糖質制限食で髪の毛が増えた。糖質制限食と生活習慣病。
【16/07/01 62歳女性

初めまして。62歳女性です。

2年前に脱水症で入院の際、耐糖能異常を指摘されました。
当時、身長168cm、69kgでした。

病院の栄養指導は日本糖尿病学会の基準通りで、素人なりにも「こんなにご飯を食べていいの?」と漠然とした不安を感じておりました。

入院中に江部先生のブログを知り、退院後は全てのご著書を購入、貪るように読みました。この事がキッカケで時々スーパー、時々ゆるやかに糖質制限を始めました。

お陰様で一年後には体重が10kg減、膝痛も治りました。一番驚いているのが髪の毛です。画像をお見せしたいほどです。2年前はフルウィッグが手離せないほどの貧毛だったのに、今は地肌が殆ど目立たなくなり、ウィッグ無しでも誰にも気付かれません。すごい変化です!!!

また、同時期に緩やかな糖質制限を始めた夫は30年以上苦しんだ花粉症からほぼ脱却できました!!!

二人とも肌がきれいになったと会う人々に言われます。私のA1Cは5.6~5.8、血糖値も糖質を多く食べなければ正常値を保っています。

本当に、私達夫婦が救われたのは江部先生のおかげです。感謝してもしきれません。

これからもキッチンに貼ってある「十カ条」を日々、実践したいと思います。ありがとうございました。 】


こんにちは。

62歳女性さんから、糖質制限食で、髪の毛が増えたというコメントをいただきました。
拙著のご購入、ありがとうございます。

糖質制限開始後1年間で体重が10kg減少して膝痛が治癒し、「貧毛+ウィッグ」の状態から2年間で、しっかり自然増毛でウィッグなしになったとは素晴らしいです。

個人差があるので、皆が皆、めきめき増毛とはいかないと思いますが、こういう事例もあるとは、嬉しいですね。

私の患者さんで、完全白髪だったのが、1年間の糖質制限食で髪の毛が黒くなり、とりあえず富士山状態になった方もおられます。

ご主人も2年間の糖質制限食で、30年以上の花粉症からほぼ脱却で、お二人ともお肌しっとりとは良かったです。

私も52歳、糖尿病発覚ののときは、冬場は肌が乾燥して、顔とか粉ふき状態で、手指は逆むけで耳はしもやけでした。

スーパー糖質制限食開始後、ふと気がついたらお肌しっとりたなり逆むけやしもやけもできなくなりました。

やはり、糖質制限食で全身の血流・代謝がよくなるので、さまざまな不快な症状が改善するものと思われます。


糖質制限食が有効な生活習慣病
糖尿病
メタボリックシンドローム
肥満
肥満に伴う高血圧
アトピー性皮膚炎
花粉症
尋常性乾癬
逆流性食道炎
尋常性痤瘡
片頭痛
機能性低血糖
歯周症
etc.・・・



糖質制限食で、様々な生活習慣病が改善します。

実践してみれば、すぐにわかることなので、上記の症状が有る方は、早速試してみられたらいいと思います。

逆流性食道炎の胸焼けや片頭痛は、リアルタイムに改善するので、とてもわかりやすいです。

筋緊張型頭痛の症状は片頭痛ほどひどくありませんが、糖質制限食で片頭痛のようにリアルタイムに改善というわけにはいきません。

機能性低血糖も、糖質制限食によりリアルタイムに症状が改善します。

糖質制限食でも改善しない症状は、機能性低血糖以外のものと考えられます。

例えば、パニック障害、全般性不安障害、双極性障害などによる症状は、糖質制限食でリアルタイムに改善とはいきません。

ともあれ、糖質制限食は人類本来の食事であり人類の健康食なので、様々な生活習慣病が改善するのも宜なるかなと思います。



【糖質制限食を実践される時のご注意】

糖質制限食実践によりリアルタイムに血糖値が改善します。

このため既に、経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服やインスリン注射をしておられる糖尿人は、減薬しないと低血糖の心配がありますので必ず主治医と相談して頂きたいと思います。

