10/2 (日)東京ケトン体講演会・・・その栄養学・妊娠・子供の糖質制限 ご案内
おはようございます。

【10/2 東京ケトン体講演会〜万病予防のケトン体の奇跡とその栄養学・妊娠・子供の糖質制限〜】
のご案内です。

ベストセラー『ケトン体が人類を救う』の宗田哲男先生、
三島塾で、糖質制限により抜群の合格成績を上げておられる三島学塾長、
予防医学に見識の深い小幡歯科医院の小幡宏一先生、

のお三方による豪華3本立の講演会が

2016年10月2日(日)
東京、五反田アリアル会議室アネックスAルーム

にて開催されます。

ケトン体のこと、
妊娠中の食事、
妊娠糖尿病、
糖尿病妊娠、
子供の糖質制限食、
予防医学、

に興味のある方々は、是非、ご参加いただけば幸いです。


江部康二


☆☆☆


以下事務局からのご案内です。

【10/2 東京ケトン体講演会〜万病予防のケトン体の奇跡とその栄養学・妊娠・子供の糖質制限〜】

この夏、大盛況のうちに終わりました東京、大阪、福岡、金沢、北海道、沖縄の全国6箇所のケトン体講演会。

子供の糖質制限の内容も組み込んだ、福岡・大阪講演会の内容を、是非東京でもという声が多かったので、10月2日(日)に五反田にて、内容を更にブラッシュアップさせて開催したいと思います。
この夏の7月3日に行われた東京講演会とはまた違った内容になります。


予防医学に精通している小幡歯科医院の小幡先生に、ケトン体の仕組みや、なぜケトン体が良しとされているのか、また栄養学的観点から、腸内環境の問題まで言及して頂き、より良い身体にステップアップする為のアドバイス含めお話し頂きます。


北九州で受験塾を経営され、子供の指導に糖質制限を取り入れて高い合格率を誇る三島先生には、『子供の糖質制限』をどのように取り入れたらいいかなどについて、お話し頂きます。


そして、ご存知『ケトン体が人類を救う』の宗田先生。

9月末にケトン体の英語論文を発表、その後、最初の講演会になります。

ケトン体は世間の常識となる日も近く、これから大きな変化を遂げていきます。

2016年のカサブランカ企画による合同講演会は今年はこれが最後となる予定です。

皆様のお越しをお待ちしております!

日時 )10月2日 13時半〜17時(受付13時開始予定)
場所) 五反田アリアル会議室アネックスAルーム
費用) 4,500円
募集人数)振込順で先着90名


(振り込み後のキャンセルは5日前までなら返金致しますが、それを超えますと返金不可とさせて頂きます。ご了承くださいませ)


※今回、増席が殆ど出来ないお部屋で席数が限られているため、お子様は席を1つ使う場合は大人と同料金が発生することご了承ください。大人の膝の上など、椅子を使わない場合は無料になります。

お申し込み・お振り込みはこちらから。
http://ketontai.com/schedule

担当・お問い合わせ: カサブランカ企画 関口
(sekiguchi@ketontai.com/携帯 090 3086 8585)


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
江部先生、告知を、ありがとうございます。
大阪、福岡は、全体を網羅したため、「子供の」が言い足りない部分もありました。東京は、宗田先生、小幡先生の流れに乗って、思う存分、「子供こそ糖質制限」を語りたいと思います。
皆様、よろしくお願いします。
2016/09/10(Sat) 17:41 | URL | 北九州 三島 | 【編集
落とし穴 流行の糖質制限(ロカボ)で体重減っても「死ぬ確率」3割増
佐藤 秀美(さとう・ひでみ)
学術博士(食物学)、栄養士、日本獣医生命科学大学客員教授

http://president.jp/articles/-/20137

 最近発表された、海外の9つの研究(合計約27万人)を解析した研究で、糖質の摂取量が少ない群は、高い群よりも総死亡率リスクが31%高く、心臓病による死亡リスクも10%高まる結果が得られています
2016/09/11(Sun) 10:08 | URL | 精神科医師A | 【編集
佐藤秀美氏の経歴
 学術博士。横浜国立大学を卒業後、九年間電機メーカーで調理機器の研究開発に従事。その後、お茶の水女子大学大学院修士・博士課程を修了。専攻は食物学。
 現在、放送大学をはじめ、複数の大学で教鞭をとる。そのかたわら、東京栄養食糧専門学校を卒業し、栄養士免許を取得

https://www.amazon.co.jp/dp/4388251135

   ◇

PLOS ONE に掲載された能登論文に執着しているようだ
2016/09/11(Sun) 10:16 | URL | 精神科医師A | 【編集
また…
2016/09/11(Sun) 12:08 | URL | 京都駅前診療所患者 | 【編集
Re: タイトルなし
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。

能登論文のエビデンスレベルが低いことは、能登氏本人が認めていますね。
2016/09/11(Sun) 16:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可