FC2ブログ
糖尿病予備群と言われたら?①糖質制限②・・・③・・・
2016年01月09日(土)放送
1/9(土)夜8時00分~8時44分
NHK Eテレの「チョイス @病気になったとき」

糖尿病予備群と言われたら
■ 糖尿病予備群とは?
■ チョイス① 糖質制限
■ チョイス② 食習慣の見直し
■ チョイス③ 血糖値の自己計測

スタジオでお答えいただいた専門家
前川 智新潟労災病院 ダイエット科
消化器内科部長
前川 智(まえかわ・さとし)



こんにちは。

1/9(土)夜8時00分~8時44分、
NHK Eテレの「チョイス @病気になったとき」
で上記放送がありました。

私のメル友である新潟労災病院の前川智先生がご出演です。
前川先生、お疲れ様でした。


名古屋・hさんともうお一人からやや辛口のコメントをいただきました。
クワトロさんからはニュートラル~好意的なコメントをいただきました。

■ チョイス① 糖質制限
確かに糖尿病と既に診断された人の治療食としては、辛口のコメントのように「緩やかな糖質制限食」では<食後高血糖>が生じて、
合併症のリスクも防げない可能性が高いので、やはり「スーパー糖質制限食」が最も効果的です。

一方、今回の放送のテーマである「糖尿病予備群」からの脱却なら「緩やかな糖質制限食」でも実現できる可能性がとても高いのです。

そして、「糖質制限」という文言が、ポジティブ明確に記載されて明言されたのは、NHKではこれまでなかったことで、それだけでも大変良かったと思います。

前川先生のお考えは、

『緩やかでもいいので糖質制限を継続することで肥満脱却や糖尿病発症予防が可能である』

というスタンスであり、まずは糖質制限入門で糖尿病予備軍脱却を目指すという意味で納得できます。

野放しに大量の糖質を摂取し続けて、1~数年後にとうとう糖尿病発症というパターンがなくなるだけでもいいですし、予備軍(食後高血糖)の段階でも合併症リスクがあるのですが、そちらも防げるので、一石二鳥でもあります。

前川先生が、「糖質依存症」「アルコール依存症」「ニコチン依存症」に言及されたのも、糖質頻回・過剰摂取への注意喚起という意味でとても良かったと思います。


■ チョイス② 食習慣の見直し
こちらは、

『糖質だけが直接血糖に影響を与えて、たんぱく質・脂質は与えない』

という本質をはずしてますので、あまり役に立たないと思います。

まあ、糖尿病予備群の段階なら、野菜を先に摂取してとかでも、少しはましかもしれませんね。


■ チョイス③ 血糖値の自己計測
 血糖自己測定器(SMBG)は、おおいに役立つと思います。

糖尿病予備群や糖尿人が、SMBGを購入して自分で食後血糖値を測定すれば、日本糖尿病学会が推奨する「カロリー制限食」を摂取すると、必ず食後高血糖を生じることが一目瞭然です。

これでは糖尿病合併症は防げません。

「スーパー糖質制限食」なら、食後高血糖は生じませんので合併症も予防できます。

即ち、糖尿人がご飯1杯(150g)食べたら血糖値は160~170mg上昇するので、軽く食後1~2時間血糖値は200mg/dlを超えてきます。

一方、ビーフステーキを200g食べても、血糖値は3mg/dlも上昇しないので、食後1~2時間血糖値は140mg/dlを超えることはほとんどありません。

このように、SMBGで食後血糖値を測定すれば「従来のカロリー制限食」と「スーパー糖質制限食」のどちらが効果的かは、リアルタイムに判明します。

血糖自己測定器(SMBG)で現在一番安価なのは、ニプロトゥルーピコ(TRUEpico) です。

ニプロTRUEpico    自己検査用グルコース測定器(本体)  ¥3500ー
ニプロTRUEセンサー 自己検査用グルコースキット 1箱30枚で、¥2940ー
ニプロランセット(針)  は、1箱30本で、¥520-
合計で¥6960-です。

今までの、血糖自己測定器は、本体が¥9000-とかなので、激安です。
小型で軽量で使いやすいです。

血糖自己測定器(SMBG)、是非購入していただけば良いなと思います。


江部康二



【16/01/09 名古屋・h
NHK、Eテレ糖質制限
江部先生

こんばんわ。Eテレ糖質制限の放映視ました。

当方の感想の要約は「隔靴掻痒」と言ったところです。

糖質を減らすことの大切さは述べられているのですが、血糖値を上げるのは糖質だけであるという原則をもっと明確に伝えるべきであったと思います。
なんとなく、食べ過ぎがいけないと解釈した人も多いのではないでしうか。
お酒にしても糖質を含む酒が問題であるということは伝わらなかった。
飲酒自体がいけないと解釈した人も多いと思います。

