2017年2月12日(日)糖質制限食医療従事者対象セミナー in 大阪 開催
おはようございます。

2016年、東京、京都にて開催し、ご好評いただいた医療従事者向けセミナーを
2017年2月12日(日)、大阪にて開催致します。

日本糖質制限医療推進協会主催 医療従事者向けセミナー(大阪)
「糖質制限食による糖尿病指導~理論と実践~」

第1部 理論編
糖尿病治療に関して、最新糖質制限食理論と共にエビデンスのお話を簡単に説明します。
2016年に得られた最新の糖質制限食情報もお話しします。
第1部は講義と質疑応答含めて40分間です。

第2部 栄養指導編

高雄病院の栄養指導の実際を、橋本眞由美管理栄養士がお話します。
第2部は講義と質疑応答を含めて60分間です。

第3部 臨床実践編
糖尿病合併症の現状や久山町の悲劇など、そして薬剤の使い方のコツをお話します。

また、糖質制限食を実践していて、「すぐに良くなった症例」「治療に難渋した症例」「1型のインスリン分泌ゼロの症例」「SGLT2阻害薬が著効した症例」などを、実際に入院された患者さんのデータを見ながら検討します。

第3部は100分間ありますので、参加者の皆さんと共にディスカッション形式の症例検討を導入したいと思っています。

ご参加頂いた皆さんには、前回と同様に講演PPTスライドの、CD(PDFファイル)をお配りします。

関西、中国、九州、北陸の医療従事者の皆さん、奮ってご参加くださいね。



江部康二



以下事務局からのお知らせです。

***********

ブログ読者の皆様、いつも弊会のイベントへ多数ご参加
いただきましてありがとうございます。

2017年2月12日(日)、大阪にて医療従事者対象の糖質制限食
セミナーを開催致します。

2016年2月の京都セミナー同様に、糖質制限食指導に必要な
理論をさらいつつ、糖尿病治療におけるより実践的な内容に
ウェイトをおきます。新たな症例も盛り込んで、難渋症例についての
討議も予定しております。

医療従事者の皆様の多数のご参加を心よりお待ちしております。

◆掲載サイト: http://www.toushitsuseigen.or.jp/activity

★当日、セミナー終了後に懇親会を催します。
詳細は、セミナーへの参加お申し込み時にご案内申し上げます。

//////////////ご案内/////////////////

  (一社)日本糖質制限医療推進協会主催
 医療従事者向け糖質制限食セミナー in 大阪

 「糖質制限食による糖尿病指導 ~理論と実践 」

■日時:2017年2月12日(日)13:15~16:50頃 ※開場・受付は13:00~

■会場: 大阪大学中之島センター7F  講義室703
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php

■講師:

A:江部 康二 医師
  (一財)高雄病院 理事長/(一社)日本糖質制限医療推進協会 理事長

B:橋本 眞由美 管理栄養士 (一財)高雄病院 栄養管理部 部長

■内容:

第1部:理論編(40分)   ※講師A 

糖質制限食指導に必要な生理学的基礎理論を説明。三大栄養素と
血糖、ケトン体の安全性、米国糖尿病学会の見解、CKDガイド2013
の記載などについて言及。糖質制限食の有効性と安全性について、
EBMの観点からRCT研究論文、長期のコホート研究により根拠を示し、
最新の話題についてもお話します。

第2部:栄養指導編(60分) ※講師B

高雄病院では、3食とも主食なしのスーパー糖質制限食を実施しており、
その具体的な食事内容を紹介します。また、外来時と入院時における
栄養指導の方法及びポイント、よくある問題点と改善のプロセスなど、
指導事例も交えつつ、糖質制限食を継続していただくための栄養士の
関わり方についてお話しします。糖質制限食導入を検討されている院
所にとりまして、少しでもヒントになるよう管理栄養士の立場からお話を
進めていきたいと思います。

第3部:臨床実践編(100分)  ※講師A

高雄病院の豊富な 臨床例を取り上げて検討。治療に難渋した症例を
提示して参加者と共に ディスカッション。メトホルミン・DPP-4阻害薬・
α-GI薬・速効型インスリン 分泌促進剤は比較的使用頻度が高いので
コツを伝授。SGLT阻害薬は糖毒解除などに有用、外部由来のブドウ糖を
減らすのが糖質制限食、体内の糖新生由来のブドウ糖も排泄するのが
SGLT阻害薬。SU剤とチアゾリジン誘導体の位置づけを示します。
糖質制限食実践中に生じうる好ましくない症状・ 変化について検討します。

*各所要時間は、質疑応答、ディスカッションの時間を含みます。

■対象: 医療従事者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士、鍼灸師など)

■受講費:

