糖尿病早期発見のために 。糖尿病の診断。境界型の分類。
こんばんは。

糖尿病発見は、早ければ早いほどいいです。
境界型の段階で見つかれば、さらにいいです。
今回は、早期発見のノウハウを説明したいと思います。


<糖代謝異常の判定基準(日本糖尿病学会)>
A) 糖尿病型
①早朝空腹時血糖値が126mg/dl以上
②75gOGTTで120分後血糖値が200mg/dl以上
③随時血糖値200mg/dl以上
④HbA1c≧6.5%
①~④のいずれかが確認された場合は「糖尿病型」と判定する。

B) 正常型
⑤早朝空腹時血糖値が110mg/dl未満
⑥75gOGTTで120分後血糖値が140mg/dl未満
⑤および⑥の血糖値が確認された場合は「正常型」と判定する。

C) 境界型
正常型にも糖尿病型にも属さない場合は「境界型」と判定する。


<75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)>

*朝まで、10時間以上の絶食のあと検査を実施する。
*検査終了までは、運動・喫煙は控える。
*負荷試験の前3日間は、150g/日以上の糖質摂取を、日本糖尿病学会は推奨。
*糖尿病と診断がついている場合は、原則として実施しない。


<糖尿病の診断>
1)  異なる日に①②③を、再確認できたら糖尿病と診断。

2) 「①+④」「②+④」「③+④」が同時に確認できたらは糖尿病と診断。

3)  ④単独の場合、再検査で血糖値が糖尿病型なら、糖尿病と診断。

4)  血糖値が糖尿病型で糖尿病の典型的症状があるか糖尿病網膜症があれば糖尿病と診断。

* 糖尿病の診断には血糖検査は必須であり、HbA1cだけでは診断できない。


< 境界型の分類>

境界型にはWHO分類のIGT、IFG、IFG/IGTがある。

・IFG(Impaired fasting glycaemia): 空腹時血糖異常
・IGT(Impaired Glucose Tolerance): 耐糖能異常

a) 2時間値が140-199mg/dlとなる耐糖能異常であるIGT (Impaired Glucose Tolerance)
IGT単独なら早朝空腹時血糖値は110mg/dl未満で正常である。

b) 空腹時血糖値が110-125mg/dlとなるIFG (Impaired fasting glycaemia)
IFG単独なら75gOGTTにて2時間値は140mg/dl未満で正常である。

c) 両者の合併であるIFG/IGTの3つのパターンがある。


< 糖尿病発症に到る流れ>
Ⅰ) IGT→糖尿病(食後血糖値200mg/dl以上または75gOGTT2時間値200mg/dl以上) 
このパターンの場合、既に糖尿病を発症している段階でも
早朝空腹時血糖値は正常で健診で見逃されるので、注意が必要。

Ⅱ) IGT→IFG/IGT→糖尿病(上記200mg/dl以上または空腹時血糖値126mg/dl以上)

このパターンは、IFG/IGTの段階で、通常の健診でもチェックできる。 

Ⅲ) IFG→IFG/IGT→糖尿病  

通常の健診でもチェックできる。パターンとしては少ない。


日本人では、IGTや200mg/dl以上の食後高血糖が、数年から10年続いて、
初めて早朝空腹時血糖値が110mg/dlを超えることが、最も多いとされています。

つまりⅠ)Ⅱ)のパターンが多くて、Ⅲ)のパターンは少ないのですね。

従いまして、一般的な健康診断の早朝空腹時血糖値で、
糖尿病の早期診断をするのは、おおいに無理があります。
そもそも日本人ではIFG単独の例は、かなり少ないと考えられます。

Ⅰ)Ⅱ)Ⅲ)どのパターンでも、最終的には、IGTを経て糖尿病型になると考えられます。
IFGからいきなり糖尿病型になるというのは、少ないと思います。

従って、なんとかIGTの段階(糖尿病発症前)でチェックできれば、
治療的には大変役立ちます。

<早期発見には>
そのためには、75g経口ブドウ糖負荷試験が一番確実です。

しかし、かなり面倒で手間暇も費用もかかりますから、
デンプン(糖質)一人前を食べ始めて1時間後の血糖値、
あるいは尿糖を調べれば簡便です。
尿糖が陽性ということは、180mg/dlを超える血糖値があった可能性が高いです。

