2016年10月16日(日)札幌・一般向け糖質制限食講演会のご案内
こんにちは。

2016年10月16日(日)札幌市にて、一般向け糖質制限食講演会を開催します。

数年前に、一回だけ、札幌で一般向け講演会を開催しましたが、本当に久し振りとなります。

第1部の講師は、山本心 管理栄養士(江部診療所/当会アドバイザー)です。

「正しい糖質制限~実践のコツ、教えます!」と題して、実践の基本から、実際にあった陥りやすいケース、自分にあった糖質制限を行うポイントまで分かりやすくお話しします。

山本心管理栄養士は、自らが1型糖尿病であり、その分、実践的なノウハウを沢山持っていますので、乞うご期待です。

第2部は私の講演です。

「 糖尿病・生活習慣病がどんどんよくなる、糖質制限食」
    ~糖質制限食は人類の健康食~

と題して、15年に渡り実践・指導してきた「糖質制限食」の基礎理論やその有効性と安全性などについて、最新の話題も含めて、80分たっぷりとお話しします。

2013年10月、米国糖尿病学会が、「栄養療法に関する声明」を5年ぶりに改定して、糖質制限食を正式に容認したことは、私達糖質セイゲニストにおいて大きな追い風となりました。

改定委員の一人であるヤンシー氏は、デューク大学の医師です。

デューク大学では、炭水化物を20g/日未満に制限する「糖質制限-ケトジェニック食」(ケトン食)を臨床で用いています。

日本でも、東大病院の糖尿病代謝内科で、2015年4月から糖質摂取比率40%の糖質制限食を提供する時代となりました。

楽しくわかりやすいお話を目指しますので、札幌市、小樽市、北海道の方々、是非奮ってご参加いただけば幸いです。



江部康二


*********

以下、事務局からのお知らせです。

ブログ読者の皆様、弊会の講演会、料理教室へいつも多数ご参加いただきまして、ありがとうございます。

9/25(日)の東京での講演&トークイベントは、定員(160名様)に達し、キャンセル待ちいただいている方も多数となりましたので、募集終了致しました。大変申し訳ありません。たくさんのお申し込みをありがとうございました。

10月16日(日)、札幌市内で一般の方向けの講演会を開催いたします。

第1部の講師は、山本心 管理栄養士(江部診療所/当会アドバイザー)で、「正しい糖質制限~実践のコツ、教えます!」と題して、実践の基本から、実際にあった陥りやすいケース、自分にあった糖質制限を行うポイントまで分かりやすくお話しします。

第2部は、当会理事長、江部康二による講演で、「 糖尿病・生活習慣病がどんどんよくなる、糖質制限食~糖質制限食は、人類の健康食 」 と題して、15年に渡り実践・指導してきた「糖質制限食」の基礎理論やその有効性と安全性などについて、80分たっぷりとお話しします。

道央にお住まいの方をはじめ、たくさんのご参加を心よりお待ちしております。

*講演会の前夜(10月15日(土))に、賛助会員交流会を開催致します。

◆講演会・賛助会員交流会情報URL: http://www.toushitsuseigen.or.jp/activity

///////////////////ご案内/////////////////////

 (一社)日本糖質制限医療推進協会主催

    糖質制限食講演会 in さっぽろ

■日時: 2016年10月16日(日)12:30~15:10頃 ※開場・受付は12:00~

■会場: 札幌市教育文化会館 研修室305

〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目
https://www.kyobun.org/etc/access.html

■内容:

◇第1部: 「正しい糖質制限~実践のコツ、教えます!」 
 
 講師: 山本 心 管理栄養士
     江部診療所/株式会社 京都高雄倶楽部/当会アドバイザー

◇第2部: 「 糖尿病・生活習慣病がどんどんよくなる、糖質制限食
           ~糖質制限食は、人類の健康食 」

 講師: 江部 康二 医師  一般財団法人高雄病院理事長/当会理事長

※第1部は30分、第2部は80分、その後、質疑応答を30分程度、予定しております。
 
■受講費: 賛助会員 2,000円 / 一般 2,500円

■お支払い方法: クレジットカード/銀行振込/郵便振替 ※事前決済のみとなります。

■お申し込みの流れ:

