朝日カルチャーセンター横浜教室講座のご案内です。
こんにちは。

朝日カルチャーセンター横浜教室講座のご案内です。
最新の本の内容も含めて、わかりやすくて楽しいお話しを目指します。
横浜・東京や関東圏の方々のご参加をお待ちしております。

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/1e4c00da-1ef3-7474-9c93-57147a3a58c4
このサイトからもお申し込み頂けます。

朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 横浜教室
TEL:045-453-1122

出版記念講座
人類最強の「糖質制限」論 
ケトン体を味方にして痩せる、健康になる


■日時:2016年7月10日(日)13:00~14:30

■受講料(税込み): 会員 3,024円  一般 3,672円


江部康二


☆☆☆

以下は、朝日カルチャーセンター横浜のサイトから抜粋です。

人類最強の「糖質制限」論
ケトン体を味方にして健康になる

講師名 高雄病院理事長 江部 康二

講座内容
近年注目されている糖質制限食ですが、
1999年から京都・高雄病院において糖尿病治療食として開始されました。
その後、血糖値を良好に保ち糖尿病合併症を予防できる唯一の食事療法として
画期的な成果をあげてきました。
この過程で、肥満・メタボリックシンドロームなど
様々な生活習慣病にも有効ということが判明しました。
2013年10月には米国糖尿病学会が、
「栄養療法に関する声明」において糖質制限食を正式に認めました。
このことが大きな追い風となり、日本でも糖質制限食賛成派の医師が増えました。
脳はブドウ糖だけでなくケトン体をエネルギー源とすることは明白です。
この間、胎盤のケトン体や新生児のケトン体は基準値より高値が普通と判明し、
その安全性も確立しました。 (講師・記)

日時 2016/7/10(日) 13:00-14:30

受講料(税込み)
会員 3,024円
一般 3,672円

注意事項 ※この講座は一般の方を対象にしています。
        個人的な治療相談は承りかねますのでご了承下さい。

お申し込み 
https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/1e4c00da-1ef3-7474-9c93-57147a3a58c4
朝日カルチャーセンター横浜教室 電話:045-453-1122

講師紹介 江部 康二 (エベ コウジ)
<プロフィール>
・ 1950年生まれ。
・ 1974年京都大学医学部卒業。
・ 1974年から京都大学胸部疾患研究所第一内科(現在京大呼吸器内科)
にて呼吸器科を学ぶ。
・ 1978年から高雄病院に医局長として勤務。1996年副院長就任。
・1999年高雄病院に糖質制限食導入。
・2000年理事長就任。
・ 2001年から糖質制限食に本格的に取り組む。
・2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を 注ぎ、
「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。
内科医/漢方医/
一般財団法人高雄病院理事長/一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長

<著書>
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』2005年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編』2008年(東洋経済新報社)
『我ら糖尿人、元気なのにはわけがある』2009年(東洋経済新報社・作家宮本 輝氏との対談本)
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』2010年(ナツメ社)
『主食をやめると健康になる』2011年(ダイヤモンド社)
『食品別糖質量ハンドブック』2012年(洋泉社)
『糖質オフ!健康法』2012年(PHP文庫)
『糖尿病治療のための!糖質制限食パーフェクトガイド』2013年(東洋経済新 報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』2014年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2 実践編 新版』2014年(東洋経済新報社)
『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』2014年(東洋経済新報社)
『江部先生、「糖質制限は危ない」って本当ですか? 』 2015年(洋泉社)
『なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか』2015年(ナツメ社)
『糖質制限の教科書』2015年(洋泉社)監修
『よくわかる! すぐできる! 「 糖質オフ! 」健康法 』2016年(PHP研究所)
『人類最強の「糖質制限」論~ケトン体を味方に して痩せる、健康になる』2016年(SB新書)
など多数。

ブログ『ドクター江部の糖尿病徒然日記( http://koujiebe.blog95.fc2.com/
は日に約10000件のアクセスがあり、
糖尿病のかたやそのご家族から寄せられ た質問への回答や、
糖尿病・糖質制限食に関する 情報の発信に、日々尽力している。