1時間値が180mg/dlを超えていると、2時間値が140mg/dl未満で正常でも、
将来糖尿病になりやすいので注意が必要なのです。

糖尿病は、インスリン作用不足(インスリン分泌不足+インスリン抵抗性)がベースにあり、発症します。

日本人では、インスリン分泌不足が主で、インスリン抵抗性が従と言われています。
IGTの段階で、まずインスリン追加分泌が不足、あるいは遷延しています。

それが数年以上続いて、インスリン基礎分泌も不足してきたら、IFGも合併してきます。

一方、欧米人では、インスリン抵抗性が主で、インスリン分泌不足が従とされています。

この場合、インスリン分泌能力はまだあるけれど、
効きが悪い(インスリン抵抗性)ため高血糖となります。

そうすると、インスリン抵抗性のため、
基礎分泌のインスリンの量では早朝空腹時血糖値がやや高いけど、
追加分泌は大量に出せるので食後高血糖は防いでいるというIFGの人が、
日本より高率に存在する可能性があります。

日本人でも肥満が目立つ人は、
インスリン抵抗性が主の欧米パターンの糖尿病発症もありえます。

この場合、早期に発見できれば、インスリン分泌能力は残っているので、
肥満が改善してインスリン抵抗性が改善すれば、
糖尿病がほぼ治ったごとくになることもあり得ます。

ともあれ、IGT、IFG、IFG/IGTの段階で発見できればおおきなアドバンテージです。
この段階でなら、緩やかな糖質制限食でも、糖尿病発症は防げると思いますよ。ヾ(^▽^)

勿論、すでに糖尿病と診断された人は、スーパー糖質制限食が最適です。


江部康二
コメント
妊娠糖尿病
江部先生はじめまして。
お忙しい中恐れ入りますが教えてください。

いま30週の妊婦です。
156cm 67kgです。

糖負荷試験で
空腹時 77
1時間後 219
2時間後 205
妊娠糖尿病と診断され個人産院では対応しきれない為転院することになりました。

そして転院先には血糖測定器で測るように言われ
食前 71 2時間後88 が平均です。
グラフでは正常値になるのですが

糖負荷試験の方がより正確なのでしょうか?
転院の上に分娩予約金10万円も返ってこないしでモヤモヤしてしまっています。




2016/01/29(Fri) 19:57 | URL | りーり617 | 【編集
空腹時だけ境界型
江部先生

教えて頂きたいです。

妊婦の時に再検査で糖負荷試験をしました。
空腹時 93
1時間 126
2時間 113
でしたので、[妊娠糖尿病」という事で食事管理をしかっりする様にと指導をうけました。

産後3ヵ月後に再度糖負荷試験をしました。
空腹時 113
1時間 141
2時間 125 

産婦人科の先生は空腹時だけ高いのはおかしいな~との事で、糖尿病境界型として3ヶ月後に再度、内科にて再検査してください。との事でした。
もちろん今後も食事管理をしていきますが、少し心配になり、投稿しました。

