映画「あまくない砂糖の話」。トークショー(6/26、日曜日)。ご案内。
こんにちは。

映画「あまくない砂糖の話」
監督・脚本・出演:デイモン・ガモー
ドキュメンタリー映画


2016年3月から、日本全国で順次公開開始しています。

私も、興味があってネットで、ちょこっと情報を見たりしていましたが、今回、事務局から、上映会のあとのトークショーの依頼が舞い込みましたので、軽いのりで引き受けました。(^^)

2016/6/26(日)トークショーの司会者兼お相手は、田辺ユウキさんです。

「あまくない砂糖の話」のDVDが送られてきたので鑑賞しました。

この映画は、俳優のデイモン・ガモーが、普通のオーストラリア人は、普段1日に平均するとスプーン40杯相当分の砂糖を摂取していることを知って企画したものです。

デイモン・ガモーが自分自身で人体実験をして、心身共に不調になっていく課程を描くドキュメンタリー映画です。

砂糖といっても、実物の砂糖のことではありません。

実は、ごく普通の健康食品の中に成分として、これまたごく普通に砂糖が含まれているのです。

朝食シリアル、低脂肪ヨーグルト、穀物バー、フルーツジュースといった一般的には健康食品とされているものの中には、実は大量の砂糖が含まれているのです。

「あまくない砂糖の話」は、

『健康食品と思って、安心して普通に食べていると不健康になる』

ことを人体実験で証明していく60日間の課程を描いています。

人体実験のルールは5つだけです。
1)1日にスプーン40杯分相当の砂糖を摂取する。
2)アイスクリーム、清涼飲料水、菓子類、チョコレートなどは避ける。
3)朝食シリアル、低脂肪ヨーグルト、穀物バーなど「健康食品」から摂る。
4)必ず、低脂肪食品を選ぶ。
5)ジョギングや筋トレは今までどおり続ける。

この実験を通じ、砂糖が心身にもたらす悪影響や、健康食品に含まれている砂糖の危険性などの問題が明らかになっていきます。

デイモン・ガモーは、開始前までは、実は糖質セイゲニストでして糖質摂取比率は24%でした。

健康な糖質セイゲニストが、砂糖だけではなくて、『糖質たっぷり食』を食べて、心身共に崩壊していく物語でもあります。

一見の価値はあると思いますので、時間のある方は是非、ご鑑賞いただけば幸いです。

トークショーも、お付き合い頂ければ嬉しいです。



江部康二



☆☆☆
あまくない砂糖の話
フェイス ブック
https://www.facebook.com/amakunaisugar/


☆☆☆

以下事務局からのご案内です。

映画「あまくない砂糖の話」
6月18日(土)より関西地区にて公開

料金(前売):1,500円 【公開初日前日まで販売】
料金(当日): 一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
        シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円/小人 700円
        ナナゲイ会員料金1,000円

劇場:第七藝術劇場
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ6F
TEL:06-6302-2073  HP:www.nanagei.com

スケジュール
6月18日(土)~6月24日(金)14:30(1日1回上映)
6月25日(土)~7月1日(金)12:15(1日1回上映)
7月2日(土)~7月8日(金)18:25(1日1回上映)
★7月9日(土)以降調整中。

6月26日(日)12:15の回上映後は糖質オフの第一人者、
高雄病院江部先生のトークショーあり

当日9:40の開館時より入場整理券を配布。
前売券をお持ちの方は引き換えで当日券ご購入時にお渡しします。
96席立ち見を含めて定員140人です。
なお、 上映開始後の途中入場は出来ません。


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
江部先生の糖質量ハンドブックにてショックを受けました。今月3日から禁酒をして、アサヒのゼロをビール代わりにしています。
糖質0と缶には記載していますが、本には糖質11.9gとあります。

休みの日には16本飲んだときもありました。
190.4gです、糖質制限の意味がなかったです。
勘違いしていた食材もあったので、本を片手に買い物行きます。 
2016/06/22(Wed) 13:24 | URL | ふるば | 【編集
Re: タイトルなし
ふるば さん

アサヒゼロにもいろいろな種類があるようですが、

増補新版
食品別糖質量ハンドブック
洋泉社
2016年6月

172ページに、アサヒドライゼロ350ml(アルコールなし)・・・糖質ゼロ

172パージに、アサヒスタイルフリー350ml(アルコールあり)・・・糖質ゼロ

と記載されていますので
これらなら糖質制限OK食品です。

ただし、糖質ゼロという表記は、100ml中に糖質が0.5g未満で記載OKですので
完全にゼロということを示しているのではありません。

2016/06/22(Wed) 14:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
あまくない砂糖の話
江部先生 こんばんは。