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
初めまして、山田と申します。

江部先生の本をきっかけに、糖質制限を始めて、約30キロのダイエットに成功しました。

ですが最近、魔の一口でまた糖質過多になっています。


糖質過多になってから、とにかく思考が働きません。

集中力も皆無ですし、頭が無になっています。

原因が糖質過多なのは明らかです。
糖質過多になるのは、インスリンが過剰に分泌し、血糖値の激しい上下により、様々な臓器などへのエネルギー供給が不安定だからなのでしょうか?
2016/06/09(Thu) 19:50 | URL | 山田 | 【編集
講座を心より楽しみにしております
こんばんは。初めまして。仕事の都合でこんな時間の書き込みです。
今年4月に2型と判明してから、先生のブログ拝読と共に、御著書を一気に5冊購入し、ネットや各種文献等を漁って勉強しつつスーパー糖質制限を開始した、52歳女です。糖質制限ドットコムでもミックス粉やケチャップ等々購入し、大変助かっております。

治療最初からジャヌビア・クレストール服用中です。また、10年以上前から、特定疾患の頚椎後縦靱帯骨化症(OPLL)も患っています。OPLL患者には糖尿人が多いというデータを、我が身でも裏付けてしまいました。

糖尿が発覚した4/2にはHbA1cが10.5というとんでもない数値でしたが、5/9は8.2、そして僅か2ヶ月しか経っていない本日6/9、6.6となりました。また、糖質制限開始後1週間位から、近年稀に見る程の体調良好状態がずっと続いています。SMBGの数値だけなら、境界型どころかほぼ普通人です。運動はまだほんの少しですが(30年ぶりに水泳を再開)あまりに体調が良いので、ジムで頚椎に負担がかからないプログラムを組んで貰い、通う事にしました。

今日、主治医(患者の希望する治療法を尊重して下さり、糖質制限について特に否定も肯定もしない方。但しその病院で糖質制限をしているのは私だけだそうです…)から「この調子ならそろそろ薬は必要なくなります。他の患者さんの模範になってね」と言われました。ただ、こんなに早期に結果が出ている事で、滅茶苦茶無理をしているように思われていて、毎回「大丈夫?大丈夫?続けられる?」と心配もされております。

私としては、従来のカロリー制限療法で、面倒なカロリー計算をしてひもじい思いを抱えつつ運動し、食後高血糖に愕然となり、合併症の恐怖に怯えながら一生過ごす方が余程辛いと思いますし、心配される度に「糖質制限って本当に楽なんです…」と言うのにも、そろそろ疲れて来ました。ネットでは糖質制限をしている人が沢山いるのに、私自身はリアルで一人も出会っていないので、妙な孤独感を感じてみたり(苦笑) 患者数が圧倒的に少ないOPLLでは感じなかった事なので、変な話ではありますが。

そんな気分でいるところに本日の記事を拝読し、早速、記事中のリンクから講座受講申し込みを完了いたしました。糖質制限の第一人者である江部先生のお話を直接伺う事で、このちょっと疲れた気分を一新し、また気楽に糖質制限の日々を過ごしたいと考えております。

次回7/4の検査ではHbA1cを5%台前半にし、7/10に臨むつもりです。


※余談ですが、私の亡父も京大医学部卒で、私自身も京都生まれです(育ちは東京です)。
2016/06/10(Fri) 03:20 | URL | 黒兎 | 【編集
Re: タイトルなし
山田さん

人類は、700万年間の狩猟・採集時代は、糖質摂取は少ないです。

そのため、大量の糖質を摂取する食生活には、身体が適合していません。

「糖質摂取 → 血糖値上昇 → インスリン大量追加分泌」

この、パターンの繰り返しが生活習慣病の元凶です。
糖尿病でない人でも、血糖値の上下動(変動幅)で、眠たくなったり、ぼーっとしたり、集中力が低下します。

緩くてもいいので、美味しく楽しく末長く糖質制限食を目指しましょう。
2016/06/10(Fri) 07:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 講座を心より楽しみにしております
黒兎 さん

