砂糖入り飲料に課税を=肥満、糖尿病対策訴え―WHO
【16/10/12 東京たぬき

砂糖真時代

WHOは、本気で動いているのですね。

加糖飲料に警鐘を鳴らす意味合いも兼ねて、ぜひ課税してほしいです。

さて、「お砂糖”真”時代」推進協議会というのがありましたが、あの団体が11月30日と、3月10日を砂糖の日と定めたのですね。知りませんでした。彼らの姿は、https://www.alic.go.jp/joho-s/joho07_001204.htmlで明らかにされています。

国の外郭団体のお墨付きをもらっている団体だったんですね。

それにしても、防災備蓄食品としての砂糖の良さの訴求をするとは、情けない話です。】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161011-00000125-jij-int
ヤフーニュースより抜粋。
砂糖入り飲料に課税を=肥満、糖尿病対策訴え―WHO
時事通信 10月11日(火)19時28分配信
 【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)は11日、肥満や糖尿病を減らすため、
砂糖の入った飲料への課税を進めるよう各国に呼び掛けた。
 
 WHOは、砂糖入り飲料などの消費は「肥満や糖尿病に苦しむ人々を世界で増やす主要因だ」と指摘。
価格が上がれば、消費が減る明確な証拠があるとし、「政府が課税すれば、人々の命を救える」と訴えた。

 WHOによると、2014年には世界で18歳以上の39%が「過体重」だった。
糖尿病患者の数は1980年に1億800万人だったが、14年には4億2200万人に増えている。』 



おはようございます。

東京たぬきさんから、「お砂糖“真”時代」推進協議会についてコメントを頂きました。
ありがとうございます。

WHOが、2016/10/11、砂糖入り飲料に課税を進めるように、各国に呼びかけました。
それにより、肥満・糖尿病が減るということです。

「お砂糖“真”時代」推進協議会、さぞかし困っているでしょうね。

WHOは、2015年3月5日、「1日の糖類は小さじ6杯分まで」という新指針を発表しました。

ただ『糖類』に関する指針で、『糖質』に関する指針ではありませんので、誤解のないように注意が必要です。

新指針では、糖類のうち単糖類(ブドウ糖、果糖など)と2糖類のショ糖(砂糖)の摂取を総摂取カロリーの5%未満に抑えれば、健康増進効果が得られるとしています。

一日の摂取エネルギーが2000kcalとして、5%なら、25g(ティースプーン6杯分)となります。

従来は10%でしたので、半分になりました。

2015年、2016年のWHOの砂糖や単糖類に対する見解は糖質制限食的には、好ましい変化です。

でも、売り上げが半分になっちゃったら、「お砂糖“真”時代」推進協議会の運命や如何に?

さてWHOは糖類の害までたどり着いたのは良いことなのですが、そろそろ糖質の害にも気がついて言及して欲しいですね。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
何を隠そう・・・何をか言わんや
遠回しの糖類への課税。

先日のNHK特集では「グルコーススパイク」が危険と放送していたのに、昨日の『ためしてガッテン』では糖質は問題ないような…・
グルコーススパイクのことなど雲の彼方。
脂肪の摂りすぎが脂肪肝・・・・

糖新生のことなど全く触れず。

ゲストの横浜市大の教授、食後は横になって身体・肝臓を休ませることと。
糖新生・ケトン体のことなどサラサラ無し。

「出そうで出ないは○○の○○・・」みたいに、ズバリ糖新生のことが説明されると期待していたが、ハハハ(笑)

私に糖新生・ケトン体・江部先生・宗田先生・夏井先生を教えてくださったメンタルの先生は、昭和22年生まれだが、横浜市大出身。出身地は島根。
ある時、IPS細胞は網膜などの横に広げるのは割と易しいが、重力がかかる縦は難しいとか。
何でも、横浜市大に宇宙にでPS細胞の実験をする構想があるとか。
昨日のためしてガッテンでは、IPS細胞でミニ肝臓を作りマウスに移植。
メンタル先生はこのこと言っていたのか…・

テレビのノリは、肝臓が壊れてもIPS細胞で再生できる・・・・・(/_;)

「糖質」「炭水化物」をいくら庇ったとて、今は迷路のようになっているが、犯人探しと微分積分の好きな日本人?いずれ「糖質」に辿り着いてしまうかな?

昨日の『当たり!』が出なかった番組、「当ててみろ!」とばかり冷ややかに見ていました。

江部粉を買いましたので、毎週作るのを簡単にするため、ホームベーカリーを手に入れようかと。

炭水化物・糖質、背に腹は代えられません。
いずれ全面降伏するかな?(笑)

2016/10/13(Thu) 12:43 | URL | 今井 | 【編集
何を隠そう・・・何を言わんや、今井さんに思います。
都内河北 鈴木です。

既存の経済変化を恐れるのか?
国民犠牲に既得権益固執する日本医療界、特に日本糖尿病学会。

何故真理に真摯に思考しないのか不思議??

私の糖尿病21年公認専門医に通院しながら眼・脳に後遺症残しながらも、
面識無い江部先生・糖質制限理論を2012,10,1、より実践3ヶ月足らずで3年余りの増量するインスリン離脱し正常化した事、
4年目今年9月には益々の改善、頚動脈プラ~ク減少改善!!

