コーヒー、カフェインと血糖値
こんばんは。

寒い日は、温かいコーヒーが飲みたくなりますね。

私はよくブラックコーヒー、あるいは生クリームを入れたコーヒーを飲みます。

コーヒーが好きで毎日、4-5杯は飲んでいるので、いろいろ調べてみました。

今回は、コーヒー(カフェイン)と血糖値について考えてみます。

コーヒーは血糖値を上げる、下げると両極端な見解がありますが、もう少し詳しく見てみましょう。

コーヒー・浸出液100g中には、
・エネルギー(kcal) 4.0
・たんぱく質(g) 0.2
・脂質(g) 0.0
・炭水化物(g) 0.7 ※食物繊維(g) 0.0
・カフェイン60mg

が含まれています。


調べてみると、結構沢山、コーヒーと糖尿病の研究がありました。

成分表からみると、コーヒー1杯が約150gとして、1回の糖質量は、1.05gと少量ですので、糖質そのものによる血糖値への影響は少ないです。

一方、コーヒーにはカフェインが入っています。

「カフェインが血糖値を上げる」という報告が、医学雑誌「Diabetes Care」2008年2月号に掲載されました。

糖尿病患者10例を対象にした小規模な研究です。

対象者に1日4杯分のコーヒーに相当するカフェインを錠剤で摂取させたところ、血糖値が8%上昇したとのことです。

この研究は、24時間の短期間の血糖値をみたもので、長期間ではありません。

また、カフェインは錠剤で、コーヒーそのものとは違います。

さらに、極めて少人数なので、研究としての価値はボチボチです。


コーヒーと糖尿病に関する大規模研究を三つ紹介します。

◆1. 2002年のLancet誌に、1日7杯以上コーヒーを飲む人は、1日2杯以下の人よりも、糖尿病の発症率が5割少ないという報告が掲載されました。オランダで実施された、男女1万7000人を7年間追跡した研究です。


◆2.「Annals of Internal Medicine誌1月6日号、2004年」に米国の大規模コホート研究結果が掲載されました。

男性4万人、女性8万人を最長18年間追跡し、コーヒーを1日6杯以上飲む人では、2型糖尿病の発症率がコーヒーを飲まない人より大幅に低い。

一方、カフェイン抜きコーヒーを飲む人では、2型糖尿病の発症率が飲まない人より低いものの“予防効果”は通常のコーヒーほどではない。

という内容です。

2型糖尿病の予防には、カフェインが有効な可能性が高いと、研究グループはみているそうです。


◆3.
米医師会雑誌Journal of American Medical Association(JAMA)
2004年3月10日号に掲載された、
前向きコホート研究「Uppsala Long itudinal Study of Adult Men(ULSAM)」
というものがあります。

スウェーデンのUppsala大学公衆衛生・介護学部のJohan Arnlov氏らの研究グループによるものです。

これには、コーヒーの飲用に関する記述があり、2型糖尿病患者でない936人のデータを分析対象としています。

その結果、コーヒー摂取とインスリン分泌量には、関連性が見られませんでした。



これら三つのオランダと米国とスウェーデンの大規模研究では、コーヒーおよびカフェインが、糖尿病に対して良い方向に働くことを示しています。

コーヒー党の私としては一安心ですヾ(^▽^)

研究としては[10人で24時間の研究]に対し、三つの大規模研究のほうがはるかに価値が高いのです。


結論です。

カフェインは、ごく短期的に血糖値上昇作用が少しある可能性は否定できません。

しかし、カフェインを含む食品の代表であるコーヒーは、日常的な長期的な摂取により、2型糖尿病発症のリスクを低減させることが、複数の疫学的調査で確認されているので、安心して、コーヒーや緑茶などを飲んでよいと思います。

なおカフェインを1日200~300mg以上摂取した場合 個人差はありますが、不眠・動悸・いらいら・頭痛・振戦・神経過敏などのカフェイン過剰症状がでることがありますので、コーヒーの飲みすぎには要注意ですね。( ̄_ ̄|||)

なおカフェインを含む飲料には、コーヒー以外にお茶がありまね。

以下、ご参考まで。

**福岡市薬剤師会のサイト
http://www.fpa.or.jp/library/kusuriQA/50.pdf

飲料別カフェイン含有量
滲出液100ml中

玉露 160mg
煎茶 20mg
番茶 10mg
ほうじ茶 20mg
釜炒り茶 10mg
玄米茶 10mg
ウーロン茶 20mg
紅茶  30mg
コーヒー  60mg
麦茶    0mg