拙著のご購入、朝日カルチャ-横浜講座へのご参加予定、ありがとうございます。
とても興味深い内容のコメントですので、
記事にさせて頂きたいと思います。

主治医もニュートラルな方で良かったですね。
2016/06/10(Fri) 08:37 | URL | ドクター江部 | 【編集
産後境界型糖尿病の柚姫です。
糖質制限を始めて約3年がたちました。
最近、不幸が続き、精神的にも疲れているからか、左脇腹付近に違和感を感じ、3カ月がたちました。
医者に相談していたので、3カ月も治らないのであればと胃カメラをする事になりました。
検査前日は消化の良いものを食べて下さいとの事だったのですが、糖質制限中の消化の良い食べ物とは、どんな物がよろしいでしょうか?
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
2016/06/10(Fri) 10:38 | URL | 柚姫 | 【編集
大豆食品と甲状腺機能低下症
いつも楽しく読ませていただいております。糖質制限をしていると、おなかがすいた時には、ご飯でなく、おからを食べるようにしている方は私ばかりでなく、けっこういらっしゃるとは思うのですが、大豆製品をとりすぎると甲状腺機能低下症になるという説もあるようです。私の場合、現在、体重を減らそうというわけではないのですが、お肉が苦手でたんぱく質はおからや豆腐など大豆製品で半分をとって、あとは卵と鯖など青魚ばかり、です。軽い筋トレもして、一日、少なくとも50gはたんぱく質をとるようにしていますので、おからの量は乾燥おからで50g、木綿豆腐300gは、ほぼ毎日食べております。過去記事の中に食事で甲状腺機能が影響を受けることはない、との記載もあるようですが、大豆製品がなぜそのようにいわれるのか、教えていただければと存じます。
2016/06/10(Fri) 10:48 | URL | にゃんこまま | 【編集
検査結果のご報告です。
<検査データです。>
[2013 12.06 ]63歳の誕生日記念に、検査を受けてきました。 外食(旅行)が多かった割には…。

[2016.6.1]数回、外食はしたけれど。基本、スーパー糖質制限。(65歳、糖質制限暦5年)
2010.9.27(糖質制限食開始前)HbAb1c:7.9%(NGSP)尿中微量アルブミン陽性(糖尿病腎症第2期)
・・・・・・・・・・・・・・・・
体 重 63.1→62.0(夏体重に調整)
身 長 165.5→変わらず
血 圧 127/78→変わらず
糖 尿 血糖値、空腹時 102→115(深夜24時に、一日1回の食事で、検査は、9時)
HbA1c 5.7→6.1
尿アルブミン/尿蛋白 13.7→未
アルブミン定量値 19.3 →未
アセト酢酸 28 →未
3ヒドロキ酪酸 169 →未
総ケトン体 197→未
インスリン 空腹 IRI 6.1 →未
アルブミン 4.4 →4.1 
アルブミン補正 13.7 →未
アルブミン定量値 19.3 →未
AST(GOT) 19 →23 
ALT(GPT) 19 →16 
γ―GT(γーGTP) 25 →23 
コリンエステラーゼ 未→344
CK(CPK)未→130
血清アミラーゼ 未→54
脂 質 総コレステロール 245 →未 
HDL-Cho  58→41 
LDLーCho 162 →125 
中性脂肪 65 →357(深夜24時に、豚しゃぶ生活、9時に検査) 
腎機能 尿酸 7.1 →未
尿素窒素 23.4→18.3 
クレアチニン 0.59→0.60
eGFR 未→102.4
尿酸 未→8.3
総コレステロール 未→222
白血球数 未→6670
赤血球数 未→449
ヘモグロビン 未→13.5
ヘマトクリット 未→40.6
血書板数 未→26.1
2016/06/10(Fri) 13:32 | URL | 北九州 三島 | 【編集
納 光弘先生の糖尿病講座ご紹介
痛風で超有名な納 光弘先生のHPを見ていたら

◎患者の立場での糖尿病臨床研究http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/shiminn-igaku-kouza/tounyobyo/1peiji-tounyoubyo.html

を読みました。江部先生の著書もご紹介されていますが、「糖負荷テスト5時間後値」など他に類を見ない研究がテンコ盛りです。是非ご紹介して頂けたらと存じます。
 ちなみに「糖尿病」「糖質制限食」などのキーワードでは検索したことはありませんでした。「痛風+ビール+ストレス」だとトップに検索されます><
高尿酸血症になったので、超久しぶりに覗いたら、糖尿病ページがあったのです!
2016/06/10(Fri) 16:51 | URL | らこ | 【編集
再送:編集したら、消えてしまいました。
<検査データです。>
[2013 12.06 ]63歳の誕生日記念に、検査を受けてきました。 外食(旅行)が多かった割には…。