前川先生、太りすぎが問題でこれを防げば多くの糖尿病は防げると述べられたが、日本人ではやせた人、普通の体型の人でも糖尿病や予備軍が多いのではないでしょうか。

江部先生は全国で講演活動を続けておられます。
Eテレなどで、糖質制限の本質を明確に伝える放映をやって頂きたいものです。

名古屋・h 】


【16/01/10 見ましたけど内容が薄すぎる
チョイスを見ましたけど、あれは糖質制限の番組ではなかったですね。

糖質制限の話題は少しだけで、新潟の例ではまた野菜を先に食べるほうがいいとか言って、新潟の件でかなり時間を割いてましたしね。

江部先生のスーパー糖質制限は邪道であると思わせる番組構成で、実際に朝から食パン、昼はパスタで、夜制限のプチ糖質制限を糖質制限と紹介したりして、NHKはクローズアップ現代のトンデモ糖質制限の時もそうですが、本当にダメですね。

チョイスの通りにすると、糖尿病の人は合併症まっしぐらですね。】


【16/01/10 クワトロ
Eテレチョイス
私も見ていました。
なるほど・・NHKにしては良く踏ん切りましたね。
全国放送としては上出来でしょう。

ただ、セイゲニストが求めてる内容ではないですが、通常の方の入口としては及第点をどうにか付けれるのではないかと思います。
それにしても、先行して良いと思われる情報を伝えていこうという姿勢は理解できました。
あのNHKがです。
パラダイムシフトが起きるとおっしゃってる通り、
今年は爆発的に糖質制限の年になりそうですね。】



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
NHKチョイス視聴して
都内河北 鈴木です。

私が江部先生より知り得て生還した最大の糖尿病改善知識は、血糖値をあげる栄養素は「糖質」だと言う事です。

江部先生著書・ブログなどで「糖質害毒」をより理解把握し、日本の歴史事実「江戸患い」「日清日露戦争」での発症病態「脚気」などからも白米=糖質には何等栄養価無いことは明らかです。

2000年以降は糖質害毒も欧米先進国医学界より解明エビデンスも増えている事を知れば、糖質摂取は控えるべきだと考えるのが当然だと考えます。

今回の番組では肩透かしは、糖質作用・害毒などを明確に説明してほしかったです。
大人の事情はあるでしょうが!!

私が病態悪化時コノ番組を視聴しても何等参考になりません。
改善は望めないですね。

最大の不思議は江部先生を出演させない事です!!
敬具




2016/01/10(Sun) 20:07 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
初めてコメントします。
総合病院で療養指導に関わる理学療法士です。
本日山田悟先生の講演会に参加しました。(製薬会社共催!)
沢山の看護士栄養士等が参加しており、糖質制限の流れはきていると犇々と感じました。
山田先生が「緩やか」を推奨されている点についてお伺いしたところ、
ケトンが安全とはいいきれない(エビデンス不足)
ケトンが血管内皮に悪影響があるという研究がある
緩やかと極端でメリットが大きく変わらない
極端では批判されやすい
また、胎児の栄養はブドウ糖とお考えだそうです。

「緩やか」でも現状の栄養比率の問題点を多くのコメディカルに提起していただき、今日は素敵な講演会に参加できたと思います。あとは病院の医師がどう考えるかで実際指導ができるか決まるのですが…

