糖質制限で子供が変わる!三島塾レシピ。アマゾンで予約受付中。
こんばんは。
今日は、こどもの日です。

本日の記事は、こどもの日に相応しい話題です。 (^^)

糖質制限で子どもが変わる! 三島塾レシピ
― 成績&集中力アップ! もう「勉強しなさい! 」は言わなくてOK
– 2017/6/7
三島 学 (著), 江部 康二 (監修)

が、アマゾンで予約を受付中です。
なかなか好評です。
アマゾンの全ランキングで、277位と大健闘です。
三島学塾長の、子供の糖質制限シリーズの第2弾です。

 前著で、世界で初めての「子供の糖質制限」の本を上梓された三島塾長が、
今回、『糖質制限で子供が変わる!三島塾レシピ』を刊行されました。

 嬉しいことに、「糖質制限」が子供を救うを読んでいただいた主婦の友社さんから依頼があり、
とてもスムースに出版の運びとなりました。三島塾長の血と汗と涙のこもった珠玉のレシピ集ですから、
必ずや読者の皆さんのお役にたてると思います。 

 私が常々言うように、糖質制限食は人類本来の食事であり、人類の健康食です。
ですから、子供の健康にもおおいに役立つはずです。人類700万年間の歴史において、
穀物を食べ始めたのは、約1万年前。
人体はその歴史のほぼすべての期間で、糖質制限食を摂取しつつ突然変異を繰り返して、
消化・吸収・代謝のシステムを完成させています。

 すなわち我々の体は糖質制限食に特化して適合していると考えられるのです。
農耕開始前の人類は糖質制限食を実践しながら妊娠・出産・子育てを含む日常生活を過ごしていたと考えられます。
 子供の成長において必須であるのは、たんぱく質と脂質、そしてビタミン、ミネラル、食物繊維です。
筋肉や骨格や内臓の成長に特に大切なのはたんぱく質と脂質であり、糖質ではありません。

 体の組成は、水分55~65%、たんぱく質14~18%、脂肪=15~30%、ミネラル5~6%、
そして糖質は1%以下です。
もちろん個人差がありますが、糖質は身体組成の成分としては、極めて微々たるものであり、
理論的には必須糖質はありません。

 本の内容はぜひ読んでいただきたいのですが、糖質制限食を実践することで、
子どもの授業中の眠気がなくなり、多動が消え、集中力が増して学力がどんどん向上して、
劇的に変わったという三島塾での実例も、理論編でたくさん出てきます。

 おかだ小児科医院(滋賀県高島市)の岡田清春先生は「おかゆから始めない離乳食のすすめ」を実践しておられます。
赤ちゃんの発育がとても健康的で丈夫になるとのことです。
本書に2ページ執筆していただいてます。

おかげさまで前著
「糖質制限」が子供を救う(日本糖質制限医療推進協会、大垣書店)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14600870/
 → こちらは楽天ブックスでご購入頂けます。
の売れ行きも好調で、早くも増刷となりましたが、
自費出版本としては破格のことです。

 妊婦も赤ちゃんも子供も大人も糖質制限食で、健康になります。
まさに人類本来の食事、人類の健康食と言えます。
2017年は「子供の糖質制限」が重要なキーワードになるかもしれません。


江部康二
コメント
糖尿病歴13年です。
HBA1c10.3です。
糖質制限をしても、最近血糖値が下がりません。
①夜間頻尿で困っています。
HBA1c以外に考えられる要因はどのような要因が考えられますでしょうか?
②SGLT2を投薬してもらう前に、血液検査以外に
受けておくべき検査はありますでしょうか?
2017/05/05(Fri) 19:37 | URL | 後藤 | 【編集
ホテルハーヴェスト南紀田辺へ
こんばんは。
子どもの日を含んだ大型連休は、本日を含めあと2日となりました。
今年は連休の始まる前、ひと足早く徒然日記に紹介してございましたホテルハ―ヴェスト南紀田辺へ出掛け、オーシャンビューを楽しんで参りました。

4月下旬で晴天に恵まれ、夕方徒歩で居酒屋(勘八屋)へ行く途中、夕焼け空がとても綺麗でした。
翌朝部屋から眺めるオーシャンビューもキラキラと輝き最高で、チェックアウト後も海岸を散歩したりロビーでコーヒーを飲みながら静かに海を眺め、午後2時に送迎バスが出るまで、日頃の疲れを癒すことができました。