・医師・歯科医師:
 賛助会員 7,200円 / 一般(非会員) 9,000円

・上記以外の医療従事者:
 賛助会員 5,200円 / 一般(非会員) 6,500円

*参加頂いた皆様には、映写・配布資料のデータ(PDF)CDをお配りします。

■お支払い方法: クレジットカード/銀行振込/郵便振替

※事前決済のみとなります。
※領収書をご希望の場合は、領収書宛名もお知らせ願います。

■お申し込みの流れ:

1. 下記「お申し込み方法」の該当するものからお申し込み下さい。
2. 事務局よりお支払い方法についてメールでご連絡します。
3. 入金確認後、予約確定のメールをお送りします。
4. 当日、直接会場までお越し下さい。

■お申し込み方法:

★賛助会員の方

  事務局までメールにて、医療機関でのご職種をご記入の上、お申し込み下さい。

★賛助会員入会をご希望の方:

  1. 入会案内および会員規約をお読み下さい。
   http://www.toushitsuseigen.or.jp/sign-up

 2. お申し込みは下のフォームからお願いします。
   「通信」欄に以下をご記入下さい。
    ① 「2/12大阪セミナー、参加希望」 とご記入下さい。
    ② 医療機関でのご職種をご記入下さい。
    http://www.toushitsuseigen.or.jp/contact
  
★一般(非会員)で、セミナーの受講のみご希望の方:

  下のフォームからお申し込み下さい。
  http://www.toushitsuseigen.or.jp/seminar-med

■その他:

・予約制です。当日参加はできません。

・キャンセルは2月10日(金)までに事務局までご連絡願います。
 それ以降のご返金は原則、対応致しかねますので予めご了承下さい。

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この方の体の中はどうなってるんでしょうか?特異的な体質なのでしょうか?
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/09/21/72199/
2017/01/19(Thu) 09:17 | URL | ジェームズ中野 | 【編集
はじめまして。
糖質制限食について調べていたら、ここにたどり着きました。
教えて頂きたいことがあってコメントさせていただいてます。

昨年7月に出産したものですが、妊娠糖尿病でした。食事制限だけで出産でき、産後1ヶ月の75g負荷試験は1時間値が132、2時間値が128と正常でした(HbA1c5.0)。その後11月の職場健診でHbA1c5.8と上昇しており、それ以降糖質制限食にしています。
ですが、元々食べることが大好きで甘いものも大好きなので、時々バイキングなどに行きお腹いっぱい食べてしまいます…。その食後2時間血糖値は140~160台となっており、後悔するっていう繰り返しです。血糖値高いともう行かないと思うんですが、やっぱりやめれなくて…
また付き合いでどうしても糖質食べないといけない事もごくたまにですけど、あります。そろそろまた検査に行ったがいいかなと思ってるんですが…
妊娠糖尿病だったので、糖尿病予防のために自主的に糖質制限食にしてますが、HbA1c5.8 の場合、たまに息抜きとして糖質気にせずに食事することは可能でしょうか?もし可能だとすればどれくらいの頻度でとかあれば教えて頂きたいです…。
また検査に行ったがいいかなと思ってるので、検査行くまでは息抜きせずに糖質制限食を続けるべきですか?


また、産後体調不良となりその影響か食後血糖値が200越えるときもありました。
風邪の影響で血糖値が高かった場合、糖尿病にどれくらい影響するんでしょうか?

質問が上手くまとまっていなくてごめんなさい。
2017/01/19(Thu) 14:50 | URL | 新米ママ | 【編集
ファミマ限定商品
『RIZAP 生姜醤油ラーメン』 糖質制限で一番の障害となるラーメン問題をクリアする低糖質カップ麺を実食!

http://news.ameba.jp/20170119-170/
2017/01/19(Thu) 17:39 | URL |  | 【編集
Re: タイトルなし
ジェームズ中野 さん

この方、フルーツに加えて
ナッツも食べておられますね。

15年間も、1日1杯の青汁だけで生きている森美智代さんもおられます。
森さんの場合は腸内細菌が、非常に上手く適合していて、それが可能となっていると思われます。

2017/01/19(Thu) 19:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
新米ママ さん

妊娠糖尿病であったなら、将来糖尿病になりやすいと考えておいたほうがいいです。

糖尿病発症予防には食後血糖値が、1時間180mg未満、2時間140mg未満が目安ですが
それを達成できる糖質量には個人差があります。

ともあれ「緩やかな糖質制限食」くらいでも、将来の糖尿病発症は予防できると思います。

風邪で血糖値が高値となった場合は、風邪が治れば大丈夫です。
2017/01/19(Thu) 19:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ファミマ限定商品

