鳩山邦夫氏の死去及び糖質制限食の有効性・安全性に関して。
【16/06/23 まちこ

鳩山邦夫氏の死去に関して

今朝の「羽鳥モーニングショー」で、鳩山由紀夫氏の死去を伝える中で、氏が亡くなられる前まで糖質制限をされていて、死因は十二指腸潰瘍との事ですが、悪化させたのは糖質制限で脂質・蛋白質の摂取過多が一因であるかの様なコメントを繰り返していました。

以前に一年半糖質制限をして失敗したというまだ若い医者でしたが、自分も糖質制限中に脳血管が詰まりかけたので脂質の取り過ぎは体に良くないという趣旨の発言でした。

マスコミの根拠の乏しい報道は聞き流す様にしているのですが、少々気になってしまいました。

高雄病院のご指導を得てもう9ヶ月になりますが、お陰様で今年の人間ドックで始めてほぼ異常無しになりました。ので、このまま糖質制限を続けて行く決心は固いのですが… つい弱気になってしまいまして…f^_^;)

どうにかならないのですかね、
マスコミの根拠の無い報道の垂れ流しは(♯`∧´)】


おはようございます。
鳩山邦夫氏の死去に関して、まちこさんからコメントをいただきました。

まちこさん 、糖質制限食実践で人間ドックで、初めて全て異常なしとは良かったですね。

鳩山邦夫氏の死去に関しては、私が憶測でどうこう言う立場にありませんので言及は控えます。

一方、「羽鳥モーニングショー」でコメントしたのは、「糖質制限ダイエットで一過性の脳虚血発作になった」という女性医師ですね。

彼女自身が、野菜摂取が少なかったせいでそうなったとネットで述べていますが、それは糖質制限のせいではありませんね。

高雄病院のスーパー糖質制限食なら、葉野菜やブロッコリやゴーヤなどしっかり摂取してビタミンCと食物繊維を確保します。


1)
脳梗塞になった人の約半数、心筋梗塞になった人の約3分の1に糖尿病がみられます。

これらは、ほとんどにおいて日本糖尿病学会推奨の従来の糖尿病食を食べているか、あるいは普通に糖質はしっかり摂取している方々です。

2)
毎年、新たに、 16000人が糖尿病腎症から透析、3000人が糖尿病網膜症から失明、3000人が糖尿病足病変から切断です。

これらは、ほとんどにおいて日本糖尿病学会推奨の従来の糖尿病食を食べているか、あるいは普通に糖質はしっかり摂取している方々です。

3)
①米国糖尿病学会は、2007年まで
 糖尿病の食事療法において 糖質制限食は推奨しないとしていました。
②2008年、「食事療法に関する声明2008」において、「減量が望まれる糖尿病患者には
 低カロリー食、もしくは低炭水化物食によるダイエットが推奨される」と、
 1年の期限付きで、糖質制限食の有効性を認める見解を記載しました。
③2011年、肥満を伴う糖尿病患者に2年間の期限付きで
 糖質制限食の有効性を容認しました。
④2013年、「食事療法に関する声明2013」において期限や限定なしで、
 糖質制限食を容認しました。


1)2)により、従来の糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)や普通の高糖質食がいかに危険かがわかります。

従来の糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)摂取では、食後高血糖と平均血糖変動幅増大という酸化ストレスリスクが必ず生じます。

これでは合併症製造食と命名されても仕方ありません。

3)により、米国糖尿病学会が、6年間をかけて、肯定・否定含めて、様々な多数の研究論文を検証して、 糖質制限食を容認したプロセスがわかります。

つまり、米国糖尿病学会は、2013年、糖質制限食の有効性と安全性を正式に容認しました。

ここにおいて、日本糖尿病学会がどのような見解を出そうと世界的には、糖質制限食の有効性・安全性は担保されたと言え、この論争に関しては勝負はついたということです。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
はじめまして、Snowmanです。もともと太っていませんが、健康目的で2ヶ月糖質制限をしております。
知りたいことがございますので伺いたくコメントさせていただきました。
白人のインスリン分泌能が日本人より高い理由はなぜでしょうか?
ネットで調べると、白人は肉食で日本人は穀物を食べてきたから白人はインスリン分泌能が高いというような趣旨で書かれてます。
例: "穀類中心の食生活を送ってきた日本人の場合には、少量のインスリンしか必要とせず、膵β細胞もそれに順応してきた"(http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/hotnews/co/200904/509887.html)

