少なくとも、私はビールの糖質で血糖値が上昇しました。
こんにちは。

ヤフーニュースで2012/12/25(日)
[ビールで血糖値は上がらない?ウワサの真相を調べてみた]
http://bylines.news.yahoo.co.jp/mamoruichikawa/20161225-00065357/

という記事が掲載されました。

結局、結論は曖昧なままでした。(∵)?

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によれば、

『ビール100g中に、炭水化物が3.1g,利用可能炭水化物はTr(痕跡)ていど、食物繊維はなし。 』

となっています。

利用可能炭水化物は、通常は糖質を意味します。

しかし、利用可能炭水化物が痕跡ていどで、食物繊維なしなら、【残る炭水化物3.1g】の実態は何なのか、謎です。

それで、自分で実験をすることにしました。


12/29(木)
18:30 血糖値:114mg
缶ビール330mlを1缶(100mlあたり3.8gの糖質)、
実質、糖質は12.54gを摂取。
19:22 血糖値:154mg

私は体重が57kgなので、64kg÷57kg=1.123
体重64kgの2型糖尿人で、1gの糖質が、血糖値約3mg上昇。
体重57kgなら、1gの糖質が、血糖値約3.37mg上昇の予測。

缶ビール、330mlを1缶(12.54gの糖質)摂取して、40mg血糖値が上昇で、1gの糖質が約3.19mg血糖値を上昇させています。

まあ、ほぼ予測通りです。

少なくとも、2型糖尿人の江部康二においては、ビールは含有糖質通りに血糖を上昇させました。

他の糖尿人のご同輩も同様の可能性が高いですね。

実験したメーカー名は、何かの法律上、出せないのですが、日本のビールの製法は、どの大手メー-カーもほぼ一緒なので、どのメーカーのビールも血糖値を上昇させると考えられます。

世界のビールも、日本と同様に下面発酵ビールが9割なので、やはり血糖値を上昇させると思います。

下面発酵ビールは別名ラガータイプと呼ばれます。

上面発酵ビールはエールタイプと呼ばれます。

こちらは、今回実験していませんが、おそらく、糖質分は血糖値を上昇させると思います。

結論です。

缶ビールの糖質表示はそのまま、血糖値を上げると考えられます。

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」の炭水化物は、現実にはそのまま糖質とみなす方が実態に即しています。


ブログ読者の糖尿人のご同輩の皆さん、年末年始のビールには、ご用心、ご用心。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
こんにちは。
昨夜は中華料理店で忘年会でした。
乾杯はビールではなく、紹興酒で随分甘く、ビールより糖質が多いように感じました。

もともと中華料理は糖質制限に向かないと言われておりますが、
中華料理店で何処か糖質制限食をやっているお店がございましたら、ご紹介くださいますようお願い申し上げます。
2016/12/30(Fri) 14:36 | URL | 水割りノンベー | 【編集
ビ~ルが血糖値を上げる、、、?
都内河北 鈴木です。

山田某は何が目的で、何がしたいのか、バック組織力の御蔭でもっともらしくメディア露出しますが、医師として矜持はないのでしょうか??

私は糖尿病自力改善した事で、現東京都病院協会会長経営病院から転院圧力。 
転院先都内OOO赤十字病院で、内科部長S・Tに初診時、
「糖質制限で改善し現在がある」と転院時説明すると、ならば北里病院糖尿病センタ~長・山田悟を紹介されましたが、

「私の現在改善あるのは、江部康二先生・糖質制限理論で糖尿病を理解把握し、説明通り実践したからです。」
とハッキリと断りました!!

振り分け医療で関係病院への紹介状には「日本糖尿学会に批判的。」
などと書く始末。
(文書存在します)

私は日本糖尿病学会に「批判」ではなく「否定」です!!
悪化の一途だったのですから!!

21年間世界医学情報隠蔽され、
糖尿病重症化(右目失明・脳&頚動脈梗塞)するも3ヶ月足らずでインスリン増量3年余りがインスリン自主離脱正常化!!、
以降益々の頚動脈プラ~ク減少改善など病態改善してます事は、
全て面識無い江部先生の崇高なる医療理念の情報提供からです!!