実は到着日こんなことがございました。
居酒屋から帰る夜道にアクセサリーを落としてしまい、ホテルのボーイさんと一緒に懐中電灯を持って探しましたが、あいにくその日は見つかりませんでした。
諦めて深夜大風呂へ出かけ、脱衣室で出会ったご婦人に落し物の話をすると、「厄落とし」ということもあるからと言って慰めてくださいました。なるほどと思い考えを改め、ほっとして休むことが出来ました。

翌朝散歩へ出た際に、やはりアクセサリーのことが気になって歩いていると、路上の中央辺りに「あった」と気づき、まるで夢のようでした。
一泊2日の旅ではございましたが、良い人達と出会い学ぶことも多く、旅に出て本当に良かったと思います。

ホテルをご紹介頂きました江部先生をはじめ、お風呂で出会ったご婦人、親切なホテルのボーイさんやスタッフの皆様方のお蔭と心より感謝申し上げます。
2017/05/06(Sat) 01:56 | URL | 加山ユーミー | 【編集
エリスリトールの原材料はとうもろこしであったり果糖であったりしますがどれも身体に対する反応は同じなのでしょうか?
中には原材料がぶどう糖というのもあるのですが。
2017/05/06(Sat) 04:31 | URL | ポンタ | 【編集
赤ちゃんの糖質制限
赤ちゃんにももちろん糖質制限が有効だとおもいますが、医療関係者のりかいは現状得られず親御さん心細いと思います。糖質制限へのりかいがはやくひろまることを三島先生のごほんなどをきっかけに期待しています。
2017/05/06(Sat) 04:32 | URL | いるいる | 【編集
Re: タイトルなし
後藤 さん

主治医とよくご相談ください。
もし主治医が糖質制限反対派なら、
以下を参考に、糖質制限賛成派の医師とご相談ください。

日本糖質制限医療推進協会
http://www.toushitsuseigen.or.jp/
提携医療機関
http://www.toushitsuseigen.or.jp/med-institution



男性なら、前立腺の検査をしましょう。


特に検査はありません。
SGLT2薬は、とにかく脱水注意です。
あとは皮疹がでた場合は即中止です。
2017/05/06(Sat) 07:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ホテルハーヴェスト南紀田辺へ
加山ユーミー さん

アクセサリー、見つかって良かったです。
なかなか出てこないのが普通なので、とてもラッキーでしたね。

天気が良くて、ホテルハーヴェスト南紀田辺のオーシャンビューも楽しめて快適な時間を過ごし、
リフレッシュできましたね。
2017/05/06(Sat) 07:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
ポンタ さん

エリスリトールはもともと天然由来の成分で、ワイン、日本酒、ビール、キノコ、すいかなどにも含まれています。

原材料がトウモロコシでも果糖でもブドウ糖でも、エリスリトールに生成されていれば、一緒と思います。
2017/05/06(Sat) 08:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 赤ちゃんの糖質制限
いるいる さん

同感です。
2017/05/06(Sat) 08:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生、SGLT2は頻尿になるみたいですが、
朝飲んで夜中まで続いたりしないでしょうか?
夜中に頻尿で寝れなかったら怖いです。
2017/05/06(Sat) 09:46 | URL | 後藤 | 【編集
食事のパターン化
私は2型糖尿病でHbA1c12でしたが、糖質制限で今5.1です。後藤さんは欲望の一位 食欲に負けてますね。
人生はそれぞれですが 試しに三食をパターン化してみませんか? そう 朝 昼 晩の食事を同じメニューにするのです。味気ないと思いでしょうが効果ばっぐんです。注意点は糖質を減らした分だけ油をとりましょう
初めは不安定ですが中世脂肪やコレステロールも激減します。おいらの人体実験からアドバイスです。
2017/05/06(Sat) 12:23 | URL | 悩めるおじさん | 【編集
Re: タイトルなし
後藤 さん

SGLT2阻害薬は、脱水注意なのでしっかり水を飲む必要があります。
従って、尿は増えると思います。

しかし、それで夜中に眠れなかったというほどの人はいませんでした。
2017/05/06(Sat) 16:51 | URL | ドクター江部 | 【編集
文藝春秋5月号の特集
 何年かぶりでの投稿です。(かなりダメな)糖質セイゲニスト歴8年、高雄病院への通院6年目になりました。