私としてはむしろ逆ではないかと思ってしまいます。穀物中心なら血糖値が上がるからそれを下げるためにインスリン分泌能が発達すると思います。

江部先生は、白人のほうがインスリン分泌能が理由をどのようにお考えか教えて頂けませんでしょうか。
2016/06/24(Fri) 11:26 | URL | Snowman | 【編集
鳩山邦夫氏の死去に関して
昨日のモーニングショーは私も見ておりました。
当番組は糖質制限をとりあげることが多く感じられますが、その度にお呼びするコメンテーターの方が誤った見解を述べるので不愉快でもあります。
お亡くなりになられました鳩山邦夫氏ですが、私は他の重病を患っておりそれを隠すための口実だったのではないかと思っています。
と言いますのも、映像を見る限りでは全くもって覇気が無く血色も良くなく、とても糖質制限されている人の姿ではないと一目で判断できるレベルであるからです。

『故・鳩山邦夫氏、急死の原因は「炭水化物抜きダイエット」だった? 激ヤセの裏に……』
http://news.livedoor.com/article/detail/11678799/

この中で、
「他党の若手政治家によると、鳩山氏が明らかにやせはじめたのは3年ほど前のことだったというが、「極端になってきたのは昨年あたりから。9月にBS番組に一緒に出演したときには、顔色もドス黒くなっていて、共演者もみんな本人だと気付かなかったほど」だという。」
とあります。

3年以上前から、肝臓や腎臓、副腎といった内臓に疾患があったのではないでしょうか?
2016/06/24(Fri) 11:42 | URL | 福助 | 【編集
塩分制限で病気増の危険も…
『塩分制限で病気増の危険も…十分な摂取がかえって健康的?制限要は高血圧の人のみ?』
http://biz-journal.jp/2016/06/post_15617.html


糖質制限では主食を摂らない分、おかずの塩分がきつく感じられるので、多くの方は自然と減塩し過ぎてしまっているのではないでしょうか。
その結果、からだのだるさやめまいなどの体調不良を来し、故に糖質制限は危険だと判断してしまう方も少なくは無いのかも知れませんね。
2016/06/24(Fri) 11:55 | URL | 福助 | 【編集
羽鳥モーニングショー、鳩山邦夫氏、急死の原因は「炭水化物抜きダイエット」?
「炭水化物抜きダイエットについて、日比野佐和子医師の話。
2002年頃、炭水化物の摂取量を極端に下げるダイエット法が流行っており、自身もやってみたところ、3ヶ月で15キロぐらい減ったという。
3年間続けたところ、右半身が動かなくなり、一過性脳虚血症になったという」

・・・3ヶ月で15キロぐらい減ったのは、カロリー不足もあるでしょ。それが3年も続けばどうなるか・・・
糖質制限してれば、一過性脳虚血症の原因の動脈硬化にはならないはず、

それをもとに糖質制限は危険というのはおかしいです。

こういう誤解を招くようなことは医者ならなおさら、言ってほしくないですね。
2016/06/24(Fri) 14:11 | URL | 無菜 | 【編集
Re: タイトルなし
Snowman さん

1998年、医学雑誌・糖尿病に載った論文によれば、広島県在住の日本人7,334例とハワイ在住の日系米国人3,367例の75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)におけるインスリン分泌量を比較したところ、同じ遺伝的背景因子を持ちながら、ハワイ在住の日系米国人の空腹時および食後30分、60分、2時間におけるインスリン分泌量は、広島県在住の日本人よりも、基礎分泌、追加分泌とも倍くらいあり、欧米人並みの量ありました。


これは、おそらく肥満などによるインスリン抵抗性を代償するための、インスリン過剰分泌であり、
決して好ましいものではありません。

事実、ハワイ在住の日系米国人は、広島在住の日本人より、糖尿病罹患率も多いです。

これは、インスリン抵抗性が主たる原因の欧米型の糖尿病と思われ、インスリン分泌能はまだ残っており、
従来のインスリン分泌能が低下する日本型糖尿病とは違うと考えられます。

肥満も日系米国人が多く、インスリン抵抗性増大の原因となっています。

インスリン抵抗性があればインスリン分泌量は増加し、
肥満ホルモンであるインスリンが増加するとますます肥満して悪循環します。

小児期から肥満があれば、インスリン抵抗性がでてくるので、
それに対抗してインスリン分泌能が増加していった可能性があります。

炭水化物の摂取比率は、米国日系二世の2002年の報告で49.9%です。

全米の男性の総摂取カロリーに対する比率は

      1971年→2000年
炭水化物  42.4 →49.0%
脂質    36.9 →32.8%

ですから、ハワイの日系二世の炭水化物摂取比率も、全米平均とほとんど同じです。

この間、米国民の肥満と糖尿病は、この30年で激増ですが、
欧米人に比しアジア人の方が糖尿病になりやすいことも指摘されています。
2016/06/24(Fri) 15:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 鳩山邦夫氏の死去に関して
福助 さん