[2016.6.1]数回、外食はしたけれど。基本、スーパー糖質制限。(65歳、糖質制限暦5年)
2010.9.27(糖質制限食開始前)HbAb1c:7.9%(NGSP)尿中微量アルブミン陽性(糖尿病腎症第2期)
・・・・・・・・・・・・・・・・
体 重 63.1→62.0(夏体重に調整)
身 長 165.5→変わらず
血 圧 127/78→変わらず
糖 尿 血糖値、空腹時 102→115(深夜24時に、一日1回の食事で、検査は、9時)
HbA1c 5.7→6.1
尿アルブミン/尿蛋白 13.7→未
アルブミン定量値 19.3 →未
アセト酢酸 28 →未
3ヒドロキ酪酸 169 →未
総ケトン体 197→未
インスリン 空腹 IRI 6.1 →未
アルブミン 4.4 →4.1 
アルブミン補正 13.7 →未
アルブミン定量値 19.3 →未
AST(GOT) 19 →23 
ALT(GPT) 19 →16 
γ―GT(γーGTP) 25 →23 
コリンエステラーゼ 未→344
CK(CPK)未→130
血清アミラーゼ 未→54
脂 質 総コレステロール 245 →未 
HDL-Cho  58→41 
LDLーCho 162 →125 
中性脂肪 65 →357(深夜24時に、豚しゃぶ生活、9時に検査) 
腎機能 尿酸 7.1 →未
尿素窒素 23.4→18.3 
クレアチニン 0.59→0.60
eGFR 未→102.4
尿酸 未→8.3
総コレステロール 未→222
白血球数 未→6670
赤血球数 未→449
ヘモグロビン 未→13.5
ヘマトクリット 未→40.6
血書板数 未→26.1

2016/06/10(Fri) 17:11 | URL | 北九州 三島 | 【編集
Re: タイトルなし
柚姫 さん

肉も魚も卵も豆腐も、消化はいいですよ。


2016/06/10(Fri) 18:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 大豆食品と甲状腺機能低下症
にゃんこまま さん

大豆製品と甲状腺機能低下症、いろいろ民間療法的に言われているようですが、根拠はないと思います。


甲状腺の専門病院の伊藤病院のサイトでは
http://www.ito-hospital.jp/02_thyroid_disease/02_5_5life_hashimoto.html
橋本病の食事も特別な食事療法はなく、昆布の食べ過ぎだけ注意です。
2016/06/10(Fri) 19:10 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 検査結果のご報告です。
北九州 三島 さん

中性脂肪を除き、全て正常ですね。

正確な中性脂肪値は、最後の食事から10時間以上あけて、朝検査をします。
スーパー糖質制限食なら、100mg/dlをきってきます。

スーパー糖質制限食摂取後、数時間は食事由来の中性脂肪が血中にまだありますので
300mg/dlとか高値になります。
2016/06/10(Fri) 19:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 納 光弘先生の糖尿病講座ご紹介
らこ さん

納光弘先生は、大変素晴らしい医師で、尊敬しています。

私も時々覗いていますが、感心、感嘆。感激するばかりで、すごいデータベースですね。

一度、本ブログでも紹介したいと思います。
2016/06/10(Fri) 19:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
よろしくお願い申し上げます。
江部先生
 私らこも納先生のHPに「糖尿病」のHPがあることを今日まで知りませんでした><

◎体を張った糖尿病関連大実験

は1人でも多くの糖質制限食実行者に読んで欲しいです。

◎特に食後高血糖 → 低血糖症状が6割!!!


2016/06/10(Fri) 19:59 | URL | らこ | 【編集
Re: 大豆食品と甲状腺機能低下症
にゃんこまま さん

『健常人17名が、炒 った大豆30g/日 を3ヶ月摂取したところ
甲状腺ホルモンは変化なかったものの、TSHが軽度上昇し、
半数の人にびまん性甲状腺腫が出現した。大豆を中止したら正常に戻った。』
という信頼度の高い研究がありました。

この研究では、炒 った大豆30g/日というのは、大量の大豆という位置づけです。
2016/06/11(Sat) 07:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: Re: 大豆食品と甲状腺機能低下症
江部先生、見た目にも甲状腺がはれるという症状でもあれば食べる量を減らせばいいのですね。
ご丁寧なご回答、有難うございます。
2016/06/11(Sat) 09:35 | URL | にゃんこまま | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可