1. 下記「お申し込み方法」の該当するものからお申し込み下さい。
2. 事務局よりお支払い方法についてメールでご連絡します。
3. 入金確認後、予約確定のメールをお送りします。
4. 当日、直接会場までお越し下さい。

■お申し込み方法:

★賛助会員の方:事務局までメールにてお申し込み下さい。
  ※領収書の発行をご希望の場合は、領収書宛名もお知らせ願います。

★賛助会員入会をご希望の方:

1. 入会案内および会員規約をお読み下さい。
  http://www.toushitsuseigen.or.jp/sign-up

2. お申し込みは下のフォームからお願いします。
  「通信」欄に「10/16札幌講演会、参加希望」とご記入下さい。
  (10/15の賛助会員交流会へ参加ご希望の場合は、その旨をご記入下さい。)
  http://www.toushitsuseigen.or.jp/contact
  
★一般(非会員)で、講演会の受講のみご希望の方:
 下のフォームからお申し込み下さい。
 http://www.toushitsuseigen.or.jp/seminar-gen

■その他:

・予約制です。当日参加はできません。

・キャンセルは10月14日(金)までに事務局へご連絡願います。
 それ以降のご返金は原則、対応致しかねますので予めご了承ください。

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
グルテンフリーに対する江部先生のお考え
江部先生、初めてお便りさせて頂きます。小生53歳の男性です。ウエイトトレーニングを趣味とし、酒もタバコも全くやらない小生が昨年の夏に何となく検査を受けたらお医者さんが、「血糖値200超えていますよ」との事。目の前が真っ暗になりました。それまでは病院にも殆ど行った事が無かったからです。ただ伏線はありました。人の何倍も飯を食べるのです。焼肉なんか行くと、ライスを7~8杯も食べました。早速、ネット等で糖質制限食というものがあると知り、江部先生の本を購入したりして努力の結果、身長173㎝体重89㎏から3カ月で体重73㎏に減り、再度測った血糖値も基準値以下になりました。糖質制限食に特に苦しまずに腹がへったら、ツナ缶、鮭缶、コンビーフ等を食べていました。江部先生のおかげで糖質制限食という偉大な療法を知り、感謝の念に堪えません。さて、前置きは長くなりましたが、小生がもう一つ注目しているのに、「グルテンフリー」があります。このさいとを見ると、こちらはほぼ、小麦粉だけを取らないみたいに思えて、取るべき食品に白米となっていますが、両者は多少概念が違いますが、先生の「グルテンフリー」に対するお考えはどの様な物なのでしょうか?
2016/09/28(Wed) 17:33 | URL | スガヒロ | 【編集
先日の記事で、
「糖尿人だと、多糖類のご飯やパンでも速やかに血糖値が上昇します。 」
とありますが、逆に糖尿人ではない人は、ご飯やパンを食べても血糖値は速やかには上昇しない。
つまり血糖値が急上昇しない為、血管を傷つけにくいので、ごはんやパンは食べても支障ない・・と読めてしまうのですが、私の読み間違いでしょうか?

2016/09/28(Wed) 21:47 | URL | Nサトウ | 【編集
Re: グルテンフリーに対する江部先生のお考え
スガヒロ さん

グルテン過敏症がある人は「グルテンフリー」食です。
例えばジョコビッチ選手です。

小麦グルテンさえ食べなければいいのが、「グルテンフリー」ですから、
糖質制限食とは基本的考えが、全く異なります。
糖尿人がグルテンフリー食を、実践しても、血糖値は改善しません。

糖質制限食は、小麦以外の穀物や芋、カボチャなどでんぷんを制限します。
2016/09/28(Wed) 22:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
Nサトウ さん