2016/01/30(Sat) 00:39 | URL | よしたか | 【編集
はじめまして
江部先生、いつもブログや本を読んで勉強させていただいています。ありがとうございます。
ダイエット目的で低糖質を頑張っています。京都のいくつかの低糖質レストランも楽しませていただきました。御忙しい中、コメントに御答えになっていらっしゃって、本当に頭がさがります。
勉強不足で申し訳ありません。教えていただけると幸いです。
低糖質食事療法は、食事の指導が中心ですが、筋肉のトレーニングや有酸素運動のご指導などはどうされていますか?
たんぱく質をしっかり摂取して、筋トレをして筋肉を増量しないと筋肉が少なくなってしまいそうで、低糖質食やトレーニングをやめた時にリバウンドしそうで心配なのです。
御忙しい中、大変申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。
2016/01/30(Sat) 00:55 | URL | たろ | 【編集
糖質制限食のガン治療効果
毎日新聞のネットニュースに医療プレミアというコーナーがあって、江部先生が糖質制限食の解説をされていることを知りました。その中でガン治療効果についても触れておられるようですね。先生の書物でガン治療効果の可能性に言及されている箇所を興味深く読んだことがありますが、それからもう3年ぐらいになり、最新の先生の研究内容を教えてほしくなりました。大変厚かましいですが、このHPで許せる範囲で教えていただけないでしょうか?
2016/01/30(Sat) 04:43 | URL | コバタケ | 【編集
赤味噌
続けての質問で失礼します。
週刊ポスト2月5日号に「糖尿病の常識が変わった」という記事の中があり、味噌汁に糖尿病予防の可能性があるというくだりがあって、江部先生のインタビューも掲載されてました。
「(血中の)アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンです。脂肪の燃焼を促して肥満の解消に役立ち、インスリン感受性を高め(働きやすくして)糖尿病を予防する働きがある善玉物質です」とありました。
記事の解説には、大豆に含まれるたんぱく質にはアディポネクチンを増やす働きがあり、これによりメタボや糖尿病の予防が期待できるというくだりもありました。
さらに江部先生のインタビューの続きがありました。「赤味噌は糖質が少ないですが、白味噌には案外糖質が多く含まれています。血糖コントロールには赤味噌の方がいいですよ」
週刊誌の記事からの引用は以上ですが、糖質のない具で赤味噌の味噌汁をメニューに加えようと思っています。いかがでしょうか?
今まで勝手に味噌には糖質が含まれているからスーパー糖質制限食には不適とばかり思ってきました。
疑うような質問と失礼な口調をお許しください。
2016/01/30(Sat) 07:37 | URL | コバタケ | 【編集
特別お忙しい日にスミマセン
先生
お目に止まりましたら2つ教えて下さいませ。

① 2月1日、高雄病院の診察を受けに参ります。
便数の多い市バスに乗り「福王寺」で降りて、病院迄歩いて行こうと考えているのですが、検査の数値に影響しますか?
② 一度、今のインスリンの基礎分泌量を知りたいのですが、いつ、どなたに、どの様にお願いすれば良いのでしょうか。そもそも、患者からその様なお願いをしても良いものでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。
2016/01/30(Sat) 10:14 | URL | まちこ | 【編集
Re: 妊娠糖尿病
りーり617 さん

診断基準では、妊娠糖尿病です。

「食前 71  2時間後88 が平均」

とてもよいデータです。

75gブドウ糖とか大量の糖質を摂取しなければ、よいデータですね。
妊娠糖尿病ではありますが、これなら緩やかな糖質制限でも
充分コントロール良好でいけると思います。
2016/01/30(Sat) 14:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 空腹時だけ境界型
よしたか さん

空腹時血糖値が113mg/dlと境界型ですが、
緩やかな糖質制限食くらいで、問題ないと思います。

OGTTで手間暇やお金を費やすよりは
血糖自己測定器を購入されるほうが、メリットは大きいと思います。

ニプロTRUEpico    自己検査用グルコース測定器  ¥3500ー
ニプロTRUEセンサー 自己検査用グルコースキット 1箱30枚で、¥2940ー
ニプロランセット 1箱30本で、¥520-

が一番安価です。

以下がニプロのサイトです。
https://www.nipro.co.jp/news/document/130521.pdf
2016/01/31(Sun) 09:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: はじめまして
たろ さん

拙著のご購入ありがとうございます。
糖質制限食の場合は、たんぱく質を充分量摂取するので
筋肉が減少するようなことはありません。

カロリー制限食の場合は、筋肉減少の心配があります。

糖質制限しながら筋トレもいいですし、有酸素運動もいいと思います。
糖質制限食で、持久力は確実にアップします。

私自身は、1/1~2週、テニスをするくらいです。
2016/01/31(Sun) 09:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限食のガン治療効果
コバタケ さん