2月のセミナー参加させていただきます。
その際はよろしくお願いいたします。
2016/01/10(Sun) 20:22 | URL | YT | 【編集
オリジンドッグフード
先生こんばんは。
いつもお世話になってます。
今日は人間の話ではなく、我が家の愛犬のお話です。
我が家の愛犬の食事は、以前は、よくホームセンターで売られているドッグフードを与えていました。しばらくすると、耳の毛が抜け始めてまるで円形脱毛症のようになってしまいました。その他にも、適量食べているはずなのに嘔吐することも度々ありました。おかしい、と思い色々ネットで調べると、どうやら炭水化物が悪さをしているようでした。
それに、栄養成分の配合が、たんぱく質が足りなすぎているとのことでした。
その当時はまだ江部先生のブログのことも知らず、娘も糖尿病になっていなかったので、糖質制限のことは知りません。
けれど、犬は本来肉食で高タンパクな食事を与えるべきだというネットの情報に納得がいったので、オリジンドッグフードというグレインフリーのドッグフードを買い、与えてみることにしました。なんと一年経った今では、脱毛症も嘔吐も全くありません。治ってしまいました。
そして、本日、先生が過去のブログで、先生の愛犬の柴犬もオリジンドッグフードを食べさせていると紹介していらっしゃったのを発見し、感激しましたので、コメントさせていただきました。先生、犬も人間も糖質制限食で健康ですね。
2016/01/11(Mon) 00:16 | URL | オハナ | 【編集
醤油は甘い
心筋梗塞のコバタケです。お陰様でまずまず元気にしております。食生活の話ですが、肉、魚、もやしの鍋、ミニトマト、きゅうり(ともに皮ごと食べてます)、チーズ、ナッツ、生卵(調味料無し)ぐらいです。鍋に入れる調味料は塩、胡椒、醤油です。醤油は甘いです。原料表示を見ると、確かにブドウ糖、砂糖などが含まれてます。糖質制限は2010年から続けてますが、醤油が甘いと感じたのはごく最近です。心筋梗塞の後遺症でサラリーマンを辞めて家食ばかり、すなわち完璧に近いスーパーに変えて初めて経験した甘さで、少なからず驚嘆というか感慨があります。
2016/01/11(Mon) 04:57 | URL | コバタケ | 【編集
Re: NHKチョイス視聴して
都内河北 鈴木 さん

前川先生は「糖質制限」を、もっと強調されたのですが、
NHKに編集されたそうです。

ともあれ、あのNHKが「糖質制限」を肯定的に放送ですので、
まあまあかと思います。

2016/01/11(Mon) 11:35 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
YT さん

「医療関係社向けセミナー in 京都」

へのご参加、ありがとうございます。

宗田先生の世界初のご研究で、ケトン体の安全性は確立したと思います。
そして、胎盤や臍帯や新生児のケトン体は高値ですので、胎児の主たるエネルギー源と思われます。

山田先生は、論文化されるまでは、エビデンスと認めない立場なのでしょう。

なお「緩やかな糖質制限食」は、糖尿病予備群には有効で、ごく軽症の糖尿病ならある程度までは有効と思います。
しかし、中等度以上の糖尿病になると「緩やかな糖質制限食」では食後高血糖を予防できません。
2016/01/11(Mon) 11:44 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: オリジンドッグフード
オハナ さん

我が家の柴犬も、アトピー性皮膚炎になって、掻いて全身が血だらけになり、
数年前からオリジンの糖質制限ドックフードで、改善です。

愛犬家の読者の皆さんも、普通のドックフードで、何かよくない症状があるなら
糖質制限ドックフードに切り替えるといいと思いますよ。


2016/01/11(Mon) 11:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 醤油は甘い
コバタケ さん

醤油は、100g中の糖質量が

濃い口でに10.1g
うすくちで7.8g
たまりで15.9g

ですので、少量にとどめるのがいいですね。

九州の醤油には砂糖が入っているのでさらに要注意です。

我が家はキッコーマン醤油ですが<大豆、小麦、塩>だけで砂糖はなしです。
100g当たりの糖質量は、13gくらいです。

2016/01/11(Mon) 11:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
録画見ました
今録画を見ました。厳しい意見が多いようですが、私はわかりやすくて良い番組だったと思います。すでにスーパー糖質制限を行っている人には物足りないかもしれませんが、実際には糖質制限を中々とりいれられない患者さんも多く、このような番組が増えれば良いと感じました。
2016/01/11(Mon) 12:35 | URL | HK | 【編集
>前川先生は「糖質制限」を、もっと強調されたのですが、
>NHKに編集されたそうです。

やっぱり、そうでしたか。
前川先生は、アルコール、ニコチン、糖質を三大中毒とはっきりと言っていたのはよかったですが、
他に言っていたことも、NHKが編集したんですね。最後のほうでは、NHKの受賞だったかのことまで流してましたよね。
2016/01/11(Mon) 13:48 | URL |  | 【編集
調味料の炭水化物
醤油も平均10%の炭水化物が表示されています。ケチャップで25-29%、とんかつソース系で40-45%、アメリカで人気のステーキソースで50%、コチジャンで52%。塩、コショウ単独ならいいのですが、調理に便利な○○の塩コショウで20%が炭水化物です!
2016/01/11(Mon) 17:28 | URL | 中年サムライ | 【編集
Re: 調味料の炭水化物
中年サムライ さん

