『健康長寿の秘訣〜ケトン体をもっと知ろう』宗田先生、三島塾長、小幡先生講演会
こんばんは。

『健康長寿の秘訣〜ケトン体をもっと知ろう』
宗田先生、三島塾長、小幡先生による講演会
のご案内です。

ベストセラー『ケトン体が人類を救う』の宗田哲男先生、三島塾で、糖質制限により抜群の合格成績を上げておられる三島学塾長、
予防医学に見識の深い小幡歯科医院の小幡宏一先生、

のお三方による豪華3本立の講演会が、2016年7月17日(日)大阪で開催されます。

宗田哲男医師の糖尿病と糖質制限
ケトン体が人類を救う!
http://ketontai.com/archives/1389

上記、宗田先生のサイトから、申し込みができますので
関西在住の糖尿人、メタボ人の方々是非、ご参加のほど。


江部康二


☆☆☆

以下事務局からのご案内です。

7月17日ケトン体(大阪)講演会
『健康長寿の秘訣〜ケトン体をもっと知ろう』
お申込み開始!

今回は『ケトン体が人類を救う』の著者であり、宗田マタニティクリニック院長の宗田哲男先生、福岡で糖質制限を推進する受験塾を経営され、合格実績を上げていらっしゃる三島塾の三島学先生、そして予防医学に見識の深い小幡歯科医院の小幡宏一先生の3本立てです。

宗田先生と三島先生は初の合同講演会となります。

◎ 宗田先生は 『ケトン体の奇跡〜妊娠、糖尿病、認知症、癌を救う!』

◎ 子育てのエキスパートでもある三島先生は『子供の糖質制限、ケトン体で賢い子に〜脳は糖質よりケトン体が好き〜』

◎ 小幡先生は『からだの代謝全般と歯科の話とケトン体のしくみ』

についてお話し頂く予定です。

糖質制限の最先端を行くドクター3人による大変内容の濃い講演会となっております。

懇親会も前夜祭で開催予定です。
詳細はしばらくお待ちください。

何かご不明な点、ご質問がございましたら
カサブランカ企画・関口麻美子までメールでよろしくお願いします。

先生方に直接レクチャーを受け、質問できる良い機会なので、
皆様のご参加を一同心からお待ちしております。

日 時

7月17日(日)13時半受付開始 14時開演 17時頃終了予定

参加費
5000円
(6月15日までに振込された方は早期申し込み割引で4700円になります。)

会 場
TKP大阪本町カンファレンスセンター
大阪府大阪市中央区久太郎町3丁目5−19
TEL:06-6251-5023

募集人数
130名限定(振込先着順)


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
いまテレビ東京系のWBSという23:00からの経済番組で
糖質制限「ロカボ」の特集をやっています。
山田悟先生もコメント出演していて、
色々なロカボの製品の紹介、東京で開催されているロカボ製品のPRイベント、ロカボに取り組む日の丸自動車のことを紹介していました。
こちらがそのロカボイベントみたいです。
http://www.kotsukaikan.co.jp/information/2016/06/10/10499/
2016/06/17(Fri) 23:09 | URL | ぐうたら糖質制限 | 【編集
暁現象への対処について
暁現象への対処についてお伺いいたします。140mg/dl未満であれば健常者の食後の値と同等ですからこれを「朝食」と捉え、残りの食事をスーパー糖質制限の2回ないし1回とし、一日あたりの血糖上昇を3回以下に抑える、というのは如何でしょう。もちろん、トータルで十分な栄養素を摂れる内容にすることが大前提ですが。よろしくお願いいたします。
2016/06/18(Sat) 08:52 | URL | 東京けいてぃー | 【編集
Re: タイトルなし
ぐうたら糖質制限 さん

情報をありがとうございます。
2016/06/18(Sat) 09:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 暁現象への対処について
東京けいてぃー さん

空腹時血糖値もやはり独立したリスクとなります。
空腹時血糖値が140mgを超えているとがんのリスクが高くなるという論文報告があります。

合併症予防には、日本糖尿病学会は、早朝空腹時血糖値130mg未満を推奨しています。

空腹時血糖値と食後血糖値は、わけて考えた方がいいと思います。
2016/06/18(Sat) 09:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
お礼
講演会の告知をしていただき、ありがとうございます。
子供も人間、「子供に糖質制限とは何事か」ではなく、塾生が、糖質制限で心身ともに、健やかな成長を遂げ、成績もどんどん伸びているという事例をお伝えしたいと思います。
2016/06/18(Sat) 15:40 | URL | 北九州 三島 | 【編集
15歳の息子が1型と診断されました
初めまして。
15才の息子が学校の尿研修でひっかかりました。
4月の二次健診で空腹時血糖92、1時間後202、2時間後152HbALC5.4でした。165センチ52kg瘦せ型です。
三次健診の連絡が来てそれまでの2週間糖質制限1日130gを目標に実施しました。
ただし前日夕方の食事はあえて牛丼一杯とサラダを食べさせました。
結果は空腹時血糖84、1時間後175、2時間後143HbALC5.3となりました。Cペプチド空腹時1.08、1時間後3.83、2時間後4.74です。

しかしながらGADが877という異常な高さで1型と診断されました。現在はインシュリン注射のタイミングを見るため来月は朝食をとってから検査に来るようにとのことです。主治医は甘いもの以外はなんでも食べて良いと言います。

ここでお伺いしたいのはGDA877という数値はあり得るのでしょうか?機械の誤判定?ではと勘ぐっていまいます。
というのも息子には全く自覚症状がありません。
発症した方のブログでもGDAが10を超えている程度でした。
逆にGDA877で自覚症状が無いというケースはあるのでしょうか?この数値で糖質制限して少しでもインシュリン注射を遅くする希望はあるのでしょうか?
GDA877とはどんな意味合いの数値なのでしょうか?
お忙しいところ恐縮ですがアドバイス頂けると幸いです。
2016/06/18(Sat) 18:35 | URL | がっこー | 【編集
ケトン体とは正反対理論
炭水化物を食べたほうがやせる!制限は人体に危険で太りやすく、常に眠気で脳機能低下

http://biz-journal.jp/2016/06/post_15530.html

「脳の唯一のエネルギー源となる糖が不足する」そうです
2016/06/18(Sat) 21:26 | URL | 精神科医師A | 【編集
Re: お礼
北九州 三島 さん

「糖質制限が子供を救う」

ですね。
実際の体験、実例なので説得力があります。
2016/06/19(Sun) 17:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ケトン体とは正反対理論
精神科医師A さん

森谷敏夫氏ですね。

「脳の唯一のエネルギー源となる糖が不足する」

まだ、脳がケトン体をいくらでもエネルギー源として利用できるという生理学的事実を
学習しておられないのですね。
いやはや、困った人です。
2016/06/19(Sun) 18:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可