日刊アメーバニュースですね。

ドクター江部こと江部康二医師が提唱した糖質制限ダイエットは数年をかけて大ブームとなり、レストランでライスを残す人が続出、社会問題にもなっている昨今。糖質の塊ともいうべきラーメン・カップ麺は敵なのだが、『RIZAP 生姜醤油ラーメン』なら大丈夫。・・・・・
2017/01/19(Thu) 19:38 | URL | ドクター江部 | 【編集
ご返答ありがとうございました。

糖尿病予防のために糖質制限食続けていきたいと思います。
今日疑問に思ったことがあるんですが…
先ほど夕食2時間血糖値を測定してみたところ155と高値でした…。
夕食は糖質控えていたつもりだったのに、高いなと思い、6~7分後に別の指で2回測定してみると、129と133で正常でした。
たった数分でこれだけ値に差が出るのは何故でしょうか?
やはり一番高い値を食後2時間値として考えるべきですよね??
基本的なことでごめんなさい。
2017/01/20(Fri) 22:43 | URL | 新米ママ | 【編集
江部先生

はじめまして。父が糖尿病とパーキンソン病を患っており、年末年始の暴飲暴食から食生活を見直すべく、軽めの糖質制限を始めています。
先生の本を読んで取り入れられる事から行っていますが、講演会があればいつか参加してみたいと考えています。私は医療従事者ではない事と愛媛県に住んでいますので、今後そのような機会があるかどうか教えて下さい。
2017/01/20(Fri) 23:12 | URL | 山猿 | 【編集
Re: タイトルなし
新米ママ さん

これは、血糖自己測定器の誤差範囲と思います。

その測定器でも、±20%くらいの誤差はあります。

129と133のほうが、2回測定で、信用できると思います。
2017/01/21(Sat) 18:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
山猿 さん

愛媛は、いったことがないですね。

2017/5/14(日)
第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会
シンポジウム「糖質制限とカロリー制限

が、高松で開催されます。
私や宗田先生もシンポジストで参加します。
2017/01/21(Sat) 18:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます。
そんなに誤差範囲あるんですね…
食事内容がそんなに血糖値は上がらないと思ってたので、129と133のほうが信用できると聞いて安心しました。
ありがとうございます。

それだけ誤差があるなら、測定する指先は毎回同じ指のほうがいいですか?
2017/01/21(Sat) 19:00 | URL | 新米ママ | 【編集
Re: タイトルなし
新米ママ さん

指はどの指でも大丈夫です。
2017/01/21(Sat) 19:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
教えて頂きありがとうございました。

20%も誤差があるとなると、食後血糖値が140未満でも誤差範囲として140越えてる可能性も認識しておくべきなんでしょうか?
2017/01/21(Sat) 22:15 | URL | 新米ママ | 【編集
Re: タイトルなし
新米ママ さん

想定内の血糖値なら、そんなもんでいいですし、
あまり変なデータの時は、誤差かなというくらいの認識でいいと思います。
2017/01/22(Sun) 08:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
分かりました。

妊娠糖尿病が分かり栄養指導を受けた時に、血糖コントロールが上手くいかなかったら6回食のことを聞きました。
3回食で問題なく経過したんですが、5~6回食の場合も食後血糖値は1時間値180未満、2時間値140未満が目標となるんでしょうか?
それとも分回食なので、もっと低い値が目標となるんでしょうか?
2017/01/22(Sun) 14:56 | URL | 新米ママ | 【編集
Re: タイトルなし
新米ママ さん

「糖尿病妊娠」も「妊娠糖尿病」も

現在、世界的に推奨されている血糖コントロール許容値は
食前血糖値100mg/dL未満、食後1時間血糖値140mg/dL未満、食後2時間血糖値120mg/dL未満です

です。

6回食は、分割することで1回の糖質摂取量を減らして、食後高血糖を防ごうという考えです。
しかし、そんな面倒くさいことをしなくても、糖質制限食なら食後高血糖は生じませんね。
2017/01/22(Sun) 16:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
何度もすみません。

血糖測定器の誤差範囲が気になり、本日夕食後に3回測ってみたところ、食後2時間血糖値が145、161、157でした。
再検査の時相談しようと思って血糖値は記録しているんですが、3つの値の平均値を記録してもいいものでしょうか?

また、薬局などでブドウ糖購入すれば自宅でも75g負荷試験は可能ですか?
2017/01/22(Sun) 20:45 | URL | 新米ママ | 【編集
Re: タイトルなし
新米ママ さん

誤差範囲ということで、そのまま示せばよいと思います。

血糖自己測定器で、自分で75gブドウ糖試験の簡易バージョンを実施することは可能と思います。
2017/01/22(Sun) 21:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可