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
コーヒー好き
安堵しました。
薄めとはいえ、一日数杯飲みます。
水分、1日2Lをコーヒーと焼酎のお湯割でまかなっています。
2017/02/23(Thu) 19:28 | URL | 北九州・東京 三島 | 【編集
ご無沙汰いたしております。深作医院で白内障の手術をしました。今月末にもう一方を手術します。高雄で見ていただいてからだいぶ経ちましたが、いろいろお聞きしたいことなどもあります。血糖値もどれが良い状態なのかも確認していただきたいのでまた、入院して良いでしょうか?4月のはじめくらいが良いのですが病院に問い合わせして良いですか?
2017/02/23(Thu) 21:38 | URL | 関口瑞穂 | 【編集
ビーフリード
江部先生
こんにちは。ハレルヤです。今回の質問は少し糖質制限とはズレる質問で恐縮ですが、先生にどうしてもご助言をお願いしたい件があります。10年間認知症を患っている母80歳の胃がんが最近わかり手術等は年齢的に無理で、また胃がんがかなり大きく状態のため経口の食事もできず、ビーフリード輸液のみで2ヶ月生き長らえています。ビーフリード輸液の成分表示には1番最初にビタミンB1と書かれていて、そのあと糖、電解質、アミノ酸液とあります。ほんとにこれだけで母は2ヶ月生き長らえています。という事はビタミンB1さえあれば、他のビタミンは極論いらないという事なんでしょうか?書かれていないだけで、実はビタミンC等も入っているのでしょうか?

酒を飲むとビタミンB1の消耗が激しいという江部先生のご指摘は私のビタミンB大量摂取によるアトピー回復と合致していて非常に合点がいきますし、今回の輸液につきましてもビタミンB1が重要なのかと思った次第です。母も酒や甘い物が好きだったのでビタミンB1欠乏によるウェルニッケ脳症だったのではないかと今更ながら思っている次第です。
2017/02/23(Thu) 22:59 | URL | ハレルヤ | 【編集
高松で講演会?
本日、患者さん(保健センターの看護師さん)から、近日高松で医療関係者向けのクローズドな講演会を江部先生が開催されると小耳に挟んだのですが、詳細教えて頂けませんでしょうか?
2017/02/24(Fri) 14:24 | URL | 産婦人科医 | 【編集
Re: タイトルなし
関口瑞穂 様

お久しぶりです。

現在の主治医に「診療情報提供書」を書いて貰い、高雄病院まで
送付して頂けば、直接入院が可能です。

診療情報提供書をもとに、入院担当職員と電話で相談されて、日取りなど、詳細を決めて貰えばいいです。
2017/02/24(Fri) 16:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ビーフリード
ハレルヤ さん

ビーフリード輸液(500mL)
 主成分:ビタミンB1・ブドウ糖・電解質・アミノ酸

これだけのようです。
より、長期になれば、微量元素や各種ビタミンなども配合した輸液になるかもしれません。
2017/02/24(Fri) 16:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 高松で講演会?
産婦人科医 さん

第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
サンポートホール高松
2017年5月14日(日)
9時15分~10時45分
シンポジウム10
「糖質制限とカロリー制限」
~PC医の知識と対応:
栄養、ケトン、出生前、メタボ~

が、高松で開催されます。
私や宗田先生や松本桃代管理栄養士もシンポジストで参加します。
2017/02/24(Fri) 16:22 | URL | ドクター江部 | 【編集
お返事ありがとうございます。
よろしくお願いします。
2017/02/25(Sat) 09:46 | URL | 関口瑞穂 | 【編集
数値が高すぎて(°_°)
江部 先生
はじめまして、りえこと申します。

夫の持ち帰った血液検査の結果が、
hbA1c 12.8
血糖値413(食後4時間位)
血圧138/90
(身長165cm体重78kgイタリア人)
という凄まじいもので、、、
(勿論、血圧、尿酸値、中性脂肪などもハイスコアでした)
江部先生の本とこちらのブログを読みあさり、手探りながらも糖質制限、食後の速歩を2週間続けている超ビギナーです。
2週間後に、血液検査をした結果
hbA1c 11.3
血糖値120(食後2時間半)
血圧125/91
体重75kg
になっており、早くも成果が出ているようです。
腎機能は幸いにも正常値に近いものでした。
今まで食事の大半が小麦粉(パスタ、ピザ、パン、クラッカー)とジャガイモ、ワインとアイス、カフェラテ、、、の様な生活だったので
(°_°)その全てが急に食べられなくなり本人はかなりキツそうですが、先生監修の糖質制限食材等を駆使して、どうにか頑張って貰おうと思っています。
そしてそして、
今回のコーヒー!!
正に賛否両論あり、飲んでよいか迷っていたものでしたので大変嬉しい報告でした。
先生、ひとつづ、真剣に調査、分かりやすく説明して下さって、本当に感謝しています。
このブログを全部英訳して夫に見せたくてしょうがありません!!



2017/02/26(Sun) 02:05 | URL | りえこ | 【編集
アトキンスダイエットではコーヒー等のカフェインを制限しますよね。カフェインが血糖やインスリン濃度に作用することもあるようですが、炭水化物をとても制限している時は、あまり意味がないようにも感じていました。
2017/03/01(Wed) 12:54 | URL | aya | 【編集
Re: タイトルなし
aya さん

そうですね。
高雄病院方式の糖質制限食では、
コーヒーや紅茶や煎茶などのカフェインは許容範囲と考えています。
2017/03/01(Wed) 13:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可