寒波を乗り切る糖質セイゲニストの強い味方、糖質制限万能だし醤油
だし醤油

おはようございます。

今朝も随分と冷え込みました。

土日に降った雪が、まだところどころに残っています。

読者の皆さん、転んで怪我などしないようご用心ご用心。

さて、これだけ寒い日が続くと、鍋や煮物などの温かい食べ物がものが恋しいですね(^_^;)

特に鍋料理は、具材を選べば糖質制限しやすい料理なので、我々糖質セイゲニストの必須アイテムでしょう(^^)

ただ、具材に問題なくても、水炊きの時のポン酢や出汁を作る時の調味料など、一般に売られているものは結構砂糖が入っているので、味付けに困る時があります。

鍋料理以外でも、時折、読者の方から

『糖質制限で使っていい調味料は具体的に何がありますでしょうか?』

との質問を頂きます。

パンやケーキやチョコレートなどは、糖質制限でも通常のものと遜色の無い、いやそれ以上のものが完成していますが、取り敢えず困るのが調味料(^_^;)

基本的に市販の調味料は、砂糖が入っているものが多いので、糖質制限食には向きません。

ですから自ずと塩だけの味付けになるのですが、なんぼなんでも、塩味ばかりで飽きてくると口をそろえておっしゃいます。

私が監修している糖質制限ドットコムでは、

糖質制限万能だし醤油
糖質制限 みりん風調味料
糖質制限焼き肉のタレ
糖質制限万能ごまドレッシング
糖質制限サウザンアイランドドレッシング
糖質制限ケチャップ
糖質制限中濃ソース
糖質制限ぽん酢

などなど、糖質制限食対応の調味料をいろいろと発売していますので、これらを使ってもらうのもいいでしょう。

特に、糖質制限万能だし醤油は、糖質制限ドットコムのお客さんからの開発して欲しいリクエスト、ナンバーワン商品でした。

発売と同時に大人気で、今でも生産が間に合わない時があるというので驚きですね。

私自身は料理をしないので、だし醤油を何に使うのかすら分かってませんが、使われた患者さんに聞いたところ、これまで砂糖を使うので糖質制限食を始めてから食べられなかった和風の煮物が食べられるようになったと、大変喜んでおられました(^^)

煮物以外では、すき焼きのタレに使ったり、糖質制限麺と合わせてうどんや蕎麦の出汁にしたり、寒い季節は鍋やおでんの出汁にも使うそうです。

だし醤油って正に万能なんですね(^_^;)

糖尿人、メタボ人、ダイエッター、全ての糖質セイゲニストの皆さん、料理のレパートリーが広がる糖質制限万能だし醤油、是非一度お試しあれ\(^o^)/

そうそう、先週からの寒波の所為か、この糖質制限万能だし醤油、すごい売れ行きで品切れになることも多いそうです。

本日入荷したそうなので、ご希望の方はお早めにチェックしてくださいとのことです。


江部康二


詳細はこちらです。
↓ ↓ ↓
糖質制限 万能だし醤油
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail49.html


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
先生のブログに救われました
江部先生
いつも楽しく拝見させていただいております。

ご紹介いただく様々な商品を試しながら、楽しくスーパー糖質制限をしています。

私は30歳。初めての職場の人間ドックで糖尿が発覚し、どうしたもんかと思っている時に先生のブログにたどり着きました。
ご本も何冊か読ませていただき(近所の本屋には先生のコーナーができていました)、スーパー糖質制限に取り組んでいます。

発覚から約2か月が過ぎ、再検査も兼ねた病院の受診で改善が見られたので報告させてください。

2016/11/21  HbA1c 7.8 空腹時血糖158
2017/ 1/17 HbA1c 5.7    血糖値78
ちなみに体重も135キロから120キロに減量で嬉しい限りです。身長は173センチなのでまだまだ改善の余地はありますが(笑)

受診した病院の先生からも、この調子で頑張りなさいといわれてホッとしています。
まだまだ若いと言っていただける年齢なので自己管理に努めていきたいと思います。気長に続けて、体重が二ケタになればいいなぁと思っています。

因みに、再検査をした病院はネットで糖質制限を取り入れていますと掲載されていたのですが、実際は「ゆるい糖質制限」に取り組んでいるようで、糖質制限にもいろいろ流派?があるんだなぁと感じました。

これからも楽しく記事を読ませていただきます!
とりとめのない内容、失礼いたしました。
2017/01/18(Wed) 12:39 | URL | 大豚子豚 | 【編集
体重減少と糖尿病
44歳の女性です。41歳で第四子を出産後、年ごとの人間ドックで血糖値の上昇を指摘されてきました。
もともと、食事には気をつけているつもりでしたが、更に油脂を控え、玄米にかえた食生活をしてきましたが、先日の健診結果は、空腹時血糖値118、HbA1c5.6という結果でした。
産後の2年9ヶ月ほどで体重は10キロ痩せ、身長168センチで体重46.9センチ、BMI16.5となりました。
食べても食べても痩せてくるという状況だったように思います。
空腹時血糖は3ヶ月後の受診をすすめられましたが、あまり気にしなくていいといわれました。
しかし、たくさん食べるのに痩せるのは変だ。色々と調べて江部先生の本と出会い、私のこの症状は、糖尿病なのではないかと思うようになりました。

軽めの方の糖質制限食を開始して、2週間になります。
ただ、思ったようにカロリーが摂取出来ないのか、当初さらに1キロも落としてしまい、朝と昼の主食を少なめに摂取しながら油脂を多めにし、やっと46.7キロの現状維持です。
尿検査の尿糖などの以上は指摘されていません。
甲状腺機能のTSH,FT4ともに基準値内です。
腹部超音波なども異常となる指摘はありませんでした。