「あまくない砂糖の話」

今日は 大阪で どんなコメントをされたのか興味津々です。

私は 岡山にて20日と21日 2回に渡り「あまくない砂糖の話」の映画鑑賞をしてきました。

1回目は 職場の人 2人を連れて。

2回目は 26歳になる娘を連れて。

少しでも糖質の害について 知って欲しい思いからですが…

なかなか 皆様 手強いです(´・ω・`)

わかっちゃいるけど 止められない

な感じですね。

娘には今年1歳3ヵ月になる (私から言うと 孫になる) それはそれは可愛い子供が誕生しました。

孫のためにも 娘に できるだけ 糖質を控えた食生活をしてもらいたく ムリムリ映画鑑賞させました。

恐らく…徹底した糖質制限生活はしそうにありませんが でも 飲みものだけでも 少しは意識してくれるんじゃないかと期待してます。

この映画 砂糖に言及していましたが 思うに… 穀物まで否定すると 上映事態が危ぶまれるからかな⁉と勝手に推察してみました(o^・^o)

2016/06/22(Wed) 23:13 | URL | wako | 【編集
British Medical Journal誌
石原藤樹のブログ(元六号通り診療所所長のブログ)http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/

にて、英国の糖尿病治療指針の最新を紹介されています。

>「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」を読んでみると、
> 全ての高齢者に対して、
> SU剤、ビグアナイト剤、チアゾリジン薬、α‐グルコシダーゼ阻害剤、
> SGLT2阻害剤、インスリン製剤は、
> いずれも中止を考慮するべき薬剤という括りになっています。

と記載されていますが、この辺りの事情を詳しく教えて頂ければ幸いです。
2016/06/23(Thu) 09:15 | URL | らこ | 【編集
鳩山由紀夫氏の死去に関して
今朝の「羽鳥モーニングショー」で、鳩山由紀夫氏の死去を伝える中で、氏が亡くなられる前まで糖質制限をされていて、死因は十二指腸潰瘍との事ですが、悪化させたのは糖質制限で脂質・蛋白質の摂取過多が一因であるかの様なコメントを繰り返していました。
以前に一年半糖質制限をして失敗したというまだ若い医者でしたが、自分も糖質制限中に脳血管が詰まりかけたので脂質の取り過ぎは体に良くないという趣旨の発言でした。
マスコミの根拠の乏しい報道は聞き流す様にしているのですが、少々気になってしまいました。
高雄病院のご指導を得てもう9ヶ月になりますが、お陰様で今年の人間ドックで始めてほぼ異常無しになりました。ので、このまま糖質制限を続けて行く決心は固いのですが… つい弱気になってしまいまして…f^_^;)
どうにかならないのですかね、マスコミの根拠の無い報道の垂れ流しは(♯`∧´)
2016/06/23(Thu) 09:17 | URL | まちこ | 【編集
詳しい解説ありがとうございます。
江部先生

おはようございます。

『高血糖の害。高血糖はガンや血管障害の独立したリスク。』

『インスリンの功罪。』

のタイトル記事、詳しく説明いただき、よく理解できました、まことにありがとうございました。

食事由来の糖質摂取が、血糖値を上げることを身に染みてわかっています。

限りなく糖質0の食事をして、インシュリンの分泌も限りなく少なくすることが、健康寿命を延ばすことが、深く良く理解できました。

自己責任で、よく考えて健康なスーパ糖質制限を継続していきます。


2013年12月の定期採血検査で、空腹時血糖値159、HbA1(N) 7.1で糖尿病と診断され、(それまでも少し高めでメタボ診断でしたが)薬ネシーナとベイスンを処方されてましたが、

次の採血検査でも改善せず、薬が増えるばっかりでは、体に悪いと思い、ネット検索で江部先生のブログに出会い、先生の著書も、低糖質料理本も、食品別糖質量ハンドブックも参考にして、2年半スーパ糖質制限を続けてきました。

以来、2ケ月毎の血液検査では、空腹時血糖値は110(時々120から130)台前後、HbA1c(N)は5.4前後を継続しています。

身長は160→159cm(年とともに縮み)、体重は63→54Kgへ、20代の頃の体重をキープです。

二プロCareFast Cでの測定で、90日平均では食前116mg/dl、食後2時間138mg/dl、平均128mg/dlとなっています。

1年ぐらい前からベイスンは服用せず、ネシーナ10mgの半分0.5錠を処方されていますが.....、

早朝空腹時血糖値が時々、130mg/前後がありますので、ネシーナやめて肝臓の糖新生を少し不活にする薬に変えてもらうか、薬なしにするか、かかりつけ医に相談してみようと考えています。

江部先生と同い年で、体が軽く、疲れない、妻からの小言攻撃も聞き入れて、相手の気持ちを理解できて、怒りが静まり、感情が安定しています。

今もフルタイムで就労していますし、男性の朝の生理現象も活性です。

今後は、加工食品や調味料などの「忍び糖質」に気を付けて、スーパ糖質制限の食事をしたいと思います。

大阪市内には「いきなりステーキ」が数件ありますので、昼食や夕食でよく利用します。

赤ワイン、コーンはブロッコリに変えてもらい、野菜サラダ(小)と肉300gを、レアで注文します、もちろんライス抜きです。

サラダや肉にはソースはかけません、肉にはバターとガーリックスライスがのっていますが、
食前血糖値は、15:10 107mg/dl
食後血糖値は、17:17 114mg/dl
思い切り腹いっぱい食べて、いい感じの血糖値です!!