ご指摘のような可能性はありえると思います。
2016/06/24(Fri) 15:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 塩分制限で病気増の危険も…
福助 さん

興味深い情報をありがとうございます。

1)血圧の高い人は、1日の塩分は10グラムは超えないようするていどでOK。
2)血圧が正常であれば、15グラムくらいまでは問題ないし、むしろ少な過ぎるほうが体に悪い。
3)高血圧の人も正常の人も、7.5g/日以下だとかえって有害。

ランセットという権威ある医学雑誌の結論は
1)2)3)でした。

lancet
DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(16)30467-6
2016/06/24(Fri) 16:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 羽鳥モーニングショー、鳩山邦夫氏、急死の原因は「炭水化物抜きダイエット」?
無菜 さん

一例報告はそもそもエビデンスには全くならないのですが、
日比野佐和子医師がそう発言しておられるようですね。

日比野佐和子医師は、野菜が少なかったとも、ネットで発言しています。
しかし、高雄病院の糖質制限食では野菜不足にはなりませんので
日比野医師のダイエットはそもそも糖質制限食の範疇には入りませんね。
2016/06/24(Fri) 16:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
日本食糧新聞
モンテール、糖質10g以下「スイーツプラン」の認知・市場拡大へ 初年度売上高3億5000万円目指す

https://news.nissyoku.co.jp/news/detailNewsFlash/?id=SXAOYAGI20160624084820749
2016/06/24(Fri) 22:13 | URL |  | 【編集
江部先生初めまして。

本題と随分話がそれてしまいますが、当方、北海道在住でして、どこか先生のような考え方のドクターがおられるような病院を、北海道(札幌近辺で)でございませんでしょうか?
これまで糖質制限にて朝の血糖値はコントロールできていましたが、3年目で血糖値が高くなってきました。主治医に江部先生の方法(名前は出しておりません)を相談したところ「おすすめできない」との一言でした。
病院を変えようと思っておりまして、どこか北海道で、江部先生のお知り合い、または考え方と近い先生をご存知ないでしょうか?
不躾な形で恐縮ですが、宜しくお願い致します。
2016/06/25(Sat) 00:29 | URL | kitanokuni | 【編集
いやはや・・・
・・・そう、諺の通りです。
百聞は一見に如かず。
糖質制限を実施し、せめて2~3年経過のスパンで評価するのが良いと思います。
また、それまでの食事が糖質の高い食事であれば、その過去までも書き換えられることはなく、始めた時からの改善と認識するべきと思います。
高血糖の記憶が身体に刻まれているので、そこは注意を払うべきだと思います。
糖質制限をしたから、すぐに健康な身体が手に入ると思うことが誤解につながるのだと思います。
私も4年目ですが、当然健康です。
ですが、始める以前にはかなりの高糖質の食事でした。
糖尿には至っていませんが、様々な、今にして思えば症状が出ていたと思います。
歯磨きの時の歯ぐきの出血。
排便時の軽い裂肛による出血などなど・・
今では、全くと言っていいほどありません。
糖質制限を実施し、私はコレステロールが高いタイプだと思います。
ただ、数値に振り回されることなく、自分の身体と対話し、1週間、1ヶ月と体調をみて、調子よければそれでいいと思います。
ただそれだけのことなのではないでしょうか。
2016/06/25(Sat) 06:29 | URL | クワトロ | 【編集
Re: タイトルなし
kitanokuni さん

私が理事長をつとめる

一般社団法人
日本糖質制限医療推進協会
のホームページをご参照頂けば幸いです。
http://www.toushitsuseigen.or.jp/

提携医療機関
http://www.toushitsuseigen.or.jp/#!med-institution/cpo5
2016/06/25(Sat) 08:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
脳梗塞と糖質制限食について
初めてコメントさせていただきます。

薬と糖質制限の併用は怖いと聞いて、不安になり質問します。

今年71歳の実父が、4月末に脳梗塞を発症し3週間の治療入院を経て、内科にて糖尿病A1C7.4と診断され、スーパー糖質制限食を開始して2週間が経つのですが、著しい体力低下と痴呆症らしきものの発症に加えて、どんどん痩せ細り骨皮だけになってきているのでとても心配しています。

糖尿病に関する薬は今のところ服薬していませんが、糖質制限を勧めてくれた友人が飲んでみて!というJHSという会社のキトサンというサプリ系の飲物と、脳梗塞の血をサラサラにする薬は服薬しています。

この状態でも糖質制限食は続けていっても良いのでしょうか?

