FC2ブログ
脳はブドウ糖、筋肉は脂肪がエネルギー源
おはようございます。京都は2.3日は温かかったのですが、昨夜はまた寒かったですね。友人との会食に冬のコートを着て出かけました。

さて、脳は脂肪の分解産物のケトン体も利用するけど、通常はブドウ糖を利用していると昨日のブログで説明しました。要するに日常的には脳はブドウ糖、筋肉は脂肪がエネルギー源なのです。

なぜこのような使い分けが可能なのか、医学が発達するまではよくわからなかったのですが、近年、糖輸送体(糖取り込み装置です)というものが発見されてその謎が解けました。

糖輸送体はGLUT(グルット、グルコーストランスポーター)と呼ばれ、各細胞によりいろんな種類があります。

例えば骨格筋や心筋の糖輸送体はGLUT4(グルット4)で、通常は細胞の中に隠れていますが、運動時や糖質を摂取して血糖値が上昇しインスリンが追加分泌された時は、細胞の表面に出てきて血糖を取り込むのです。

運動してない時や血糖値が上昇していない時は、グルット4は細胞の中に隠れているので、筋肉は血糖を極微量しか取り込むことはできませんから、主要エネルギー源は脂肪になるわけです。

これに対して、脳の糖輸送体はGLUT1(グルット1)であり、常に細胞の表面に存在していますから、いつでも血糖を取り込むことが可能なので、日常的にブドウ糖をエネルギー源としているわけです。脳以外にグルット1を持っているのは、赤血球、網膜などです。

GLUTは現在13種類が報告されていますが、グルット4とグルット1が一番よく知られています。他のグルコーストランスポーターはまだ研究途上といったところで、勿論私如き未熟者には全然わかりませんが、「ブドウ糖の取り込み装置には少なくとも13種類あって、各臓器・組織により巧みに使い分けている人体の精妙さ」には脱帽です。

                    2007.4.24 火曜日
                           江部康二 
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
はじめまして
江部先生
はじめまして!
先生の「主食を抜けば糖尿病は良くなる」を愛読しているbossと申します。

あらてつさんが私のブログに書き込みしていただき、先生のブログを知った次第です。
私はⅡ型DM10年生です。
今から3年前、DMのコントロールが悪く(HbA1c7~8.3%)、黄斑症を合併してしまい、レーザー治療しその後DMの怖さを知ってしまい、徹底した食事療法(1800kcal)と運動療法(往復35kmの自転車通勤)で半年間で25kgのダイエットに成功し、その後無投薬で5.0%前後でコントロールしております。

身長178cmで標準体重の70kgまで落としたのですが、無投薬になってからも3ヶ月に一度のDM受診ではDM専門病院のDrは毎日35kmの自転車通勤をしているにもかかわらず、2100kcalのDM食を譲らず、どんどん体重が減りつづけ一時は64kg台、体脂肪率6%まで落ち、肺炎になったりしました。

体重が減りつづけたころ書店で先生の本を見つけ読んだのですが、その時は一度読んだだけで、体重を落とさないためにピーナッツなどを間食として食べていました。

その後転勤になり、病院が変わり、DM専門外来のある内科に3ヶ月の1度通い、元々好きだった晩酌を週2回から3回に増やし(焼酎です)徐々に体重が戻りはじめ、67kgだった体重が70kgになると「このままでは肥満になる」といわれ困惑しております。
HbA1cも5.0~5.2%をキープしております。

私の場合体重のコントロールがDMのコントロールに直結しているような気がして、お酒を飲むときには玄米を食べないようにしていました。
正月に帰省してアルコールが好きなので、毎日飲んでいて体重が74kgまで増えてしまいました。(^_^;)

カロリー制限をして体重を減らすことは簡単なのですが、トレーニングは毎日行っているのでカロリー制限をすると、起立性低血圧や立ちくらみが頻発しなにか良い方法がないかと思い、再度先生の本を読み始めると、もやもやっとしていたことが、理論立って説明され、納得することが多く、その後、朝食を小さ目のりんご1つとカスピ海ヨーグルト(無糖)、昼は玄米4.5単位と野菜炒めとたんぱく質2単位。
夜は野菜たっぷりと玄米2単位、たんぱく質を好きなだけたべて、週3回ほど晩酌(焼酎や発泡酒)して、その食生活では体重もコントロールでき、トレーニングも問題なく続けられ、4月の検査でHbA1cも5.0%でした。
ダイエットしてから100を切るような低コレステロール症とカルテにかかれていましたが、総コレステロール値も160mg/dlになりました。
ただ、中性脂肪は28と相変わらず低値です。

いままでのDM治療の中でカロリー至上主義のDM食。GI値の考え方が未だに栄養指導する栄養士に浸透していなく、ことなかれ主義の医学界を象徴するDMの治療方針に疑問を感じ、いろいろ調べ自分の考えで、実践していたことが先生の著書を読んで、間違ってはいなかったと改めて実感しております。

もっと糖質制限食が世の中に普及することを願っております。
2007/04/24(Tue) 17:14 | URL | boss | 【編集
bossさんへ
bossさん、糖尿人脱却おめでとうございます。3年前のダイエットと運動療法で、25kg減量成功して、「インスリン抵抗性」が改善したと考えられます。今の食生活で体重もコントロールでき、トレーニングも問題なく続けられ、4月の検査でHbA1cも5.0%ですので、少量のGIの低い糖質であればOKの身体に改善されたのだと思います。
2007/04/25(Wed) 08:06 | URL | 江部康二 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック