秋の夜長に糖質制限ワインはいかがでしょう。
こんにちは。

昨日は、日中は蒸し暑かったのですが、夜になると気温が下がり、今朝は肌寒いと感じるくらいの気温でした(^_^;)

猛暑もようやく終わり、秋が近づいて来ましたね(^^)

今日は、秋の夜長にお勧めの糖質制限ワイン、サーメンタムシリーズのご紹介です。

ワイン

ろぜかば


カロリー制限食では真っ先に禁止される「アルコール」ですが、糖質制限食では、種類を選べばOKとしています。

焼酎、ウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒は糖質が0なので飲んでも血糖値に影響を与えません。

一方、ビールや日本酒なのど醸造酒は糖質量が多く、糖質制限食ではNGとなります(^_^;)

同じ醸造酒でも、赤ワインや辛口の白ワインは糖質量が少いので、適量であればOKとしました(^O^)

ですが、この「適量」が分かりませんとよくご質問を頂きます。

確かに、尿糖試験紙で測るにもワインを開けてしまわないといけませんし、沢山のワインの中でどんなワインを選んでいいのか正直なところ分かりにくいです。

糖質制限食実践中でも安心して飲めるワインはないものか?

そう考えたあらてつさん、オリーブオイルのモリドル社との商談にスペインに行った時、ワインの醸造所に「糖質制限でワイン作って!」と頼み込んできました。

紆余曲折を経て完成したのが、Sarmentum(サーメンタム)

糖質制限専門ワインです。

あらてつさんが現地で尿糖試験紙で検査、合格したものを日本に持ち帰り、例によって、私、江部康二自らが血糖測定、見事に合格です。

空腹時でボトル半分開けるのはさすがにキビシイものがありましたが、これで糖質セイゲニストに皆さんに安心して飲んでもらえるワインが出来ると思うと、感無量です(^O^)

糖質制限食の定番、赤ワインに加え、本格白ワイン、ロゼ、カバも糖質制限で醸造です。


醸造元、コビデス社クリストフ氏より解説をご紹介します。


●Vino tinto(赤ワイン)

Sarmentum Merlot Barrica 2011

100%ペネデスのブドウ畑原産メルローを使い醸造。

収穫物は厳選し、精製には細心の注意を払っています。

アメリカンオーク樽で6ヶ月間寝かせ、当社ワイナリーにて最終調整したものです。

樽がもつザクロ色のトーンをもつ、鮮紅色が特徴です。

口の中では、パワフルでありながらまろやかで、後味が長く続き、バランスが取れています。テイスティングをすると、最初にメルローの品種の味が来て、あとからアメリカンオーク樽による、木の優しい味がします。

メルロー独自の、カカオやコーヒーといった類の香りと、樽から来る香ばしい感じがします。

米料理、チーズ、ソーセージ、鳥肉、肉の煮込み料理などのおともにおすすめです。

*Barricaはスペイン語で「樽」を意味し、600リットル以下の木樽で熟成した
 ワインに表示できます。

●Vino blanco(白ワイン)

Sarmentum Xarel.lo

ブドウ品種は、100%ペネデス原産地のブドウ畑産チャレロです。

このワインは、当社の他の製品同様、厳選されたブドウからとれたフリーラン果汁(高品質のワインを精製するために、ブドウから圧搾するのではなく、流れ出てくる果汁を使用している)によって精製されたものです。

若々しい白ワインで、ほんのり緑がかった青白い黄色をしています。

地中海のフルーツや白い花の、フルーティーな香りがします。

口の中ではさわやかで、バランスが取れた感じがします。味わいは、長く広がりをもっていて、非常にまろやかです。

果物や白い花の後味がします。

魚料理や癖の少ないチーズ、米料理や白身の肉料理に合わせるのが理想的です。

*サーメンタム チャレロは、果皮浸漬によって精製された特別なワインです。 これ(果皮浸漬)は、ブドウの果皮がより味わいと香りのある、特徴が際立つ部位であることから、フリーラン果汁にブドウの粒を入れて、非常に低い温度下で数時間浸すことで、官能特性の部分を形成させるというものです。

●Cava (カバ スパークリングワイン)

通常のCavaは、ドサージュといって、砂糖や甘いリキュールを添加し、味わいの最終調整を行いますが、このSarmentum Cava Brut Natureは、それらを一切加えずに仕上げています。

ブドウ品種は、ペネデス原産のXarel.lo(チャレロ)、Macabeo(マカベオ)、Parellada(パレリャーダ)の三種です。

穏やかな黄金色の反射のある、青白みかかった黄色。グラスに注ぐと数珠状の輪を形成しながら上昇する泡が、程よい感じで長時間放出されます。

ボトルの中で、わずかに熟した果実や花のニュアンスを帯びた、はちみつのようなクリアンサ独特の非常に心地よい香りがします。

飲んで頂くと爽やかな後味で、口の中で大変な心地よさを演出すします。ドライな感じで始まりますが、まろやかで温かみをもった感じで終わります。

香り高く、素直に後に残るまろやかな後味がたいへん心地良いCavaです。

●Rosé  (ロゼ)

100%ペネデスのブドウ畑原産テンプラニージョを使い醸造した、透明感のある桜色がかった赤のロゼワイン。

コルクを抜けば、フルーティーな特徴を持った上質で心地よい香りが拡がります。

口に含むと、ほどよい酸味のあるフレッシュさがありながら、口当たりがまろやかで飲みやすく、エレガントかつフルーティーな後味が残ります。

テンプラニージョの果実を思わせる香りと、重厚かつ繊細な味わい、酸味と渋みがバランスよく感じられるロゼは、どのような料理にも合わせて頂けるでしょう。



もちろん、赤・白・ロゼ・カバ、全て飲みましたが、赤はタンニンの程よい強さと繊細な後味のバランスが取れたワイン、白はとてもフルティーで飲みやすく、カバはドサージュしてないとは思えないほど口当たりがよく、ロゼはテンプラニージョの独特の香りがなんとも言えず、どれもグイグイ飲んでしまいます(^_^;)

すべて私が自ら実験台になり、血糖測定を実施、どれも血糖値に影響を与えませんので、安心してワインを楽しむことができます(^O^)

作ってくださったクリストフさんに大きな拍手を送りたいと思います\(^o^)/

この糖質制限ワイン、Sarmentum(サーメンタム)について、詳細&お買い求めはこちらから。
↓ ↓ ↓
糖質制限ワイン サーメンタム 赤・白・ロゼ
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail66.html

サーメンタム カバ
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail137.html

サーメンタム カバ レゼルバ エスペシャル
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail95.html



言うなれば、私の血と汗と涙の結晶のサーメンタムシリーズ、左党の糖質セイゲニストの皆さん、是非一度お試しあれ\(^o^)/




江部康二


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
こんなな記事見つけましたが?
こんな記事見つけましたが、事実はどうなのかなとご存知ならば教えて下さい。

【マジか】激痩せ代議士「鳩山邦夫氏」の死亡は「炭水化物抜きダイエット」の影響 ...
これは極端に炭水化物を摂取せず、糖質をカットすることで体重を劇的に落とす効果があるとされており、実際に鳩山秘書は、代議士は炭水化物ダイエットをやっていたと、、、. しかし死因は「十二指腸潰瘍」ということであるが、そもそも十二指腸潰瘍で死亡するものなのだろうかという議論もあった。
2016/09/17(Sat) 05:47 | URL |  | 【編集
Re: こんなな記事見つけましたが?
勿論、事実は知るよしもありません。

