急拡大する「糖質制限」市場が日本を救う!東洋経済オンライン。
こんにちは。

東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/169856
の、第3回目の配信です。

急拡大する「糖質制限」市場が日本を救う!
http://toyokeizai.net/articles/-/169856

3000億円を突破!新市場をこう攻めよ
江部 康二 :高雄病院理事長 2017年05月08日

「糖質制限」市場は、今後さらなる成長が見込まれる
ご飯やパン、めん類など糖質の摂取を控える「糖質制限食」が大ブームとなっている。「糖質ゼロ」や「糖質オフ」をうたう飲料・食品が相次いで登場。外食チェーンも続々と低糖質メニューを打ち出すなど、「糖質制限」市場ともいうべき巨大マーケットが形成されている。
現在3000億円以上とされる「糖質制限」市場だが、糖質制限食の創始者である江部康二医師によると、今後さらに急成長することが見込まれるという。そして、医療費削減効果などとも相まって、日本経済の救世主となる可能性すらあると江部氏は指摘する。
長年、糖質制限食品・メニュー開発の指導・監修にもあたり、このたび『江部康二の糖質制限革命』を上梓した江部氏に、急拡大する糖質制限市場の展望を聞いた。



続々と出される「糖質制限」向けの食品・メニュー
糖質制限食の普及に伴って、「糖質オフ」「糖質ゼロ」「低糖質」などをうたい文句にした商品が、小売店の棚に数え切れないほど並んでいます。

NHK「クローズアップ現代プラス」(2016年7月20日放映)によると、2015年の「糖質オフ・ゼロ市場」は3184億円に達しているそうです。調査会社の富士経済の調べでは、2016年の同市場の規模は前年比7.7%増の3431億円の見込みと(『日経ビジネス』2016年11月7日号)、急拡大しています。

外食産業などにも新しい動きが見られます。

大手ファミリーレストランのガストでは糖質制限メニューを出しました。牛丼チェーン各社も、すき家が「牛丼ライト」を出すなど、糖質制限メニューを続々とメニューに加えています。いきなり!ステーキの急成長が注目を集めていますが、この背景にも糖質制限ブームがあるといわれています。

そのほかの外食チェーンでも、糖質制限に配慮したメニューが続々と出されており、こうした流れは今後も続くでしょう。


次ページ 「糖質制限市場はもっと大きくなるよ」
1~7ページあり。

http://toyokeizai.net/articles/-/169856
ここをクリックすると、記事の全文を見ることができます。

江部康二
コメント
糖質制限での眠気対策
いつも大変貴重な情報を頂戴し大変感謝しております。

53歳女性です。

今回は、糖質制限で食後の眠気がなくなるという点について質問です。

糖尿病ではないのですが、現在、ゆるめの糖質制限をしながら食後の眠気を解消したいと考えております。

中学生の頃から常に尿たんぱくが出ていたため、30年前(23歳頃)に腎生検を受けたところ、(病名は忘れたのですが・・)腎臓組織細胞の増殖で細胞が壊死している割合が、3/30個で、10個は死にかけていると診断されました。これは先天的なもので、子供は生めないと言われ今は、元気にました。しかし現在も元気にしております(子供は生んでいません)。

以上の経緯から糖質制限には大変興味があり、今はゆるい糖質制限(週の内6日間は炭水化物抜きで、調味料などはたまにみりんをつかったりなどしてます)しております。

しかし、糖質制限の食事(朝は納豆のみ2パック~3パック、昼は、豆と鯖缶(無塩)のカレールーではなくカレー用のスパイスによるカレーなど)を食べると眠くなり椅子に座っていても崩れ落ちそうになってしまいます。