一方、薬を使用してない糖尿人やメタボ人は、低血糖の心配はほとんどないので、自力で糖質制限食を実践して糖尿病やメタボ改善を目指していただけば幸いです。

内服薬やインスリン注射なしの糖尿人が糖質制限食を実践すると、食後高血糖は改善しますが、低血糖にはなりません。

血糖値が正常範囲である程度下がると、肝臓でアミノ酸・乳酸・グリセロール(脂肪の分解物)などから、ブドウ糖を作るからです。

これを糖新生といいます。

診断基準を満たす膵炎がある場合、肝硬変の場合、そして長鎖脂肪酸代謝異常症は、糖質制限食は適応となりませんのでご注意ください。

糖質制限食は相対的に高脂肪食になるので、診断基準を満たしている膵炎の患者さんには適応とならないのです。

進行した肝硬変では、糖新生能力が低下しているため適応となりません。

長鎖脂肪酸代謝異常症では、肉や魚などに含まれる長鎖脂肪酸が上手く利用できないので、適応となりません。

腎機能に関して、日本腎臓病学会編「CKD診療ガイド2013」において、eGFR60ml/分以上あれば顕性たんぱく尿の段階でも、たんぱく質制限の必要なしと明示されました。

従いまして、糖尿病腎症第3期でも、eGFR60ml/分以上なら、糖質制限食OKです。

また、米国糖尿病学会(ADA)は

Position Statement on Nutrition Therapy(栄養療法に関する声明)
Diabetes Care 2013年10月9日オンライン版

において、糖尿病腎症患者に対する蛋白質制限の意義を明確に否定しました。

根拠はランク(A)ですので、信頼度の高いRCT研究論文に基づく見解です。

今後は、糖尿病腎症第3期以降で、eGFRが60ml/分未満の場合も、患者さんとよく相談して、糖質制限食を実践するか否か、個別に対応することとなります。


なお、機能性低血糖症の場合、炭水化物依存症レベルが重症のとき、糖新生能力が低下していることがあり、まれに低血糖症を生じますので注意が必要です。

また、どのような食事療法でも合う合わないがあります。

糖質制限食もその一つですので、合わないとご自分で判断されたら中止していただけば幸いです。


江部康二


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
確かに先生のおっしゃる通り、先生の本の通りにしていたらいつの間にか逆流性食道炎が治り半年で体重が10キロ減りました。
空腹時血糖値140から98に、良いことだらけ、糖尿病予備軍の友達にも先生の著書を勧めました。
これからも先生の本の通りに糖質オフをずっと実践して行きます。
月に一度通院しているクリニックの先生は、1日10,000歩歩くのと一食500カロリーを言ってます。
江部先生の糖質オフ制限を実行してると言ったら、頭ごなしにそんなの続けられるわけがないと言ってます。
先生の著書のおかげでメタボから脱出出来たし、薬も飲まなくて大丈夫です。
本当に感謝してます。
2016/07/02(Sat) 17:35 | URL | ふみ | 【編集
コンビニ
糖質を意識し始めてから、パンやパスタを避けていましたが、ローソンで糖質控えめのパンを見掛けたので購入しました
今日はゴマ入りのデニッシュ風の物を買いましたが、言われなければ気づかない位に美味しいパンでした
糖質制限とは言え美味しい物を食べたい私には、とても有り難いです
これからも低糖質の食べ物を試したいと思います 
2016/07/03(Sun) 00:04 | URL | ほあろ | 【編集
歯周病も改善
糖尿病ではありませんが、スタンダード2年目50代後半の女性です。3カ月毎に歯科で口腔ケアを受けていますが、糖質制限を始めてから口腔内良い状態が続いてます。特に、最近軽い運動を始めてから夜間の歯ぎしりも減り、歯磨きの回数と内容はずっと同じにもかかわらず、前回受診時には、状態が以前より改善、歯科衛生士の方が少し感動されてました。江部先生には大変感謝しております。
2016/07/03(Sun) 00:28 | URL | T | 【編集
Re: タイトルなし
ふみ さん

拙著のご購入ありがとうございます。
逆流性食道炎、空腹時血糖値、肥満改善、良かったです。

薬なしで、糖質制限食のみでコントロール良好、素晴らしいです。
2016/07/03(Sun) 07:51 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: コンビニ
ほあろ さん