毎日新聞の医療プレミアに、私が連載してますが、
がんに関しても何回か記事にしました。
今のところ、そのていどです。

2016/01/31(Sun) 09:38 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 赤味噌
コバタケ さん

赤だしなら、一杯が170gくらいとして、糖質は1.6gと少量です。

糖質のない具で赤味噌の味噌汁をメニューに・・・良いと思いますよ。
2016/01/31(Sun) 09:44 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 特別お忙しい日にスミマセン
まちこ さん

①福王子から歩いてきたと主治医に伝えていただけばよろしいと思います。

②早朝空腹時の採血で基礎分泌インスリンが測定できます。
 主治医とご相談いただけば幸いです。


2016/01/31(Sun) 09:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございました。
日に二度の質問で煩わせ失礼しました。ありがとうございました。
2016/01/31(Sun) 16:02 | URL | コバタケ | 【編集
ブドウ糖負荷検査について
先生こんばんは!
お忙しいとは思いますが、一つ質問させて下さい。
私は現在、境界型と診断され1年ほど、糖質制限生活しております。一日の糖質量は50~100gほどのゆるい糖質制限ではありますが、A1C,空腹時、随時血糖は改善されてきておりますので、現在も境界型なのか知りたくもう一度負荷検査を受けるつもりでおります。
負荷検査にあたり次の事が先生のブログに書かれていましたの気になりコメントさせていただきますた。

負荷試験の前3日間は、150g/日以上の糖質摂取を、日本糖尿病学会は推奨。

と、なっておりますが、糖質をこれより少なく摂取していた場合検査の結果にどうのような影響が出るのか教えてください。
よろしくお願いします。
2016/01/31(Sun) 18:32 | URL | タカ | 【編集
Re: ブドウ糖負荷検査について
タカ さん

150g/日未満の糖質摂取の場合、個人差がありますが、
血糖値が上昇しやすくなる人もいます。
一方、120g/日で、耐糖能改善の人もいます。

2014年12月21日 (日)の本ブログ記事
「糖質制限と耐糖能。改善と低下、個人差あり。」
2016/01/31(Sun) 18:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生、お忙しい中ご回答ありがとうございました。すみませんでした。これからもブログなど読ませていただきて勉強させていただきたいとおもいます。お体に気を付けて頑張って下さい。
2016/01/31(Sun) 22:11 | URL | たろ | 【編集
お返事ありがとうございました。
先生、お忙しいところありがとうございました。
尚、昨日3ヶ月に一度の検査をしまたら、A1C5.8 空腹時101でした。
1年近く糖質制限しているにもかかわらず空腹時が100を超えていて・・・ガッカリでした。なぜか随時血糖のときの方が血糖値が低いのもよくわかりません。
前日も糖質は朝食だけだったのですが。
この数字を見て、食後は140以下になっているとは思えず。負荷検査の予約はいれませんでした。インスリンの出が少ないとの事で体質もあるからと言われまいした。
今後の正常人への復帰は難しいのでしょうか・・
2016/02/02(Tue) 16:01 | URL | タカ | 【編集
Re: お返事ありがとうございました。
タカ さん

空腹時血糖値が、101mg/dlで正常高値になるのですが、まあとりあえず正常値です。
空腹時血糖値も日によって、あるていど差があると思います。

HbA1c5.8%も基準値内ですので、心配ないと思います。

前回のOGTTで境界型とのことですが、このまま緩やかな糖質制限食でも
将来の糖尿病発症は防げると思います。

緩やかな糖質制限食で、境界型から正常型になる人もいます。

2014年07月01日 (火)の本ブログ記事
「糖質制限食に関する英文論文、PubMed掲載。新潟労災、前川智先生。」
をご参照頂けば幸いです。
2016/02/02(Tue) 18:04 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可