京都ももうじき「いきなりステーキを」新装開店ですね、!

いつも貴重な記事掲載ありがとうございます。




2016/06/23(Thu) 09:19 | URL | 元気な中高年 | 【編集
Re: あまくない砂糖の話
wako さん

大阪、十三でのトークショーは、2016/6/26(日)です。

トークショーでは、砂糖だけでなく、糖質の害について
しっかりお話しするつもりです。
2016/06/23(Thu) 18:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: British Medical Journal誌
らこさん

英国の指針とはまた違うお話しです。

『日本老年医学会の、
「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」を読んでみると、
全ての高齢者に対して、
SU剤、ビグアナイト剤、チアゾリジン薬、α‐グルコシダーゼ阻害剤、
SGLT2阻害剤、インスリン製剤は、
いずれも中止を考慮するべき薬剤という括りになっています。』


日本の老年医学会の推奨ですね。

SU剤・・・低血糖
ビグアナイド・・・乳酸アシドーシス
チアゾリジン薬・・・浮腫、心不全
α-グルコシダーゼ阻害薬・・・腸閉塞
SGLT2阻害剤・・・脱水、脳梗塞
インスリン・・・低血糖

高齢者はこれらの副作用が出やすいので、注意を喚起したということです。
この点、DPP-4阻害剤とインクレチン関連の注射薬は、上記のような重篤な副作用が生じにくいので
高齢者にも使いやすいのです。

SU剤・・・低血糖
ビグアナイド・・・乳酸アシドーシス
チアゾリジン薬・・・浮腫、心不全
SGLT2阻害剤・・・脱水、脳梗塞

私も、この4つの薬剤は、原則として高齢者には使いません。

α-グルコシダーゼ阻害薬は症例を選んで使うことがあります。
インスリンも、症例を選んで使うことがあります。
2016/06/23(Thu) 18:45 | URL | ドクター江部 | 【編集
ご多忙のところ丁寧にご教示頂き
江部先生

 本当に判りやすい解説をありがとうございます。私らこを近い将来「老年」に達する予定ですので、記憶しておきます。
2016/06/23(Thu) 18:57 | URL | らこ | 【編集
Re: 鳩山由紀夫氏の死去に関して
まちこ さん

1)
脳梗塞になった人の約半数、心筋梗塞になった人の約3分の1に糖尿病がみられます。
これらは、当然、日本糖尿病学会推奨の従来の糖尿病食を食べているか、あるいは糖質はしっかり摂取している方々です。

2)
毎年、新たに、
16000人が糖尿病腎症から透析、3000人が糖尿病網膜症から失明、3000人が糖尿病足病変から切断です。
これらは、当然、日本糖尿病学会推奨の従来の糖尿病食を食べているか、あるいは糖質はしっかり摂取している方々です。

3)
①米国糖尿病学会は、2007年まで糖尿病の食事療法において糖質制限食は推奨しないとしていました。
②2008年、「食事療法に関する声明2008」において、「減量が望まれる糖尿病患者には低カロリー食、もしくは低炭水化物食によるダイエットが推奨される」と、1年の期限付きで、糖質制限食の有効性を認める見解を記載しました。
③2011年、肥満を伴う糖尿病患者に2年間の期限付きで糖質制限食の有効性を容認しました。
④2013年、「食事療法に関する声明2013」において期限や限定なしで、糖質制限食を容認しました。


1)2)により、従来の糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)がいかに危険かがわかります。
従来の糖尿病食(カロリー制限・高糖質食)は、合併症製造食と命名しても過言ではありません。

3)により、米国糖尿病学会が、6年間をかけて、様々な研究論文を検証して、
糖質制限食を正式に容認したプロセスがわかります。
つまり、米国糖尿病学会は、2013年、糖質制限食の有効性と安全性を容認したと考えられます。
2016/06/23(Thu) 19:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 鳩山由紀夫氏の死去に関して
亡くなられたのは、鳩山邦夫氏です。
由紀夫氏は、お兄さんです。生存です。

おわかりだと思いますが、、、。(-_-;)
2016/06/23(Thu) 21:52 | URL | てんぷ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可