インターネットなどで糖質制限OKのスイーツ、パン、ピザ、チョコレートなども販売されています。
美味しう楽しく末長く糖質制限食ですね。
2016/07/03(Sun) 08:16 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 歯周病も改善
T さん

そうですね。

虫歯菌や歯周病菌の餌は糖質ですから、
糖質制限食で、虫歯や歯周症も改善しますね。
早速、記事に追加しておきました。
2016/07/03(Sun) 08:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを取り上げてくださり、ありがとうございます。
以前から歯科医に「もう少し歯肉の状態が改善しなければ歯の治療ができない。」と言われていた歯周病が改善し、前々から予定していた大がかりな歯の治療が6月に終わりました。また、いつも皮膚が乾燥して体が痒く、日常化していた皮膚科通いがなくなりました。ステロイド塗り薬を止められ、市販の保湿剤でも充分効果が得られるようになりました。ずっと江部先生のリンク先からオリーブ油・低糖質の調味料を購入しています。ご紹介頂いているレストランにも何度か足を運び、夫婦で楽しみながら糖質制限な日々を送っています。少しも苦にならず、むしろ楽しい糖質制限です。先生の教えに感謝しています。ありがとうございます。これからもどうぞ、私達をお助けください。
2016/07/03(Sun) 09:08 | URL | 62歳女性 | 【編集
こんにちは。髪の毛の話題が出たのでコメントさせてもらいます。

私は不眠、肌荒れ、薄毛、食後の動悸の改善のために江部さんを参考にしてスーパー糖質制限を始めました。
そして一ヶ月たった今・・・

頭皮を触ると何やら全体的にチクチク生えてきてるんです!こんなこと今までありませんでした。不眠も改善されて夜もぐっすりだし、食後の締め付けられるような動悸もなくなりました。

江部さんの、様々なエビデンスを軸とした主張がなければ糖質制限をやる決心は出来なかったと思います。感謝しております。
2016/07/03(Sun) 10:29 | URL | ナカノ30代男 | 【編集
IBSと糖尿病
肥満に悩んで糖質制限を始めて2ヶ月。
体重は-7kg、体脂肪も-4%で結果には満足です。また、私は消化器内科にてIBSと診断され、薬を服用しています。糖質制限を始めて以前よりは改善したと思いますが、今回お聞きしたいのは糖尿病との関連についてです。
とあるサイトで糖尿病のセルフチェックをしたところIBSの症状と重なる項目が多かったことに気づきました。私は元々、汗をかかない方でしたが、IBSの起き始めた頃から多汗症のような感じです。IBSと糖尿病の関連や、IBSと思っていたら実は糖尿病。ということが無いのか心配になりコメントしました。
2016/07/03(Sun) 13:44 | URL | たこす | 【編集
Re: タイトルなし
62歳女性 さん

糖質制限な健康ライフをお楽しみ下さいね。
2016/07/03(Sun) 16:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
ナカノ30代男  さん

「頭皮を触ると何やら全体的にチクチク生えてきてるんです!こんなこと今までありませんでした。不眠も改善されて夜もぐっすりだし、食後の締め付けられるような動悸もなくなりました。 」

これは素晴らしですね。
良かったです。
2016/07/03(Sun) 16:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: IBSと糖尿病
たこす さん

糖尿病神経障害がベースにあって、消化器症状として
下痢や便秘が生じることがあります。

それで過敏性腸症候群の症状と似ているのだと思います。

基本的には、糖尿病と過敏性腸症候群とは無関係です。

器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、腹部膨満などの症状が起こるのが
過敏性腸症候群です。

糖尿病神経障害による消化器症状なら、糖質制限食で血糖コントロール良好を保てば良い方に向くと思います。
器質的疾患のない過敏性腸症候群も、糖質制限食により腸の機能が改善する可能性があります。

