脱・肥満県 宮崎の未来を考えるシンポジウム〜糖質制限という選択〜
おはようございます。

脱・肥満県 
宮崎の未来を考えるシンポジウム

〜糖質制限という選択〜

のご案内です。

宮崎県は、

お菓子の購入率が全国1位、
成人男性肥満率全国2位
糖尿病患者数 女性全国3位
糖尿病患者数 男性全国10位

とのことです。

今回の講演会、おおいに話し甲斐があります。

まさに「糖質制限食が宮崎県を救う!」ですね。


江部康二



☆☆☆

以下事務局からのご案内です。

お申し込みは、こちらのサイトになります。

http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/010z1uy0xm0e.html


脱・肥満県 
宮崎の未来を考えるシンポジウム

〜糖質制限という選択〜

2016/4/10(日) 11:30~2016/4/10(日) 14:30
イベント受付開始時間 2016/4/10(日) 10:30~
メディキット県民文化センター

脱・肥満県 宮崎の未来を考えるシンポジウム
〜糖質制限という選択〜

私達は、糖質制限医療の第一人者、江部先生を宮崎にお呼びすることにしました。

宮崎の、10年後、20年後の未来を変えるために。

『日本のひなた 宮崎県』の未来は、決して明るいとは言えません。

成人男性肥満率全国2位
11歳女子肥満率全国1位
11歳男子肥満率全国2位

この『肥満』という事実は、様々な『結果』を現にもたらしています。

糖尿病患者数 女性全国3位
糖尿病患者数 男性全国10位
新規透析導入率全国2位

この原因について、様々な検討がありましたが、最新の県民健康栄養調査で、このようなデータが新たに上がってきました

お菓子の購入率全国1位
砂糖の消費量全国10位

私達は、ここに、重大な『課題』を発見しました。

『宮崎糖質摂りすぎ』

過剰な糖質は、脂肪に変わり、肥満につながる、という事実を、私達は、県民全体の『課題』としてもっと広く認識し、糖質オフを意識して体重を適正化することに県民上げて取り組む必要があるのではないでしょうか。

『糖質制限』は正に糖尿病、肥満の本質を攻めた、非常に論理的、かつ、非常に効果的な治療法です。

着目すべきは、その『即効性』と『シンプルさ』で、

何をしてもダイエットに成功しなかった
挫折、リバウンドを繰り返した
頑張っても、なかなか痩せない
食事制限が辛い
食事面でのサポートが得られない環境にある

そんな方でも、比較的ストレスなく取り組め、素晴らしい成果を出せていますが、まだまだ誤解も多く、知識不足も伴い、普及には様々な壁も、実際存在しています。

私達は、

『過剰な糖質を控える』
『食後高血糖を避け、血糖値を食事でコントロールする』

ということの素晴らしさを、もっと多くの人に知っていただき、糖質オフを正しく、宮崎で広げていきたいと思います。

子供たちにより良い未来を引き継ぐために。

是非、あなたの大事な方とご一緒に、講演を聞きに来てくださったら、と思います。

そして、ご自身のこととして、ご家族のこととして。一緒に考え、課題解決に繋がるアクションを起こしてくださることを願っています。

広がれ!伝われ!
糖質オフ!!
文字色
会場でお待ちしています!!


お申し込みはこちらのサイトから!

http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/010z1uy0xm0e.html
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
糖尿病負荷試験
コメント失礼しますm(_ _)m
昨日妊娠糖尿病で出産し6カ月後の
再検査がありました。
結果
HbA1c 5.5
Glu 前 89
Glu 30 182
Glu 60 194
Glu 120 130
でした。
私の場合
空腹時と120分後は問題ないですが30分60分後に問題がありますよね?
正常な方は150を超えることがないと聞きました。
この結果で、食事制限や運動を何カ月かし
その後負荷試験を行っても
60分後の検査結果は同じなのでしょうか?

今は授乳をしていますが
赤ちゃんが糖尿病になったりはしないのでしょうか?
60分後に血糖値が1番上がるとゆう事は食後60分後の授乳は避けたほうがいいのでしょうか?
質問ぜめですいません。
子供の成長が5カ月で10キロこえ
血糖値と母乳が関係してるのかがとても心配です。
宜しくお願いしますm(_ _)m
2016/04/02(Sat) 17:52 | URL | seicov | 【編集
Re: 糖尿病負荷試験
seicov さん

75g経口ブドウ糖負荷試験の検査は正常型ですが
Glu 30 182
Glu 60 194
はやや問題で、将来糖尿病になりやすいです。
1gの糖質がピーク「1.4mg」ほど血糖を上昇させています。

一方このていどなら、1回の食事の糖質量が30から40gくらいの「緩やかな糖質制限食」でも充分、
将来の糖尿病発症を予防できると思います。
40gの糖質なら、食後の血糖上昇は56mgですので、
「89mg+56mg」→145mg
ですみます。
30gの糖質なら42mgの上昇なので、131mgくらいですみます。

赤ちゃんも母乳で、心配ないです。
妊娠糖尿病の場合、母乳育児で育てると、お母さんが将来糖尿病を発症しにくいとされています。

そして、糖質制限食実践なら、糖尿病発症はないし、もうブドウ糖負荷試験は必要ないと思います。
2016/04/02(Sat) 20:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖尿病負荷試験
とても勉強になりました。
運動や糖質制限すれば元に戻るとゆうものじゃないんですね。
私の家系で糖尿病は1人もいなくて
兄が人間ドックで
糖尿病の予備群の予備群と言われたそうで。
詳しい結果がわからないので何とも言えないのですが
隠れ糖尿病家系かもしれないですね。
お返事ありがとうございました
m(_ _)m
2016/04/02(Sat) 20:55 | URL | seicov | 【編集
市販薬の恐怖
風邪を引いて市販感冒薬を飲んだら良くなると思いきや、猛烈な副作用に見舞われ後遺症や死亡という例が少なからずあるそうです。テレビ番組でもネットでも見るから、わりと知られていると思われますが、ドラッグストアや製薬会社の商売もあるし、働く人びとにできるだけ自主的に出勤してもらいたいという雇う側の事情も考慮し、役所も少数の悲劇に目をつむっているのでしょうか?
市販薬ではありませんが、糖尿病の薬物療法より糖質制限のほうがはるかに優っているし、別の分野の方ですが、ガン放置療法の近藤誠医師もカゼ薬は死ぬこともあるし、根本治療ではないから、布団でゆっくり寝るのが一番と書いておられます。
素人考えですが、いろんなアレルギー症状の原因は花粉などいわゆるアレルゲンではなく、食品、薬物など我々を取り囲む当たり前の「良いもの」が真の原因ではないでしょうか?ちなみに私は30才から長年花粉症に悩まされましたが、6年前糖質制限を始めてからほとんど無くなりました。(約9割減)
2016/04/03(Sun) 07:45 | URL | コバタケ | 【編集
Re: 市販薬の恐怖
コバタケ さん

花粉症が栃木県日光で、初めて報告されたのが昭和38年です。

江戸時代から日光杉並木はずっとあったわけですから
仰るとおり、「スギ花粉j」そのものに罪はない可能性がありますね。

添加物など食生活の変化、排気ガスなど環境の変化、それに伴う人体内の免疫状態の変化・・・
など様々な因子が関係していると思います。

ともあれ、糖質制限食(人類本来の食事、人類の健康食)でアレルギー疾患など様々な生活習慣病が改善することが多いです。
2016/04/03(Sun) 12:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可