 さて、(すでに投稿があればすいません・・・ですが)文藝春秋5月号を、連休ということで、久々にゆっくりと読みました。その中で、大特集「食と薬の常識が変わった」で、様々な論稿が掲載されています。それぞれ、面白い論稿だと思います。ただ、1つ気になる論稿(記述)があり、正直なところ???なので、ここに疑問?を書くことをお許しください。専門家ではない私には、一笑に付してよいかどうか、判断に苦しむ「論理」に基づく「日本人は糖質を制限するな」という提言(?)のようです。
 私の理解でその論旨の中の、日本人の糖尿病(2型)の近時の増加原因を要約すると、次のようになるかと思います。

1.欧米人と日本人は体質が異なる。インシュリンの分泌量も、欧米人は多く、日本人は少ない。
 →この点については、江部先生もそのようなことを書かれていたと記憶しているので、問題なし、としてよいかと、思っています。(個人的には、日本人でも個人差が多々あるように、欧米人と日本人とくくってしまうのもどうなのかなぁ?という疑問もないわけではないですが、まぁ、参考の規準としてはよいのでしょう)。

2.東アジアでは、米などの炭水化物を豊富に食べることができ、ブドウ糖を大量に蓄積しておく必要がなかったために、インスリンの分泌量が少なくなった。一方、欧米では、肉などのタンパク質と脂肪が中心の食生活だったため、炭水化物を食べられたときには少しでも多くのブドウ糖を体内に蓄積するために、インスリンの分泌量が多くなった。「というわけです」と書かれているので、何らかの先行研究に依拠していると思われます。
 
 →個人的には、まったくよくわからないですが、まぁ、納得いかなくもない、インシュリン分泌量差の根拠かなぁ?という感想です。
 むしろ、私が非常に疑問なのは、次の結論(?)です。

3.百年前は、摂取カロリーの80%を炭水化物で得ていた日本人が、現在では50〜60%に減っている。百年前は、少ないインシュリンで正常だった血糖値が、現在では、炭水化物(糖質)の摂取量が減っているため、(おそらく、体内でのブドウ糖の蓄積を百年前と同じレヴェルで確保するために)「意味なく」(私の理解)インシュリンを分泌し続けようとし、膵臓が疲弊したために、糖尿病(2型)が増加した。

 どうなんでしょうか? 糖質の体内取り込みを増加させようと、糖質が過多でもないのに、インシュリンの分泌も過多になる、というのを、一般的な2型増加の原因にしていい物なんでしょうか? まぁ、低血糖症状というのは、人工的な治療(投薬など)をしなくても、出るもの(例えば、よく運動する子ども)らしいですので、まったく無根拠とも言い切れないのかもしれないですが・・・。

 長くなり、すいません。上で言及した論旨は、糖質制限をするな、の根拠自体にそもそもなってはいないとは思います。ただ、糖尿病患者の増加の一因には、もしかしたらなり得るのかなぁ?とも思ったりしています。

 恐縮ですが、なんからのコメントをいただければ、すっきりします。
 
2017/05/07(Sun) 10:25 | URL | もえ | 【編集
Re: 文藝春秋5月号の特集
もえ さん

1 
もえさんの考えでよいと思います。個人差も勿論あります。

2 
これはひどいです。荒唐無稽です。
成人で約300gのグリコーゲンが身体に蓄えられています。
そのうち筋肉が約250gくらいで、肝臓が50gくらいです。
人体の構造上、ブドウ糖の集合体であるグリコーゲンを大量に蓄えることは不可能です。
脂肪なら大量に蓄えることができます。

2、3
これも荒唐無稽です。
炭水化物を摂取すると大量のインスリンが分泌されます。
脂質を摂取してもインスリンの分泌はありません。
タンパク質を摂取すると少量のインスリンとグルカゴンが分泌されます。
これらは、ヒトにおける生理学的事実であり、欧米人も日本人もアフリカ人も一緒です。

2、3
当然、炭水化物の摂取が少ないと、インスリンの分泌も少ないです。
これも、勿論、全人類共通の生理学的事実です。

文藝春秋5月号の、この論考は、論考というより妄想ですね。

なお、糖尿病予備群に、緩やかな糖質制限食を実践させたところ、約70%が正常型に戻り
全員糖尿病への移行が予防できたという研究論文があります。
2017/05/07(Sun) 12:23 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます
 江部先生、さっそくのご説明(の必要すらない)をありがとうございます。