初めてのコメントでの長文質問で恐縮ですが、ご指南頂けると嬉しいです。
どーか、宜しくお願いします(>人<;)
2016/06/25(Sat) 08:44 | URL | ゆっこ | 【編集
実は不安がよぎりました
羽鳥さんの番組を見て女医と高木美帆さんのやり取りが、ご飯は食べなきゃだめ!
こうなってしまいますよ! ( 死んでしまうわよ ) と言っているように感じて、とても不安になりました。

この報道に、江部先生のサイトで意見か゛見られるかと開いてみたのですが、昨日はなく、今日はあったので安心してしまいました。

私は糖尿病ではありませんが、19歳の娘が診断はされずにいますが、明らかに糖質制限が体の不調に効果があると考え( うつ 低血糖 冷え むくみ 視力低下 パニック障害 過食 ) 勧めた時から実行しているのですが・・・

江部先生の著書も 糖質制限の教科書を預けましたがそれきりですし、今回のことで、また反論されたら、説明して理解してもらうのは大変だと、思ったからです。

ここまでメディアで糖質制限を否定するのは、本当は体に良いからかと考えてしまいます。

ワクチンを推奨し、乳ガン検診を勧めまくる報道が不快でならないので
江部先生は医師の立場で、ここら辺はどう意見かもしれませんが・・・
2016/06/25(Sat) 09:09 | URL | neco | 【編集
Re: Re: 羽鳥モーニングショー、鳩山邦夫氏、急死の原因は「炭水化物抜きダイエット」?
多くの人が成功するダイエット法に失敗した日比野佐和子医師。奥ゆかしい通常の日本人ならば、そのような場合は「自分のやり方に問題があったかもしれない。ましてや自分は専門家、あー、恥ずかしい」となるところですが、自分ではなく、他人を責めるところがアメリカナイズされてますね。(おっーと、これではアメリカにも失礼でしたね)
2016/06/25(Sat) 14:17 | URL | 通りすがり | 【編集
Re: 脳梗塞と糖質制限食について
ゆっこ さん

糖質制限食でやせ細るということはありません。
摂取カロリー不足と考えられます。

しっかり動物性脂肪や動物性蛋白質を摂取して摂取エネルギーを増やして、体重を回復させましょう。
2016/06/25(Sat) 16:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
脳梗塞の血をサラサラにする薬
ゆっこさん

サプリは医薬品じゃないから、キトサンはご自由にどうぞですが。

問題は脳梗塞の血をサラサラにする薬。

これってなんです?
これが認知症のような状態引き起こしてるんじゃなりませんか?

糖質制限していれば、認知症に対して改善効果あるはずですよ。
2016/06/25(Sat) 19:20 | URL | 無菜 | 【編集
摂食障害?
羽鳥モーニングショーでコメントした日比野佐和子医師は、2002年31歳時、糖質制限で15㎏減、40歳離婚で過食69㎏、1日5食ダイエットで16㎏減と摂食障害のようで、ダイエットに苦労されたのは分かるのですが、メンタル的にはどうなんでしょう。鳩山氏もご自身も一例報告で、それをもって糖質制限の是非を論じることはできないことぐらい、分かりそうなものですが…。それで医学博士でございとテレビでコメントできるんですから…。15㎏減で一過性脳虚血症になる前に、何らかの前駆症状があったはずですが、それでもダイエットを続けられたのも摂食障害っぽいと思います。生活のために、本も売りたきゃ、クリニックへ患者さんを誘導したいのも分かるのですが…。こんな医師の相手をする必要もある先生のご苦労が偲ばれます。
2016/06/26(Sun) 22:21 | URL | いのいち | 【編集
江部先生!
江部先生 初めまして。
質問があります。今糖質制限をやっておりますが
2型なのに結構血糖値があがるため 1日糖質摂取量を20gぐらいに抑えています。

おから蒸しパンなどで全然苦ではありまえんが
健康上問題はないでしょうか。
2016/06/27(Mon) 12:55 | URL | はんな | 【編集
Re: 江部先生!
はんな さん

魚、肉、卵などしっかり食べましょう。
ビタミンCと食物繊維確保のため、葉野菜、ブロッコリ、ゴーヤなども食べましょう。
おから蒸しパンもいいですね。
これらなら血糖値は上昇しません。

必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維を
スーパー糖質制限食で確保しましょう。
2016/06/27(Mon) 21:17 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可