2016/07/03(Sun) 16:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
肝機能について
こんにちは!いつもありがとうございます!32歳女性。2型糖尿です。緩めの糖質制限を始め3年になります。肥満がなくなり、ヘモグロビンa1cも大幅改善しました。脂肪肝だったのが肝機能AST10程度ALT7程度でずっと安定していまし安心しておりました。体重は73キロだったものが52キロあたりで、2年程キープしていました。
ただ今年に入ってから、ヘモグロビンa1cは安定しているものの、時々取る糖質によるスパイクもあるだろうという心配と、たまたま受診日に糖質をとったらやはり血糖が高かった事。毎月低値だった肝機能が僅かに動き出しAST14 ALT16となり、基準値内ですがASTよりALTが高いのは、何だか嫌な動きだなぁと感じ、4月あたりよりスーパー糖質制限に切り替えました。現在体重が45キロになりました。身長152センチですから痩せ型では無く適正体重です。ただ減量のせいか生理が止まってしまいました。ちょっと減量速度が早過ぎたのだと反省し、カロリー摂取を意識し、現在キープに努めています。
さて、前置きは長くなりましたが、昨日血液検査の結果がきて、肝機能はAST14ALT18で、また少し悪化していました。誤差の範囲かもしれませんが、数年間ALT一桁だったので気になります。また白血球や血小板も減少していました。体重は減ったし、インスリンも使わない生活をしているし、何故肝数値が改善しないのか分からず先生のブログを読み返していましたら、カロリー不足で肝数値が上昇すると書いてありました。肝臓には脂肪やたんぱく質過剰が良くないと聞きますが、スーパー糖質制限では肝機能が改善するとの認識がありますし、減量でも肝機能は改善すると思っていたのですが、違うのでしょうか?自分で調べてみましたが、カロリー不足による肝機能低下についての文献が見つかりませんでした。只今カロリー摂取には気をつけて、体重維持していますが、たくさんたんぱく質や脂肪をとって大丈夫なのでしょうか?それとも1食10g程度の糖質量を少し増やすべきでしょうか?必須糖質は無いと聞いているので10g以下が殆どです。
またスーパー糖質制限を始めてから人工甘味料をとる頻度が高くなりましたが、これは肝臓に負担があるのでしょうか?
全くお酒は飲まないし、他に理由も見つかりません。回答頂けたら幸いです。
2016/07/05(Tue) 09:19 | URL | サワ | 【編集
Re: 肝機能について
サワ さん

生理が止まったのなら、仰る通り、減量速度が速すぎたのだと思います。

カロリー不足による肝機能障害は、例えば「神経性食欲不振症」で生じます。

生理が止まるほどの急速な減量であれば、やや影響がある可能性もありますが、

「AST14 ALT16」 → 「AST14ALT18」
は、ほとんど変化なしとも言えます。

人工甘味料は、エリスリトールがお奨めです。

食物繊維とビタミンCが人体には必要なので、野菜からその分を摂取する必要がありますので
10gくらいの糖質になると思います。
時に10数グラムになっても問題ないです。
高雄病院給食で、1回の食事で8~16gくらいの糖質摂取量です。

脂質・蛋白質は充分量摂取して、46~47kg、BMI20以上くらいを目安とするのがよいと思います。
2016/07/05(Tue) 09:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
具体的なアドバイスありがとうございます
そうですね。生理が止まるのはやはりおかしいですから、たんぱく質は十分に摂取して、糖質はこのまま少なく維持したいと思います。
体重47キロあたりを目安に調整してみます!
具体的なアドバイスをいただけて感謝いたします!
2016/07/05(Tue) 13:12 | URL | サワ | 【編集
貧毛と歯周病が改善
頭髪改善の画像を見て頂けるようですので、添付させて頂きます。スーパー時々緩やかな糖質制限を2年以上続けています。現在、歯の治療を開始したのですが、糖質制限を始める前には少し有った歯周病がほぼ無くなり、歯医者さんに褒められました。何もかも江部先生のおかげです。お忙しい中でのブログ更新で救われた者の一人です。ありがとうございました。
2016/09/07(Wed) 09:37 | URL | 62才女性 | 【編集
Re: 貧毛と歯周病が改善
62才女性 さん

頭髪と歯周症の改善、良かったです。
これからも美味しく楽しく糖質制限食をお続けくださいね。
2016/09/07(Wed) 14:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可