糖質制限食が原因で亡くなるということは、理論的にあり得ません。

糖質制限食を実践している人が、何か別の病気で亡くなることは、普通にあると思います。

2016/09/17(Sat) 08:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
私もこんな記事を見つけました
9月15日 日経新聞 夕刊
脂肪肝悪化の原因
タンパク質を特定
阪大、治療薬開発に期待
高脂肪食の摂取により特定のタンパク質が肝臓で増加し、脂肪肝が悪化することを、大阪大の竹原徹郎教授(消化器内科学)のチームがマウスの実験で突き止めたと15日までに発表した。成果は9月下旬以降に米肝臓病学会誌の電子版に公開される。このタンパク質「ルビコン」を標的とした治療薬の開発が期待できるとしている。
脂肪肝は過度の栄養摂取により肝臓に中性脂肪がたまる生活習慣病。悪化すると肝硬変や肝がんにつながるが、詳しい発症メカニズムは分かっておらず、有効な治療薬もない。
チームによると、ルビコンは、細胞が自身のタンパク質を分解して再利用する自食作用(オートファジー)を抑制する働きがある。オートファジーの異常は、がんなどさまざまな病気に関連することが知られている。
チームが4ヶ月間、高脂肪食を与えたマウスの肝細胞でルビコンが増加した。さらに、ルビコンが働かないよう遺伝子操作したマウスの肝臓では、遺伝子操作していないマウスに比べ脂肪蓄積が軽減され、オートファジーが正常に機能していた。(全文)

私この10年来、人間ドックでずっと脂肪肝を指摘されてきました。
しかし、去年の10月4日から糖質制限をはじめまして、今年の5月の人間ドックでは、脂肪肝は消えて(?)おりました。医師も技師も皆さん「何をしたんですか?」と驚いておられました。

2006年4月 軽度脂肪肝・BMI 24.5・中性脂肪 97・A1c 4.8
2007年4月 脂肪肝・BMI 25.1・中性脂肪 109・A1c 4.8
2008年4月 脂肪肝・BMI 25・中性脂肪 115・A1c 5.1
2009年4月 脂肪肝・BMI 25.2・中性脂肪 227・A1c 5.0
2010年4月 脂肪肝・BMI 26.1・中性脂肪 128・A1c 5.4
2011年4月 脂肪肝・BMI 24.8・中性脂肪 134・A1c 5.5
2012年4月 脂肪肝・BMI 27.4・中性脂肪 126・A1c 5.5 (この年までJDS)
2013年4月 脂肪肝・BMI 26.9・中性脂肪 95・A1c 6.2 (この年からHGSP)
2014年5月 脂肪肝・BMI 25.9・中性脂肪 109・A1c 6.3
2015年8月 脂肪肝・BMI 25.4・中性脂肪 152・A1c 7.2
2016年5月 脂肪肝なし・BMI 20.4・中性脂肪 39・A1c 5.5
毎年、武田病院健診センターで受診した記録です。

発症メカニズムが分からなくても、有効な治療薬が無くても、只々、糖質制限を7ヶ月と20日間続けただけで脂肪肝は治りました。

又、「高脂肪食の摂取」とありますが、私は元々油っぽいものが苦手で、揚げ物やサラダ油を使った食品はほとんど避け、お肉も赤身、お魚は白身で生きて来て、糖質制限で落ちすぎる体重をBMI 20程度に落ち着かせるのに困る程、とにかく「高脂肪食」など摂っておりませんでした。今の方がどれだけ「高脂肪食」か分かりません。ひょっとして私は「特異体質」なのでしょうか。

ちなみに、私の糖尿病は大量の日本酒と大量のパンと大量のストレスのお陰と思っています。
阪大の先生方には、是非とも「高糖質食」の摂取と脂肪肝の関係も研究して頂きたいと願う次第です。
2016/09/17(Sat) 13:32 | URL | まちこ | 【編集
Re: 私もこんな記事を見つけました
まちこ さん

マウスの実験は人間にはあてはまらないことが多いです。

まちこさんは、糖質制限食(高脂肪・高たんぱく食)で、脂肪肝が改善ですので、良かったです。
マウスには糖質制限食は合わないと思いますが、ヒトには糖質制限食がぴったりで、人類の健康食です。
まちこさんは、ヒトとして普通の体質です。
2016/09/17(Sat) 16:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可