に賛成です。

外食でやせる(P.33~)(P.125~126参照)





2017/05/12(Fri) 08:14 | URL | 大雑把なシングル | 【編集
Re: タイトルなし
新米ママ さん

サラシアの影響で、消化吸収がゆっくりとなった可能性があります。
2017/05/12(Fri) 17:55 | URL | ドクター江部 | 【編集
読ませていただきました。
江部先生、

以前別記事にコメントさせていただいた、スーパー糖質制限のみ薬無しでHbH1cが1月11.1 → 4月6.4と劇的改善中の50歳女糖尿人です。

そちらでご紹介いただいたこのご著書が数日前にAmazonから届き、その日のうちに読み終えました。
以前コメントさせていただいた場所の、こ、こんなに直近に、すでに詳しいご紹介があったとは・・・注意力不足でお手数をおかけしました。


まことに勝手に「食品別糖質量ハンドブック」の外食版みたいのを期待していたので、届いた時には“あれまぁ、理論本だったのねぇ”と少々がっかりしてしまったのですが、いざ読んでみますと、これがこれが、本当にとても役立ちました!

実例が散りばめられていることで実感することができたのです。まさに“実践本”ですね。
先生ご自身の“人体実験”も興味深かったです。自分でもやっているのですが、ヘンなことをしてるわけではないんだな、と安心したりも。(^.^;)

理論についても、簡潔に端的に復習することができ、あやふやだった知識の整理もできました。
英語で言う net carbs と“糖質”が微妙に違うこと、知りませんでした。
糖アルコールやケトン体について、人にも説明できるようになったように思います。

そういえば昔買った、尿中のケトン体を測る試験紙がうちにもあった、と思い出して、使用期限はとっくに過ぎていましたが未開封のものは使えそうだったので、試してみましたら、変色してくれました! 脂肪、燃えてくれているようで、ちょっとうれしくなりました。

個人的に意外と大きく響いたのは、何度か言及されていた“解禁日”の勧めでした。
今はまだ始めて(再開して)3か月ちょっとなので、気が張っていて、1gでも余分な糖質は削ってやる!という姿勢に陥りがちですが、それでは一生の食習慣にはできませんよね。
最近は朝以外の食前血糖値が2桁になることも増えてきたので、少し気持ちにゆとりを持てたらと思います。

最後に、要望の繰り返しになってしまい恐縮ですが・・・
この本、夫(外食の多い服薬中の糖尿人)にこそ読んでほしいのですが、“字がいっぱい”で今のところダメそうです(子どもじゃあるまいし、ですが…)。
「食品別糖質量ハンドブック」のほうは、時々手にとっては「ふーむ…」などと言いながらページをめくっています。
この「外食でやせる!」の実践的内容(魚の塩焼きが、煮付け・みそ煮・照り焼きでどう変化するかなど)を含め、写真(と数字)をメインにして、「外食の糖質量ハンドブック」とでも題した本を出版していただけたら、と思ったりするのですが・・・いわば「食品別糖質量ハンドブック」の Part 4 だけを取り出して(Part 3、5 の要素も取り入れて?)増補したもの、のイメージです。サイズも、文庫本くらい?
もし何かの企画の機会にでも、ご検討いただけましたら、とても嬉しいです。

長々ととりとめもなく失礼いたしました。
2017/05/22(Mon) 17:39 | URL | ちびあんこ | 【編集
Re: 読ませていただきました。
ちびあんこ さん

外食でやせる! 「糖質オフ」で食べても飲んでも太らない体を手に入れる
単行本 – 2017/3/27
毎日新聞出版
江部 康二 (著)


のご購入、ありがとうございます。

「外食の糖質量ハンドブック」・・・なるほど、あれば便利ですね。
2017/05/22(Mon) 18:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可