何の明確な医療情報提示しいない山田某は何故メディア露出するのか疑念しかありませんん!!
敬具



2016/12/30(Fri) 16:04 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
江部先生、いつも興味深くブログを拝見しております。

ビールの記事はネットで読んだのですが、一読して変だなとは思っておりました。
血糖値が上がらないはずがないと。

我々糖尿人の年末年始は糖類オフの発泡酒で乾杯ですね。

さて、我々糖尿人にとってやや嬉しい記事が入ってきました。

<糖尿病患者>寿命改善 男71歳女75歳、治療法が進歩
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000027-mai-soci
http://mainichi.jp/articles/20161230/k00/00m/040/091000c

もちろん普通の人以上に生活に気を付けるのは必須ですが、
むやみやたらに恐れる必要は無く、しっかりと管理していけば
健常人と同じように生きられるのでしょうね。

では、よいお年を。
2016/12/30(Fri) 17:11 | URL | じゅんいち | 【編集
Re: タイトルなし
水割りノンベー さん

以前は、梅包 (メイパオ 【旧店名】中国糖質制限料理 梅花)さんが、東京の新橋にあったのですが
閉店されたようです。

糖質制限OK中華料理メニューとしては、
蒸し鶏、チンジャオロース、バンバンジー、小松菜と豚肉と厚揚げの中華炒め、
回鍋肉、肉野菜炒め、野菜炒め、ニラ玉、納豆オムレツ、水菜ともやしと卵のナムル
いんげんのひき肉炒め・・・など、選べば食べれそうです。

1回の食事の合計糖質量が20gまでに収まれば、少量の砂糖やとろみは許容範囲です。
2016/12/30(Fri) 18:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
じゅんいち さん

 「2001~10年に死亡した糖尿病患者の平均年齢は、男性が71.4歳、女性が75.1歳となり、日本人全体の平均寿命より男性が8.2歳、女性は11.2歳短かった」


寿命が改善して、良いことなのですが、それでもまだ、糖尿病でない人に比べたらかなり短いですね。
とにかく、早く糖質制限食を実践することに尽きると思います。

合併症のない段階で糖質制限食をきっちり実践すれば、普通の人と同じ平均寿命あるいはそれ以上が期待できると思います。
2016/12/30(Fri) 18:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
川崎市登戸の「神州乃華」
水割りノンベーさんへ

上記の店は「片栗粉抜き」と言えば、片栗粉抜きで作ってくれます。
2016/12/30(Fri) 20:00 | URL | らこ | 【編集
糖質制限中華料理店
ご無沙汰しております。

糖質制限の中華料理店ですが、後楽園にあります。

中華料理「歓(ファン)」
http://fun-kourakuen.com/

初めて行ったときに糖質制限メニューをお願いしたら、マスターが色々お話してくださいました。以前は新橋でやってらしたようなので、江部先生のおっしゃる梅包 (メイパオ 【旧店名】中国糖質制限料理 梅花)さんがこちらに移転されたのだと思います。
その後も何度か食べに行きましたが、とてもおいしかったです。中華をたっぷり食べたくなったらこちらにお邪魔することにしています。
2016/12/30(Fri) 23:32 | URL | 月夜野うさぎ | 【編集
梅包の料理
新橋にあった梅包は閉店しましたが、糖質制限中華は、地下鉄丸ノ内線 後楽園駅の駅ビル五階にある、中華レストラン 歓(ファン)にて引き続き販売されていますよ。新橋のビルのテナント料金が高くて、後楽園に移転した事を、オーナーの梅橋さんよりおうかがいしました。ちなみに、今はランチタイムなら、豆腐麺と一緒にサラダ ビュッフェも楽しめるので、かなりお得ですよ♪
2016/12/31(Sat) 00:27 | URL | 戦うレフリー | 【編集
先生のビールの銘柄は?
先生が今回実験したビールの銘柄は何ですか?
日本のビールは米やスターチなどの余計なものが入っていることが多いので、それが血糖値を上げた可能性はありませんか?
2016/12/31(Sat) 09:50 | URL | ヤスヤス | 【編集
お礼
≪お礼≫
おはようございます。
年末でお忙しいところ、早速ご返事をありがとうございます。

「糖質制限OK中華料理のメニュー」
をご紹介頂きまして、心より感謝申し上げます。

お正月料理(和食)に飽きた頃、中華料理店へ出掛け、それらを単品で注文してみることと致します。また、自宅でも作ってみます。

本年もいろいろご教示下さり、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
2016/12/31(Sat) 11:05 | URL | 水割りノンベー | 【編集
Re: 川崎市登戸の「神州乃華」
らこ さん

ありがとうございます。
2016/12/31(Sat) 12:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限中華料理店
月夜野うさぎ さん

情報をありがとうございます。
2016/12/31(Sat) 12:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 梅包の料理
戦うレフリー さん

情報をありがとうございます。
2016/12/31(Sat) 12:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 先生のビールの銘柄は?
ヤスヤス さん

銘柄は大手メーカーのラガービールです。
特定の商品名は示さない方が無難です。

表示にある、糖質量の中にいろいろ含まれていると思います。
食品標準成分表では、ビール100g中に3.1gの糖質ですね。
どこのメーカーでも糖質分は血糖が上昇すると私は考えています。
2016/12/31(Sat) 13:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
皆様方へお礼
≪皆様方へお礼≫

