「糖質制限の教科書」(洋泉社MOOK)2015/6/12刊行。第3刷に。

こんにちは。

洋泉社から
「糖質制限の教科書」
(洋泉社MOOK) ムック  ¥1080




が2015年6月に発売されました。
私が「監修」した本です。

おかげさまで売れ行き好調で、この度3刷が決定致しました。
累計は22000部となります。

教科書と題したムックですので、とてもわかりやすい構成となっています。
図や写真も豊富で、読みやすい内容です。

日頃、本が苦手の人でも、すっと一気に読めると思います。

これから糖質制限食を始める人には
おおいにお役に立てると思いますので、
是非ご一読いただけば幸いです。



江部康二



☆☆☆


以下は、洋泉社の内容紹介です。

基本から実践、理論までこの1冊でわかる正しいやり方で、無理なくやせる、健康になる!

・満腹OK! 血糖値を上げない!ひと目で分かる食材の選び方
・献立のつくり方
・知って納得!糖質制限でやせる仕組み
・続けるほど健康になる!症状別
・糖質制限の効果・疑問や不安を一気に解消する糖質制限Q&A

【監修】江部康二(えべ・こうじ)医師。
一般財団法人高雄病院理事長。
一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長。
1950年京都府生まれ。
1974年京都大学医学部卒業。
京都大学胸部疾患研究所第一内科(現京大呼吸器内科)を経て、
1978年より高雄病院に医局長として勤務。
1999年、高雄病院に糖質制限食導入。
2000年理事長就任。
2001年から糖質制限食にとり組む。
2002年に自身の糖尿病に気づき、自ら糖質制限食を実践、肥満と糖尿病を克服。
豊富な症例をもとに糖質制限食の研究を続けている。
主な著・監修書に『食品別糖質量ハンドブック』
『江部先生、「糖質制限は危ない」って本当ですか?』(ともに洋泉社)、
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2実践編 新版』(ともに東洋経済新報社)など多数
ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
血糖値の上昇について
江部先生、こんにちは。

江部先生の食品別糖質量ハンドブックを読ませて頂いたり、ブログを読ませ頂き、日々糖質制限について楽しく勉強させて頂いております。

緩い糖質制限(一回の食事で糖質30g以下)を始めて3ヶ月になります。

さて、最近疑問に思うのは
1度の食事で何g以上糖質を取ると血糖値が上がり、インシュリンが出てしまうのでしょうか?
また、次の食事まで何時間間をあけると血糖値は上昇しないのでしょうか?

ご教授頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

2016/01/09(Sat) 21:18 | URL | とし | 【編集
NHK、Eテレ糖質制限
江部先生

こんばんわ。Eテレ糖質制限の放映視ました。

当方の感想の要約は「隔靴掻痒」と言ったところです。

糖質を減らすことの大切さは述べられているのですが、血糖値を上げるのは糖質だけであるという原則をもっと明確に伝えるべきであったと思います。
なんとなく、食べ過ぎがいけないと解釈した人も多いのではないでしうか。
お酒にしても糖質を含む酒が問題であるということは伝わらなかった。飲酒自体がいけないと解釈した人も多いと思います。
前川先生、太りすぎが問題でこれを防げば多くの糖尿病は防げると述べられたが、日本人ではやせた人、普通の体型の人でも糖尿病や予備軍が多いのではないでしょうか。

江部先生は全国で講演活動を続けておられます。
Eテレなどで、糖質制限の本質を明確に伝える放映をやって頂きたいものです。

名古屋・h
2016/01/09(Sat) 21:32 | URL | 名古屋・h | 【編集
Eテレチョイス
私も見ていました。
なるほど・・NHKにしては良く踏ん切りましたね。
全国放送としては上出来でしょう。
ただ、セイゲニストが求めてる内容ではないですが、通常の方の入口としては及第点をどうにか付けれるのではないかと思います。
それにしても、先行して良いと思われる情報を伝えていこうという姿勢は理解できました。
あのNHKがです。
パラダイムシフトが起きるとおっしゃってる通り、今年は爆発的に糖質制限の年になりそうですね。
2016/01/10(Sun) 11:26 | URL | クワトロ | 【編集
糖質制限の教科書
ご無沙汰しています。
今年もよろしくお願いいたします。
今月は、この田辺で、「メタボは不経済」と題して健康教室でお話をします。
昨年出版されてたこのMOOK本を、患者さんに勧めています。夏に売り切れて、アマゾンの中古で値上がりしたのはびっくりしました。
病院の職員、DRにも勧めています。ただし、田舎では本屋さんで扱っていることがないので、問題です。
年配の方は、ネットで買うことが難しいようです。
地方都市ですが、図書館には置いてもらいました!
2016/01/11(Mon) 20:15 | URL | 中年サムライ | 【編集
Re: 糖質制限の教科書
中年サムライ さん

糖質制限食普及活動、ご苦労様です。

図書館、ありがとうございます。
2016/01/12(Tue) 15:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖制限食の適応でしょうか
お忙しい中、申し訳ありません。
夫婦そろって糖尿病・肥満です。
夫は、クレアチニンが1.08で、医者から腎臓が弱ってきていると言われました。顔の頬に引きつりも起き始めたので、それも神経障害が出てきたのだろうと言われました。HbA1cは8.4です。薬は朝にアクトス30、アジルバ20、グラクティブ100mg、アマリール0.5mg、グリコラン250mg、ノルバスク5mg、バイアスピリン。夜はグリコランとノルバスク。毎食前にボグリボース0.2を飲んでいます。体重91キロ。
私のほうは、中性脂肪が245、総コレステロールが251、LDL163で投薬をはじめようかと言われました。それからアミラーゼが毎回35以下、CRP定量も毎回0.6以下にはならず、今回も0.8でした。担当医の話では、肥満だから内蔵が炎症を起こしているのだろうとの説明です。私の薬は朝と晩にエクア50mgとグリコラン250mg、毎食前にセイブル50mgです。体重は93キロの超肥満です。HbA1cは8.3です。
二人してすぐにでも江部先生のご本を参考に糖制限食(できればスーパー制限食)をはじめようと話していたのですが、腎臓障害があるとだめというようなことを読んだ記憶があったので不安になってしまいました。
私たちのような臨床検査結果でもスーパー糖制限食を実施してかまわないでしょうか。
ご多忙の中、勝手なことをお尋ねいたしまして先生のお時間を無駄にし本当に申し訳ありません。

2016/01/13(Wed) 15:36 | URL | スーパー糖制限食をしたい夫婦 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可