納光弘先生の糖尿病講座。
【16/06/10 らこ

納 光弘先生の糖尿病講座ご紹介

痛風で超有名な納 光弘先生のHPを見ていたら

◎患者の立場での糖尿病臨床研究
http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/shiminn-igaku-kouza/tounyobyo/1peiji-tounyoubyo.html

を読みました。江部先生の著書もご紹介されていますが、「糖負荷テスト5時間後値」など他に類を見ない研究がテンコ盛りです。是非ご紹介して頂けたらと存じます。

ちなみに「糖尿病」「糖質制限食」などのキーワードでは検索したことはありませんでした。「痛風+ビール+ストレス」だとトップに検索されます><

高尿酸血症になったので、超久しぶりに覗いたら、糖尿病ページがあったのです! 】


らこさんから、納光弘先生のホープページについて、コメントを頂きました。
ありがとうございます。

自らが痛風患者であり、痛風専門医でもある、元鹿児島大学病院内科教授、納(おさめ)光弘先生は、らこさんがご指摘のように、「痛風+ビール+ストレス」だとトップに検索されます。

「痛風はビールを飲みながらでも治る」(小学館文庫)2004年
鹿児島大学病院内科教授、納(おさめ)光弘先生 著
は、とても興味深い本です。
勿論、私も持っています。

尿酸に関しては、納光弘先生のご著書などを参考にして

2015年09月08日 (火)に

『糖質制限食と血清尿酸値について。2015年9月。』

という記事を本ブログで書きましたので、参考にして頂けば幸いです。

その納光弘先生が、ご自分のホ-ムページで『患者の立場での糖尿病研究』という記事を載せておられます。

らこさんの仰るように、本当に徹底的な臨床研究データが豊富に載っています。

納先生は私が尊敬する医師のお一人で、その真摯な姿勢には感動・感激です。

糖質制限食を勧めておられるのは嬉しい限りです。

納先生、ありがとうございます。

大変参考になりますので、ブログ読者の皆さん、是非、納光弘先生のサイトを覗いてみてくださいね。


☆☆☆

納光弘先生のサイト
http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/shiminn-igaku-kouza/tounyobyo/1peiji-tounyoubyo.html

患者の立場での糖尿病臨床研究                         

その1) 糖尿病とメタボリックシンドロームを薬なしで克服

その2) 酒を飲んだ方が血糖値は下がるのか?

その3) 健常成人26人の5時間糖負荷試験の驚きの結果

その4) 渡邊法挑戦者 3人目現る! 
       - 太っていないスリムな糖尿病患者でも薬なしで治せるか? -

その5) 渡邊法治癒過程における糖負荷試験の変化

その6) 自己測定値と検査室測定値の異常な乖離!

その7) 健康成人17名におけるインスリン拮抗ホルモンの動き

その8) 71時間絶食下における検査室測定値と自己測定値の動き

その9) 50時間絶食下における2回の糖負荷テストでの
      検査室測定値と自己測定値の動き

その10) 私は糖質制限食を勧める

今後、順次シリーズで掲載してゆく予定です




江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
糖尿病診療マスター
2016年6月号
特集 食事療法 Revisit

https://www.igaku-shoin.co.jp/journalDetail.do?journal=36791
2016/06/11(Sat) 22:04 | URL | 精神科医師A | 【編集
雑誌ターザン
雑誌ターザン697号で糖質オフ特集記事です。カラーページも多く、全力の本です。
2016/06/11(Sat) 22:18 | URL | ジェームズ中野 | 【編集
Re: 糖尿病診療マスター
精神科医師Aさん

情報をありがとうございます。

山田悟先生も執筆されてますね。


■糖尿病治療食の歴史的変遷
 ―低糖質食から低脂肪食へ,そして今再び低糖質食へ
山田 悟
2016/06/13(Mon) 21:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 雑誌ターザン
ジェームズ中野 さん

情報をありがとうございます。
2016/06/13(Mon) 21:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可