専門医より悪化一途の患者が、薬不要で解明エビデンス有る事実に前向きに既成概念打破改した事で、
改善以上、生還事実をどの様に説明するのでしょうか??

医療を真摯に考えないだけでなく、国が崩壊するネットグロ~バルな現代に隠蔽圧力は熱心なんですが!!

現在東京都病院協会会長K・Hは、自身の経営病院通院患者より知識無い能力を検証されては如何ですか??

私が前病院閉院により2005年より後半7年通院した病院は何処だか御存知?御理解ですか?

私の改善以上、生還出来た事を説明出来るのは、
江部康二先生以外には出来ない!!
絶対に出来ない!!

何故なら私は糖質制限理論実践生還者だからです!!
敬具


2016/10/13(Thu) 16:42 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 何を隠そう・・・何をか言わんや
今井 さん

江部粉のご購入、ありがとうございます。
ホームベーカリー、いいですね。

『ためしてガッテン』は、たいていなかなか合点がいく内容がなくて、残念です。
2016/10/13(Thu) 18:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
終末より
糖質制限、結果オーライ。
資本は覆されるけど、現代の世界的メタボの蔓延。

GHQ、ローズベルトの「4つの自由」「四人の警官」のように糖質制限は理想の終点、プラットホーム。
そこから始めた戦後処理。終戦より大分前から。

生命力、から考察すると、「炭水化物」「糖質」の弊害は事実であると認めなければならないと思います。
血糖値が上がらない恵まれた人もいます。
血糖値が上がってしまうような弱者にスタンスを置いて食料事情を構築する時代になったのでは?とも思います。

古典医学、古典栄養学の信者の「振り上げた拳」かどのように下ろされるか見物です。
私の好きな映画、ブランク・キャプラの「オペラ・ハット」を見るように。

糖質制限、脂肪は夜燃える。夢は夜開く。

NHKの「賭けはなされた」は如何に展開するでしょうか。

チョコ、美味しかったです。まだ、冷凍庫にあります。

なんか、ふざけているようで申し訳ありませんが、糖質制限の世界に「金の成る木」とばかり資本が乗り込んでくれると、我ら?少々生き易い。
2016/10/13(Thu) 19:34 | URL | 今井 | 【編集
Re: 終末より
今井 さん

すでに、ローソンやアサヒビールなど、大手が糖質制限市場に進出していますね。

中小企業や個人経営でも、ニッチなところで、糖質制限食OK食品のニーズはあると思います。
2016/10/14(Fri) 18:10 | URL | ドクター江部 | 【編集
2年前に乳癌で手術後に血糖値が高く、インシュリン注射を1本打ちました。
耐糖能異常と診断され(Hba1c 6.3)、ネットで江部先生のブログを
見つけ、必死になって読みました。退院後は教えの通りに糖質制限し、
ご飯はもちろん、大好きなパンや麺類も一切食べず、フルーツも極力減らして
自分なりに頑張ってみましたが1年経っても
6.0~6.1(GA12~13)と変わらず、ブログコメントの方々のように
劇的に変化しないので、ガッカリしていました。
でも、油断して糖質(アイスクリーム)を食べると確かに血糖値が上がるし、
糖質を摂らなければ血糖値は上がらないので、江部先生がおっしゃる通り
ゆるやかとスーパーの中間ぐらいの糖質制限を継続していました。
糖質制限を始めて今日で丸2年になります。先週のHba1cは5.8でした。

乳がん手術後2カ月目に脳梗塞になり、その時のMRI画像には
白い丸い影が写っていました。1年後の健診の時にも写っていました。
それが今日の健診では全く何も写っていないんです。
脳神経の先生は「見つかりませんね~。」とびっくりしておられました。
また、脳低動脈が2本ともとても細くて心配されていたのですが、
1本はそんなに心配いらない、と言われました。
同じ病院の同じMRI、MRAで撮影、同じ脳神経外科医の診断です。
毎食後は必ずウォーキングをして、酵素風呂に入ったりといろいろ努力も
していますが、一番大きな理由はやっぱり糖質制限だと思います。

先生はお忙しい中、私達のためにブログで有益な情報を提供してくださって
関東在住で京都まで行って受診できない者たちにも、
正しい知識が得られるようにしてくださっています。本当に感謝です。
お目にかかった事は有りませんが、先生に助けられた一人です。
ブログには感謝しています。ご本も殆ど拝読いたしました。
これからもブログを通してたくさんの患者を救ってくださることと思います。
本当にありがとうございます。
2016/10/14(Fri) 23:13 | URL | ハルニレ | 【編集
Re: タイトルなし
ハルニレ さん

拙著のご購入、ありがとうございます。
本とブログがお役に立てて良かったです。

6.0~6.1(GA12~13)

グリコアルブミンが、基準値内の下限に近いくらい良好です。
食後高血糖がほとんどないと思われますので大変優秀なデータです。

慢性の鉄欠乏性貧血があると、HbA1cが高めとなりますが、貧血はないですか?
2016/10/15(Sat) 07:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可