 専門家ではない者としては、斬新な解説(妄想)には、興味を持ってしまいがちです。とくに、糖質セイゲニスト的には、糖質制限に反対の意見にも、興味を持ってしまいます。あまりにも斬新(根拠がないだけ?)な反対意見の場合には、専門知識がない者としては、逆にあり得るのか?と疑問を持ってもしまうわけです。ただ、文藝春秋5月号の、「日本人は糖質を制限するな」の内容は、他の箇所は、素人の私でも、間違った論拠(妄想)に基づいているとはわかりました。ただ、あまりにも斬新すぎると、もしかして・・・と思わなくもないところがつらいところです。

 お手数をおかけします。ありがとうございます。
2017/05/07(Sun) 16:26 | URL | もえ | 【編集
食品別糖質量ハンドブック
先日はお薬の相談をさせていただきまして、ありがとうございました。
江部先生のこれまでのブログと、血糖値コントロールに成功されている方々のコメントを拝見しまして
コントロールが悪くなってきた場合は、やはり薬の追加を検討する前に
食前の血糖値と食事の糖質をきっちり再チェックすべきだと反省しました。
食前の血糖値が131で、食事の糖質量が16gでしたら
3倍で48UPして、食後179でした。当然のことですが‥
3時の糖質制限シュークリーム(糖質4.6)は中止して夕食のメニューに回して再計算することとなりました。
何となく糖質制限しているつもりに要注意ですね!
江部先生の「食品別糖質量ハンドブック」をしっかり見ながら、もう一度頑張ってみます。
このハンドブックで大変助かります。
2017/05/07(Sun) 17:53 | URL | teru | 【編集
Re: 食品別糖質量ハンドブック
teru さん

食前が131、食後179
なら、ボチボチですね。

ともあれ、スーパー糖質制限食で、空腹時血糖値を126mg/dl未満を目指しましょう。
それが達成できたら、110mg/dl未満を目指しましょう。
2017/05/08(Mon) 07:22 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生、ありがとうございます!!
はい、まずは126を目標にいたします。
夕食前がまた130でしたのでセイブル服用しまして、糖質18g程度の食事+散歩で食後2時間の血糖値が124でした。
早朝空腹時は少しずつ下がってきたものの、130〜150前後ですが、これについては薬なしで夕食時の赤ワイン100〜150mlとスーパー糖質制限で気長に頑張ってみます。
江部先生の「糖質制限ダイエット1ヶ月献立レシピ109」を昼食と夕食の参考にさせていただいておりまして、食べることが大好きな夫もこれなら、楽しく続けられそうです。朝はところてんとゆで卵です。15時の間食は、血糖値を見ながら糖質3g程度までにしておきます。東洋経済オンラインも拝読させていただきました。糖質制限向けの食品が増えてきて、本当に助かります!
2017/05/08(Mon) 23:53 | URL | teru | 【編集
Re: タイトルなし
teru さん

食後血糖値はコントロールとても良好です。

早朝空腹時血糖値が徐々に下がって、126mg/dlになればいいですね。
2017/05/09(Tue) 09:22 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生からお返事をいただいて、感激しております。
大変お忙しい中、本当にありがとうございます。
ますますやる気が出てきました。
お陰様で、夫の血糖値は安定してきました。
早朝空腹時も110〜120、本日は109です。嬉しいです(;∀;)!
また道を見失わないように、今後もきちんと食前食後の血糖値チェックと、糖質を計算しつつ
江部先生にアドバイスいただきました早朝空腹時110未満を目指します。
現在59歳で、糖尿になってから20数年なのですが
ここ数年、尿酸値がいつも8〜9.5前後でLDLは170〜180を行ったり来たりです。
それ以外は基準値内で、痛風の発作は出たことはありません。
尿酸値が気になっており結石がこわいのですが、これに関しても
このまま薬なしでスーパー糖質制限を続けることがベストかなと思っております。
水やお茶を飲んで結石予防します。
あとは…眼底出血の改善を目指して頑張ります!

昨日のおやつは紅茶と糖質制限ドットコム新商品の木の実のナッツケーキでした。
素朴な味がとても美味しくて大好きですo(^-^)o

2017/05/11(Thu) 11:05 | URL | teru | 【編集
Re: タイトルなし
teru さん

LDL170〜180・・・糖質制限食ならHDL高値で中性脂肪が低めなので、LDLも善玉であり心配ないと思います。

尿酸については、以下の記事をご参照頂けば幸いです。

2015年09月08日 (火)の本ブログ記事
「糖質制限食と血清尿酸値について。2015年9月。」
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-category-120.html

2017/05/11(Thu) 19:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可