お久しぶりです。
調味料の糖質量は、結構多いので要注意です。
とくにソースやケッチャプやポン酢は、大量に使うこともあるので血糖値に影響がでますね。

黒こしょうの常容量は、2g(小さじ1)くらいですが、そのうち炭水化物1.33gですから(66.5%)
結構多いです。
まあ胡椒を大量に使う人はないと思いますが・・・。
2016/01/11(Mon) 19:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
御礼申し上げます。
江部先生、醤油の糖質量を具体的に教えていただき、ありがとうございました。
また、炭水化物の調味料を教えてくださった方にも御礼申し上げます。
2016/01/12(Tue) 09:07 | URL | 心筋梗塞のコバタケ | 【編集
腎症の不安
初コメントです。50歳男子です。
昨年10月にうっ血性心不全で地元の総合病院に2週間入院しました。
入院時のデータがBNP:1225、HbA1C:11.1、クレアチニン:1.73、eGFR:34.7でした。入院目的は数値を立て直す事で1600Kcalと塩分6g以下の食事療法でした。
退院後の外来でBNP:73.3→16.3、HbA1C:8.5→6.6、クレアチニン:2.06→1.89→1.58→1.65という推移です。隔月での循環器と内分泌でのデータです。
糖尿病とは診断されていませんが退院後は測定器を購入し毎日食前の血糖値を測定しています。糖質制限は昨年12月から実施で、平均100で安心していましたが、NHKチョイスを見てから食後を測定してみると、塩やきとり(長ネギ1本分、鶏むね50g)、無調整豆乳(300ml)、プレーンヨーグルト(100g)の朝食後2Hで155でした。
糖質制限しているつもりが、グルコーススパイクを起こしていました。
一番不安なのはこの数値(1月8日・クレアチニン:1.65)で病院では腎症と診断していないことです。栄養士に聞くと4期に入るまでは大丈夫だとか。
一度江部先生の診察を受けたく予約しようと思います。
2016/01/12(Tue) 14:48 | URL | 愛知S | 【編集
Re: 腎症の不安
愛知Sさん

長ネギ1本で、可食部が81g、そのうち糖質が4gくらい、
無調整豆乳300mlで、糖質が9.6gくらい、
プレーンヨーグルト100gの糖質は、5gくらいです。
合計すると、朝食一食分の糖質量は、約18.6gです。

朝食後2Hで155は、1gの糖質が約3mg血糖値を上昇させるということで、想定範囲内のように思えます。

「1月8日・クレアチニン:1.65」は、糖尿病腎症と思います。
通常は普通の病院では「蛋白制限」が推奨されます。

一方、高血糖が最もクレアチニン値を悪化させるので、糖質制限食で血糖コントロール良好を保つことは
腎機能悪化の予防になりえると思います。

2015年06月06日 (土)
「高タンパク食と腎機能と糖質制限食」
をご参照いただけば幸いです。

2016/01/12(Tue) 16:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
アドバイスありがとうございます
江部先生、アドバイスありがとうございます。
合併症は難渋するがゆえ、エビデンスを作るのも患者の努力が無ければ始りませんね。
一年ほど前に「オヤジダイエット部」という番組をテレビで見たことを思い出し、再度ネットで検索していたら江部先生の糖質制限にたどり着きました。
肉OK,あぶらOK,アルコールOK、当時はこの内容を馬鹿にしていましたが、今はなるほどです。
退院時の体重は65㎏でしたが、現在58㎏です。身長は153㎝なので、目標は標準BMIまであと7㎏です。
そして決して戻らないと言われる腎症をくい止め透析回避することです。

2016/01/12(Tue) 21:07 | URL | 愛知S | 【編集
Re: アドバイスありがとうございます
愛知S さん

1/30(土)午後から清須市で腎臓病の市民講座が開催されます。
http://www.kiyosu8823.com/chubu/annai/syousai_i.htm

きよすクリニック 伊藤喜亮先生、管理栄養士さん、患者さんのお話があります。
低蛋白食と糖質制限食のお話があります。

お時間がありましたら是非ご出席ください。

伊藤喜亮先生は、私のメル友です。
2016/01/13(Wed) 07:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可