20代の、完全正常人は、糖質75gを摂取しても、食後は一貫して120~130mg/dlを超えることはありません。

20代で正常人でも、親が糖尿病だと、糖質75gを摂取して、食後1時間値が140~160mgくらいいくことがあります。

40代以上だと正常人でも、食後1時間値が140~180mg/dlくらい上昇する人が多いです。
2016/09/28(Wed) 22:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
アルカボース・グルファストの効果
初めてコメントさせていただきます。

2013年7月 不妊治療再開のため血液検査で食後血糖325、HbA1c 10.6でその後、地域の病院せ教育的入院へて低脂肪低カロリー食で2013年11月食後血糖110、HbA1c 6.1までさげて再開しました。その後2015年2月に不妊治療をあきらめ、好き放題の生活をしていました。

今年2016年2月の人間ドックで再び食後血糖207、HbA1c 10.3になり、投薬をすすめられました。

薬の前に食事で何とかしたいと思い、ネットで糖質制限のことを知り、江部先生の書籍を5・6冊てにし、スーパー糖質制限に取り組みました。糖質制限ドットコムを活用してなんとか2016年7月食後血糖107、HbA1c 6.1までさげることができました。

糖尿病で薬を服用している実家の父との食事の機会や旅行や出先で理解が得られなくて雰囲気をこわすことが多々あり、書籍:人類最強の「糖質制限論」や高雄病院の「糖質制限」給食の中で出てきたグルコバイ、グルファストを処方してもらえれば少しは状況が解決できることが願い地元の病院に相談したところ無理でした。

2016年1月の段階で日本糖質制限医療推進協会のHPで北海道の病院が掲載されていませんでしたので、8月1日に高雄病院を訪ね、アルカボースとグルファストsを処方していただきました。

8月末から9月末まで週1回ぐらい薬を飲んで糖質を控え目に食べたつもりです。

先月9月29日の血液検査では
 中性脂肪  75(7/28) → 104
 空腹時血糖     107  → 117
HbA1c        6.1  → 6.0
となりました。 体重は2kgほど減っています。

中性脂肪と空腹時血糖が上がったのは薬の効果以上に糖質をとりすぎたのか。糖新生であがっているのか。わからないところがあります。

高雄病院の栄養士の方に糖質制限パンなどの糖質をとるなら朝がよいとアドバイスをいただきましが一食糖質20g以下になるようにしても元の空腹時血糖が高ければ20gよりもっと低くなるようにしなければならないのかわからなくなりました。

解決できることを願い、10月札幌講演会、賛助会員交流会に参加させていただきます。また月曜日には日本糖質制限医療推進協会のHPで北海道の病院に掲載された札幌の病院をたづねる予定です。
2016/10/01(Sat) 17:02 | URL | 杉 金 | 【編集
Re: アルカボース・グルファストの効果
杉 金 さん

拙著のご購入、ありがとうございます。

中性脂肪  75(7/28) → 104
 空腹時血糖     107  → 117
HbA1c        6.1  → 6.0


HbA1cが、0.1%下がっています。
つまり平均血糖値は、128.3mgから125.5mgに少し下がっていますので、問題ないと思います。

中性脂肪と空腹時血糖値は、このくらいのデータのバラツキはあるので、一喜一憂しなくていいと思います。

1回の食事の糖質量が、20g以下というのは一つの目安です。
以下の目標を達成していれば合併症予防が可能となります。
できれば、2013年5月までの目標値が理想ですね。

<日本糖尿病学会2013年5月までの目標値>
空腹時血糖値:110mg/dl未満
食後血糖値:1時間180mg/dl、2時間140mg/dl未満
HbA1c:6.2%(NGSP)未満

<日本糖尿病学会2013年6月からの目標値>
HbA1c(NGSP):7.0%未満 → 合併症予防のための目標
空腹時血糖値:130mg/dl未満
食後2時間血糖血:180mg/dl未満
*血糖正常化を目指す際の目標:HbA1c6.0%未満
2016/10/02(Sun) 17:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可