血液検査は、
白血球数4.3
好中球74.6
リンパ球16.2
単球5.2
好酸球2.8
好塩基球1.2

赤血球数 4.24

産後、年ごとに好中球が高値でリンパ球が減少しています。

また、産後からアトピー性皮膚炎が悪化しています。
最近、先生の著書であるアトピー学校を読み、悪化の悪循環を理解したところです。

まだ、血糖値に関して病院を受診してはいないのですが、糖質制限をしばらく試したところで何処かを受診したいと考えています。

埼玉在住で、子育て中でもあり遠方の受診は難しいのですが、糖尿病科を受診すべきなのか、もしくは、体重減少には他の原因が考えられるのでしょうか。

リンパ球の減少と好中球の高値が気になっています。

糖尿病の可能性が高ければ、やはり糖質制限で頑張って、お薬をなるべく使わない方針の病院へかかりたく、初診をどういったところにすべきか迷っております。
先生の本と出会い、自分が健康的でバランスのとれた食事をしていたつもりが、実は、糖質過多で必須栄養素不足だったのではないかと思いました。
もともと疲れやすく、食後一定の時間後にあくびが頻回に出たり、朝からだるいのが日常でした。
低血圧のせいかと思っていましたが、先生の本にある「機能性低血糖」の症状は、私に当てはまる気がしています。

アトピーの症状と一緒に改善してゆけたらと思っています。
当面、体重を増やすことが目標です。

まとまりのない文章となってしまい、申し訳ございません。
これから、色々と勉強してゆきたいと思います。
2017/01/18(Wed) 23:19 | URL | あこ | 【編集
リバウンド?
こんばんは。先生、お久しぶりです。この度は、お聞きしたい事があり書き込みさせていただいております。

私は、スーパー糖質制限して1年9カ月経ちました。お陰さまで、元気に過ごしております。

体重は、78キロから54キロへ。糖質制限は、その人の適正の体重で収まると思っていました。去年の、2月から10月まで54キロを維持していました。ところが、10月過ぎたあたりから、ジリジリと体重が増え始めました。

今は、プラス3キロです。

私は、毎食決まった物を食べています。スーパー糖質制限なので、糖質量も問題はありませんし、決まったカロリーを摂取しています。

仕事が肉体労働なのですが、仕事の時は2000カロリーで、お休みの時は1800カロリーほどです。

ですが、増えていく体重に困っています。生活面で変わった事は、股関節の病気の悪化で仕事の日数が月に2日減りました。精神科の、太るお薬は減りました。その他、仕事において生理が邪魔(生理が酷く重いです。)なので、精神科の薬で生理を止めました。年齢は、もうすぐ50才になります。

毎日、食べている物は

朝、なし。

昼、ココナッツオイル大さじ2、卵4個、納豆3パック(1パック50グラム)、チーズ40グラム。

夜、豚肉や鳥股肉200グラム、木綿豆腐、葉野菜100グラム(色んな調理法で食べます。)、ココナッツオイル大さじ1。

寝る2時間前、ピーナッツ30粒

このような感じです。

同じカロリー、同じ食事で何故に体重が増えてきたのか解りません。

身長は160センチです。

年齢的に代謝が落ちたのでしょうか?

血液検査は、二桁だった中性脂肪が、基準値ですが三桁になりました。

私としては、なんとも解せないのです。

今は、極端に心乱さずいようと思っておりますが、先が不安でなりません。股関節の関係で、体重を増やす事が出来ません。なんとか、55キロくらいに戻したいです。

よろしければ、アドバイスいただけませんでしょうか?

お手数を、おかけして申し訳ありません。よろしくお願いします。
2017/01/19(Thu) 00:19 | URL | かんたん | 【編集
Re: 先生のブログに救われました
大豚子豚 さん

拙著のご購入、ありがとうございます。

2016/11/21  HbA1c 7.8 空腹時血糖158
2017/ 1/17 HbA1c 5.7    血糖値78


素晴らしい改善ですね。
良かったです。

ゆるい糖質制限食だと食後高血糖が防げないので、HbA1c が7.0%を切るのはなかなか困難です。
スーパー糖質制限食を続けられるのが良いと思います。
2017/01/19(Thu) 08:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 体重減少と糖尿病
あこ さん

体重が少ないですので、脂質やタンパク質は充分量食べて
摂取エネルギーを増やしましょう。

甲状腺機能も正常ですし、空腹時血糖値も境界型レベルですので、
これらで体重が減ることはないと思います。

機能性低血糖があると考えられますので、
糖質制限食ならそれが予防できますし、アトピー性皮膚炎にもいいと思います。
2017/01/19(Thu) 08:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限普及について
江部先生が監修している糖質制限.comの商品は今のところ店舗での販売予定はないんでしょうか?
駅前病院での取り扱いは品質が保てないということで病院側から中止になったと過去あらてつさんのブログに書いてあったように思います。

どこか店を構えて対面での商品の営業を、糖質制限普及に努めてもらいたい気がするのですが。
まあこれは、江部先生じゃなくあらてつさんに伝えるべきことでお願いする営業努力かもしれませんが、江部先生のお力添えをお願いし店での糖質制限普及についてあらてつ社長さんに後押しして下さったらありがたいです。
対面の店での営業も糖質制限の興味普及に繋がると思いますので。
2017/01/19(Thu) 10:03 | URL | ユリメッコ | 【編集
ありがとうございます
先生、ありがとうございます。

糖質制限しながら、体重を増やせるように工夫してみます。
2017/01/19(Thu) 15:02 | URL | あこ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可