今は、仕事をしていないのですが、仕事をしているときも同様に、食事後に睡魔が襲ってきてしばらく(こっそり?)寝てました。。

生産性を上げるためにも何とか睡魔を克服したいのですが、糖質制限食でも駄目なためにやり方をまちがっているのか、体質なのか悩んでいます。

そのため、どのようにしたら糖質制限で眠くならないかをご教授頂ければ幸いです。

お忙しい中、恐縮ですがご回答をお願い出来れば幸いです。
2017/05/09(Tue) 03:42 | URL | phoenix | 【編集
メトグルコ250
始めまして!江部先生のブログを楽しみに拝見させて頂いているファンの者です。
先月、胆石の摘出手術を総合病院で行いました。その時の血液検査で
HbA1c6.8血糖値116でした。
血糖負荷前134
30分後214
60分後281
90分後283
120分後238
退院の際に主治医がメトグルコ250mgを毎朝、夜食後に1錠を飲んで下さい。と言われたのですが入院中に先生のブログを読んでいた私は、等質制限をして頑張ろうと考えていました。
薬は貰って帰ったのですが飲まずに一ヶ月検診で採血をしたところ、
血糖値98
HbA1c6.1
まで下がっていました。
その時に先生が薬はちゃんと飲んでいますか?と聞かれたので飲んでない事を説明して食事と運動でこのまま治していきたいと伝えたところ、その薬はただ下げるだけが目的じゃなくてインスリンが出やすくする為に出してるからちゃんと服用して下さい。と強く言われました。
私としては、薬をできるだけ服用せずに頑張っていきたいのですが服用しないと先生も様子を見てるからと言って一ヶ月後にまた来て下さい。と言われ私はどうしたらいいか分からなくなってきています。江部先生、長々書かせて頂いたのですがこのような場合どうしたら良い方向に向かうか助言お願いします
ちなみに女性39才です。宜しくお願いします。
2017/05/09(Tue) 06:57 | URL | もも | 【編集
Re: 糖質制限での眠気対策
phoenix さん

糖質制限食で、ほとんどの人は、食後の眠気がなくなります。

phoenix さんの場合、摂取エネルギー不足と思います。
摂取エネルギー不足のために眠気があるのだと思います。

厚生労働省のいう、「推定エネルギー必要量」摂取を目指しましょう。

2017/05/09(Tue) 09:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: メトグルコ250
もも さん

薬はなしが一番良いです。

メトグルコは、欧米では第一選択剤ですが、内服なしでコントロール良好のほうが、いいに決まっています。

血糖値98
HbA1c6.1


なら、コントロール極めて良好ですので
勿論メトグルコは必要ないです。
糖質制限食だけで必要充分です。
2017/05/09(Tue) 09:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
ももさんコメント同体験!!
都内河北 鈴木です。

ももさんの「糖質制限理論」理解把握しての行動だと思いますが、前向き行動には感動します。

改善結果の経過説明に異議を言う医療者には
要注意ですね。
私も同体験しました!!

江部先生の返答
「薬がなしが1番良いです。」
の言葉には安堵します!!

緊急・後遺症の致し方ない以外は、薬服用は極力避けるべきですよね。

先ずは根本原因、時代進化解明した
「国策米食い洗脳食生活」を改善してみるべきだと、
改善以上、生還して明言できます!!

日本糖尿病学会信者医療病院・信者医者から生還できて5年8ヶ月になりましたが、現在もまだまだ病態改善している事は内科・眼科・脳神経外科などの通院検査からも判ります。

江部先生「糖質制限理論」に出会えた事は日々感動尽きません!!
ありがとうございます!!
敬具



2017/05/09(Tue) 15:12 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: ももさんコメント同体験!!
都内河北 鈴木 さん

私以外にも、
薬を減らすことを提唱する医師も少しずつ増えていると思います。
2017/05/10(Wed) 08:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re:メトグルコ250
インスリンの出が悪くなっているならメトグルコの服用が必要になることもあるかもしれませんが、そうでないなら不必要でしょう。

私もメトグルコを処方されていましたが、糖質制限食によってHbA1cのコントロールができていることから今は服用していません。

自分の身体なのだから自己管理するのは当然で、その際必要な専門知識を提供してくれるのが医師だと思います。主客転倒した考え方をしている医療従事者がまだいるのは残念なことですね。
2017/05/11(Thu) 06:59 | URL | Makoto | 【編集
ブームでなくパラダイムシフト
『江部康二の糖質制限革命』を読んで感じたのは、ブームでなくてパラダイムシフトが起きているのだということです。実践してみて薄々感じていたことですが、その認識が誤りでなかったことを本書は改めて確認させてくれました。

それにしても世間ではまだ誤解されていることも多いですね。正確な知識が広まるとよいのですが……。
2017/05/11(Thu) 07:05 | URL | Makoto | 【編集
Re: Re:メトグルコ250
Makoto さん

仰る通り、糖尿病は自己管理が基本です。
医師は知識、情報を提供しますが、それを自分で考えて取捨選択して実践するのは患者さん自身です。
2017/05/11(Thu) 07:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ブームでなくパラダイムシフト
Makoto さん

『江部康二の糖質制限革命』のご購入、ありがとうございます。

ご指摘通り、
糖質制限食はブームではなく、その理論は真実そのものであり、今後発展することはあっても消えることはありません。

気がついたら、産業界でも医学界でもパラダイムシフトが起こっていることでしょう。
2017/05/11(Thu) 07:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可