1.川崎市登戸の「神州乃華」
2.後楽園駅ビル5階の「歓(ファン)」

をご紹介下さり、ありがとうございました。
都内に住んでおり近いので、是非一度両店舗とも出かけてみようと思います。
2016/12/31(Sat) 15:56 | URL | 水割りノンベー | 【編集
江部先生
実験ありがとうございます。やっぱりそうでしたか。どうも話がうますぎると警戒していてよかったです。日本のビールは成分表示に炭水化物じゃなくて糖質と食物繊維とに明確に分かれて記載されているから、その糖質が料理不可能のはずはないと思ってました。
ということで、相変わらず70%オフの発泡酒にしています。
2017/01/02(Mon) 22:21 | URL | Ogikuboguy | 【編集
Re: タイトルなし
Ogikuboguy さん

夏井先生のサイトでも、ビールが血糖値を上昇させていました。
2017/01/02(Mon) 22:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
飲酒時のミネラル、ビタミンの喪失について
江部先生

こんにちは。アトピー疾患からの糖質制限を実践し何度か的確なアドバイスを頂き有難うございます。ビールの話しが出ましたのでタイムリーだと思い一つ質問させてください。私も糖質制限を始める7年前まではビール党(特に地ビール派)でした。糖質制限を始めてからはビールは付き合い程度に抑え、焼酎やウイスキーにしていますが、焼酎やウイスキーを飲んだ場合どんなビタミンやミネラルが主に失われるのでしょうか?ビールには糖質もさることながらビタミンB群も多く含まれていますが、焼酎やウイスキーは蒸留酒ですのであまりビタミンミネラルの類は期待できないと思い、飲んだ夜は必ず寝る前に通販で海外から購入したビタミンBコンプや市販のビタミンC剤、ビタミンBの栄養ドリンクを飲んでいます。焼酎やウイスキーも水割1、2杯程度ですが毎晩飲んでいまして、レモンや豚肉や野菜をアルコールと一緒に積極的に食べ物から摂取したとしても上記のような追加のビタミンを取らないと少しづつ徐々にアトピーも悪化していくように感じます。それなら飲まなきゃいいんじゃないかというのはどうかご勘弁を(笑)。ビタミンミネラルを失いやすい体質、人より過剰に必要とする体質なのではないかと経験的に感じています。エビオスのようなビール酵母や青汁も試しましたがビタミンB,Cの錠剤や栄養ドリンクの方が効いているように感じます。酒飲みのアトピー親父に良きアドバイスをお願い致します。
(カポジ水痘様も何度か経験してますのでヘルペスと関係があるのかもしれません。)
2017/01/03(Tue) 00:01 | URL | ハレルヤ | 【編集
Re: 飲酒時のミネラル、ビタミンの喪失について
ハレルヤ  さん

アルコールの代謝経路の様々な場面でビ
タミンB1が使われます。

アルコールはヒトに必要な様々な栄養素の
吸収を低下させますが、なかでもビタミンの吸収を大
きく低下させることは問題です。特にアルコールの代
謝に必要なビタミンB1の欠乏には注意が必要です。

ビタミンBは、豚肉、ハム、鰻、たらこ、めんたいこ、カレイ、タイ、サケ、ブリ、海苔、ナッツ類などに多く含まれているので
糖質制限食OK食材が多くあります。

焼酎やウイスキーも水割1、2杯程度なら適量ですね。
ビタミンBコンプや市販のビタミンC剤なら、問題内ですし、それで体調がいいなら、OKと思います。
2017/01/03(Tue) 12:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re:飲酒時のミネラル、ビタミンの喪失について
江部先生

先生の的確な優しさに溢れたご助言いつもありがとうございます。

あぁー、特にビタミンB1欠乏になってしまうのですね。良くわかりました。

私の場合、糖質制限できても、嗜好品ではたばこは吸わないので、アルコールとコーヒー制限にはあまり自信がないのですが、教えて頂きましたビタミンBを多く含む食材やビタミン錠剤の補給で欠乏を防いで、今後はアトピーとはそこそこ折り合いをつけてやっていけそうです(笑)。

7年前からの糖質制限実践によって幼少期からの重症アトピーから九死に一生を得ましたので、それこそ数多く受診した皮膚科の先生から、江部先生から頂きました様な一連のご助言をもっと早く頂けたらと思うと残念でなりません。
私のようなアトピー重症化、試行錯誤の対症療法にはまってしまう経緯を情報不足から辿ってしまう人達はもっともっと減らせると痛感しています。

診療科全ての先生の選択肢として糖質制限が浸透する事を願って止みません。

どうもありがとうございました。


2017/01/05(Thu) 01:48 | URL | ハレルヤ | 【編集
Re: Re:飲酒時のミネラル、ビタミンの喪失について
ハレルヤ さん

糖質制限で、アトピーの改善、とても良かったですね。
様々な生活習慣病が、糖質制限で改善することを経験しています。
2017/01/05(Thu) 13:12 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可